2010/12/14

インドネシアの慰安婦 Troostmeisjes (書籍)







Comfort Women (Troostmeisjes).
Ipso Facto, 2010.



「婦女暴行は戦争の副産物であるようだ。第二次大戦で、日本軍は性奴隷システムを構築することまでした。何万人のアジアの『慰安婦』は軍用売春宿で無理矢理働かされた」・・・と、出版社はこの本を紹介する。

解説のように、戦場では当たり前のように強姦事件が発生する。残念なことに、70年前の日本軍もまた、戦場となったアジアの各地にその爪痕を残して来たに違いない。

しかし、この出版社の言うように「戦争の副産物」である強姦事件も、「日本軍性奴隷制」というプロパガンダによる先入観があると、欧米列強がアジアやアフリカの戦場で引き起こした「強姦事件」とまったく異なる事象に見えてしまうようである。

Raping women seems to be a normal byproduct of wars. During World War II, the Japanese military even set up a system for sex slavery: Tens of thousands of 'comfort women' in Asia were forced into prostitution at military brothels.
(どうやら婦女暴行は戦争の副産物であるようだ。第二次大戦中、日本軍は性奴隷システムを構築することまでした。何万人ものアジアの「慰安婦」たちが、むりやり軍用売春宿に送られた)

In addition, many girls were abused sexually in railroad wagons, factory warehouses or night after night at home. Most of these women have suffered physical and emotional consequences ever since.

Jan Banning and Hilde Janssen visited Indonesian women who during the war were victims of forced sexual labor. In this book, 18 of them break the persistent taboo against speaking out on the issue. Showing them in combination with Japanese war posters, the book presents male and female sides of war, and propaganda versus reality. Short narratives depict the fate of these and other former comfort women, painting a gripping picture of this hidden history.

0 件のコメント:

コメントを投稿