2012/01/27

韓国検察、火炎瓶男を起訴


起訴したという以外とくに新しい情報はない。

韓国検察 日本大使館に火炎瓶投げた中国人を起訴

ソウル中央地検は27日、ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げつけた30代の中国人の男を建造物放火未遂罪などで起訴したと発表した。

検察によると、男は焼酎の瓶で火炎瓶を11個製造し、今月8日午前、うち4個を日本大使館に投げつけ外壁を焦がした。

男は調べに対し、自分の祖母が旧日本軍の従軍慰安婦にされたことや曾祖父が日本の植民地時代に独立運動を行い、拷問の後遺症のために死亡したなどと供述。日本に対し腹を立てていたと話している。

また男は、昨年12月に李明博(イ・ミョンバク)大統領が韓日首脳会談のため訪日した際、慰安婦問題に関する両国間協議を拒否する野田佳彦首相の発言に激怒し、東京の靖国神社にも火炎瓶を投げつけたとされる。

男は韓国に来る前、東日本大震災の被災者を支援するボランティア活動をするため日本に滞在。中国に帰国すれば公安当局に逮捕される恐れがあるため韓国に来たという。


追記5月3日: 求刑は4年。・・・この件について、挺対協のユン・ミヒャンがフェイスブックに「アジアからの恨み」と書いていたが、煽っている人々がいる事を忘れてはいけないだろう。

日本大使館に火炎瓶 被告の中国人に求刑4年

ソウルの日本大使館に火炎瓶が投げつけられた事件で、被告の中国人の男に懲役4年が求刑されました。

37歳の中国人の男は今年1月、ソウルの日本大使館に火炎瓶4本を投げつけた罪に問われています。2日の裁判では、裁判所が男の精神鑑定を行ったことが明らかになりました。その結果、責任能力に大きな問題はなかったとしています。検察は男に対して懲役4年を求刑し、裁判は結審しました。判決は23日に言い渡される予定です。男は去年12月に靖国神社の門が焼かれた事件についても関与を認めていて、日本の捜査当局は今後、男の身柄引き渡しを求めることにしています。

相変わらずネット右翼に見逃してもらってる共同通信英字版


日本のネチズンは、韓国の新聞には過敏に反応するくせに(すぐ翻訳されてニュー速にスレが立ち、祭りになる)英字紙には殆ど反応しない。毎日新聞の英字版(共同)が「日本では婉曲的に『慰安婦』と呼ばれる性奴隷(sex slaves, euphemistically called "comfort women")」などと書いてても誰も問題視しない。しかもご丁寧に「日本軍によって強制的に性奴隷にされた(forced into sexual slavery by the Japanese military)」と書いている。共同通信の英字版って、一貫してこの調子

Japan, S. Korea again in territorial spat over islets

TOKYO/SEOUL (Kyodo) -- Japan and South Korea on Wednesday once again became embroiled in a territorial dispute over a group of islets, following Foreign Minister Koichiro Gemba's policy speech to parliament.

The South Korean government strongly criticized Gemba's reference Tuesday to Japan's territorial claim to the islets, known as Takeshima in Japan and Dokdo in South Korea, and demanded he immediately withdraw it.

Gemba said that the territorial dispute is "not one which could be resolved overnight" but he will continue to clearly convey to South Korea that "Japan will not accept what Japan cannot accept."

Gemba's remarks were in line with the government's long-held position that the islets in the Sea of Japan are illegally occupied by South Korea and that it has no basis in international law.

However, it was the first time that the Takeshima issue had been mentioned in a foreign policy address, which is delivered at the start of an ordinary Diet session, since the Democratic Party of Japan swept to power in 2009.

Gemba told a news conference on Wednesday he had decided to mention the territorial dispute after making "a comprehensive judgment" in light of recent developments regarding Takeshima, pointing to a series of visits made last year by South Korean ministers and lawmakers to the islets.

A spokesman at the South Korean Foreign Ministry said in a statement that Gemba's remarks "run counter to the Japanese government's continuously reaffirmed commitment that it will seek to develop the two countries' partnership in a future-oriented way while looking squarely at its past."

The South Korean ministry also called in a minister at the Japanese Embassy in Seoul, Nobukatsu Kanehara, and lodged a strong protest over Gemba's remarks.

The two countries' diplomatic ties have often become tense over historical issues stemming from Japan's colonization of the Korean Peninsula from 1910-1945.

On Wednesday, South Korean foreign minister Kim Sung Hwan invited to his office two former World War II sex slaves, euphemistically called "comfort women" in Japan, apparently to demonstrate Seoul's uncompromising stance over historical issues.

The meeting was the first between a South Korean foreign minister and women forced into sexual slavery by the Japanese military during the war.

Amid falling support ratings, South Korean President Lee Myung Bak last month unexpectedly urged Prime Minister Yoshihiko Noda to place priority on resolving the issue of compensation for former sex slaves, when they met in the ancient Japanese capital of Kyoto.

Japan maintains that the issue has already been settled by a bilateral treaty in 1965 that normalized the countries' diplomatic ties.

During the meeting with Kim, one of the two women, Lee Yong Soo criticized him, saying, "The foreign ministry has been doing nothing for the past 20 years" since the issue started to be more recognized by the public.

"I wonder to which country this ministry belongs" the 83-year-old Lee said.

旧正月にハルモニに牛肉の贈り物



とにかく韓国人慰安婦には寄付や援助が多い。

北朝鮮なら、よほどの慶事でなければ牛肉など口に入らないだろう。人道的観点から早急な解決が望まれると朝日新聞は言うが、そんな事は全然ないのである。

慰安婦ハルモニに旧正月贈物提供

「挺身隊ハルモニとともにする市民の会」会員たちが去る20日盆正月をむかえ、ツイッターを通じて募金活動を行って集めた寄付で大邱(テグ)地域の慰安婦ハルモニ家庭を訪問して布団と牛肉など贈り物を渡している。

ZUM 2012.1.25

위안부 할머니 설 명절 선물 전달


'정신대 할머니와 함께 하는 시민모임' 회원들이 지난 20일 설 명절을 맞아 트위터를 통해 모금활동을 벌여 모은 성금으로 대구지역 위안부 할머니 가정을 방문해 이불과 소고기 등 선물을 전달하고 있다.

2012/01/25

ハルモニ、韓国外相を叱責




憲法裁判所の判断が出てから、何かポーズだけでもとっておかないといけない韓国政府は必死である。

コリア・ヘラルドの記事も追加した。「日本による朝鮮人女性の奴隷化(Japan’s wartime sexual enslavement of Korean women)」と書いている。慰安婦の多くは日本人であったが、慰安所システムを他民族の奴隷化という風に(国際世論に)訴えている。・・・日本向けにはこういう書き方はしない。

ハンギョレ(聯合ニュース)が使っているのは、「主語抜き」という手法。「日本軍の為に強制的に動員された(forcibly drafted for sex slavery for Japanese soldiers)」と書いてある。日本政府がとも日本軍がとも書かれていないが、自然に読むと日本軍(政府)が力づくで動員したと思うだろう。これがいわゆる「強制連行(徴用)」である。(女衒により)本人の意に反して慰安所に連れて来られた女性もいた・・・というのが実態である。

「20年間何をしていた」=元慰安婦、外相に不満ぶつける-韓国

韓国の金星煥外交通商相は25日、旧日本軍の元従軍慰安婦の女性2人を庁舎に招き、面談した。女性たちは、慰安婦問題の解決に向けて日本側と話し合うよう要請。金外相は積極的に取り組むことを約束した。

韓国外相が元慰安婦と面談するのは初めて。冒頭、李容洙さん(83)は「(問題が表面化してから)20年間、(元慰安婦が)一人また一人と死んでいったのに、何をしていたのか。日本の外交省なのか韓国の外交省なのか分からない」と不満をぶつけた。金外相は「申し訳なく思う」と答えた。 

慰安婦問題では、日本側と交渉しないのは違憲との昨年8月の憲法裁の判断を受け、韓国政府は日本政府に賠償請求権をめぐる協議を求めているが、日本側は「解決済み」として応じていない。李明博大統領は同12月の野田佳彦首相との会談で、政治決断を強く求めた。

時事 2012.1.25

中央日報日本語版

韓国外交部訪問の慰安婦被害者が心情吐露…「ここは日本の外務省か…」

日本軍慰安婦被害者が初めて現職の外交通商部長官に会った。

慰安婦被害者のイ・ヨンスさん(83)、カン・イルチュルさん(83)は25日、ソウル中学洞(チュンハクドン)の日本大使館前で水曜集会を終えた後、外交部庁舎を訪れ、政府が慰安婦問題の解決に積極的に動いていないと不満を表した。 イ・ヨンスさんは「(慰安婦問題が知られてから)20年間、外交通商部は何をしてきたのか」とし「韓国の外交通商部なのか、日本の外務省なのか分からない」と述べた。

これに対して金星煥(キム・ソンファン)外交通商部長官は、政府の努力不足として映っている点について申し訳ないと伝えた後、日本政府にさまざまな外交的経路を通して持続的に慰安婦問題の解決を促していることを説明した。

金長官は近く韓国国内に居住している慰安婦被害者に長官名義の手紙を送る計画だと、外交部側は伝えた。


コリア・ヘラルド

Comfort women blast Foreign Ministry

Two former “comfort women” visited Foreign Minister Kim Sung-hwan Wednesday and criticized the government’s inability to resolve the unsettled issues pertaining to women forced into sex slavery by Japan during World War II.

“As I see you in person, my emotions are suddenly overwhelming. What has the Foreign Ministry done for the past 20 years?” 83-year-old Lee Yong-su asked Kim at the ministry in Seoul.

“Is the Foreign Ministry owned by Japan or Korea? Do you feel thrilled to see elderly women dying one-by-one (as they age),” she said with a strong and emotional voice. She was accompanied by 83-year-old Kang Il-chul.

In response, Kim apologized to Lee, but said the ministry has put in a lot of effort to resolve the thorny issue with Japan.

“I understand that you cannot be satisfied with the ministry’s efforts,” Kim said, adding that it is “impossible” for the ministry to feel thrilled about the elderly women dying.

The meeting between the former comfort women and the foreign minister was initially planned for December in line with the 1,000th Wednesday Protest but was delayed until later.

The issue of Japan’s wartime sexual enslavement of Korean women has remained unsettled since the end of World War II. At that time, Korea was a Japanese colony.

While former Korean comfort women and the government have demanded that Tokyo apologize and offer due compensation to the victims, Tokyo has kept its stance that its legal liability for the wrongdoing was cleared by a bilateral claims treaty signed in 1965 between Korea and Japan.

To untangle the issue, President Lee Myung-bak urged Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda to put top priority on the comfort women issue during his visit to Tokyo in December.

However, Noda instead demanded that Korea remove the “Peace Monument,” a statue installed by civic groups in front of the Japanese Embassy in Seoul to remember the comfort women and protest the unresolved issue.

By Kim Yoon-mi (yoonmi@heraldm.com)


ハンギョレ英字版

‘Comfort women’ visit Foreign Minister

South Korean Foreign Minister Kim Sung-hwan, right, meets with former comfort women who were forced into sex slavery by the Japanese military during World War II at the foreign ministry in Seoul on Jan. 25.
Earlier, the South Korean government sent an official request to its Japanese counterpart to hold talks to settle the so-called comfort women issue. Tokyo didn’t accept the call. Hundreds of thousands of Asian women, including South Koreans, were forcibly drafted for sex slavery for Japanese soldiers during the war. Former comfort women have been demanding the Japanese government’s apology and compensation for decades, with no response yet. (Yonhap News)

ハンギョレ 2012.1.26

韓国人はアルメニア人から何を学ぶか?



トルコとアルメニア。人口にして約25倍。GDPで比べると世界20位と130位ぐらいの差があるらしいが、日系と韓国系の関係のように海外移民の政治力ではアルメニア系移民がトルコ系を凌駕するらしく、その政治力を使い欧米諸国を味方につけ、自分より強大なトルコに外圧をかけ続けている。祖国の非力を知るからこその「虎の威を借る」戦術かもしれないが、このやり方を韓国系が参考にしないはずはないという気がする(もちろん、それを責めることは出来ない)。

この記事はあくまで国内法を作ろうという無邪気(?)な提案に過ぎないが、韓国系移民の中から、欧米諸国にも働きかけて、日本軍性奴隷制度の犯罪性を否定する者を処罰する法律を作らせようという話が将来的には出てくるかもしれない。実現する見込みはあまりないが。

フランスは、オスマントルコによるアルメニア人大虐殺(ジェノサイド)を公の場で否定することを法律で禁じる。サルコジ大統領はヘイトスピーチを防止する為と言っているらしいが、そうだろうか?慰安婦騒動にも見えるように、この種のネタはバッシングにも使われる。日本に対して浴びせられる「20万人の朝鮮人女性を強制連行した!」といった非難は、真相がハッキリして来た今となっては、もはやヘイト・スピーチ以外の何物でもないだろう。

フランスのこの動きに対してトルコの反発は激しい。トルコでは逆にこれをジェノサイドと呼ぶと逮捕されるというからどっちもどっちだが、EUのリーダーがこれではいささか幻滅である。捕鯨を巡る欧米メディアの一方的な報道振りでも分かるが、先進国と言っても(議会もメディアも)案外子供っぽいのである。運動家たちが有難がっているアメリカやEUの慰安婦決議も、そういった背景から産まれたのである。

しかし法律こそないものの、慰安婦問題に関して韓国には既に独自のポリティカル・コレクトネス(PC)があり、それに抵触した者に対する「正義の『暴力』」(必ずしも物理的な暴力を意味しない)まで存在することは、パク・ユハ(朴裕河)も指摘している。その為に酷い目にあったのは学者女優だけではない。驚くことに(アジア女性基金からの償い金の受け取りを希望した)慰安婦ですら弾圧を受けたのである。

それにしてもいつも思うが、日本軍の慰安所が犯罪で自国(韓国軍)の慰安所は犯罪ではないの?


フランスの断固たる過去の歴史訂正、私たちもちょっと学ぼう
アルメニアの大虐殺夫人禁止法通過…トルコと葛藤、政治的利用批判も

韓国は過去の歴史訂正が遅々として進まない。 抵抗勢力が強引な主張をすることが少なくない。 国内の一部の学者までが日帝の韓半島強制占領と強奪を肯定的に評価する見解がある。 日本は挺身隊問題のような歴史的犯罪を冷遇している。

こういう状況でフランスは歴史的に明白な事実を否認する行為を刑事処罰する法律を作って目を引く。 韓国も深刻な歴史わい曲ねつ造などを避ける方法で考慮してみる必要があった事例だ。

フランス上院は23日第1次世界大戦当時オスマントルコ帝国が行ったアルメニアの大量虐殺を否認する場合、処罰できる法案を通過させた。 この法案はニコラ・サルコジ大統領が署名すれば施行される。これに対してトルコは強力反発しながらこの法が施行される場合、両国間に深刻な問題が発生することができると警告を出したとBBCなど外信が24日伝えた。

フランスの上院はこの日トルコの前身であるオスマン帝国が1915年犯したアルメニアの虐殺を「大量虐殺」として見る歴史解釈を公に否定すれば、最高1年の懲役と58,000ドルの罰金まで宣告することができるようにする法案を127対86で通過させた。

トルコの司法長官はフランスでこの法案が通過されるやこれは深刻な副定義でトルコに対する侮辱だと批判してパリ駐在トルコ大使はこの法案が施行されれば両国関係が永久的に悪化しながらフランスは戦略的パートナーを失うようになるだろうと警告した。 トルコはフランスの法制定時大使召還とフランスとの経済協力断絶などを検討している。

アルメニア共和国はフランスの立法化を歓迎した。 アルメニア外相は声明を通じて「この日はアルメニアとフランス国民の友愛と世界的な人権保護の歴史に記録される日になるだろう」と話した。

トルコはアルメニア事態に対する判断は歴史家に一任しなければならないと言い、フランスの今回の立法措置は言論の自由を抑圧すると主張した。 サルコジ大統領はトルコの首相に公式書簡を送り、この法案が特定国家を狙ったものでなくアルメニア人の過去苦痛を言及する趣旨と話した。

フランスは2001年アルメニア虐殺を公式認めたし現在20ヶ国が同じ措置を取った。 トルコ役人たちはアルメニア事態を認めながらも組織的な虐殺はなかったと主張している。 そして罪のないムスリム トルコ人が多数死亡したと指摘している。

フランスに現在の居住するアルメニア系有権者が50万人でこれらが今年大統領選挙に重大変数がよいと指摘されている。 フランスとトルコはリビア事態で合同作戦を展開してシリア反政府勢力を共同支援するなど緊密な関係を維持してきた。

フランスの今回の立法措置のように政治的行為には色々な意味が入れられる。 政治は選択と集中の芸術という特徴があってどんな特別な側面を前面に出して浮上させて強調する傾向がある。 フランスの今回の立法は多くの論議と施行にともなう代価が簡単でないように見える。 また、見る視角により多様な評価が出てきながら是々非々が終わらない展望だ。

言論の自由が事実関係わい曲とは分離しなければならないという原則に同意するならばフランスの今回の措置が肯定的に見える。 日本軍慰安婦認定と賠償を要求だけするのでなく日本の軍慰安婦犯罪を否定するのを処罰する国内法をフランスのように作ることを検討してはどうか。

Media Today 2012.1.24 (2ch訳も参考にした)

追記 3月1日: フランスの憲法会議は「処罰法」を憲法違反と判断した。

프랑스의 단호한 과거사 바로잡기, 우리도 좀 배우자
[고승우 칼럼] 아르메니아인 대학살 부인 금지법 통과… 터키와 갈등, 정치적 이용 비판도




한국은 과거사 바로 잡기가 지지부진하다. 저항 세력이 손바닥으로 해를 가리는 식의 억지를 부리는 일이 적지 않다. 국내 일부 학자들까지 일제의 한반도 강점과 강탈을 긍정적으로 평가하는 시각이 있다. 일본은 정신대 문제와 같은 역사적 범죄를 외면하고 있다.


이런 상황에서 프랑스는 역사적으로 명백한 사실을 부인하는 행위를 형사 처벌할 법을 만들고 있어 눈길을 끈다. 한국도 심각한 역사 왜곡 날조 등을 피하는 방법으로 고려해 볼 만한 사례다.


프랑스 상원은 23일 제1차 세계대전 당시 오토만터키제국이 자행한 아르메니아인 대량학살을 부인할 경우 처벌할 수 있는 법안을 통과시켰다. 이 법안은 니콜라 사르코지 대통령이 서명하면 시행된다. 이에 대해 터키는 강력 반발하면서 이 법이 시행될 경우 양국 간에 심각한 문제가 발생할 수 있다고 경고하고 나섰다고 BBC 등 외신이 24일 전했다.


프랑스 상원은 이날 터키 전신인 오토만제국이 1915년 저지른 아르메니아인 학살을 ‘대량학살’로 보는 역사 해석을 공개적으로 부인하면, 최고 1년의 징역과 58,000 달러의 벌금까지 선고할 수 있도록 하는 법안을 127:86으로 통과시켰다.


터키 법무장관은 프랑스에서 이 법안이 통과되자 이는 심각한 부정의이며 터키에 대한 모욕이라고 비판하고 파리주재 터키 대사는 이 법안이 시행되면 두 나라 관계가 영구적으로 악화되면서 프랑스는 전략적 파트너를 잃게 될 것이라고 경고했다. 터키는 프랑스의 법 제정 시 대사 소환과 프랑스와의 경제 협력 단절 등을 검토하고 있다.


아르메니아 공화국은 프랑스의 입법화를 환영했다. 아르메니아 외무장관은 성명을 통해 “ 이 날은 아르메니아와 프랑스 국민의 우애와 세계적인 인권 보호의 역사에 기록될 날이 될 것”이라고 말했다.


터키는 아르메니아 사태에 대한 판단은 역사가에게 일임해야 한다면서 프랑스의 이번 입법조치는 언론의 자유를 억압할 것이라고 주장했다. 사르코지 대통령은 터키 수상에게 공한을 보내 이 법안이 특정 국가를 겨냥한 것이 아니며 아르메니아 인들의 과거 고통을 언급하는 취지라고 말했었다.


프랑스는 2001년 아르메니아 학살을 공식 인정했으며 현재 20 개 국가가 동일한 조치를 취했다. 터키 관리들은 아르메니아 사태를 인정하면서도 조직적인 학살은 없었다고 주장하고 있다. 그리고 무고한 무슬림 터키인들이 다수 사망했다고 지적하고 있다.


프랑스에 현재 거주하는 아르메니아 계 유권자가 50 만 명으로 이들이 올해 대통령 선거에 중대 변수가 될 것으로 지적되고 있다. 프랑스와 터키는 리비아 사태에서 합동 작전을 펴고 시리아 반정부 세력을 공동 지원하는 등 긴밀한 관계를 유지해 왔다.


프랑스의 이번 입법 조치처럼 정치적 행위에는 여러 가지 의미가 담긴다. 정치는 선택과 집중의 예술이라는 특징이 있어 어떤 특별한 측면을 앞세워 부각시켜 강조하는 경향이 있다. 프랑스의 이번 입법은 많은 논란과 시행에 따른 대가가 간단치 않은 것처럼 보인다. 또 보는 시각에 따라 다양한 평가가 나오면서 시시비비가 그치지 않을 전망이다.


언론의 자유가 사실관계 왜곡과는 분리되어야 한다는 원칙에 동의한다면 프랑스의 이번 조치가 긍정적으로 보인다. 일본의 군 위안부 인정과 배상을 요구만 할 것이 아니라 일본의 군 위안부 범죄를 부정하는 것을 처벌하는 국내법을 프랑스처럼 만드는 것을 검토할 수 있을 것이다.

2012/01/24

tweet --web論座・朴裕河(4)に関する






2012/01/22

Q&Aコレクション1 【はてな】



「はてサ」などとも言われ、リベラルな印象のある「はてな」。ウィキペディアの慰安婦の頁とはまた違った特徴がある。

軍慰安所従業婦等募集に関する件(陸支密第745号)」を「朝鮮では強制連行を黙認している」とも解釈できるとしているなど、強引な部分も。



日中戦争や太平洋戦争中、朝鮮や中国、南洋、日本などから動員され、兵士相手に慰安所(買売春施設)で暴力的に性の相手をさせられた女性たち。1991年韓国の元慰安婦から補償と謝罪要求が提起され一般に広く知れ渡った。従軍慰安婦という名前は1973年に作家の千田夏光氏が書き有名になった本からきており、現在は多くは「慰安婦」と括弧づけで呼ばれている。韓国では「挺身隊」と呼ばれる。

1993年政府は強制的に朝鮮などから女性を慰安婦にしたことを認め謝罪し、民間基金を通じた一定の補償を行った。しかし補償が十分なのか、日本の軍隊による直接的な強制連行がどの程度あったのか、慰安婦を今どう呼ぶべきかなどについて論争がある。

強制はあったのか、どうやって集めたのか?

1993年に発表された日本政府の調査結果では、参謀本部や陸軍省といった軍中央や政府による「組織的な強制連行」を示す書類資料は発見されませんでした[注1]。しかしその後、吉見義明ら多くの研究者によって実際に軍の末端の各部隊が無理矢理連れ去るような「強制連行」をいくつも行っていたケースを報告していますし[注2]、就業詐欺という手段によって強制的に集めたと見ています。いい仕事があると騙して中国や南方に連れ去り、休みで慰安所から出る時には監視をつけ、嫌がるのを無理にやらせたという事で、こういう使役の仕方は強制だとしています。これは当時の刑法に照らしても略取・誘拐にとわれうる犯罪だと指摘されています。河野談話を出した河野洋平も同様な事を後のインタビューで答えています[注3]。

慰安婦をテーマにした博士論文には「日本の軍隊慰安所制度と朝鮮人軍隊慰安婦」[注4](一橋大学社会学)がありますが、これによると十分な証言の得られた43人の朝鮮人元慰安婦の中で暴力的な強制連行と答えているのは8人、自発的な慰安婦就業である身売りは1人、圧倒的多数34人は就業詐欺です。

* [注1] 外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/ianfu.html
* [注2] 東京裁判に提出された強制動員を示す資料:http://sengosekinin.peacefully.jp/data/data5/data5-4.html
* [注3] 河野は慰安婦に自由がなかった事を特にあげて強制性を納得したと述べている(朝日新聞、1997年3月31日)
* [注4] http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31099411


2軍や国は関わったのか?

吉見義明が最初に証拠としてあげた「軍慰安所従業婦等募集に関する件」という書類が、軍が朝鮮では強制連行を黙認しているとも、日本で業者の取り締まりをしているとも両方に解釈できる事で、未だに軍の関与を否定する声があります。しかしいわゆる自由主義史観の論者(例えば秦郁彦)でもこの点を否定する人はいません。吉見義明教授は軍が命令を出して慰安所を設置させた例を8つの資料から発見していますし、日本政府も多くの資料から直接・間接の関与を認めています。国・軍が深く関与したのはほぼ間違いないでしょう。

参考としてネット上では軍の主計将校のマニュアルの中に「慰安所の設置」があった事を読むことができます。[注1]

* [注1]永井和教授論文の追記部分http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/works/guniansyo.html#SEC10


3証拠はあるのか?

1. 強制連行の証拠は発見されていません。しかしはっきりと軍人に強制連行されたと証言している朝鮮人元慰安婦は数人いますし、中国やインドネシア、フィリピンなどで慰安婦になったかなりの数の人もそう証言しています。

2. 軍や政府の関与を示す証拠資料は、政府の調査した生資料とその結果をネット上で読めます[注1]また永井和教授はこの資料の正しい読み方と警察の関わり方をネット上で論文で公開[注2]しています。

3. 個別の事件としては、インドネシアで青年将校が司令部の命令を無視して民間人抑留所からオランダ人女性を無理に35人連れだし、慰安所で2ヶ月間「慰安婦」にした事件(スマラン事件)が、戦後BC級裁判として裁かれ有罪になっています。

[注1] http://www.awf.or.jp/program/index.html

[注2] http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/nagai.html

4元慰安婦の証言は信用できるのか?

証言内容が変わったりして補償金ほしさに嘘をついているのではないか?という見方がありますが、実際には年齢(数え歳か満年齢か)や言い方(仕事だと騙された、動員だ、処女供出と思った、挺身隊だ)が変わる程度です。一橋大学で慰安婦について博士論文を書いた尹明淑は、その本「日本の軍隊慰安所制度と朝鮮人軍隊慰安婦」[注1]の中で、現在証言の得られる43人の朝鮮人元慰安婦の証言を募集形態、慰安所の様子、以前の生活などの点で一覧表にしており、査読のある論文の性質上こうした証言の信頼性は高いと言うべきでしょう。

* [注1] http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31099411


5強制連行を告白した吉田清治は嘘をついた?

韓国の新聞に『解放44周年に日帝時代に済州島の女性を慰安婦として205人、徴用していたとの記録が刊行され、大きな衝撃を与えている』この記事の元が吉田清治さんの証言です。しかし島民の証言が無く、この本に記述されている城山浦の貝ボタン工場で15~16人を強制徴発したり、法環里の村で行われた慰安婦狩りの話を証言する人たちは殆どいなかったようです。

こうした事を秦郁彦から追及され吉田清治氏はその後沈黙を守っており嘘をついたと思われます。しかし今では吉田清治の証言がなくとも、就業詐欺という方法で強制的に慰安婦にされたという事が元慰安婦の証言などで明らかになり、今ではこの証言が嘘であっても強制的な慰安婦募集を研究者で疑う者はほとんどいません。

6河野談話は政治決着と聞いたけど?

1993年当時韓国政府との間で政治問題化し、韓国から強制性について明確にしないと問題は終わらないと明言されていました。この為政府は証拠がないにも関わらず思い切った決断をしたようで、そういう意味では政治的決着でしょう。ただ強制性を認めることが、金銭補償を要求しない事との取引条件だったという噂[注1]が当時からありましたが、当時金泳三大統領は最初から金銭補償は求めないとしており、河野長官や石原副長官など日本側関係者も金銭との取引を否定しています。[注2]

* [注1] http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/41426
* [注2] [朝日新聞、1997年3月31日と産経新聞 平成9年3月9日]


7慰安婦は高給だったと聞いたけど?

毎日新聞は1992年5月22日、元慰安婦の文玉珠(68才)が「戦時中ビルマで預金した貯金を返せ!」と日本の郵便局に訴えた事を伝えています。原簿を調べると43年6月から45年9月まで12回の貯金の記録があり、貯金の金額は26145円だった。陸軍大将の年俸でさえ数千円で、これはかなりの高額です。

実際当時の公娼が数千円の借金を数年で返す事ができたようなので、給料をちゃんと貰えばかなりの額になったのでしょう。しかし朝鮮人慰安婦の証言では、経営者は始めからお金の話はしないか、貯金しておくと言ったまま終戦時に何も渡さず行方をくらました場合がほとんどです。[注1]

* [注1]尹明淑の博士論文によると元慰安婦43人の証言から実際に「労働」の対価としてお金を得たのは3人程です。


8慰安婦は本当はいい生活だった?

秦郁彦は1944年ビルマのミートキーナ陥落後の米軍の尋問調書[注1]から「慰安婦は、将軍より高収入で、借金を一年で返し帰国したものもいた、現在の物価に換算して1千万以上を家族に送金したり、休日に町へ買い物に行ったり、接客を断る権利も認められていた」としています[注2]。しかしこれにはいくつも疑問があります。[注3]

1. 本来の訊問の目的は日本軍動向にあり、慰安婦の状況は米軍には直接関心のない周辺事にすぎない。あまり確かめずただ相手の言うことを書いている可能性が大きい。

2. 実は慰安婦の待遇について報告書内でも矛盾した事を書いている、訊問した人は返事が正確かわかっていない

3. 訊問は慰安婦20人と雇用主2人に行われており、実は誰が答えたか曖昧です。待遇のよさを答える部分は経営者に聞いた可能性が大きい

4. 日系2世の米軍兵士がが日本語で訊問したはずです、しかし朝鮮人慰安婦は日本語は片言しかできないので話がちゃんと伝わっていない可能性が大きい

5. こういう例はこれ一つ位しか見あたらない、結局こうした待遇のよい慰安婦はほとんどいなかった事がわかります。

* [注1]日本人捕虜尋問報告第49号(1944年10月1日)Japanese Prisoner of War Interrogation, Report No. 49, Place interrogated : Ledo Stookade, Date of Report : October 1, 1944, By T/3 Alex Yorichi
* [注2]秦郁彦「従軍慰安婦問題で国の法的責任は問えない」?
* [注3]京大 永井和研究室 白石秀人http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/shiraisi.html#2


9論争ってどういう事になってるの?

ネットでは河野談話への批判や慰安婦は朝日新聞のねつ造だという話をよく目にするけど、これに直接答えるものもネット上にはあります。

* 慰安婦問題FAQ:http://www006.upp.so-net.ne.jp/nez/ian/
* 自由主義史観に申す:http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/shiraisi.html
* どんな風に論争が続いてきたか:http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/shiraisi6.html

はてなキーワード 従軍慰安婦とは

2012/01/20

写真で見る水曜デモ3 輝く女学生


老いも若きも心を一つにして日本を糾弾。
彼女たちの顔は輝いている。


隔離される慰安婦像



韓国政府も内心では運動家たちのパフォーマンスを快く思っていないのだろう。韓国も少しずつ大人の国になって来たのかもしれない。しかし、運動家たちは恐らくこの後世論に助けを訴えるだろう。そうなればどうなるか?韓国の世論がまだまだ成熟していないらしい事は、李明博大統領の来日時の行動が教えてくれた。(追記:水曜デモなどの際は、普通に写真が撮れるようである)

写真: 慰安婦像の回りで写真撮影を牽制する警察官。少女像には雨具が着せられている。外国人記者の中には、喧嘩が勃発するの防ぐ為に警察が守っていると、微妙に勘違いしたレポートをしている人が、そうではなく、日本との間の諍いの種になることを当局は恐れている・・・ということ。

20日午前ソウル、中学洞日本大使館を警備する警察が日本大使館の前に設置された慰安婦平和碑少女像への接近と撮影を防いで無理をかもしている。 現場警察関係者は少女像のき損憂慮と日本との敏感な事案である事から許可を受けなければならないと話した。

Newsis 2012.1.20

20일 오전 서울 중학동 일본대사관을 경비하는 경찰들이 일본대사관 앞에 설치된 위안부 평화비 소녀상의 접근과 촬영을 막아 무리를 빚고 있다. 현장 경찰 관계자는 소녀상의 훼손 우려와 일본과 민감한 사안이므로 허가를 받아야 한다고 말했다.

2012/01/18

慰安婦ドキュメンタリーの撮影進行中 --台湾


資金不足の話は昨年から出ていた。台湾では馬総統が慰安婦問題に熱心で、日本政府と交渉するのだと宣言したのは一昨年の暮れ。その時は正月明け(2011年)にも日本政府に提議すると言っていたはずなのに、あれから一年も経つのに、まったくそんな話は日本国内から聞こえて来ない。総統選挙で再選を果たしたばかりの馬総統だが、もともと韓国のように国民の関心事でないようで、誰もこの事について突っ込む人はいないようである。

従軍慰安婦ドキュメンタリーの撮影が進行中

(台北 17日 中央社)日本統治時代に、日本の従軍慰安婦とされた台湾の女性らを追ったドキュメンタリー「阿嬤的春天」(おばあさんの春)の撮影が進行中だ。女性たちの平均年齢は90歳近くになっており、制作を行っている婦女救援基金会では、時間や資金難と戦いながら作業を急いでいる。

台湾の元慰安婦たちによる、日本政府への賠償要求運動が始まってから、今年でちょうど20年目となる。運動を支援している婦女救援基金会は1998年に、慰安婦経験者らのインタビューをまとめた第1弾となるドキュメンタリー映画「阿嬤的秘密」(おばあさんの秘密)を制作、その年の金馬奨(台湾版アカデミー賞)で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞している。

その後、少なくない女性がこの世を去り、現在台湾に残っているのは確認されている範囲では9人のみ。基金会では、残された女性たちが存命のうちに第2弾を完成させたいと急ピッチで制作を進めているが、現在、制作費用150万台湾ドル(約380万円)のうち集まっているのは3分の1ほどのみだという。

2012/01/17

[参考]学校での柔道事故 中高生114人死亡


これが、慰安婦問題とどう関係するのか?まぁ色々と。「慰安婦問題の専門家」は様々な理屈を持ちだしてくるので。

追記 1月21日:名古屋市教育委員会は、授業での足技、乱取りを禁止した。
柔道、中高生114人死亡していた…名大調査

学校での柔道事故を巡っては、受け身の習得が不十分なまま投げ技練習に参加したり、頭を打った後に適切な救急措置を受けられなかったりした生徒が死亡するケースが後を絶たない。

名古屋大の内田良准教授(教育社会学)によると、柔道事故で死亡した中学、高校生は1983~2010年度の28年間に全国で114人(中学39人、高校75人)。中高ともに1年生が半数以上を占め、計14人が授業中の死亡例。また、後遺症が残る障害事故も83~2009年度で275件あり、3割は授業中だった。

中学の部活動における競技別の年間死者数(2000~09年度の平均、10万人当たり)を見ると、柔道が2・376人で、2番目のバスケットボール(0・371人)に比べても圧倒的に多い状況だった。死亡原因の大半は頭部外傷で、内田准教授は「首の筋力などが未発達なうちに、安易に立ち技や乱取りを行わせるのは危険」と警鐘を鳴らす。

2012.1.17 読売新聞

中学柔道授業で足技、乱取り禁止…名古屋市教委

名古屋市立高校の柔道部で昨年6月、1年生の男子部員が練習中に頭を打ち、翌月に死亡した事故を受けて、市教育委員会は、新年度から中学1、2年男女の体育で必修化される柔道の授業で、「大外刈り」など後方に倒れて頭を打つ可能性がある足技を行わない方針を固めた。

市教委によると、18日に臨時開催した安全指導講習会の後で、担当者が対応を検討。市立高の柔道部員が大外刈りによる急性硬膜下血腫で死亡したことを重く受け止め、中学生の段階では柔道の習熟度が低い点も考慮し、大外刈りや大内刈りなどの足技のほか、互いに技をかけ合う「乱取り」も行わないことを決めた。

安全対策の強化を図ったもので、文部科学省にも了承を得ているといい、今後、市の教育課程に明記した上で、各中学校に周知させる。

読売 2012.1.21

2012/01/16

インドネシアで慰安婦展




Jan Banningはオランダ生まれの写真家。両親はオランダ領インドネシアの出身らしい。その縁もあってか、インドネシアの慰安婦をテーマにした写真集も出している。西洋人の例に洩れず、慰安婦についての理解は浅い。それは仕方のない事かもしれない。駐日オランダ大使をしてこのレベルなのだから。この度彼は、インドネシアで写真展を開いた(たぶん始めてではないと思った)。展示会場の入り口には「従軍慰安婦」という日本語を用いている ソース


慰安婦像の製作者

この二人が問題の慰安婦像の製作者らしい。たぶん。
最初はもっと素朴なデザインだったが、どういう経緯があったのか、よりリアルな像に変更されたようだ。




当初のデザイン


ジャパン・バッシングを天使に仮託する人々


彼らが天使と言っているのは子供たちの事である。慰安婦ハルモニの言うことはよく分からない。しかし、学校の先生から教わった。なぜ幼い少女たちを(日本軍が)捉えていったのか・・・と疑う事を知らない子供たちは言う。

彼女たちを全面に立てて大人は言う。「日本は天使(子供)たちの叫びに」良心を苛まれないのか?そして(意図的に)少女の形に作られた造り物の像まで利用して自分たちのパフォーマンスを飾り立てる。像は、「天使のような目」で日本大使館を凝視しているのだそうだ。そして良心的日本人が登場する。

慰安婦騒動の中心にいる人々は、日本を道義的に見下してこれを叩く快感に酔いしれている。これを民族的快楽と呼んだのは産経の黒田記者であるが、さらにその為に子供まで利用している姿を見ると、道義的な問題を抱えているのは、この運動家たちの方だろう。

「すでに気持ちで許す準備を終えたおばあさんたち」という部分が面白い。元慰安婦たちは、自分たちの尊厳が回復されていないなどとは思っていないのである。彼女たちはとうの昔に、軍人相手の娼婦から民族的英雄に大出世しているのである。一方で20年を超える日本に対するネガティブ・キャンペーンに対し、許しがたいと思っている日本人も少なくない。


子供にマイクを持たせて日本政府を糾弾させる


日本は天使らの叫びが良心に警鐘鳴らさないのか?
許す気持ちに心が傾いたおばあさん達だが、日本政府の態度は

「日本は公式に謝りなさい!謝りなさい!謝りなさい!」
「日本は賠償しなさい!賠償しなさい!賠償しなさい!」

いつもよりきれいな幼い天使たちの声が日本大使館の前にこだました。1004回水曜集会に、とりわけ幼い天使たちの姿がたくさん眼に触れた。1004回集会に天使たちがたくさん訪れてきたようだ、という小説家キム・ウンソン氏の言葉にみな愉快そうに笑った。天気は鼻先をかすめる風がとりわけ冷たく感じられるほど鋭かった。

やはり政治家や偉い肩書を持つ人々は一人も見られない。あどけない小学生、中高生、大学生らがキム・ボクトン、キル・ユンオクおばあさんのお二人様を親しく囲んで立っている。遠く忠清南道公州からきた学生たちとのことだ。2012年1月11日に開かれた1004回日本軍慰安婦問題解決のための水曜定期集会の風景だ。

子供たちがおばあさん、がんばってください!と書いた色画用紙を持って立っていて、ある子供はおばあさんたちに差し上げる手紙文を朗読した。子供は手紙文で「私たちは幼くて慰安婦おばあさんたちの話がよく分かりません。先生に話を聞いて知ることになりました。戦争すれば戦争だけすればいいのに、なぜ幼い少女たちを捉えて行って悪いことをして悲しくさせるのか分からない」としておばあさん頑張って下さいと挨拶をした後、手紙文が書かれた紙をおばあさんに伝達した。手紙を受けた二人のおばあさんの顔には明るい微笑が浮かぶ。

日本大使館の前に立つ慰安婦平和碑はスカートとチョゴリを着た髪の短い少女像だ。13才の年齢で慰安婦に引きずられて行った少女を象徴するように幼くてあどけない姿で日本の謝罪を促すように大使館をぼんやり凝視している。
(中略:平和像の説明)
集会が終わって日本から韓国に帰化したというある女性が帰る車中で、座ったキル・ユンオクおばあさんの手を握って「本当に申し訳なくて恥ずかしい」という心情を明らかにして頭を下げるとすぐにキル・ユンオクおばあさんは逆に「私は日本人を嫌いません。私たちと似たような人たちに何の誤りがありますか。謝罪しない日本政府に誤りがあるのですね。」としてその日本人女性を慰めた。

良心的な日本の民間人は自分の国が犯したことを恥じるのに、日本政府は相変らず公式謝罪どころか品位を問題にして慰安婦少女像の撤去を主張している。日本政府は一日もはやく、すでに気持ちで許す準備を終えたおばあさんたちに心より謝って許しを乞わなければならないだろう。

天使のような目で毎日、日本大使館を凝視する少女像の目と毎週の水曜デモのたびに慰安婦少女像の前を訪れ日本に公式謝罪を叫ぶおばあさんたちを慰める幼い天使たちの叫びが良心に警鐘をならして恥を自覚するならばの話だ。

2ch 蚯蚓φ訳 (副題は引用者が補った)

일본은 천사들 외침이 양심에 경종 울리지 않는가?
마음으로 용서할 마음 가진 할머니들 하지만 일본정부의 태도는


“일본은 공식 사과하라! 사과하라! 사과하라! ”


“일본은 배상하라! 배상하라! 배상하라!”


그 어느 때보다 맑은 어린 천사들의 목소리가 일본대사관 앞에 메아리를 울리며 울려 퍼졌다. 1004회 수요 집회에는 유난히 어린 천사들의 모습이 많이 눈에 띄었다. 아마도 1004회 집회라 천사들이 많이 찾아온 것 같다는 김운성 작가의 말에 모두 유쾌하게 웃었다.


날씨는 코끝을 스치는 바람이 유난히 차갑게 느껴질 만큼 매서웠다. 역시나 정치인들, 무슨 번드르르한 직함을 가진 사람들은 한 명도 보이지 않는다. 앳된 초등학생, 중고등학생, 대학생들이 김복동, 길윤옥 할머니 두 분을 둘러싸고 다정하게 둘러 서 있다. 멀리 충청남도 공주에서 올라 온 학생들이란다. 2012년 1월 11일에 열린 1004회 일본군 위안부 문제해결을 위한 수요 정기 집회 풍경이다.


어린이들이 니와 할머니 힘내세요! 라고 쓴 색도화지를 들고 서있고 한 어린이는 할머니들에게 드리는 편지글을 낭독했다. 어린이는 편지글에서 “우리는 어려서 위안부 할머니들의 이야기를 잘 모른다.


선생님께 이야기를 듣고 알게 되었다. 전쟁을 하면 전쟁만 하면되지 왜 어린 소녀들을 잡아다가 나쁜 짓을 해서 슬프게 만드는지 모르겠다며 할머니 힘내세요 라고 인사를 한뒤 편지글이 적힌 종이를 할머니에게 전달했다. 편지를 받은 김복동 할머니와 길윤옥 할머니 얼굴에는 환한 미소가 번진다.


추운 날씨 탓에 이전과 같은 문화 행사는 펼쳐지지 않았지만 어느 때보다 밝은 미소가 넘치는 화기애애한 집회였다. 게다가 평화비를 제작한 김운성.김서경 부부작가가 딸과 함께 집회 현장을 찾아서 더 의미가 깊은 집회가 되었다.


아다시피 일본대사관 앞 평화로에 세워진 위안부 평화비는 치마저고리를 입은 짧은 단발머리 소녀상이다. 13살의 나이로 위안부로 끌려 간 소녀를 상징하듯 어리고 앳된 모습으로 일본의 사과를 촉구하듯 대사관을 물끄러미 응시하고 있다. 소녀상의 뒤 그림자엔 가슴에 맺힌 자유에의 갈망과 한을 상징하듯 나비 한 마리가 조각되어 있어 보는 이의 가슴을 뭉클하게 만든다.


평화비 표지석은 일본군위안부 피해자인 길원옥 할머니가 직접 쓴 평화비라는 글자와 1992년 1월 8일부터 이 곳 일본대사관 앞에서 열린 일본군위안부 문제 해결을 위한 수요시위가 2011년 12월 14일 천 번째를 맞이함에, 그 숭고한 정신과 역사를 잇고자 이 평화비를 세운다"라는 문구가 적혀 있다.


1000차 수요시위 때 위안부 소녀상 제막식이 있은 후 소녀상 옆에는 소녀를 위로하듯 누군가 놓고 가는 인형과 꽃다발이 끊이지 않고 있다. 맨발을 안타깝게 여긴 듯 누군가 발밑을 둘러놓은 목도리를 시작으로 늘 고운 모자와 목도리 따뜻한 옷, 무릎 덮개 등이 수시로 바뀌고 있어 시민들의 소녀상에 대한 관심과 안타까운 마음을 짐작케 한다.


이제 소녀상은 더 이상 외롭지 않다. 시민들의 관심이 끊이지 않기 때문이다. 어느 날은 소녀상 주변에만 유독 가로등이 꺼져있는 것을 발견한 한 시민이 트위터에 날린 호소문으로 삼성의 마음을 움직여 미뤄오던 가로등을 수리해 다시 불이 들어오도록 만들기도 했다.


집회가 끝나고 일본에서 한국으로 귀화했다는 한 여성이 돌아가는 차안에 앉은 길윤옥 할머니 손을 붙잡고 ‘ 정말 죄송하고 부끄럽다’는 심정을 밝히며 머리를 숙이자 길윤옥 할머니는 오히려 “나는 일본사람을 미워하지 않아요. 우리 같은 사람들이야 무슨 잘못이 있어요. 사과를 하지 않는 일본정부가 잘못이 있는 거지요.”라며 그 일본인 여성을 위로했다.


양심적인 일본의 민간인들은 자신의 나라가 저지른 일을 부끄러워하는데 일본 정부는 여전히 공식 사과는커녕 품위 운운하며 위안부 소녀상의 철거를 주장하고 있다. 일본 정부는 하루 빨리 이미 마음으로 용서할 준비를 마친 할머니들에게 진심으로 사과하고 용서를 빌어야 할 것이다.


천사와 같은 눈매로, 매일 일본대사관을 응시하는 소녀상의 눈망울과 매주 수요시위 때마다 평화로의 위안부 소녀상 앞을 찾아와 일본의 공식 사과를 외치며 할머니들을 위로하는 어린 천사들의 외침이 양심에 경종이 되어 부끄러움을 자각한다면 말이다.

2012/01/15

ソウルで日本人相手の売春再び横行



ソウルで日本人相手の売春再び横行

「夜に明洞を歩いていると、『きれいなコいますよ』という誘いを10回も聞いたことがある」

ソウルの繁華街で出会った日本人観光客Hさん(33)は、特に大したことではないかのように韓国人女性との売買春の話を切り出した。日本人のNさん(32)も「韓国に行けば、日本よりも安く買春ができるという話が日本人男性の間で広がっている。どうせ遊びに来たのだから『楽しんでいこう』という男性も多い」と話した。

明洞・江南地区の中・低価格ホテルを中心として、日本人観光客相手の売買が横行している。江南区にあるAホテルのドアマン(35)は「昨年から日本の中年男性が買春相手の女性と一緒に歩く姿が増えた。安い宿に泊って、浮いた費用で女性を呼ぶケースが多い」と証言した。

2006年に「性売買(売買春)防止特別法」が施行されて以降、ソウル市内の売春街や性的サービスを提供するマッサージ店が減少する中、日本人観光客を相手にした売買春が急速に増えている。警察の取り締まりが厳しくなったことを受け、女性が日本人観光客相手の業者に集中しているためだ。

2010年半ばの100円=1200ウォン前後から、最近は同1490ウォン台へと円高ウォン安が進んだことも売買春が増えている一因だ。

1970年代に日本人が韓国にいわゆる「妓生(キーセン)観光」に訪れていたのと同じ状況が起きているというわけだ。

日本人観光客のSさん(24)は「夕方ホテルに戻るためタクシーに乗ると、派手な女性の写真が印刷された名刺を差し出し、売買春をあっせんする運転手もいる」と話した。

また最近は、日本人男性を相手にした「ポン引き」も登場している。通常、彼らは午後7-11時の時間帯に活動する。明洞でビラ配りのアルバイトをする男性(23)は「ポン引きは男性同士で来た日本人観光客を見事に見分け、彼らに付きまといながら上手な日本語で『女の子いますよ』と名刺を渡している」と語った。

日本人観光客専用の売買春情報サイトも少なくない。日本語の検索ポータルサイトで「デリヘル」「明洞」という単語で検索すると、日本語で書かれた韓国の売買春サイトが10個以上も出てくる。

あるサイトには「ホテルにチェックイン後、名前、ホテル名、部屋番号、好きな女性のタイプをお知らせいただければ、お好みのスタイルの女性を派遣します。観光と食事をゆっくり楽しんだ後、ホテルで翌朝までお過ごしください」と書かれている。観光ガイドまで兼ねた売春女性を派遣するという宣伝だ。価格については「会社員・女子大生は5万円、タレント・モデル級は10万円」と書かれている。

また、「××ハウス」という業者のサイトには、日本語で「韓国料理を食べながら、チマチョゴリ(民族衣装)を着た女性と朝まで伝統家屋で遊ぶことができる」と書かれている。日本人向け観光ガイドの女性(45)は「韓国に3-4回ほど来たことのある男性は、韓国の売買春サイトであらかじめ下調べし、どこで遊ぶかを決めてくるケースも多い」と話した

朝鮮日報日本語版   2012.1.14

中国の売春婦2000万人



中国の「慰安婦問題の専門家」は、(強制連行された)慰安婦の総数を40万人、うち中国人20万人などと言っていたが・・・。

記事では一人っ子政策の為に増加した独身男性にとって、買春は性の問題を解決する唯一の方法だったと伝えている。また遊ぶ金欲しさに売春する女子中高生の存在、いっそ売春を合法化すべきという専門家の声も伝えている。

「セックス大国」中国、売春婦の数は2000万人、建前は違法だが・・・米華字サイト

2012年1月12日、中国の売春婦は推定2000万人に上るとされている。当局がどんなに厳しく取り締まっても、“需要”に応え続ける彼女たち。建前上は違法だが、売春はもはや中国の一大産業となっている。米華字サイト・文学城が複数メディアの報道として伝えた。

中国共産党のお偉方は決して認めないが、売春が中国で一大産業となっているのは周知の事実。彼女たちは「ナイトクラブ」「カラオケ」「美容院」「マッサージ店」などを職場としている。当局は頻繁に撲滅キャンペーンを行い、売春婦や客らを摘発しているが、それでも一向に撲滅する気配はない。著名なジェンダー学者の李銀河(リー・インホー)氏は「いっそのこと売春を合法化し、彼女たちをセックスワーカーとして社会的に認めるべきだ」と訴える。

男尊女卑の考え方が根強い中国では、一人っ子政策が始まると多くの夫婦が男の子を欲しがった。現在の男女比は120対100。結婚適齢期の男性約3000万人が一生独身を強いられる計算になる。つまりそれだけの男性が悶々と性の問題を抱えることになるのだ。李氏が湖南省の農村で行った調査によると、男性の3分の1が独身で、性の問題を解決する唯一の方法が買春だった。

ネット上や新聞、雑誌には「少女全裸」「淫乱」「変態」といったわいせつな言葉が氾濫。
国営新華社通信や中国共産党機関紙・人民日報といったお堅いメディアでも「機長とCAの秘め事」「不倫」といった
刺激的な単語が見受けられる。権力を振りかざし愛人を何人も囲う役人も、もはや珍しい存在ではなくなった。

最近の中国の「セックス大国」ぶりは空前絶後と言ってよい。貧乏するより体を売ってまでブランド物を持つ方が良いとする風潮もはびこっている。昨年11月には上海で女子中高生20人による集団援交事件が発覚したばかりだ。彼女たちは遊ぶ金欲しさに平気で見知らぬ男に体を売っていた。

ほんの30数年前まで性の問題はタブーとされていた。それが今では「カネで女を買う」「体を売る」ことに何の抵抗もなくなっている。中国は急速な経済発展と引き換えに、性道徳の大幅な低下という代償を払う羽目になったようだ。

2012/01/13

愛国歌手、今度はニューヨークに慰安婦ポスター



ここでも留学生が使われている。進んでこうした愛国的行動に協力する海外留学生は多いのだろう。前回は、まさか日本まで来たわけではないだろうと思っていたが、今回アメリカでポスターと一緒に写っている所を見ると、もしかしたら日本でも直接ポスターを貼っていたのか?

しかし、こんな事で給料をもらえる大学教授って・・・。

追記: 韓フルタイムの記事も追加。「現在もフランスや英国、メキシコなど住む韓国人留学生から活動に参加したいとの連絡が来ているそうで、彼らのポスター作戦はしばらく続くものとみられる」とのこと。

“独島の門番”キム・ジャンフンと徐敬徳、慰安婦問題で再びひとつに

“独島(トクト、日本名・竹島)の門番”キム・ジャンフン-徐敬徳のコンビが再び結成された。

歌手のキム・ジャンフンと徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大客員教授は、今月7日からニューヨークの中心部で日本軍の慰安婦関連のポスターを1500枚貼り付けて注目を浴びている。徐教授側によると、留学生の助けを借りて、12日までにマンハッタンのソーホー、タイムズスクエア、ウォールストリート、チャイナタウンなど、世界の人々が集まる街頭のあちこちに慰安婦関連のポスターを貼り付け、関連内容のPRをした。最近、東京で同じ内容のポスターを貼り付けたことに続き、今回で2回目のイベントだった。

「聞こえますか?(DO YOU HEAR?)」というタイトルのこのポスターは、先月29日、ウォールストリートジャーナルに掲載された全面広告と同じデザインと内容。ポスターを企画した徐教授は「日本軍慰安婦の存在自体を知らない世界の人々に広く伝えて、国際社会の世論を導き出したい」と、その趣旨を語った。

ポスターの制作費を支援しているキム・ジャンフンも「日本軍慰安婦のおばあさんが生きているうちに、必ず日本政府の謝罪と補償を受けたい。引き続き、国際社会にこのような事実を広く知らせて日本政府を圧迫していく予定」とし「映像広告も準備している」と伝えた。


今月初め、東京に貼られた従軍慰安婦問題を訴えるポスターが、ついにニューヨークの街中に登場した。

ポスターを作ったのは、毎度お馴染みの韓国人歌手キム・ジャンフン氏と、ソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大学客員教授。ポスターが貼られたニューヨークの街中で、2人がガッツポーズを決める写真も公開されている。

キムとソ教授は、昨年12月30日に米経済誌ウォールストリート・ジャーナル(WJ)に従軍慰安婦の広告を掲載しており、ポスターは広告と同じデザインとなっている。ポスター作戦は、現地に住む韓国人留学生の協力を得ながら展開しているそうだ。

12日までにマンハッタン内のソーホー、タイムズスクエア、ウォールストリート、チェルシー、チャイナタウンなどに1500枚が貼り出されたという。

ソ教授は、「東京でポスターを貼った後、多くの日本人から連絡をもらった。広報効果があることが分かったので、世界中の人びとが集まるニューヨークにポスターを貼り、国際社会の世論を引き出そうと思った」と話した。

ポスター制作費を負担したキムは、「元慰安婦の方々が生きているうちに、必ず日本政府から謝罪と補償を受けたい。そのためにも、国際社会でこのような事実を広め、日本政府を圧迫していく」と意気込んだ。

キムとソ教諭は東京でポスターを貼った際、大阪や京都の中心地でも活動を行いたいと話していたのだが、実際に行われたのかは分かっていない。だが、現在もフランスや英国、メキシコなど住む韓国人留学生から活動に参加したいとの連絡が来ているそうで、彼らのポスター作戦はしばらく続くものとみられる。

幸せ一杯、ハルモニの正月



「名誉と尊厳の回復が必要」「賠償を」・・・と言うが、どうだろう?正月から曾孫の様な歳の子供から贈り物を貰うハルモニ。後ろにはAPOLOGY(謝れ)のプラカード。取材のカメラも見える。数日前に火炎瓶が投げ込まれたばかりの日本大使館の前での光景。ナヌムの家にも韓国政府から女性家族部の長官が派遣された

一刻も早い解決が望まれると言われる慰安婦問題の、これが実態である。

慰安婦ハルモニたちのための新年の贈り物いっぱい

新年の最初の定期水曜集会が開かれた4日午後、ソウル鍾路区中学洞の日本大使館前で慰安婦被害ハルモニたちが新年の贈り物を貰っている。


위안부 할머니들을 위한 새해 선물 한가득


새해 첫 정기수요집회가 열린 4일 오후 서울 종로구 중학동 일본대사관 앞에서 위안부 피해 할머니들이 새해 선물을 받고 있다.

2012/01/12

誰がパラノイアを作り出したのか?日本大使館放火事件



流暢に韓国語を話すという事だから、朝鮮系(漢族)である可能性はある(追記:この部分、「半島系朝鮮人と漢族との混血」が正しいのではないかとご指摘を頂き、訂正した。I さんありがとうございます)。祖母が強制連行された慰安婦で、それを死の間際に打ち明けられたとか、曽祖父が独立運動家で日帝に殺されたとか、話が出来すぎているような気もするが、韓国の警察は彼が本気だったと見ている。どうやら、東京の繁華街にポスターを貼って回った愉快犯とは違うらしい。

自分は一度、韓国人と中米人のハーフにかなり厳しく慰安婦問題の事で責め立てられたことがある。これはネットでのやり取りだったが、本国の韓国人でもこれほど感情的になった人とは出会った事がなかった。とにかく、猛烈に日本を憎んでいた。しかもそれが個人的な体験から日本を憎んでいたのではなく、国際的に流布している「日本軍性奴隷制度」の話を真に受けて憤っていたのである。

もともと慰安婦騒動は、靖国問題にも言えることだが、政治的なパフォーマンスとして始まった側面がある。それが20年も続く内にこんな事になってしまうとは、当時の朝日新聞の関係者も思っていなかったろう。先月のフジテレビの番組に出演した秦郁彦がマスコミの責任は大きいと言っていたが、一部のマスコミの火遊びがパラノイアを作り出してしまったとも言えるかもしれない。もちろん慰安婦騒動が大きくなったのは韓国側にも責任があるわけだが、犠牲者が出ていたら本当に救いようのない話であった。

追記 (1月16日): パラノイアと書いたが、やはりこの男、ちょっと頭がおかしいのかもしれない。16日付の聯合ニュースの記事を追加した。

日大使館火炎瓶中国人、日本軍慰安婦だった母方の祖母の誕生日合わせ犯行

日本大使館に火炎瓶を投げた疑惑で拘束令状が申請された中国人リュ(38)氏は日本軍慰安婦として徴用されたという母方の祖母の誕生日に犯行を犯したことが明らかになった。

リュ氏は8日ソウル、鍾路区、中学洞の日本大使館に自らの製作した火炎瓶4個を投げた後、現場で勤務中の警察警備隊員に検挙された。

▲リュ氏なぜ火炎瓶を投げたか?

9日ソウルの鍾路警察署によればリュ氏は韓国人である母方祖母と外曽祖父のために犯行を犯したと明らかにした。

3日外曽祖父が獄死したという西大門刑務所を見回した後、日本に対する敵がい心が大きくなって日本大使館に火炎瓶を投げたことがリュ氏が明らかにした直接的な犯行動機だ。

昨年12月18日韓日首脳会談当時、野田日本国首相が慰安婦問題に対し無責任な発言をした事もリュ氏の犯行動機の一つだ。

リュ氏は警察の調査によって母方の祖母は1942年大邱(テグ)で日本軍慰安婦として徴用されて木浦(モクポ)を経て中国に連れられてきたし外曽祖父は抗日運動をして西大門(ソデムン)刑務所に投獄されて拷問を受けて死亡したと言った。

だが、リュ氏の陳述の外にこれを証明する根拠はない状態だと警察は伝えた。 ただしリュ氏は韓国人とコミュニケーションが可能なほどの韓国語を駆使すると分かった。

警察関係者は「リュ氏が犯行を誇りに思って自身の行動を浮び上がっている」としながら「精神に問題があるとは言えない。信念による犯行と思える」と話した。

引き続き「リュ氏の犯行当日の8日は、母方の祖母の誕生日だと述べた」と「母方の祖母の誕生日に合わせて犯行し、本人自ら満足感を感じたことと考えられる」と付け加えた。


▲韓国に来た理由は?

リュ氏は昨年12月26日日本成田空港で東京を経由して仁川(インチョン)空港で入国した。

リュ氏は、同じ日日本の靖国神社に火を付けた後、中国に帰国する場合中である共助捜査で検挙されることを憂慮して韓国に入ってきたと入国理由を明かした。入国当時日本大使館にどこにあるかも知らず、放火計画はなかったと警察に述べた。

リュ氏は、入国後母方の祖母と外曽祖父の跡を踏んだ。

29日母方の祖母が連行されて行った全南(チョンナム)、木浦市(モクポシ)を経て30日母方のおばあさんが居住した大邱市、不老洞(プルロドン)を見て回った後、31日ソウルに上京して犯行当日の8日まで西大門区(ソデムング)あるモーテルに投宿した。

リュ氏は3日西大門(ソデムン)刑務所を見回し、当日犯行を決心して準備を始めた。

普段武器に関心が高かったリュ氏は数年前すでに多国籍オンライン百科事典ウィキペディアを通じ、火炎瓶製造方法を習っているはずだった。

リュ氏は6日ソウル駅の近くのガソリンスタンドであらかじめ用意した2リットルのミネラルウォーターのボトル2個にガソリン4リットルを購入して翌日焼酎瓶など火炎瓶を作る工兵(?)11個を準備した。

8日当日、工兵(?)にガソリンを入れ、Tシャツを切って芯で作り火炎瓶11個を作った後、このうちの4個を日本大使館に投擲した。

▲韓国入国前歩みは?

リュ氏は入国前日本で滞在しながら昨年12月26日東京の靖国神社の正門の柱に火をつけて神社の中の碑石に火炎瓶一個を投げたと述べている。

実際に出入国記録を見ると、リュ氏は中国の広州空港から昨年の10月3日に大阪空港から入国した後、事件発生当日の26日入国(?)した。 韓国行航空券は事件前日の12月25日前売りしたことが確認された。

だが、リュ氏の陳述外確認された事実はない状態だ。 リュ氏は心理治療医師資格と英語教師の資格を持っており、日本滞留中大阪と福島でボランティア活動をしたと伝えた。

警察はリュ氏とともに入国して先立って帰国した日本人女性を追っている。

リュ氏は日本国内日程を該当女性と共にした。 該当女性は韓国にも同行し、12月31日に日本に帰国した。 警察はリュ氏と該当女性の共謀の可否を調査している。

一方警察はリュ氏が昨年12月28日国内の某放送会社とインタビューしたのを見て、入国可否を把握した後日本大使館に通知したことが確認された。

日本大使館は捜査要請や警備強化要請はせず、警察も同じ月31日リュ氏と接触した後、犯罪疑惑がないという判断を下した。

SEGYE.com 2012.1.9 ※1

「日本人の彼女が手伝った」 日本大使館火炎瓶事件の男が明かす

「過去の過ちを反省しようとしない日本が憎らしかったのです。それで、日本植民地時代の日本軍慰安婦として強制動員された母方の祖母の誕生日にあわせ、駐韓日本大使館に火炎瓶を投げつけました」

8日午前、ソウル鍾路区中学洞(チョンノグ・ジュンハクドン)の駐韓日本大使館に火炎瓶4本を投げつけた容疑で拘束令状が申請された中国人のリュ・チャン容疑者(38)は9日、東亜(トンア)日報とのインタビューで、「火炎瓶を投げたのは、母方の祖母の誕生日へのプレゼントだった。今こそが自分の人生での最高の瞬間だ」と主張した。

中国広州出身の漢族であるリュ容疑者は、死亡直前の祖母から、直接、慰安婦時代についての話を聞かされた。祖母は、大邱(テグ)で住んでいたところ、1942年を前後に中国へと強制動員されたという。

リュ容疑者は同日、鍾路警察署の留置場で英語で行われたインタビューで、「祖母から話を聞き、大変ショックを受けており、反省しようとしない日本に憤りを感じた。昨年12月に行われた韓日首脳会談で、慰安婦問題を避けようとする日本側の誠意の無い姿勢に不快感を感じ、日本の靖国神社に放火をし、今回の出来事も起こした」と主張した。

昨年12月26日、神社に放火した際は、日本人の彼女の手助けを受けたという。彼女は心理治療士であるリュ容疑者が、昨年の福島原発事故でボランティア活動に行った際に出合ったうつ病患者だった。

警察によると、リュ容疑者は犯行前日、福島からガソリン5リットルを購入した後、神社を訪れ下見をし、その翌日の午前2時、ガラス製のマッコリビンで作った火炎瓶で火を放ったという。火炎瓶の作り方は、オンライン上の百科辞典サイト、ウィキペディアを検索して知った。リュ容疑者の彼女は、駐韓日本大使館への火炎瓶投擲事件も手助けしたという。しかし、リュ容疑者、「何を助けたのか」という記者の質問には回答を拒否した。警察は、「日本人女性が同行した事実は確認したが、1月1日、日本に向け出国したことが分かった」とコメントした。

靖国神社に火を放ち、その5時間後韓国に逃げてきたリュ容疑者は、祖母の故郷である大邱や、祖母が中国に連れて行かれた場所である木浦(モクポ)を訪れたのに続き、今月3日、母方の曽祖父が独立運動中投獄され、死亡したと聞かされたソウル西大門(ソデムン)刑務所を見て回った。警察の関係者は、「入国当時は具体的な犯行計画は無かったが、西大門刑務所を見て回った後、犯行を決心したものと見られる」と伝えた。

東亜日報 2012.1.10

1月16日追記:

日本大使館に火炎瓶投げた中国人「大韓民国万歳」

ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げ込んだ中国人の男が拘束されているソウル・鍾路警察署は16日、男が少なくとも2度にわたり韓国語で「大韓民国万歳」と叫ぶなど奇異な言動をとっていると明らかにした。同署はきょうにも男を送検する予定。

韓国語で日本の悪口を言ったり、留置場で韓国の国歌を歌ったりもするという。

男は日本政府が慰安婦問題に対して無責任な態度をとっていることに不満を抱き、8日に日本大使館に火炎瓶4本を投げ込み、壁の一部を焦がした疑いで逮捕された。

また、昨年末に東京・靖国神社に火をつけたと主張。朝鮮半島出身の祖母が旧日本軍の従軍慰安婦にされ、植民地時代の反日運動家だった曾祖父がソウルの西大門刑務所で拷問を受け死亡したと供述している。

警察は男の家族関係など、犯行動機の真偽を調査しているが、資料が乏しく確認は難しい状態だ。男と一緒に韓国入りした日本人女性は1日に出国したが、犯行を手伝ったかどうかについては確認できていないという。



※1

日대사관 화염병 중국인, 일본군위안부 외조모 생일 맞춰 범행


일본대사관에 화염병을 던진 혐의로 구속영장이 신청된 중국인 유모(38)씨는 일본군 위안부로 징용됐다던 외조모의 생일날 범행을 저지른 것으로 드러났다.


유씨는 8일 서울 종로구 중학동 일본대사관에 자체 제작한 화염병 4개를 던진 후 현장 근무 중인 경찰 경비대원에 검거됐다.


▲ 유씨 왜 화염병을 던졌나?


9일 서울 종로경찰서에 따르면 유씨는 한국인인 외조모와 외증조부를 위해 범행을 저질렀다고 밝혔다.


3일 외증조부가 옥사했다는 서대문형무소를 둘러본 후 일본에 대한 적개심이 커져 일본대사관에 화염병을 던졌다는 것이 유씨가 밝힌 직접적인 범행 이유다.


지난해 12월18일 한일정상회담 당시 노다 일본 총리가 위안부 문제에 대해 무책임한 발언을 한 것도 유씨의 범행 이유 중에 하나다.


유씨는 경찰조사에서 외조모는 1942년 대구에서 일본군 위안부로 징용돼 목포를 거쳐 중국으로 끌려왔고 외증조부는 항일운동을 하다 서대문형무소에 투옥돼 고문을 받다 사망했다고 했다.


하지만 유씨의 진술 외 이를 증명할 근거는 없는 상태라고 경찰은 전했다. 다만 유씨는 내국인과 의사소통이 가능할 정도의 한국어를 구사하는 것으로 알려졌다.


경찰 관계자는 "유씨가 범행을 자랑스러워하고 자신의 행동을 부각하고 있다"면서 "정신에 문제가 있다고 말할 수 없고 신념에 의한 범죄로 보인다"고 말했다.


이어 "유씨가 범행 당일인 8일은 외조모의 생일이라고 진술했다"며 "외조모 생일과 일치시켜 범행을 하면서 본인 스스로 만족감을 느꼈던 것으로 생각된다"고 덧붙였다.




▲ 왜 한국에 온 이유는?


유씨는 지난해 12월26일 일본 나리타공항에서 도쿄를 경유해 인천공항으로 입국했다.


유씨는 같은날 일본 야스쿠니(靖國)신사에 불을 지른 후 중국으로 귀국할 경우 중일 공조수사로 검거될 것을 우려해 한국에 들어왔다고 입국사유를 밝혔다. 입국 당시 일본대사관에 어디에 있는지도 몰랐으며 방화계획은 없었다고 경찰에 진술했다.


유씨는 입국후 외조모와 외증조부의 흔적을 밟았다.


29일 외조모가 끌려간 전남 목포시를 거쳐 30일 외조모가 거주했던 대구시 불로동을 둘러본 후 31일 서울에 올라와 범행 당일인 8일까지 서대문구 한 모텔에 투숙했다.


유씨는 3일 서대문형무소를 둘러봤으며 당일 범행을 결심하고 준비를 시작했다.


평소 무기에 관심이 많은 유씨는 수년전 이미 다국적 온라인 백과사전인 위키디피아를 통해 화염병 제조방법을 익히고 있는 터였다.


유씨는 6일 서울역 인근 주유소에서 미리 준비한 2ℓ짜리 생수통 2개에 휘발유 4ℓ를 구입하고 다음날 소주병 등 화염병을 만들 공병 11개를 준비했다.


당일인 8일 공병에 휘발유를 넣고 T셔츠를 잘라 심지로 만들어 화염병 11개를 만든 후 이중 4개를 일본대사관에 투척했다.


▲ 한국 입국전 행보는?


유씨는 입국전 일본에서 체류하면서 지난해 12월26일 일본 도쿄의 야스쿠니 신사에 정문 기둥에 불을 붙이고 신사 내 비석에 화염병 한 개를 던졌다고 진술하고 있다.


실제로 출입국 기록을 보면 유씨는 중국 광저우 공항에서 지난해 10월3일 일본 오사카공항으로 입국한 후 사건 발생 당일인 26일 입국했다. 한국행 항공권은 사건 전날인 12월25일 예매한 것으로 확인됐다.


하지만 유씨의 진술외 확인된 사실은 없는 상태다. 유씨는 심리치료 의사 자격과 영어교사 자격을 가지고 있으며 일본 체류 중 오사카와 후쿠시마에서 자원봉사 활동을 했다고 전했다.


경찰은 유씨와 함께 입국했다 앞서 귀국한 일본인 여성을 쫓고 있다.


유씨는 일본내 일정을 해당 여성과 함께했다. 해당 여성은 한국에도 동행했으며 12월31일 일본으로 귀국했다. 경찰은 유씨와 해당 여성간 공모 여부를 조사하고 있다.


한편 경찰은 유씨가 지난해 12월28일 국내 모 방송사와 인터뷰한 것을 보고 입국 여부를 파악한 후 일본대사관에 통보한 것으로 확인됐다.


일본대사관은 수사요청이나 경비강화 요청은 하지 않았으며 경찰도 같은달 31일 유씨와 접촉한 후 범죄혐의가 없다는 판단을 내렸다.

tweet


しゃべる慰安婦像


不謹慎な動画かもしれないが、よく出来ていると思って感心してしまった。
クスリと笑えるユーモアがあって、オチもある。上手くまとめられている。
こういうものは悪態をつくだけではダメで、やはりどこかにユーモアが必要。



続編も発見↓


「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督、慰安婦映画の制作を発表


タイトルの日本語訳が見当つかない。「コトシンをお届け」なのか「靴を履いて」なのか分からない。・・・ので、ハングルのままにした(追記:朝鮮日報日本語版により、「花靴を履いて」がタイトルと判明。以下訂正した)。

「日本軍性奴隷」は、映画や演劇の題材としてはとても魅力的なのだろう。軍人軍属の苦労話は陰湿な印象しか与えないが、若い女性が悪逆非道な軍隊の性の奴隷にされる・・・このストーリーに創作意欲を刺激されたクリエーターやドキュメンタリー作家は多い。韓国では90年代に慰安婦騒動が始まってから何度か映画化やドラマ化されているが、この度「猟奇的な彼女」で知られるクァク・ジェヨンも慰安婦映画を作ると発表した(写真は、日中韓合作映画「楊貴妃」の製作発表の時の物)。しかも大作映画だという(日本円では6.6億円程度だが)。中国の映画会社も出資するという。

全てを確認したわけではないが、今までの「ナヌムの家」監修の教材を見ると大体パターンは読めるような気がする。実際の慰安婦の証言は様々であり、ナヌムの家を初めとした慰安婦支援団体に都合の悪い話もあるのだが、そういった話は監修者からは出て来ない。しかし、監督はナヌムの家側からの情報を元に「情緒的な響きが強い愛の物語」を作るのだと言う。それによって幅広い観客と遭遇・・・つまり、幅広い層を観客として取り込みたいと考えているのだろう。「全世界に知らせる」と言っているところもポイントか。

余談だが、最近では中国の映画界も慰安婦コンテンツに興味を示しているようで、中国映画「南京!南京!」を観た日本人の感想にも、慰安婦のシーンが一番印象深かったというものがあった。


慰安婦素材「花靴を履いて」製作…クァク・ジェヨン監督メガホン

ショー・イースト・インターナショナルは1930年代から1945年まで強制的に連行され日本軍の性的奴隷として人権を蹂りんされ、戦争後にも肉体的精神的苦痛で苦しい生活をしている慰安婦たちを描いた映画「花靴を履いて」を製作すると11日明らかにした。

続いて「強制的に徴用された20万人余りの慰安婦のうち、現在わずか60人余りが生存している状況で、彼女までが全部寝りについてこの事実が歴史の中に静かに埋められる前にこの話を全世界に知らせるために企画された」と伝えた。

慰安婦は1991年キム・ハクスン(金学順)ハルモニの証言で広く知られることになり、 慰安婦被害ハルモニは1992年から毎週水曜日に駐韓日本大使館前で集会を進行、最近1000回を越えることもした。 このようにいまだに敏感な事案であるだけに製作決定はたやすくなかったが、長時間企画を一緒にした進駐(?)の先文(?)グリーンサイエンスの投資確定で製作が決定した。

「花靴を履いて」は、総額100億ウォン規模の大作として製作される見込み。 40年代の完璧な再現とアジアあちこちで広がった戦争場面などを含む計画だ。 演出は「クラシック」「猟奇的な彼女」等で有名なクァク・チェヨン監督がメガホンを取った。 シナリオは慰安婦ハルモニたちの根拠地のナムヌの家ハルモニの考証と証言を土台にクァク監督が直接執筆した。
クァク監督は「自身のすべての魂を入れた最高の映画を作る」と抱負を明らかにした。 また「歴史的、社会的に波及力が強い映画だけでなく情緒的な響きが強い愛の物語で幅広い観客と遭遇する映画になるだろう」と強調した。

また、中国の映画会社なども高い関心を見せてきたし、最近「レッドクリフ」「孔子」などを製作した中国映画会社春秋ホン(北京春秋鴻文化投資有限公司?)が400万ドル出資することも確定した。

「花靴を履いて」は現在の進駐(?)に40年代を再現した大規模セットを製作準備中であり、キャスティング完了後上半期中にクランクインの予定だ。


위안부 소재 '꽃신을 신고' 제작…곽재용 감독 메가폰


[총 100억원 규모의 대작, 상반기 중 크랭크인 예정]
[노컷뉴스 영화팀 황성운 기자] 일본군 위안부를 소재로 한 영화가 제작된다.


쇼이스트 인터내셔널은 1930년대부터 1945년까지 강제로 끌려가 일본군의 성노예로 인권을 유린당했으며, 전쟁 후에도 육체적 정신적 고통으로 힘겨운 생활을 하고 있는 위안부들의 스토리를 담은 영화 '꽃신을 신고'를 제작한다고 11일 밝혔다.


이어 "강제로 징용됐던 20만여 명의 위안부 중 현재 60여 명만 생존하고 있는 상황에서 그들마저 모두 잠들어 이 사실이 역사 속으로 조용히 묻히기 전에 이 이야기를 전세계에 알리기 위해 기획됐다"고 전했다.


위안부는 1991년 김학순 할머니의 증언으로 널리 알려지게 됐다. 그리고 위안부 피해 할머니들은 1992년부터 매주 수요일 주한 일본대사관 앞에서 집회를 진행, 최근 1000회를 넘기기도 했다. 이처럼 아직까지도 민감한 사안인 만큼 제작 결정이 쉽지 않았지만 오랜 시간 기획을 함께 한 진주의 선문그린사이언스의 투자 확정으로 제작이 결정됐다.


꽃신을 신고는 총 100억원 규모의 대작으로 제작될 전망. 40년대의 완벽한 재현과 아시아 곳곳에서 벌어진 전쟁 장면 등을 담을 계획이다. 연출은 '클래식', '엽기적인 그녀' 등으로 유명한 곽재용 감독이 메가폰을 잡았다. 시나리오는 위안부 할머니들의 터전인 나눔의 집 할머니들의 고증과 증언을 토대로 곽 감독이 직접 집필했다.


곽 감독은 "자신의 모든 혼을 담은 최고의 영화를 만들겠다"고 포부를 밝혔다. 또 "역사적, 사회적으로 파급력이 강한 영화일 뿐 아니라 정서적인 울림이 강한 사랑이야기로 폭넓은 관객과 조우하는 영화가 될 것"이라고 강조했다.


또 중국 영화사들도 높은 관심을 보여왔고, 최근 '적벽대전', '공자' 등을 제작한 중국 영화사 춘추홍이 400만 달러 투자를 확정하기도 했다.


꽃신을 신고는 현재 진주에 40년대를 재현한 대규모 세트를 제작 준비 중이며, 캐스팅 완료 후 상반기 중 크랭크인 예정이다.

[資料・英語]South Korean protesters care for 'comfort woman' statue



・日本軍による(強制)連行
・朝鮮人女性だけで20万人
・Jung-yoon Choi
・像の製作者の談話
・像への思い:家族のように

South Korean protesters care for 'comfort woman' statue
She sits there alone, day and night, no matter what the weather. Her gaze is fixed at the building just across the street –- the Japanese Embassy.

She’s a bronze statue in the shape of a young girl, placed here last month as a reminder of the 200,000 Korean women forced into sexual slavery by the Japanese during World War II.

The life-size statue was placed in downtown Seoul to mark the 1,000th weekly protest that a handful of surviving former sex slaves, known here as “comfort women,” had waged at the embassy. Commissioned to a husband-and-wife sculptor team and placed by a nongovernmental organization in Seoul, the statue has prompted the Japanese government to call for its removal.

For activists, the statue is more than a symbol. It is a cause to be kept alive. In the frigid days of winter, they have assembled each week to dress the statue as they would a child sentry.

The statue is dressed in a woolen cap, scarf and mittens, with a blanket wrapped around her lap.

“People have said that the girl looked so cold, so the day after the 1,000th protest I went to put on a hat or a scarf on the statue,” said a blogger who goes by the name of Mongu. “Then I saw a scarf, wrapped around the girl’s bare feet. I was very touched by that, and decided to carry on with ... the outfit.”

Now, every week, new clothes adorn the statue. Some passersby even leave pocket money by the figure.

Mongu said it’s important to show South Korean support for the former comfort women.

“From the Japanese Embassy’s point of view, they can see that Koreans are not neglecting the statue but tending to it with care, treating her like a family.”

The sculptor said he is satisfied with the buzz his creation has made. “I’ve gotten comments from people that they are moved to tears when they see the dressed girl,” Kim Wun-sung said.

But the statue has also been a backdrop for violence. This week, a man who said his grandmother had been a comfort woman stood near the statue as he lobbed several incendiary devices at the Japanese Embassy.

None exploded. The man faces criminal charges.


-- Jung-yoon Choi
Photo: The statue in Seoul that commemorates Korean women who were forced into sexual slavery by the Japanese Army during World War II is dressed in a woolen cap, scarf and mittens, with a blanket wrapped around her lap. Credit:  Matt Douma / For The Times

2012/01/11

tweet


2012/01/10

[英語] Seoul-Tokyo cooperation critical to dealing with N.K.: ambassador



誰が「強制」したか、については触れていない。

(Yonhap Interview) Seoul-Tokyo cooperation critical to dealing with N.K.: ambassador
TOKYO, Jan. 9 (Yonhap) -- Cooperation between South Korea and Japan will be important in dealing with uncertainties arising from North Korea's leadership change, Seoul's top envoy to Tokyo said Monday, as Kim Jong-un consolidates power in the communist regime.

South Korea and Japan share common interests in maintaining peace and stability on the Korean Peninsula, leading to mutual exchanges of information regarding the North and joint responses to related issues, Ambassador Shin Kak-soo said in an interview with Yonhap News Agency.

"(Such cooperation) has helped us significantly to pull the situation on the Korean Peninsula in the intended direction," he said. "Cooperation between South Korea and Japan has great significance going forward as we deal with the fluid, uncertain and unstable situation in North Korea."

The ambassador stressed that bilateral cooperation must continue within that context, while in the short term, the two sides must work to ensure progress in international efforts to denuclearize the North.

South Korea and Japan are members of the so-called "six-party talks," which aim to dismantle North Korea's nuclear weapons program in exchange for economic and political aid. The forum also includes China, Russia and the United States, but has been stalled for three years due to a North Korean boycott, and later, demands by Washington and Seoul that Pyongyang halt its uranium enrichment program before the talks resume.

On South Korea's relations with Japan, Shin said the two sides must work toward finding a solution to the issue of compensation for Korean women forced into sexual slavery for Japan's World War II military.

The issue has long been a thorn in relations between the countries as Tokyo refuses to provide individual compensation to the "comfort women," claiming the matter was settled in a 1965 treaty. Japan colonized the Korean Peninsula from 1910-1945.

"The issue of 'comfort women' remains the most symbolic, and so our task this year is to actively work toward solving it," the ambassador said. "We will try to solve the issue through close cooperation with the Japanese government, and in this manner, pursue a relationship of the 21st century in which both sides win and cooperate."

Yonhap 2012.1.10

2012/01/09

鄭大均 「良心的日本人」が韓国人の中の偏見を助長



「良心的日本人」という言葉は、今でも韓国のメディアの中ではよく使われている。その「良心的日本人」たちが、実は日本に対する韓国人の偏見を助長し、日韓関係を歪めていると鄭大均は指摘する。80年代に日本と韓国の進歩派が提携した。実は慰安婦騒動もその流れの上にある。

和田春樹や高木健一は慰安婦騒動の中でも大きな役割を果たし、大江健三郎も慰安婦問題について発言している

今日の韓国に見てとれるのは、歴史に陥られると同時に、歴史を陥れているという状況であり、結果的には自己肯定派ばかりが意気軒昂としているが、日本のメディア言語空間を生活の地にしている人間として気になるのは、これら意気軒昂な韓国人とある種の日本人(や在日)たちとの連帯関係である。

ある種の日本人とはかつて韓国の「軍事独裁」や「独裁政権」打倒を叫びならがも、北朝鮮の本物の独裁や軍国主義には寛大であった政治的左翼・進歩派の人々であり、今日では人権主義者共生論者の装いで活動することが多い人である。彼らを進歩派と呼ぶと、その連帯の相手となるのは、80年代後半以降、民主化の過程で左翼思想が解禁されるにつれ急速に力をつけている韓国の進歩派である。

[...]これら二組の進歩派の間に、国際連帯が形成されるようになったのは80年代のことである。80年代は、ハングル世代が韓国社会の中堅を構成するようになった時期であるとともに韓国ナショナリズムが高揚した時期であり、一方の日本においては、共生論や人権論が日本人のアジア観を規定するようになった時期である。[...]かつて(保守派)の連帯が北朝鮮や中国、ソ連といった共産主義諸国の脅威を語るものであるとしたら、新しい連帯はむしろ過ぎ去った日本帝国主義の犯罪を暴こうとするものである。

日韓関係に加害と被害の役割分担を持ち込んだのは、これら進歩派たちの功績である。その韓国でもっとも知られた日本人は和田春樹、坂本義和、大江健三郎、高崎宗司、高木健一といった人々であろうか。彼らは韓国の知識人からその道徳性や韓国理解の深さゆえに「良心的日本人」などと呼ばれて賞賛され、賞賛されるがゆえに、自分たちの行為が、実は韓国人の日本に対する偏見やステレオタイプを助長し、その自己認識や他者認識をお目出度いものにし、結果的に韓国人が自身の「良い歴史」や「良い社会」を作り上げるのを困難にさせているのだということに気がつきにくい人々である。

2012/01/08

[メモ] 慰安婦の孫?中国系が相次ぎ放火



中国人が在韓日本大使館に火炎瓶 「祖母が従軍慰安婦」

【ソウル共同】韓国の聯合ニュースなどによると、ソウルの日本大使館に8日午前(日本時間同)、祖母が従軍慰安婦だったと主張する中国人(36)が火炎瓶4本を投げ込んだ。壁の一部が焦げただけで、けが人はないもよう。中国人は現場で取り押さえられ、警察当局に拘束された。

中国人は先月26日に日本経由で観光査証(ビザ)により韓国に入った。「日本に恨みがある」と話しているといい、警察当局が詳しい動機などを調べている。

共同 2012.1.8

昨年の暮れにも、こんなニュースがあったばかり。日本経由で韓国に入ったと言っているから、同一人物の可能性も?

「私が靖国神社に放火した」、中国人が韓国報道機関に電話=韓国

東京都千代田区の靖国神社で26日、放火事件があった。事件発生後、ある中国人男性が韓国のある報道機関に電話して「私が靖国神社に火をつけた」と主張したことが明らかになった。韓国メディアが29日に報じた。

30代とみられるこの中国人は「祖母が太平洋戦争当時、日本軍の従軍慰安婦だったが、日本政府が謝罪しないため放火した」と理由を語った。また火をつけた場所や過程などについても詳しく説明したという。犯行後には、直ちに韓国へ移動して、あるホテルに泊まっているが、今は連絡が取れないと伝えられている。

靖国神社放火事件前、ネット上で「在日コリアンの苦情」を訴えるあるユーザーの「靖国神社を放火してやろう」といった書き込みがあり、日本では放火予告があった可能性が報じられた。これに関して、韓国メディアは「在日韓国人の関与が疑われている」と伝えていた。

サーチナ 2011.12.30

で、↓ 慰安婦騒動の火付け役である朝日新聞としては、アジアの怒りを体現してくれた中国人の登場に感無量か?90年代に煽りまくった効果が韓国を超え中国人にもあらわれた。

「野田首相発言に怒り」=在韓国大使館に火炎瓶投げた中国人

【ソウル時事】ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げて8日逮捕された中国人は警察の調べに対し、「野田佳彦首相が慰安婦問題で(韓国との)協議を拒否するなど無責任な発言をしたことに怒り、犯行に及んだ」と供述した。日本滞在中には福島県で東日本大震災関係のボランティア活動をしていたという。

時事 2012.1.8 16:12

2012/01/07

日本好きの韓国人増加も慰安婦問題が壁


みな薄々感づいていたと思うが、日韓の不和の原因を作っているのは、実は日頃「和解」やら「未来指向の日韓関係」などと言っている良心的日本人である。慰安婦騒動などはまさしく朝日新聞がマッチポンプ役を務めた典型的なイベントである。

<日中韓世論調査>中国好き韓国人は減少、日本好き韓国人は増加―韓国紙

2012年1月6日、韓国紙・東亜日報は「日中韓共同世論調査」について報じた。韓国人の中国に対する好感度が減少。一方、日本に対する好感度は上昇していた。環球網が伝えた。

日中韓共同世論調査は、昨年12月に朝日新聞、東亜日報、チャンネルAが実施したネット調査。19歳以上の韓国人1000人が回答したが、「中国を好き」と答えた比率は12%と2005年の20%から減少した。「中国を嫌い」が24%から40%に上昇。「対中関係は良好だ」が51%から31%にまで減少した。

一方で「日本は好き」との回答は8%から12%へ。「日韓関係は良好だ」が6%から31%に上昇している。最も「歴史問題が日韓関係の障害だ」との回答は31%から61%へとほぼ倍増しており、慰安婦問題などの課題が大きな壁となっていることが浮き彫りとなった。

なお「韓国を好き」との回答は中国で44%、日本で17%。中国の回答者は「韓国のドラマや映画など韓流を通じて親近感を持った」との項目に42%が同意している。


女性家族部長官ハルモニに新年の挨拶



韓国政府の女性家族部(省)長官が、4日午後、"ナヌムの家"を訪問。贈り物を手渡したり、一緒に餃子作りなどをした。 (中央日報他)

天木直人:戦後体制の再構築の時



(元)外交官で慰安婦問題を論じている人の多くは、その職業柄中立的で、いわゆる日本の保守層には物足りないだろう。それでも、天木のような極論(?)にはあまりお目にかかれない。この人の場合は一貫してこのスタンスである。

韓国のいかなる指導者もこの問題で譲歩することは出来ず、決して国内向けのポーズだけではない、と天木は言う。そうだろうか?元々イ・ミョンバク大統領はこの問題を避けて来たのである。任期末を迎え、世論に煽られ持ち出さざるを得なくなったと多くの人は考えているし、自分もそう思う。

天木直人は慰安婦問題が「戦後体制をすべて原点にもどって作り直さなければならない時期が来た事を我々に教えてくれている」と言い、それは「まったなし」だと強調する。そして日韓基本条約を見直す他ないと言う。戦後体制云々の話なら、サンフランシコ条約の方が遥か重要だろうし、慰安婦問題は力を持ちすぎた韓国の慰安婦支援団体(挺対協)が韓国の国政を歪めている国内問題であって、沖縄の基地問題に比べれば小さな問題である(そういう意味では、基地問題も日本の国内問題である)。もっとも、天木直人はこの一年前に「日米同盟を根本的に見直す時期が来ているということだ」などと言ってもいたが・・・。

「慰安婦問題が如何に重要な問題であるか。それは誰もわかっている」・・・。この問題がそれほど大層な問題だと思っている人は少ないだろう。だからこそ、天木も最初に「これから書くことをはたしてどれだけの読者が正しく理解することだろうか」などと弱気な事を言わざるをえないのだろう。慰安婦騒動は韓国政府も持て余しているのである。天木が駐韓大使であったら、韓国政府はそうとう迷惑したはずである。

※ 日韓基本条約を見直したところで、慰安婦の内の大きな部分を占めていた日本人慰安婦にはまったく関係ない。そんな事でどうして「慰安婦問題」が解決したと言えるのか?解決するとすれば、「慰安婦騒動」である(「外交問題としての慰安婦問題」は沈静化するかもしれないが)。


慰安婦問題が迫る我が国の戦後体制の総決算 

=======================


これから書くことをはたしてどれだけの読者が正しく理解すること
だろうか。

それでも私は書きとどめておきたい。

日韓首脳会談は想定されていた通りだった。

「慰安婦問題の賠償問題を解決しない政府は憲法違反だ」と憲法裁判所
から判決を受けた李明博大統領が慰安婦問題の解決を日本に強く迫った
のは当然だ。

これは来年の選挙を控えた国内向けの政治的ポーズだけではない

韓国のいかなる指導者もこの問題で譲歩することはできない

韓国にリベラル政権が出来れば、この問題はより大きな問題として取り
あげられるだろう。

これに対して野田首相が「解決済みだ」という従来の日本政府の答弁を
繰り返したのも想定通りだ。

官僚に主導され、政治家としての信念が微塵も感じられない野田首相
にはこれ以外の対応はない。

官僚からは局面を打開する政策は生まれてこない。その官僚に従うだけ
の野田首相から出てくるあらゆる政策は不毛だ。

不毛なのは野田首相の対応ぶりだけではない。

慰安婦問題が以如何に重要な問題であるか。それは誰もがわかっている
にもかかわらず、日韓首脳会談を報じるメディアも解説者も、その解決策
について何も語らない。語れない。ただ、難しい問題だと繰り返すばかり
である。

どうすればいいのか。

これがこのメルマガの趣旨である。

実はこの慰安婦問題は、戦後体制をすべて原点にもどって作り直さな
ければならない時期が来た事を我々に教えてくれているのだ。

戦後体制の再構築をわれわれ国民の手によって成し遂げなければなら
ない時が待ったなしで来たということだ。

1965年の日韓基本条約を見直すのだ。その過程の中でこそ慰安婦
問題は真の解決ができる。それ以外の解決はない。

そして慰安婦問題は、同時にまた沖縄問題でもあるのだ。

沖縄問題の真の解決は1951年の日米安保条約を見直す事によって
はじめて可能なのである。それ以外の解決はない。

そして、福島原発事故問題に象徴される野田民主党政権の行き詰まり
こそ日本の政治が戦後総決算を迫られていることを見事に象徴している。

慰安婦問題で野田首相が李明博大統領と向かい合っているちょうど
その時、枝野、細野、平野という野田民主党政権の重要閣僚がガン首を
そろえて福島県の首長らと向かい合っていた。

そして無能をさらけ出していた。

もはやこの国の諸問題は戦後体制でつくられた統治機構では何一つ解決
できないのだ。

歴史認識の確立。日米同盟からの自立。官から民、中央から地方への
権限移譲。

すなわち戦後体制の見直しを始める時が、まったなしに来ているという
ことだ。

野田首相の言葉だけの姿は、何も決断できない、行動を起こさない日本
国民のあわせ鏡だ。

橋下にしろ、小沢にしろ、渡辺にしろ、この戦後の総決算に向けて正しい
行動をとることができない限り、野田と同じ失望に終わる。

慰安婦問題が突きつけたものは戦後体制の再構築である。

求められる政治家は、まさしくその事を正しく認識し、正しく行動できる
政治家なのである。

慰安婦問題は決して日韓関係だけの問題ではない。