2016/08/31

[メモ] 慰安婦ら韓国政府訴える


彼女たちは、3月にも昨年の日韓合意を憲法裁判所に訴えた他、パク・ユハ教授の裁判も現在進行中。米国での25億円訴訟には失敗したが、訴訟に明け暮れる「ハルモニ」たちの晩年である。

元慰安婦12人、韓国政府に損害賠償求め提訴

旧日本軍の慰安婦だった韓国人女性12人が30日、韓国政府を相手取り、1人あたり1億ウォン(約910万円)の損害賠償を求める訴訟をソウル中央地方裁判所に起こした。

慰安婦らは、昨年12月の慰安婦問題を巡る日韓合意について「日本政府が法的責任を認めなかった」と批判。請求権問題を巡る韓国政府の不作為を認めた2011年の韓国憲法裁判所決定に反し、韓国政府が元慰安婦らに精神的、物理的な損害を与えたと訴えた。

韓国外交省報道官は30日の記者会見で、昨年12月の合意について「被害者らの要求を含む意味のある成果を引き出した」と語った。

朝日 2016.8.30

2016/08/30

慰安婦教師養成しました→需要なく今度は独島教師養成へ

800名の卒業生、でも派遣の依頼は少ない

「慰安婦教師」を養成し小中高校に派遣。子供たちを教育して日本の歴史歪曲を阻止する。同時にお金も稼ぐ。そんなビジネスを考えついたドリームメーカー・インターナショナル社については2年前に紹介した

「教師」養成中

そんなドリームメーカー社だったが、2年経っても事業は軌道に乗らないようである。800人の「教師」を養成し、今年は300以上の学校に声をかけたが、良い返事はひとつもなかったという事である。という訳で・・・だろう、今度は独島教師の養成を始めるのだとか。「良いことをしながら金を儲けることが出来ると証明したかった」、と言うのだが。

歴史教育社会的企業「ドリームメーカー」キム・ナムヒ代表、「慰安婦教師」800人排出…近々独島教育も

大学生のチョン・ヘウォンさんは昨年7月ソウル市江西区麻浦(?)高等学校を訪ねた。チョンさんはこの日「一日歴史教師」を務めた。彼は40人の生徒たちに2時間ほど日本軍慰安婦の真実を解説した。 チョンさんは株式会社「ドリームメーカーインターナショナル」(以下ドリームメーカー)が進めている5週間の日本軍慰安婦関連教育を受けた後、一日教師の役割をこなした。

ドリームメーカーは、社会貢献を追求するソーシャル・ベンチャー企業だ。 ソウルの松坡区にあり、職員は6名。2013年10月に事業を開始した(?)。この会社は日本軍慰安婦の真実を知らせる「歴史学校S.H.E」というユニークなプロジェクトを進めている。

チョンさんもこのプロジェクトの一環で、一日教師をやったのだ。

歴史学校プロジェクトは、全国を回り大学生に正しい歴史認識を植える教育事業だ。5週間講義を受けた大学生は全国の小・中・高校を訪れて授業や討論で日本軍慰安婦の歴史を正す運動を展開する。学生たちと韓国挺身隊問題対策協議会が主管する水曜デモに参加することもある。今まで800人余りの大学生が卒業(修了)した。

創立メンバーであるキム・ナムヒ代表(33)は2日京郷新聞とのインタビューで、「公教育の現場で慰安婦問題と関連した教育が足りていないと知って始めた」と語った。 日ごろ人権問題に関心が強かったキム代表は、ドリームメーカーと関わるまで3年6ヶ月の間アムネスティの韓国支部に身を置いていた。キム代表は、「良いことをしながら金を儲けることが出来ると証明したかった」と創業の背景を説明した。

ドリームメーカー社が碇を上げた時、大学生の慰安婦についての歴史認識は低い水準だった。その時のアンケート結果を見ると、大学生は被害ハルモニが金を儲けるために自発的に慰安婦(という職業を)を選んだという日本政府の主張を相当数が信じていたという。

「学校で慰安婦問題をまともに教えなかったせいですね。歴史教育をしながら会った一部の大学生は『慰安婦』という概念自体を分からないですよ。学生たちの講義後期を見れば『知らなかった事実を知った』という内容が最も多かったです」。

何より入試教育に埋もれている中高校生が歴史的事実を知らないというのが、最も大きな問題だとキム代表は指摘した。800人の慰安婦「歴史教師」を排出したが需要は多くない。ドリームメーカーは今年ソウル地域の中の300余りの高校に慰安婦歴史教育を行うと手紙(公文書)を送ったが、返事は一通もなかった。 昨年二校で授業をしたのが全て。 キム代表は「学校でしなければならないことを企業が出なければならない現実が苦々しいだけ」としながら「ところが慰安婦に続き独島(竹島)歴史教育も準備している」と話した。

京郷新聞 2016.8. 2 [2]

역사 교육 사회적
기업 ‘드림메이커’ 김남희 대표, ‘위안부 교사’ 800명 배출 …곧 독도 교육도

 대학생 전혜원씨는 지난해 7월 서울 강서구 마포고등학교를 찾았다. 전씨는 이날 ‘일일 역사 교사’가 됐다. 그는 40명의 학생들에게 2시간가량 일본군 위안부의 진실을 설명했다. 전씨는 주식회사 ‘드림메이커 인터내셔널’(이하 드림메이커)에서 진행하는 5주간의 일본군 위안부 관련 교육을 받은 후 일일 교사 역할을 소화했다.

드림메이커는 사회공헌을 추구하는 소셜 벤처기업이다. 서울 송파구에 자리 잡고 있고, 직원은 모두 6명이다. 2013년 10월 첫발을 내디뎠다. 이 회사는 독특하게 일본군 위안부의 진실을 알리는 ‘역사학교 S.H.E’란 프로젝트를 진행하고 있다.

전씨도 이 프로젝트의 일환으로 일일 교사로 나선 것이었다.

역사학교 프로젝트는 전국을 돌며 대학생들에게 올바른 역사 인식을 심는 교육사업이다. 5주간 강의를 들은 대학생들은 전국의 초·중·고교를 찾아 강의와 토론 등으로 일본군 위안부 역사 바로잡기 운동을 펼친다. 또한 학생들과 한국정신대문제대책협의회가 주관하는 수요시위에 참석하기도 한다. 지금까지 800여명의 대학생이 수료했다.

창립 멤버인 김남희 대표(33)는 2일 경향신문과의 인터뷰에서 “공교육 현장에서 위안부 문제와 관련한 교육이 부족하다는 걸 알고 시작하게 됐다”고 말했다. 평소 인권 문제에 관심이 많았던 김 대표는 드림메이커와 인연을 맺기 전 3년6개월간 국제앰네스티 한국지부에 몸담았다. 김 대표는 “좋은 일을 하면서도 돈을 벌 수 있다는 걸 증명해보고 싶었다”고 창업 배경을 설명했다.

드림메이커가 닻을 올릴 때만 해도 대학생들의 위안부에 대한 역사 인식은 낮은 수준이었다. 당시 설문조사 결과를 보면 대학생들은 피해 할머니들이 돈을 벌기 위해 자발적으로 위안부를 택했다는 일본 정부의 주장을 상당수가 믿고 있었다고 한다.

“학교에서 위안부 문제를 제대로 가르치지 않은 탓이지요. 역사교육을 하면서 만난 일부 대학생은 ‘위안부’란 개념 자체를 모르더군요. 학생들의 강의 후기를 보면 ‘몰랐던 사실을 알았다’는 내용이 가장 많았습니다.”


무엇보다 입시 교육에 함몰돼 있는 중·고교생들이 역사적 사실을 모르는 게 가장 큰 문제라고 김 대표는 지적했다. 800명의 위안부 ‘역사 교사’를 배출했지만 수요는 많지 않다. 드림메이커는 올해 서울지역 중·고교 300여곳에 위안부 역사 교육을 해주겠다고 공문을 보냈다. 돌아온 답장은 한 통도 없었다. 지난해 두 곳에서 교육을 한 것이 전부다. 김 대표는 “학교에서 해야 할 일을 기업이 나서야 하는 현실이 씁쓸할 따름”이라며 “그렇지만 위안부에 이어 독도 역사 교육도 준비하고 있다”고 말했다.


2016/08/29

ワシントンD.Cに慰安婦像、12月に除幕式

「米国と国際社会に知らせるための努力の一環」
「政治的、地域的象徴性を考慮」・・と関係者

挺対協は、ワシントンD.Cに慰安婦像を建てるつもり。現地の支援グループも認めているように、彼女らにとってアメリカの首都に建てるというのは象徴的な意味合いが大きいのだろう。

挺対協は数年前にシンガポールに慰安婦像(少女像)を建てようとして失敗した。これに懲りたのか、その後は海外でのモニュメント設置の動きに挺対協の影はあまり感じられなくなった。ところが、昨年の日韓合意以降、挺対協は慰安婦像の海外設置を宣言し、再び火が着いたようになった。

まず狙われたのはオーストラリアのシドニー(計画自体は「合意」前から)。ここでは現地の日本人の抵抗にあって動きが取れなくなっている。そして次に狙ったのが、ワシントンD.C.というわけである。シドニーでは、オーストラリア慰安婦の友と連携したように、ここでも挺対協は現地のグループと連携している。ただしウィリアム・アンドリュースの慰安婦小説を宣伝した「平和の蝶ワシントン」ではなく、昨年の日韓合意以降に登場した新興団体らしい。韓国から船で輸送し除幕式までどこかに保管して置くという段取りの良さはシドニーの時と同じ。

フェアファクスに慰安婦碑を建て韓国政府にも顔が利くワシントン挺対委の姿がないのが、個人的にはちょっと興味深い。

「ワシントンD.C.に『慰安婦少女像』年内建立」

希望の蝶、韓国挺対協と共同推進「12月10日除幕目標、場所は未定」

米国の首都ワシントンD.C.に「慰安婦少女像」が年内に建てられる。

日本軍慰安婦問題関連の活動をしてきた韓国人団体「ワシントン希望の蝶」は26日「韓国挺対協と共同でワシントンDCに慰安婦少女像の設置を推進することになった」として「これは慰安婦問題をアメリカと国際社会に知らせるための努力の一環」と公表した。

ワシントンの慰安婦少女像は、68回目の世界人権宣言記念日である12月10日に除幕することを目標に推進される。(設置)場所は未定。

チョ・ヒョンスク ワシントン希望の蝶幹事は「政治的、地域的象徴性を考慮しワシントンDに設置する計画で、場所を探している」としながら「少女像はすでに韓国で製作され設置場所さえ決まれば船に載せ保管して除幕日に合わせて設置する予定だ」と話した。

少女像設置の財源は寄付金などを充てる計画。

チョ幹事は「希望の蝶も募金運動をしているが、匿名で全費用を後援してくれるという人もいる」とし「9月から建立推進委を発足して本格的に活動する」と明かした。

ワシントンD.C.に「慰安婦少女像」が出来れば2014年5月バージニア州のフェアファックス郡政府庁舎に造成された「慰安婦記念碑」に続きワシントン地域で二番目の慰安婦関連のモニュメントになる。

慰安婦記念碑はワシントン挺対委員で韓国人社会とフェアファックス郡の協力を得て建てられた。

「ワシントン希望の蝶」は韓日間の慰安婦合意に抗議して今年1月駐米日本大使館の前でデモを行った参加者らが結成した団体で現在10人余りが活動している。


“DC에‘위안부 소녀상’연내 건립”

희망나비, 한국 정대협과 공동추진 “12월10일 제막 목표, 장소는 미정”

미국의 수도 워싱턴 D.C.에 ‘위안부 소녀상’이 연내에 세워진다. 
일본군 위안부 문제 관련 활동을 해온 한인단체인 ‘워싱턴 희망나비’는 26일 “한국정신대문제대책협의회와 공동으로 워싱턴 DC에 위안부 소녀상 건립을 추진하기로 했다”며 “이는 위안부 문제를 미국과 국제사회에 알리기 위한 노력의 일환”이라고 밝혔다. 

워싱턴 위안부 소녀상은 제68주년 세계 인권선언 기념일인 오는 12월10일 제막을 목표로 추진된다. 장소는 아직 미정이다. 
조현숙 워싱턴 희망나비 간사는 “정치적, 지역적 상징성을 고려해 DC 안에 설치할 계획으로 장소를 물색 중”이라며 “소녀상은 이미 한국에서 만들어져 있어 건립 장소만 결정되면 선박으로 실어와 보관하다가 제막일에 맞춰 세울 예정”이라고 말했다. 

소녀상 건립 재원은 기부금 등으로 충당한다는 계획이다. 
조 간사는 “희망나비도 모금운동을 하고 있지만 익명으로 전체 경비를 후원하겠다는 분도 있다”면서 “9월부터 건립 추진위를 발족해 본격적으로 활동할 것”이라고 밝혔다. 

DC에 ‘위안부 소녀상’이 생기면 지난 2014년 5월 버지니아 페어팩스 카운티 정부 청사에 조성된 ‘위안부 기림비’에 이어 워싱턴 지역에서 두 번째 위안부 관련 조형물이 된다. 
위안부 기림비는 워싱턴정신대문제대책협의회에서 한인사회와 페어팩스 카운티의 협력을 받아 세운 것이다. 

‘워싱턴 희망나비’는 한일 간의 위안부 합의에 항의해 올 1월 주미 일본 대사관 앞에서 시위를 한 참가자들이 결성한 단체로 현재 10여명이 활동하고 있다. 

2016/08/28

デモ禁止の日本大使館前で80dbの大騒ぎ、警察規制に乗り出す


参加者が多いからマイクを使わないと聞こえないと挺対協は言い訳をするが、そもそもあそこはデモをして良い場所ではない。記者会見の名目でやっていたはずだ。これのどこが記者会見か。大使館の業務に支障が出ていると前から言われているのに、この厚かましさ。80デシベルといえば、地下鉄の車内である。幸い現在は建て替え中で日本大使館に人はいない。

挺対協が韓国政府と決別した今、当局の締め付けも徐々に強まって行くのかもしれない。

「慰安婦」被害者の絶叫に「騒音維持命令書」で答える朴政権

警察が日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜集会を主催していた挺身隊問題対策協議会(以下挺対協)に「騒音維持命令書」を出した。

<ヘラルド経済>によれば、警察は3日挺対協側に「騒音測定の結果79dB出ていた」として集示法上の基準レベル(騒音)を維持することを命令した。

警察はこの日の集会に住宅地や学校などの地域で日が昇っている昼間の騒音基準である75dBを適用した。だが、このような大規模集会で騒音基準75dBを合わせるのは非現実的という指摘だ。

この日は一部被害ハルモニが反発する「慰安婦」被害者支援のための「和解‧癒し財団」が事実上政府主導でスタートしたから初めて開かれる水曜デモだった事に加え、休日で中高生まで参加し警察発表(推算)で1千人余りの人が集まった。

ある音響業者関係者は<ヘラルド経済>に「75dBは人々の間に大きな声で話する時でも十分達するレベル(?)」と語った。

ユン・ミヒャン挺対協常任代表は「休みだと参加した学生たちを含めて、さらに多くの人々が集会に関心を持っている状況でスピーカーを使わないわけにはいかない状況(だった?)」としながら「警察の基準がとても非現実的で厳格だ」と指摘した。(以下略)

gobalnews 2016.08.04[2]


‘위안부’ 피해자 절규에 ‘소음유지 명령서’로 답하는 朴정부
길원옥 할머니, 호주 최초 소녀상 제막식 참석.. “위안부 역사 잊지 말아야”

경찰이 일본군 ‘위안부’ 문제해결을 위한 정기 수요집회를 주최하고 있던 정신대문제대책협의회(이하 정대협)에 ‘소음유지 명령서’를 발부했다.

<헤럴드경제>에 따르면, 경찰은 3일 정대협 측에 “소음 측정 결과 79dB이 나왔다”며 집시법상 기준 소음을 유지할 것을 명령했다.

경찰은 이날 집회에 주거지역, 학교 외 지역에서 해가 떠 있는 주간 동안의 소음기준인 75dB을 적용했다. 하지만 이러한 대규모 집회에서 소음기준 75dB을 맞추는 것은 비현실적이라는 지적이다.

이날은 일부 피해 할머니들이 반발하는 ‘위안부’ 피해자 지원을 위한 ‘화해‧치유재단’이 사실상 정부 주도로 출범한 뒤 처음 열리는 수요집회인데다, 방학이라 중‧고등학생까지 참여해 경찰추산 1천여명의 인원이 모였다.

한 음향업체 관계자는 <헤럴드경제>에 “75dB은 사람들 사이에 큰 소리로 대화할 때도 충분히 나는 소리”라고 말했다.

윤미향 정대협 상임대표는 “방학이라 참여한 학생들을 포함해 더 많은 사람들이 집회에 관심을 갖고 있는 상황에서 스피커를 안 쓸 수 없는 상황”이라며 “경찰의 기준이 너무 비현실적이고 엄격하다”고 지적했다.

이 같은 소식에 서주호 정의당 서울시당 사무처장은 페이스북에 “정부와 경찰이 위안부 피해 할머니들의 절규를 어떻게 생각하고 있는지 보여준 단적인 사건”이라고 비판했다.

인권운동가 고상만 씨는 “차라리 일제 순사를 데려오라”며 “같은 민족에게 ‘당하는 것이’ 더 서럽다”고 개탄했다.

   
한편, 이날 윤미향 대표는 일본군 ‘위안부’ 피해자 길원옥(89)할머니가 호주 최초 평화의 소녀상 제막식에 참석하기 위해 출국한다고 밝혔다.

윤 대표는 길 할머니가 5일(현지시간)저녁에 개최되는 ‘정의기억재단’ 후원의 밤과 6일(현지시간) 시드니 한인회관에서 열리는 평화의 소녀상 제막식에 참석해 ‘위안부 역사를 잊지 말라’는 메시지를 전할 예정이라고 전했다.

그러면서 “이러한 역사의 진실 요구 앞에 정부는 12.28 한일 합의를 즉각 철회하고 제대로 된 문제 해결을 위해 앞장서야 한다”고 강조했다.  

日本領事館、危うく「主語抜き」に加担

主語が曖昧になれば像を守る側に有利に働く

GAHTの目良浩一代表によれば、日本総領事館がグレンデールの慰安婦像から「旧日本軍(が)」という文言を削除させようとして、幸いなことに上手く行かなかったらしい。実はこれは一番やってはいけないことである。像を黙認するより悪い。
 
慰安婦騒動がここまで長引いたのは、”主語を省略する”という手法が有効だったからである。今後アメリカなどでも日本政府(軍)による組織的拉致・強姦を臭わせながら、主語を曖昧にして慰安婦の碑や像を建てさせようという運動がますます盛んになるだろう。

総領事館は現地の日本人に煽られて何かしようと思ったのだろうが、野球のルールを知らず一塁と間違えて三塁ベースに向かって走り出したようなものである。目良代表もどうもその辺は分かっていないようであるが・・・。

(中略)日本政府としての対応は「旧日本軍」の文言削除案のみ

日本政府の訴訟に関する対応は協力的ではない。個人的には理解してくれる人もいるが、組織として何もやっていない。裁判の過程でロサンゼルス総領事館と外務省にそれぞれ参考書類の提出をお願いしたことがある。日本政府としての慰安婦像に関する考え方を説明するような書類だ。提出されれば効果があるのに出してくれなかった。

一方、今年春、ある動きがあった。ロサンゼルス在住の日本人医師が、前グレンデール市長のナジャリアン氏から「何とかして問題を解決したい」との相談を受けた。そこで医師は日韓の専門家が会議を開いて問題を解決する案を考え、自身のコネクションを通じて東京の外務省の上層部に案を投げた。

かなり時間が経ってからその話が総領事館に回ってきて、総領事が韓国の総領事と解決策を協議したようだ。彼らの解決策は慰安婦像の碑文から「旧日本軍」という文言を削除するというもので、慰安婦像の撤去ではなかった。ところが、いざ会議をやろうとなったら、韓国の総領事が断ってきたようで、この動きは止まってしまったという。(以下略)

産経(一部) 2016.8.27
「米国人判事に『俺は東条が嫌いなんだ!』と言われた」 米慰安婦像撤去訴訟の原告、目良浩一氏が明かす訴訟の実態とは… [全文]

2016/08/24

女子高生ら慰安婦バッジ制作 「誤った歴史認識変えよう」



慰安婦、竹島(独島)、東北工程など様々な歴史問題を知らせ、誤った歴史認識を変えようと高校生たちが校内にRemember(記憶する)というサークルを立ち上げ、慰安婦の為にバッジを作りました。売上は地元の慰安婦の自宅の修繕費などに使われました。心の綺麗な子供たちだと評判です。



参考:'잊지 말자 위안부' 배지 만든 소녀들
마산무학여고 역사동아리 '리멤버'…피해 할머니들 돕는 방법 고민하다, 직접 배지 제작·판매·수익금 적립[][] 他

10億円拠出、今日閣議決定へ


上手く行かねば安倍政権は責められるだろう。上手く行けば作戦勝ち。

慰安婦問題の10億円拠出、24日に閣議決定

政府は日韓合意に基づき、韓国政府が元慰安婦を支援するために設立した「和解・癒やし財団」への10億円の支出を24日に閣議決定する方針を固めた。岸田文雄外相は同日、日中韓外相会談出席のために来日中の韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と会談し、財団への拠出金の支払いについて政府内手続きが完了したことを直接伝える。

岸田氏は12日、尹氏との電話協議で、すみやかに10億円を支出する手続きを進めると伝えていた。財団の事業内容についても大筋で合意しており、財団は元慰安婦への具体的な支援に着手する見通しだ。

朝日 2016.8.24
午後2時から日韓外相会談が行われ
岸田外相は、韓国側に閣議決定を伝えた(NHK)

追記: 閣議で10億円の拠出が決定された。菅官房長官は記者会見で「資金の支出が完了すれば、日韓合意に基づく日本側の責務は果たしたことになる」と。

元慰安婦の支援事業に10億円 予備費から拠出を決定

政府は24日の閣議で、慰安婦問題をめぐり韓国側が行う、元慰安婦への支援事業に充てられる10億円の拠出について、今年度予算の予備費から支出することを決めました。

去年12月の日韓合意に基づいて、政府は元慰安婦への支援事業を行う韓国の財団に10億円を拠出する方針で、24日の閣議で今年度予算の予備費から支出することを決めました。

政府はこの10億円について、医療や介護関係に充てられると想定していて、日中韓3か国の外相会議に続いて、24日午後に行われる韓国のユン・ビョンセ(尹炳世)外相との日韓外相会談で、こうした内容を伝えることにしています。

また、「10億円の拠出で日本は責務を果たしたことになる」として、日韓合意で韓国側が「適切に解決されるよう努力する」とされた、ソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像の撤去に向けて、韓国側の一層の努力を促す考えです。

官房長官「日本側の責務果たした」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「今回、日本政府による資金の支出が完了すれば、日韓合意に基づく日本側の責務は果たしたことになる。引き続き合意に基づいて、お互いの国が実施していくことが極めて重要だ」と述べました。

また菅官房長官は、ソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像の撤去について「今月12日に電話で日韓外相会談を行い、韓国政府が今後も日韓合意を誠実に実施をしていくことを改めて確認できた。韓国側に対しては、少女像の問題の解決に向けた努力を含め、引き続き日韓合意の着実な実施を求めていきたい」と述べました。

NHK 2016.8.24[2]

ついでに中央日報も。

反対の動きを押し切っての支出なら、中央日報も安倍首相を褒め称えてはどうか?たまには。

日本、慰安婦財団への10億円拠出手続き終える

日本政府が24日、韓国の慰安婦財団に10億円を拠出する手続きを終えた。

日本政府は24日の閣議で、旧日本軍慰安婦被害者支援のために設立された韓国の「和解・癒やし財団」に10億円を拠出する案件を可決したと共同通信・日本経済新聞などが報じた。

拠出金は今年の予備費で支出する。予備費は別途の国会審議手続きが必要ない。財団拠出金の審議が国会に渡る場合、自民党議員ら一部の極右性向議員がソウル日本大使館前の慰安婦少女像撤去を前提にするという見方が出てくる状況だった。予備費は閣議決定だけで使用できるため、近く韓日財務当局間の後続手続きを通じて財団に拠出される予定だ。

岸田文雄外相はこの日午後に予定された尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官との会談でこうした内容を伝え、北朝鮮ミサイル問題などと関連して韓日関係を強めていく方針だ。

2016/08/23

慰安婦は挺対協動物園の動物だ(マイケル・ヨン)


二週間前シドニーで新しい慰安婦像がお披露目され、元慰安婦キル・ウォノクが式典に出席した。現地紙の報道を読んだマイケル・ヨンは、「慰安婦は動物園の動物だ」と辛辣な感想を述べた。

緊張続く中、シドニーの慰安婦像除幕

この写真の中の元娼婦キル・ウォノク89歳は、銅像の隣に座っている。

キル・ウォノクは挺対協の動物園に、動物(見世物)として囲われている。挺対協の大いなる詐欺に利用される為でもある。

私は今年韓国で彼らを長時間インタビューし、ソウルのオリジナル慰安婦像の傍で車から転がり落ちそうになっているキル・ウォノクも撮影した。

ソウルにはいくつか娼婦像がある。・・・キル・ウォノクが転んだのは、アメリカ大使館からも遠くない旧日本大使館の近くにある像の所だ。

私は、キル・ウォノクの面倒を見ていた挺対協の関係者に手を貸すハメになった。控え目に言っても「ムナクソ悪い」といったところだ。

こんな事はもう許されるべきではない。韓国人は挺対協に対して立ち上がり、この年取った娼婦たちが動物のように連れ歩かされるのを止めさせるべきだ。この人間動物園騒ぎは、韓国全体の恥だ。
マイケル・ヨン Facebook 2016.8.6

"Comfort women statue unveiled in Sydney despite ongoing tensions"

The former prostitute in this photo, Won-Ok Gil, 89, sits next to the statue. Won-Ok Gil is kept as a zoo animal for Chong Dae Hyup and their massive scam. I interviewed them at length this year in Korea and even photographed Won-Ok Gil as she was falling out of a van near the main prostitute statue in Seoul. There are several prostitute statues in Seoul -- the statue where Won-Ok Gil stumbled is near the old Japanese Embassy, not far from the US Embassy.
I had to help someone from Chong Dae Hyup who was helping Won-Ok Gil. "Disgusting" is putting this mildly.
This should not be allowed to continue. Koreans should rise up against Chong Dae Hyup and stop allowing these old prostitutes to be paraded as zoo animals. This human zoo act brings shame to the entire nation of Korea.

2016/08/22

日韓合意の破棄は可能か?YTN


韓国政府が腹を括っても、挺対協はなんとしても日韓合意をぶち壊したい。かつて憲法裁判所を利用しイ・ミョンバク大統領を追い込んだように今回も憲法裁判所に駆け込んだり、日韓両政府の努力を無駄にしようと裏財団を設立したりと精力的に妨害工作を繰り広げている。YTNも合意が潰れることを望んでいるのだろうが、果たして12.28合意をひっくり返すことは可能なのだろうか?・・・どうも簡単ではなさそうである。

韓日慰安婦合意、「破棄」は可能か?

韓日慰安婦合意から8ヶ月が経ったが市民団体とハルモニらは合意無効を、政府は合意履行を主張しています。

日本軍慰安婦被害者ハルモニ問題は今後どのように展開するのでしょう?

ホン・サンヒ記者です。

記者

3月27日に民主社会のための弁護士会(民主弁護士会)が慰安婦ハルモニ29人と8人の遺族の代理として憲法訴訟を起こしました。

韓日慰安婦合意に違憲の余地があるということです。

もし、憲法裁判所が韓日慰安婦合意を違憲だと判断した場合、状況はどう変るでしょう?

まず、違憲判断が下されたとしても、司法の判断であるだけに韓日合意自体が直ちに破棄されるわけではありません。

しかしながら、違憲の余地がある合意がどれだけ効力を持つかについて、再度評価されなければならないので、そうなると政府は憲法裁判所決定にともなう新しい努力をしなければならず、再協議の可能性を排除できません。

[イ・サンヒ/民主弁護士会弁護士:12月28日合意は、これ以上(交渉?)しないという宣言ですね。 ところが、この宣言が違憲となると再び政府に義務が発生します。ハルモニの基本的な人権を実現させる義務が生じることで再び外交交渉を行わなければならないのです。]

この5月、野党議員19人が韓日慰安婦合意無効と再協議を促す決議案を発議しました。

被害ハルモニを排除して国会の同意も得なかったとして、再び交渉しろというものです。

先月21日には、ハルモニらが「慰安婦特別法」制定を促す請願書も国会に提出しました。

キム・ハクスンお婆さんが初めて被害の事実を証言した8月14日を慰安婦被害者記念日にし、女性家族部でなく大統領直属の機関を作り慰安婦ハルモニ問題を解決しろという要求でした。

決議案が通り特別法が制定されても韓日慰安婦合意が破棄されるわけではありません。

合意を無効化しなければならないという国会の立場を政府に伝えるというだけで、韓日の政府間合意を破棄する法的効力を持つものではないからです。

ただし政府が発足させた慰安婦の和解・癒し財団の活動や日本が出す10億円の執行など韓日慰安婦合意にともなう後続措置が足をとられ対日(強硬?)世論が広がると見られます。

憲法訴訟や国会決議案とは関係なく、政府は慰安婦合意の内容を履行するという立場です。

ところが市民団体と被害ハルモニは、この財団の活動はもちろん、合意自体を認めないという立場なので、韓日合意にともなう後続措置もまた難産(?)が予想されます。

慰安婦合意以降、6名の慰安婦ハルモニが亡くなりました。

生存する慰安婦ハルモニの平均年齢は89.4歳。

残った慰安婦被害者ハルモニは既に40人。

本当に時間が残っていません。

YTN 2016.8.22[2]

한일 정부 위안부 합의, '파기' 가능할까?

한일 위안부 합의 이후 8개월이 지났지만 시민단체와 할머니들은 합의 무효를, 정부는 합의 이행을 주장하고 있습니다.

일본군 위안부 피해자 할머니 문제는 앞으로 앞으로 어떻게 전개될까요?

홍상희 기자가 짚어 봤습니다.

기자

지난 3월 27일.

민주사회를 위한 변호사모임(민변), 즉, 민변이 위안부 할머니 29명과 8명의 유족을 대리해 헌법소원을 청구했습니다.

한일 위안부 합의가 위헌적인 소지가 있다는 것입니다.

만약, 헌법재판소에서 한일 위안부 합의를 위헌이라고 판단할 경우, 상황은 어떻게 달라질까?

우선, 위헌 결정이 난다 하더라도, 사법부의 판단인 만큼 한일 합의 자체가 즉각 파기되는 것은 아닙니다.

다만 위헌의 소지가 있는 합의가 얼마만큼 효력을 가지느냐에 대한 평가는 다시 이뤄져야 할 것이고, 그렇게 된다면 정부는 헌재 결정에 따른 새로운 노력을 해야 하기 때문에 재협상 가능성을 배제할 수 없습니다.

[이상희 / 민변 변호사 : 12월 28일 합의는 더 이상 하지 않겠다는 선언이거든요. 그런데 이 선언이 위헌된다고 하면 다시 정부에게 의무가 발생하는 거죠. 그래서 할머니들의 기본적인 인권을 실현시킬 의무가 발생하는 거고 다시 외교적인 협상을 해야 하는 거죠.]

지난 5월, 야당 의원 19명은 한일 위안부 합의 무효와 재협상을 촉구하는 결의안을 발의했습니다.

피해 할머니를 배제하고 국회의 동의 역시 받지 않았다며 다시 협상하라는 것입니다.

지난달 21일 할머니들은 '위안부 특별법' 제정을 촉구하는 청원서도 국회에 제출했습니다.

김학순 할머니가 처음 피해 사실을 증언한 8월 14일을 위안부 피해자 기림일로 지정하고, 여성가족부가 아닌, 대통령 소속 기구를 만들어 위안부 할머니 문제를 해결하라는 주문입니다.

결의안이 통과되고, 특별법이 제정되더라도 한일 위안부 합의가 파기되는 것은 아닙니다.

합의를 무효화 해야 한다는 국회 입장을 정부에 전달하는 것일 뿐, 한일 행정부의 합의를 파기할 법적 효력을 갖는 것은 아니기 때문입니다.

다만 정부가 발족한 위안부 화해, 치유 재단의 활동이나 일본이 내는 10억 엔의 집행 등 한일 위안부 합의에 따른 후속조치가 발목을 잡히고, 대일여론이 확산될 것으로 보입니다.

헌법소원이나 국회 결의안과는 별도로 정부는 지난 한일 위안부 합의 내용을 이행하겠다는 입장.

그렇지만 시민단체와 피해 할머니들은 이 재단의 활동은 물론, 합의 자체를 인정할 수 없다는 입장이기 때문에 한일 합의에 따른 후속조치 또한 진통이 예상되고 있습니다.

지난 위안부 합의 이후 위안부 할머니 6명이 세상을 떠났습니다.

생존한 위안부 할머니의 평균나이는 89.4세.

남은 위안부 피해자 할머니는 이제 40명.

시간이 정말 얼마 남지 않았습니다.

「夏前に動きなければ“約束履行”困難に(産経)」像撤去問題


産経新聞の編集局編集委員久保田るり子の解説。

選挙期間中に慰安婦像を撤去することに、与党であっても大統領候補がいい顔をするはずがない。グズグズしている内に政権交代でも起これば、慰安婦像を動かそうという者は誰もいなくなる。日本政府が10億円の拠出を急ぐのは、こういう理由も大きいのだろう。米国を立ち会わせた以上、「不可逆的解決」が丸ごと雲散霧消するとは考え難いが・・・。10億円拠出問題に関しては、産経新聞が意外にも現実的で驚く。実に意外である。

日韓合意で10億円拠出へ 条件のはずの慰安婦像撤去で韓国は早くも「年内は無理」と逃げ腰だが…

・・・韓国は来年12月に次期大統領選を控え、来年夏には大統領選の政局が本格化する政治の季節に入る。慰安婦像撤去は反日ナショナリズムをあおる格好の材料だけに、来年夏前に像の移転・撤去への動きが出ない場合、政府与党として「適切に努力する」とした日本との“約束履行”が困難になる状況もあり得る。

朴槿恵政権で慰安婦像が動かせなかった場合、次期政権がこれを引き継ぐ可能性はほとんどない。「和解・癒やし財団」も朴槿恵政権内の解散を予定しているため、不可逆的な解決は雲散霧消、慰安婦像だけが残るとの事態も考えられる。

産経(一部) 2016.8.22

2016/08/18

10億は賠償か?韓国政府明言避ける

外交部のスポークスマンは、賠償とは明言せず(16日)

日本政府に10億円は賠償金ではないと釘を刺された韓国政府は、世論との間で板挟みになっている。お金は「日本政府の責任、謝罪と反省の立場を実質的に裏付ける履行措置」と誤魔化す韓国政府に対し、日本政府はさらに拠出金の使途を医療と介護関係に限定させ賠償色を薄めにかかったが、17日に理事会を開いた”和解・癒し財団”は事業内容を決定出来なかったと共同通信が報じている(追記:事業内容は決定しなかったが、理事長は使途が医療などに限定されていると認めた)。

元慰安婦支援10億円 賠償金か否かの明言避ける=韓国政府

韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は16日の定例会見で、旧日本軍の慰安婦被害者支援のための「和解・癒やし財団」に日本政府が拠出する10億円について、賠償金なのかどうかを問われ、「岸田文雄外相が昨年12月に表明した日本政府の責任、謝罪と反省の立場を実質的に裏付ける履行措置」だと答えた。

また、10億円は「被害者の名誉と尊厳を取り戻し、心の傷を癒やすための措置という点にその意義があり、(両国の昨年12月の)合意文以上でも、以下でもない」とも述べた。

趙報道官の発言は、賠償金かどうかについて明確な返答を避けながらも、「事実上の賠償金」という韓国政府の認識を遠回しに繰り返し表明したものと受け止められる。日本側が「賠償金ではない」との立場を取っていることから、両国間のあつれきを深めないよう明言を避けたともみられている。

趙報道官は10億円の拠出時期について、日本国内での手続きがいるため特定できないとしながらも「(財団の)円滑な事業実施に支障の出ない時点に拠出されるものと期待している」と述べた。

岸田外相は12日に尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官と電話会談し、国内の手続きが終わり次第、政府予算10億円を速やかに拠出すると伝えた。韓国の外交関係者らは、今月中にも拠出されると見込んでいる。

一方、10億円の使途について趙報道官は「まだ決まっておらず、財団が決定するものと承知している」と述べるにとどめた。

和解・癒やし財団は17日ごろ理事会を開き、先の韓日外交当局による局長級協議と両国外相の電話会談を踏まえて被害者への現金支援の比重や財団の事業方向などを話し合うとされる。(聯合ニュース)


2016/08/17

<進歩韓国のための欧州連帯>ミュンヘンでイベント

イモトアヤコかと

進歩韓国のための欧州連帯(European Network for Progressive Korea)は、THAADに反対したり、要するに韓国の左翼系がベースになっているのだろうが、彼らのフェイスブックを見ると一番気になるのはやはり慰安婦問題らしい。左翼であれば、韓国軍の問題もチリやブラジルの人権活動家に教えてやるべきだろう。

ドイツでは進歩韓国連帯以外にも韓国系日系団体が慰安婦問題を宣伝中。この日のベルリンでも別のイベントが同時開催された。こちらには日系人グループも関わっていた。

流行りの「生きた慰安婦像」パフォーマンス?


「日本は慰安婦被害者に謝罪せよ」 芸術家たちがミュンヘンでデモ

「生存被害者に法的補償を」プラカードデモ

日本軍慰安婦問題は人類の犯罪行為であり、日本政府の心からの謝罪なしにはこの問題を解決できないという声が、ドイツのミュンヘンの街に鳴り響いた。性格も不明な支援金10億円で慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的」に覆い隠そうとする韓日政府の行動に対する批判が相次いでいる

欧州に住む革新志向の同胞の集まりである「進歩韓国のための欧州連帯」は、今月13日(現地時間)にドイツのミュンヘンで世界の芸術家たちと人権活動家たちが参加し、慰安婦問題の真の解決を求めたことを、15日(現地時間)、フェイスブックへの書き込みや写真の掲載で全世界に知らせた。第4回全世界慰安婦メモリアル・デーの共同行動を迎え、キャンペーンを展開した彼らは、ミュンヘンの街で「反人類犯罪は我々皆にかかわる出来事」(Crime Against Humanity is Everyone's Business)と書かれたプラカードを持って、慰安婦問題に対する現地人たちの関心を呼びかけた。

イベントに参加した映画監督のビヨーン・イェンスン(ドイツ)氏は「第2次世界大戦中、日常的な強姦および暴力の被害者である慰安婦生存者たちは、まだ日本政府の公式謝罪を待っており、大多数の人々はなぜこの問題が日本国内で公論化されないのかを理解できずにいる」としたうえで、「現在の日本政府が約70年前のことに対して直接的な責任はないとしても、慰安婦被害当事者たちと将来の世代を向けて日本軍慰安婦の歴史が忘れられないように、適切な処置を取るべき責任がある」と指摘した。イェンスン氏は今年6月、ソウル国際女性映画祭に「忘れられたフィリピン慰安婦」(Forgotten Sex Slaves – Comfort Women in the Philippines, 2015)を出品した。

チリの女性人権活動家であり、画家のコリナ氏は「過去に人類が犯した犯罪を記憶することで、犠牲者の存在を心に留め、再発を防ぐことは極めて重要だ。日本政府は慰安婦犯罪について明確に謝罪し、生存している被害者たちに法的補償をすべきだ」と指摘した。 ブラジルから来た人権活動家のクリストファー氏は、「1960~80年代にわたる軍事独裁時代に、多くの女性たちが刑務所で拷問と性的な暴力を受けたブラジルの不幸な過去を思い出す。 家父長的社会における反女性的暴力は、全世界が関心を持つべき問題」だと話した。

欧州連帯は「自分の名誉回復だけでなく、人間の尊厳性が尊重される社会を作るために25年という長い歳月を戦ってきた元従軍慰安婦ハルモニ(おばあさん)たちを心から尊敬する。被害生存者たちが、正義が実現されたことを目にする日が来ることを願っている」とあるミュンヘン市民が話したと伝えた。


2016/08/15

パク大統領、光復節演説、慰安婦問題に言及せず


毎年この問題を蒸し返していたパク・クネの光復節演説だったが、今回初めて慰安婦問題について言及せず。少なくともパク・クネ政権の間は、約束は守られそうである。

朴大統領、光復節の式典で演説 慰安婦問題は言及避ける

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は15日、日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」の式典で演説した。慰安婦問題の日韓合意をめぐり、両政府の取り組みが進展をみせるなか、「韓日関係も歴史を直視する中で、未来志向的な関係を新たに作っていかなければならない」と訴えた。

 慰安婦問題をめぐっては、合意に基づいて韓国政府が7月末に元慰安婦を支援する財団を設立した。今月12日には岸田文雄外相が尹炳世(ユンビョンセ)外相との電話協議で、資金10億円を財団に速やかに拠出すると表明していた。

朴大統領の光復節演説は2013年2月の就任以降、4回目。慰安婦問題については直接的、間接的に毎回取り上げ、日本側に早期解決を求めてきたが、今回は初めて言及を避けた。合意の進展を評価すれば、合意に反対する一部の元慰安婦や支援団体がさらに反発しかねないと判断した可能性もある

演説ではこれまで一定の分量を対日関係に割いてきたが、今回は最も短い。日本に批判的な内容はなく、「歴史を直視」と釘を刺すにとどめた。一方で、「未来志向」という言葉を使うことでバランスをとり、関係改善に前向きな姿勢を示したとみられる。(以下略)

朝日 2016.8.15

比大統領、「賠償をと言っても何も始まらない」


岸田外相が11日フィリピンのドゥテルテ新大統領表敬訪問。アキノ前大統領は慰安婦問題に関して、慰安婦に対して義務を負っているとすればそれはフィリピン政府だというような事を言い毅然としていたが、ドゥテルテ新大統領もこの問題とは距離を置きそうである。メディアは期待を持たせるような書き方をしているが。

日本大使館前ではデモも(11日)

大統領、元慰安婦問題を日本政府との議題に上げる可能性を示唆

ドゥテルテ大統領は11日、太平洋戦争で旧日本軍に性的暴行を受けたフィリピン人元慰安婦の問題を日本政府との間で議題に上げると示唆した。大統領が元慰安婦問題に触れ、日本政府との協議の可能性について言及するのは異例。これを受け、元慰安婦支援団体「リラ・ピリピナス」のレチルダ・エクストレマドゥーラ代表は、問題や元慰安婦たちの要求を大統領に直接伝える場を設けるよう比政府に求めた。

大統領は同日夜、ミンダナオ地方ダバオ市で開かれた記者会見で記者の質問に応じ、機会があれば問題について日本政府と話し合うと明言した。

一方で、元慰安婦たちが日本政府に求めている公式謝罪や賠償については、「『損害の代償をもらいに来ました』などと言いながら話し合いの場に行っても何も始まらないだろう。そういった考え方で臨んでも強い反発を受けるだけだ」と述べ、言及しない方針を示した。

大統領の発言に対し、エクストレマドゥーラ代表はマニラ新聞の電話取材に応じ、「大統領は元慰安婦の問題についてまだ十分に理解していない。まずはわれわれと話す機会を持ち、意見を聞いてほしい」と述べ、比政府に近く対話の場を設けるよう申し入れる方針を示した。

リラ・ピリピナスは12日午後、15日の終戦記念日に先立って首都圏パサイ市の在比日本大使館前で抗議集会を開き、あらためて元従軍慰安婦への公式謝罪と賠償を日本政府に求めた。

集会には元慰安婦3人と支援者ら計約50人が集まり、小雨が降る中、約1時間プラカードを持って声を上げた。

日本政府は12日、韓国政府が元慰安婦支援の目的で設立した財団に10億円の拠出を決めたが、エクストレマドゥーラ代表は「戦争で傷ついた女性たちの尊厳は、10億円で代えられるようなものではない」と非難。さらに7月の参院選で与党自民党など改憲勢力が3分の2を超え、安倍晋三内閣が内閣改造で保守派の稲田朋美防衛相を新たに起用したことについて触れ、「安倍政権は憲法改正を狙うだけにとどまらず、米国が行っている全ての戦争を支援したいと考えている。だから安倍首相と同じ考え方の防衛相を起用したのだ」と懸念を表明した。

元慰安婦のエステリータ・ディさん(86)は「若い世代に(問題を)伝えるためにも、日本政府は公式な謝罪をしてほしい」と訴えた。

過去政権で比の元慰安婦問題を公に取り上げた政権は少ない。アキノ前大統領は1月、戦後賠償の完了をもって元慰安婦問題は解決しているとの方針を示し、「日本は既に義務を終えている」と明言した。

まにら新聞 2016.8.13[2]

Duterte willing to raise plight of comfort women with Japan RAPPLER 2016.8.12

2016/08/08

豪州慰安婦像、電撃移送で日本側の「棺桶作戦」に対抗?

世界中に慰安婦像を建てると宣言した挺対協
像とキル・ウォノクを提供

公有地が無理なら私有地に、とオーストラリアに慰安婦像を建てようと頑張っている人々。今回は、挺対協と韓国の地方自治体(城南市)が支援に乗り出し、「平和の少女像」を現地に持ち込んだ他、「活動家ハルモニ」キル・ウォノクを除幕式に送り込んだ。像は最終的に協力を申し出たビル・クルス牧師の教会の敷地に建てる計画で、準備が整うまで現地の韓国人会館で展示?されることになっていた。

祝辞を述べる城南市長

この計画を知って現地のオーストラリア・ジャパン・コミュニティ・ネットワーク(AJCN)が抗議の声を上げ、抗議を受けた地元の自治体(バンクスタウン)は、屋外でのお披露目イベントの禁止と、イベント後は韓国会館内に像を塩漬けにする(公衆の目に晒さない)よう命じたという。これをAJCN側は「棺桶作戦」と呼んでいたとか。しかし、必死の懇願が実ったのか、バンクスタウン側は直前になり野外イベントだけは許可した。そこでこの奇妙な踊りである。

屋外イベントは直前になって許可された

さて太陽の下で行われた除幕式には、韓国から城南市長や挺対協の幹部、「ハルモニ」が参加し、それなりに盛況だったようである。参加者250名とも400名とも報じられているが、実際はもっと少なかったという話である。驚かされたのは、式典の後、韓国人会館内にしまい込まれるはずだった像が、そのままシドニー市内のビル・クルス牧師の教会に電撃移送されたことだった。教会側の受け入れ準備は終わっていないはずだが、敷地内の駐車場に仮置きすることで行政の命令に抵抗しているのかもしれない。

クルス牧師が自分の教会に像を電撃移送
行政の指示に反抗?

そしてこのノリ
(今は仮置きの状態)

現地の法律では教会の敷地であっても場合によっては公の場と見なされるとのことで、AJCNは日本の領事館を動かすなどして教会への設置を阻止しようとしている。これから攻防戦は第二ステージに入る。合同教会の関係者の中にもクルス牧師の行動に反対する者もいるようだが、牧師はグレンデールのクィンテロ元市長と同じタイプらしく、聞く耳持たずといった感じ。クルーズ牧師の暴走を上位の教会関係者やシドニー市がどこまで制御出来るのか、余談を許さないといったところか。

この件については、AJCNの山岡さんや江川さんから色々教えて頂いた。慰安婦像などを推進しているグループは行政側から厄介者扱いされているという。確かに、そんな雰囲気である。

オーストラリアのシドニーに「平和の少女像」が建つ。・・・北米以外で初
アッシュフィールド連合教会の前庭に設置、キル・ウォノク・ハルモニなど出席

オーストラリアで初めてシドニーに「平和の少女像」設置される。

外国に建てられた少女像ではアメリカの2ヶ所、カナダの1ヶ所に続き4番目、北米以外では初めて。

「シドニー平和の少女像建設推進委員会」(共同代表パク・ウンドク、カン・ビョンジョ)は6日、韓国人会館で海外同胞とオーストラリア人のシドニーの(?)各国のコミュニティー関係者など約250人が参加する中で「シドニー平和の少女像」の除幕式を行った。

ソウルの日本大使館の前にある物と大きさや形が同じ少女像はイベント終了後、当初予定されていた韓国人居住地(密集地)近隣のアッシュフィールドの連合教会(ビル・クルス牧師)の前庭に移された。

この日のイベントには日本軍慰安婦被害者であるキル・ウォンオク(89)ハルモニをはじめ、ペク・スングク、シドニー韓人会会長とイ・ジェミョン城南市長ユン・ミヒャン韓国挺身隊問題対策協議会代表などが参加した。

オーストラリア側では先月総選挙で原住民女性では初めて連邦下院議員に当選したリンダ・バニーやビル・クルス牧師、日本軍慰安婦被害者であるオランダ系オーストラリア人ジャン・ラフ・オハーンお婆さんの娘キャロル、中国系のアーネスト・ウォン、ニューサウスウェールズ州の上院議員などが出席した。

はるばる訪ねて来たキル・ウォノク・ハルモニは挨拶の中で「辛い歴史を忘れないために少女像を建てたことに感謝します」として「少女像を通じてここの人達も歴史の真実を学ぶことができるようになった。 日本政府が責任を回避しないように力を尽くして欲しい」と話した。

自ら希望して少女像を自分の教会に建てることになったクルス牧師も記念演説で「初めて少女像を見て涙が出た」「日本政府が女性の苦痛を認めて謝り、前に進むことが出来るよう心から望む」と力を込めて話した。

バニー議員はオーストラリア政府が原住民のアイデンティティーを抹殺しようと1910~70年代アボリジニーの子供を白人家庭や布教施設などに強制的に受け入れたことを2008年に謝った例を引き(?)「政府が否認し学校で教えなくても、真実は表れる」と力説した。

特にこの日のイベントでは93才のオハーンお婆さんが、肉声メッセージを通じ、慰安婦になったのは全く自発的なことでなく、このような事実を決して忘れてはいけないと強調し大きな拍手を浴びた。

オハーンお婆さんは「イベントに出席できなくなったのがとても残念だ。いまだ苦痛に悩み、その苦痛は絶対に消えない」「少女像は女性を相手に行われた(?)残酷さの象徴」と語った。

オハーンお婆さんの娘キャロルは、少女像が公共の場や博物館などにもっと들어서야 한다고 と述べた。

この日イベントにはオーストラリアの公営ABC放送をはじめとして地域メディア、中国の新華社通信、日本のNHKと共同通信の記者が来て取材を行った。

一方、少女像は本来韓国人会館内に暫定的に1年ほど置かれ教会の防犯照明(の設置?)作業が終わってから移設される予定だったが、イタスラなど芳しくない事態が発生することが憂慮され電撃的に教会に移された

少女像はまず教会の前庭に設置され、防犯照明作業が終わり次第本来予定された教会敷地の通り側に設置される予定。

シドニーの少女像は挺身隊問題対策協議会と京畿道城南市の後援で韓国で製作された

オーマイニュース(聯合ニュース) 2016.8.6[2]

関連記事:
オーストラリア初の慰安婦像が除幕式 シドニー郊外、地元テレビ「日本兵に何百回も…」と元慰安婦紹介(産経
日本の団体、シドニー少女像関連韓人会「訴える」と脅迫(聯合


호주 시드니에 '평화의 소녀상' 섰다... 북미 밖 최초
애시필드 연합교회 앞마당 설치, 길원옥 할머니 등 참석

호주에서 처음으로 시드니에 '평화의 소녀상'이 들어섰다. 

외국에 들어선 소녀상으로는 미국 2곳, 캐나다 1곳에 이어 4번째며 북미 외 지역에서는 처음이다.

'시드니 평화의 소녀상 건립추진위원회'(공동대표 박은덕 강병조)는 6일 한인회관에서 교민과 호주인, 시드니 각국 커뮤니티 관계자 등 약 250명이 참석한 가운데 '시드니 평화의 소녀상' 제막식을 거행했다. 

서울 일본대사관 앞에 있는 것과 크기나 모양이 같은 소녀상은 행사가 끝난 뒤 본래 예정된 한인 밀집지 인근의 애시필드 연합교회(목사 빌 크루스) 앞마당으로 옮겨져 자리를 잡았다.

이날 행사에는 일본군 위안부 피해자인 길원옥(89) 할머니를 비롯해 백승국 시드니 한인회장과 이재명 성남시장, 윤미향 한국정신대문제대책협의회 대표 등이 참석했다.

호주 측에서는 지난달 총선에서 원주민 여성으로는 사상 처음으로 연방 하원의원에 당선된 린다 버니, 빌 크루스 목사, 일본군 위안부 피해자인 네덜란드계 호주인 얀 루프 오헤른 할머니의 딸 캐롤, 중국계인 어니스트 웡 뉴사우스웨일스(NSW)주 상원의원 등이 나왔다.

먼 길을 찾은 길원옥 할머니는 인사말에서 "아픈 역사를 잊지 않기 위해 소녀상을 세워준 데 감사드린다"며 "소녀상을 통해 이곳 사람들도 역사적 진실을 배울 수 있게 됐다. 일본 정부가 책임을 회피하지 않도록 힘써 달라"라고 말했다.

자청해 소녀상을 자신의 교회에 세우도록 한 크루스 목사도 기념사를 통해 "소녀상을 처음 보고는 눈물을 흘렸다"며 "일본 정부가 여성의 고통에 대해 인정하고 사과해, 앞으로 나아갈 수 있기를 진심으로 바란다"라고 힘줘 말했다.

버니 의원은 호주 정부가 원주민의 정체성을 말살하고자 1910~70년대 사이 원주민 자녀를 백인 가정이나 선교시설 등에 강제로 수용한 일을 2008년에야 사과한 일을 상기시키며 "정부가 부인하고, 학교에서 가르치지 않더라도 진실은 드러나게 돼 있다"라고 역설했다.

특히 이날 행사에서는 93살의 오헤른 할머니가 육성 메시지를 통해 위안부가 된 것이 전혀 자발적인 것이 아니며 이런 사실을 결코 잊어서는 안 된다고 강조해 큰 박수를 받았다. 

오헤른 할머니는 "행사에 참석 못 하게 된 게 너무 아쉽다. 아직도 고통에 시달리고 있고 그 고통은 절대로 사라지지 않을 것"이라며 "소녀상은 여성을 상대로 자행한 잔혹함의 상징"이라고 말했다.

오헤른 할머니의 딸 캐롤은 소녀상이 공공장소나 박물관 등에 더 들어서야 한다고 말했다.

이날 행사에는 호주 공영 ABC 방송을 비롯해 지역 언론들, 중국 신화통신, 일본의 NHK 방송과 교도통신의 기자들이 나와 취재활동을 벌였다. 

한편, 소녀상은 원래 한인회관 내에 약 1년 정도 잠정적으로 자리 잡고 있다가 교회의 조경 작업이 끝난 뒤 옮겨질 예정이었으나 훼손 등 불미스러운 일이 발생할 것으로 우려돼 전격적으로 교회로 옮겨졌다. 

소녀상은 우선 교회 앞마당에 설치됐으며 조경 작업이 끝나는 대로 본래 예정된 길가 쪽 교회 구역 안에 자리할 예정이다.

시드니 소녀상은 정신대문제대책협의회와 경기도 성남시의 후원으로 한국에서 제작됐다.

2016/08/05

吉村大阪市長を待ち構えた中国系CWJC(SF市)


姉妹都市サンフランシスコを訪問中の吉村大阪市長の講演会場の前でデモを行う中国系(これについて、小山エミ氏から中国系の団体というのは間違いという指摘があった。ただし、Korea Timesは中国主導の団体としている)の慰安婦正義連合(CWJC)。吉村市長はこの5月、「確認されていない歴史的事実に基づくものを、市が公の場所に設置することがあってはならない」と現地の慰安婦像設置計画を牽制していた(問われて答えただけかもしれない)。ただし、サンフランシスコ市長との面談の席で自分からこの問題について言及することはないとも。ヤブヘビを恐れたのだろうが、現地の反日団体は見逃してくれなかったようである。

「日本軍慰安婦問題謝罪せよ」

「慰安婦問題解決のための連合(Comfort Women Justice Coalition)」の会員が2日、サンフランシスコのダウンタウンにある(日航?)ホテルの前で日本軍慰安婦問題歪曲発言をしたヒロフミ、ヨシムラ大阪市長に謝罪を要求するデモを広げた。 この日ホテルの中ではサンフランシスコを訪問症である大阪市ヒロフミ・ヨシムラ(吉村洋文)市長の講演会が開かれた。 ヨシムラ市長は慰安婦問題について歪曲発言を続けてきたハシモト・トオル前大阪市長の立場を支持すると明らかにし、非難を受けて来た。 CWJCの会員30人余りがホテルの前で日本政府の責任ある謝罪を要求するというスローガンが書かれた(?)プラカードを持ってデモを行っている。

KoreaDaily SF 2016.8.3[2]

実際のSF市訪問は、投資の呼びかけなどが目的

2016/08/03

[在庫] 「安倍首相は謝ってくれた」慰安婦の訃報(2月)

半年前のニュースだが、これ以降も韓国政府に登録された「慰安婦」が亡くなっている。挺対協が引き伸ばし工作をしている間にどんどん死んでいく。

元慰安婦「従わなければならぬ」 日韓合意に評価と反発

旧日本軍の慰安婦だったキム・ギョンスンさんが20日、韓国ソウル市内の病院で亡くなった。89歳だった。遺族によると、キムさんは生前、昨年12月の慰安婦問題の日韓合意について「朴槿恵(パククネ)大統領と安倍晋三首相が決めたことだから、それに従わなければならない」と語っていた。

日韓合意から28日で2カ月がたった。この間、キムさんら元慰安婦が2人亡くなり、存命は44人。韓国では支援団体などの反発が続く一方で、評価する元慰安婦らの声はほとんど表には出ていない

遺族によると、キムさんは慰安婦問題で日韓関係が悪化していたことを心配し、今回の合意も喜んでいた。遺族は、合意に盛り込まれた内容が実行に移される前に亡くなったことについて「残念だ」と語った。

韓国北部に住む元慰安婦の女性は「私の人生は台無しになった」と自身の人生を振り返った。それでも合意について「安倍首相は謝罪してくれた。朴槿恵大統領も男性の大統領ができなかったことを成し遂げた。ありがたい」と評価した。

日韓合意では、韓国政府が設立する財団に日本政府が予算から10億円を拠出し、両政府が協力し、元慰安婦の名誉と尊厳の回復、心の傷を癒やす事業を行うことになっている。その一つとして、元慰安婦に一定額を支給する案が有力視されている。この女性は「お金を受け取ったら、子どもに送りたい」と話した。

一方、元慰安婦が共同生活を送る「ナヌムの家」(京畿道広州市)では27日、元慰安婦の家族や遺族らが記者会見して反対を表明した。元慰安婦の李玉善(イオクソン)さん(88)も同席し、「(日本政府が)おばあさんの前でひざまずいて謝罪すべきだ」と訴えた。

韓国政府は財団を今年上半期に設立することを目標にしている。ただ、無理に進めればさらなる反発を招き、事業を円滑に進められないおそれもある。野党も4月13日の総選挙で、朴政権を批判する材料に使うとみられている

朝日 2016.2.29 [全文]

2016/08/02

10億円「賠償ではない」日韓の共通認識確認へ

日韓請求権協定の枠組みを壊すわけにはいかない。韓国政府もそれを理解しているから、和解・癒し財団の理事(当時は準備委員長)も当初は10億円は賠償金ではないと言っていたのだが、バッシングされて前言撤回となった。日本側としては、改めて念押ししておこうということだろう。

慰安婦支援10億円「賠償該当せず」日韓、認識確認へ

日本政府は31日、元従軍慰安婦を支援する韓国の財団に拠出する10億円について「賠償金に当たらない」との認識を確認する方針を固めた。過去の請求権を互いに放棄した1965年の日韓請求権協定に基づいているとの立場を明確にする必要があると判断した。複数の日本政府筋が明らかにした。だが賠償の性格を反映させたい韓国が全面的に応じる展開は想定しにくく、「玉虫色」決着を図る可能性もある。

慰安婦問題に関する日韓合意に基づく10億円拠出を巡っては、与野党や保守層の一部から「日本が法的責任を認め、賠償金を支払ったとの印象を与える」との声が出ている。一方の韓国では、日本の法的責任追及を求める世論がくすぶる。韓国政府は世論動向を意識しており、両国間でどこまで共通見解を明確化できるかが焦点になる。8月中にソウルで開く韓国との外務省局長協議で調整を進める。

日本政府は「10億円は賠償金ではない。そう受け止められないようにしなければいけない。韓国とは協議中だ」と述べた。別の政府関係者は「未来志向の日韓関係を築くという観点が盛り込まれてもいいのではないか」と強調した。

中国新聞 2016.8.1[2]

2016/08/01

在日、反日韓合意に「強制動員」される?(外務省前)


マスクやお面で顔を隠す人々。日韓合意を売国行為と非難する北朝鮮や朝鮮総連によって「強制動員」されたのでなければいいのだが・・・。そういえば、1月にも同じような事をやっていた

韓日「合意」反対アクション、外務省前で行われる

加害を包み隠す「和解」に反対

7月27日、「韓日『合意』反対アクション~『和解・癒やし』財団設立にNO!!」が日本外務省前で行われ、日本軍性奴隷制問題の真の克服を求め、約40人の参加者たちが集まり、財団設立の反対を叫んだ。

昨年12月28日、韓日外相間で「慰安婦」問題が「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」という「合意」がなされ、南では今月中に「合意」に基づく「和解・癒やし」財団が設立されるとの報道が相次いだ。今回の抗議行動は、その状況を踏まえ、韓日政府による「合意」履行に反対する朝鮮女性有志たちが呼びかけ人となり行われたもの。

この日、司会・進行を務めた金優綺さん(在日本朝鮮人人権協会事務局)は、「明日にも韓国で『和解・癒やし』財団が設立されようとしている。自らの国家犯罪に対する認定をせず、また法的責任を認めず、国際法の責務に沿った被害回復措置をまったくとっていない日本政府に根本的な問題がある」として、この日に決行した主旨について参加者たちに説明した。(以下略)

朝鮮新報 2016.8.1[2]

像の撤去待たず日本政府は10億円拠出へ

NNN 28日

朝日新聞(26日)によれば、「自民党内には『像の移転を拠出の前提条件とするべきだ』との意見も根強いが、政権幹部は『日本が先に拠出すれば、韓国もやらざるを得なくなる』として・・・」日本政府は10億円の拠出を決断をしたようである。

「合意」を守ろうとして現在国内で袋叩きにされている韓国政府だが、日本政府はそんな韓国政府の姿を本物と認めたようである。言い方を変えれば、少なくとも現政権の間は韓国が裏切ることはないと見定め、日本はいよいよ10億円のカードを切る。像の撤去を待たずに・・・。これによって日本政府は「我々は義務を果たした。次は貴方たちの番だ」と第二段階に進める。慰安婦像も所詮将棋のコマに過ぎない。これでいいのだろう。

元慰安婦への支援事業 韓国と内容の調整急ぐ

慰安婦問題を巡る日韓両政府の合意に基づき、韓国政府が28日に女性たちを支援する財団を設立したことを受け、日本政府は、財団に拠出する10億円で賄われる支援事業の内容について、来月上旬にも韓国側と事務レベルで協議し、調整を急ぐ方針です。

慰安婦問題を巡り、日韓両政府は去年12月、韓国政府が設置する財団に日本政府が10億円を拠出し、元慰安婦への支援事業を行うことなどで合意し、これに基づいて韓国政府が28日に財団を設立しました。

これについて日本政府内では、岸田外務大臣が「誠実に努力した結果だと受け止めている」と述べるなど、「国内の反発が根強いなかで設置にこぎつけた」などとして、韓国側の努力を評価する声が出ています。

そして政府は、合意に基づいて来月にも財団に10億円を拠出する方針で、拠出金で賄われる支援事業の内容について、来月上旬にも韓国側と外務省の局長レベルで協議し、調整を急ぐ方針です。

ただ、韓国では一部の元慰安婦や市民団体が合意に反発し、日本では自民党内に、ソウルの日本大使館の前に設置された少女像が撤去されていないことに不満もあるなかで、両政府は合意の着実な履行に向けて緊密に連携して対応していく考えです。

NHK 2016.7.30[2]