2017/09/03

100万人が100円で合意無効作戦(正義財団)

日本が受け取らないと分かっている金を集めて、
さてどう流用する気か?

100万人から100日間かけて100円(1000ウォン)ずつ集めて10億円を日本に突き返そうというキャンペーンを正義財団(≒挺対協)が展開している。しかし、100万人から100円ずつ集めても1億円にしかならない。せっかくの日本の厚意を突き返そうというなら、全額用意すべきだろう。迷惑料もとは言わないが。募金期間は11月22日まで。


なんであれ、日韓両政府が作った和解・癒し財団に対抗して挺対協などがでっち上げた正義・記憶財団は、設立前の半月で1000万円(1億ウォン)を集め(2016年1月)、6月の設立時には既に1億円を超える募金が集まっていた。その時も、日本政府の10億円を拒否する為、というのが募金の口実だった。設立後も寄付は後を絶たないようだから、一年経った今は一体いくらになっているのだろう。以前は、財団のホームページに現在までの募金額(今回のキャンペーン以前の)が表示されていたと思ったが、今はない。億単位の金をため込んでいた筈の正義財団だが、彼らがその金を今回のキャンペーンに充てる気があるか、はなはだ疑わしい。10億円を返還する為に財団を設立すると言って金を集め、再び10億円返還の為にと言って一から資金を募っている。その金を日本政府が決して受け取らないと知りながら・・・。この金も、例によってどこかへ消えて行くのだろう。

参考 CBSノーカットニュース "100만 명이 100일간 천원씩 모아 10억엔 반환하자"、レコード・チャイナ 慰安婦問題、韓国で「日本からの10億円」返金に向けた募金活動始まる、正義財団 100만 동행(動画)他

2 件のコメント:

  1. (1)「日本政府は,、、、、、今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。」
    (2)「具体的には韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し」(日韓合意 :岸田外相)

    (2)によると日本の10億円は癒し財団に直接渡されたようです。
    10億円が集まったとして日本政府への返還の手続きは?
    正義財団---->癒し財団---->日本政府(外務省?内閣府?)
    癒し財団は規則を改正して、10億円を受け取って返還できるようにする。
    ・規則改正には財団を設立した韓国政府の同意が必要
    ・(1)により韓国政府に財団を設立させた日本政府の同意も必要

    もし、1億円を正義財団が直接日本政府に送金してきたら、どうなる?
    当事者(癒し財団)からの返還ではないので合意とは無関係。日本政府への寄付金として処理すれば良い。迷惑料ね。

    返信削除
  2. 世界で慰安婦像設置反対運動を展開している団体に日本政府から資金として配布をしてはどうでしょうか?

    返信削除