2017/08/12

ミンディ・カトラーの「血の中傷」

慰安婦決議6周年イベントでのカトラー

キム・ヒョンジョンらが、アトランタで一度は失敗した「少女像」をブルックヘブン市に持ち込むことに成功したが、日本からの抗議に加え、周辺住民にまで顰蹙を買ってしまった。そこへアメリカ下院決議の頃からこの問題に関わっている反日屋ミンディ・カトラーが登場。市はこの像を誇りに思うべきだという意見を新聞に寄稿した。ところが、コメント欄にはカトラーに賛同する声は殆どなく、反論の方が目につく。もっとも、Reporter Newspapers 紙は、これまでにも何度かこの問題を取り上げておりマイケル・ヨンがフェイスブックで紹介したから、マイケル・ヨン経由の論者が集まった(そして一般のアメリカ人は、この問題に興味がない)という事情もあったかもしれない。日本擁護がコメント欄の多数派という例は珍しい。

幾つかあった反論の中で、ユダヤ系アメリカ人が、カトラーの「血の中傷」だと批判していたのが興味深かった。血の中傷とは、ユダヤ人に対する迷信的なデマで、ユダヤ人がキリスト教徒の子供を攫い、その血を儀式に使うなどという、最も深刻な民族的偏見であり中傷である。反ユダヤキャンペーンは、「キリスト教徒の子供の安全」という口実で行われたとこのユダヤ人は言う。人身売買防止を口実にするカトラーのやり方は、まさしくこれだと。

私は、第二次世界大戦の歴史について連邦議員などにアドバイスを行うワシントンDCの学者です。

私は、2014年にニューヨークタイムズに書いた「慰安婦と、事実を巡る日本の戦い」の中で、日本帝国に性奴隷として使役された慰安婦女性(と少年)は、戦争における人身売買と性暴力犯罪という、より大きな問題の象徴であるという事を明らかにしようと試みました。

ブルックヘブンのメモリアル(訳注:慰安婦像)は、時代を超越したこの終わりなき戦争の悲劇のシンボルなのです。事実として、第二次世界大戦中、日本帝国は合法的な売春の枠外に、国家が認可し管理した戦時性奴隷システムというユニークなシステムを持っていたのです。

あなた方に聞こえてくる反対意見のほぼ全ては、日本の右翼と嫌韓集団によって仕組まれたものなのです。彼らは人種差別と戦時中の日本の栄光に対する妄想という有毒な化合物に突き動かされているのです。これらのグループとそのスポンサーは、日本の首相と彼の党の政治的基盤でもあるのです。

こういうわけで、あなた方のブルックヘブン市で、日本の外交官たちがホロコースト否定論者のようにコソコソと歴史を否定し恥を晒しているのです。だから注目されるのは韓国ばかりで、オランダ人の母親だったり、ドイツの宣教師だったりフィリピンの農家の娘だったり、台湾の原住民だったり、インドネシアの村人だったり、ベトナムの女学生だったり、タミール人労働者の妻だったり、オーストラリア人の遭難者だったり、はたまた上海で徴発された売春宿のフランス人やイギリス人娼婦が注目されないのです。

何人が慰安婦システムに放り込まれたのか、誰にも分かりません。安全の為に村の大人たちによって提供された者だろうと、自分の子供を飢えさせまいと我が身を犠牲にした者だろうと、路上で拉致された者だろうと、望んで慰安婦になった者はいません。太平洋の島々や中国や西洋人の抑留所での数千にも及ぶ「機会」を計算に入れれば、その数は、20万を軽く超えます

戦地へ「売買」された女性の多くは朝鮮人のようですが、基本的な事実として、日本帝国の陸海軍の若い士官たちは、「慰安所」を設置し「支給品」を徴発する訓練を受けていました。

第二次世界大戦中にアジア(とアジア人)に限定されない、少女と女性たちに対する犯罪の記念碑を設置しようというのは、ブルックヘブン市にとって名誉であるはずです。これは滅多にないことです。ブルックヘブンの皆さんは、日本の右翼集団のレイシズムに屈してはいけません。ホロコースト記念碑に反対する組織に屈してはいけないのと同様に

これは(訳注:日本人)差別ではありません。アメリカ市民の過去から学び、それを称えることがアメリカなのです。

ミンディ・カトラー

アジア・ポリシー・ポイント代表

ワシントンDC

Reporter Newspapers 2017.7.23(原文[2]

「カトラーのやり方は、血の中傷

カトラーは、左派系?の日本人や外国人(非日本人)からもコメント欄で批判されている。その中から一つだけ、ユダヤ系アメリカ人であるスティーブン・ゴードン氏のコメントを紹介する。ゴードンは、人身売買問題を隠れ蓑にする事を思いついたのはカトラーではなくアナベル・パクだと言っている。慰安婦問題に詳しい人物のようである。この指摘は正しいと思う。

カトラー氏は事実に関していい加減で、情に訴える彼女のやり方は説得力がない。

2007年の下院決議のキャンペーンの為に(慰安婦問題を)普遍的な人身売買の話に拡大したのは彼女ではなく、パク氏(訳注:アナベル・パクか)だった。カトラーは自分の反日キャンペーンに夢中で、(マイク)ホンダの計画の役に立たなかった。

アメリカにおいて注目を集めるには、慰安婦詐欺を人身売買と戦時性暴力の防止の為と誤魔化せばいいと理解し、真の意図をカモフラージュしたのはパク氏に外ならなかった。ミンディ・カトラーは、その事実を自分の手柄にしようとしているだけだ。

付け加えるならば、彼女は、G8最大の女性の人権侵害国である共産中国に対する自分の支援と深いつながり伏せている。彼女は、現在の中国の人口統計上の時限爆弾を作った強制堕胎などによる女性虐殺(一人っ子政策)に起因する3千万から4千万の伴侶のいない男の需要を満たす為に、中国の「独身村」に誘拐され性の提供を強制されている数十万人の東南アジアの女性については触れない

最後に、彼女は反ユダヤ主義者らが、バカげた血の中傷の中で使ったのとそっくり同じ手法を慰安婦問題で使っている。この問題はとても良く似ている。「血の中傷」といった多くの反ユダヤキャンペーンは、「キリスト教徒の子供たちの安全を守る為」という建前で、情に訴え嘘を押し通した。

カトラーは、先入観のない学者からはほど遠い年季の入った反日屋で、反ユダヤ主義者の同類だ。アトランタは(訳注:南北戦争の経験から?)、このレイシズムに基づく嘘に騙されることは決してない土地だと私は思っていた。

私は「日本の右翼」から最も遠い存在だ。お蔭様で、私は前世紀と今世紀にユダヤ人に向けられたlashon haraというか中傷を憎むとても進歩的なユダヤ系アメリカ人なのだ。

コメント欄より




8 件のコメント:

  1. >これは(訳注:日本人)差別ではありません。


    いじめっ子が自らいじめをしているとは言わないのと同じ...。

    返信削除
    返信
    1. 彼女は言動が露骨なので、ミエミエですね。

      削除
  2. ミンディの阿呆ときたら、comfort women (and boys)とか書いてやんの。

    “In my 2014 New York Times op-ed “The Comfort Women and Japan’s War on Truth,” I tried to make clear that the comfort women (and boys) used as sex slaves for Imperial Japan were emblematic of the larger crime of sex trafficking and sexual violence in warfare.”

    Comfort boys って何だよ?

    で、ワシは、ここにリンクをしてやった。
    Comfort boys↓
    http://www.howitzer.jp/topics/page07.html

    返信削除
    返信
    1. 少年慰安婦については、毎日新聞の西川恵記者も以前に触れてましたね。カトラーは、極端な例やグロネタを集めて印象操作しようとしている感じですね。
      http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2012/12/blog-post_19.html

      削除
  3. それから、ブログ主さんの、

    〉日本擁護がコメント欄の多数派という例は珍しい。

    ですが、Reporter Newspaper の他の関連記事のコメント欄でも、像の設置に賛成している連中はParkとかKimとかいう名前の連中ばかりで、それ以外は圧倒的に設置反対が多かったですよ。しかも、慰安婦問題の中味に立ち入って、韓国側は証拠を提示せずにものを言っているとか、韓国側の説明はfraud(ウソ)だとか云っているコメントが多かった。

    グレンデールに碑が立った時は、反対らしい反対がなかった。あの頃に比べると、今回は
    共和党の州議会議員Tom Taylorや元民主党連邦議会議員Ron Klinkからも反対の意志表明があったし、地元紙Daily SurgeとHuffpostからも設置は疑問だとか偽善だとかの指摘があった。

    まあ、まだ少数派なのでしょうけれども、4年前に比べると、アメリカ社会のなかで慰安婦問題への理解が進んでいる、と見ていいと思いますね。

    韓国系の連中は、アトランタ中心部の「人権センター」敷地内に慰安婦像を設置することに失敗した後、Atlanta Comfort Women Task Forceなる組織を立ち上げ、いったんお蔵入りになった像をアトランタ周辺の11か12の自治体に設置するよう呼び掛けていたわけですが、他が全部断るなかでブルックヘブンだけが「エサに食いついた」(Tom Taylor州議会議員の弁)とのこと。

    ブルックヘブン市は最近になって近在の自治体が統合してできた市らしく、韓国系の多い第4地区選出のJohn Park市議とアーンスト市長が「暴走」して像の設置を強行したようだ。公共アートの設置基準も決まっていない状態でBlackburn II公園に像が勝手に置かれたので、一応は6月30日に除幕式をやったものの、今になって「設置基準が決まってから再決議したらどうだ」「日本叩きではないとしているが、明らかに日本叩きだろう」とかの異論が出てきて、除幕式の直後の段階では7月中に本公園の方に移動すると声明していたのに、今もまだ移動されていない。

    この後にサンフランシスコの像設置が控えているわけですが、ブルックヘブンの一件は、今後のアメリカ世論の潮目の変わり時が近いのではないか、と思わせるものでした。

    返信削除
  4. ここまで書いたら、ストリップ・クラブPink Ponyのことも触れておくべきでしょう。

    ブルックヘブン市は、ストリップ、売春、「大人のおもちゃ」販売等の性産業を禁止する法律を施行しているわけですが、現実には市内にPink Ponyなるストリップ・クラブが存在し営業もされているわけです。

    なんでもPink Ponyが年間22万5千ドルをブルックヘブン市に支払うことで、市はPink Ponyに事実上の営業許可を与える合意文書を2014年に締結しているとのことで、市は自ら制定した法律を自分で破っているわけですよ。

    Pink Ponyはストリップ・クラブとのことですが、ウラで売春のあっせんもやっていることは公然のことだという。22万5千ドルといえば邦貨で2千5百万円でしょう。それだけのカネを毎年、ストリップだけで稼ぎ出せるかな。

    70年以上前の日本軍の所業を問題にしながら、現実におのれどもの目の前で起きていることに目を向けないのは偽善だという地元紙Daily Surgeの主張はごもっともなわけです。

    ここから先は私の想像ですが、韓国系がからんでいることだから、市議らはカネと性接待・ハニートラップの攻勢に晒されていると思いますね。徐玉子がレイン・エバンスにちかづいたようなことがあると思いますよ。

    その手の醜聞がひとつでも出たら、あの像の意味合いはものすごく変わってしまう。

    返信削除
  5. 昭和34年
    敗戦の落とし子たち
    http://sp.nicovideo.jp/watch/sm21604463
    戦後15年、戦争の落とし子である混血児は1万人とナレーション。

    GIベビー(終戦時米兵が日本女性に生ませた子供をそう呼んでいた。私にはかすかに記憶があるが、今の人には何の事だか分からないから検索した事もないのだろう)は20万人と推定した、沢田美喜が映像に出ています。産み落とされたというのは、望まれずに生まれたという意味で、多くが生まれた直後に殺されたから、推定数が多くなる。今ではハーフともてはやされるが、混血児がマスコミやTVにでることはなかった。ネイティブの日本語を話せば化け物見られただろう。母親は強姦された傷ものだからおもてに出られない。多くが捨てられて孤児になった。その混血児たち救ったのが沢田美喜で、米軍からは嫌がらせを受け世間からは冷たくされた。彼女に協力したのは本国の英国人であり米国人だ。ブルックヘブン市の市長や議員は、爪の垢でも飲めと言いたい。自分たちがしている事を、一日本人としては心の底から軽蔑する。韓国人への怒りとは全く違う。よくもここまで日本人を侮辱できるのか米国人は。

    返信削除
  6. >戦地へ「売買」された女性の多くは朝鮮人のようですが、

    ああ、去年だか朝日新聞が英語発信で「慰安婦の殆どは朝鮮半島からだった」と書いていましたね。
    こんなこと日本国内用の紙面には絶対に書けないでしょう。

    返信削除