2014/02/08

進駐軍女性兵士の為の「慰安夫」 日給3ドル

米軍には女性兵士も存在した

個人的には、女性兵士の身の回りの世話をする下男役として米軍に採用された可能性も捨てきれないと思う。証言者が、思い出話に色をつけるのは慰安婦(女性)に限らないだろう。しかし、勤務が(体力の回復を考慮して)一日置きだったり、身の回りの世話なら女性でもいいわけで、やはり女性兵士の性欲の処理用にあてがわれたのかもしれない。情報が少なすぎるので、慎重にならざるをえないが、こういう話もあるということ。事実なら、「戦争に女性の性を利用した!」と息巻くフェミニストたちもコメントに困るだろう(採用面接官は米軍の女性兵士)。

そういえば、シベリア抑留者が女性監視に強姦されたという話もあったっけ?

ところで、RAAは大っぴらに募集されたのでよく知られていますが、女性兵士用に「男慰安夫」として採用された若い日本人男性がいたことは、あまり知られていません。この慰安夫に採用された本人が語っています。昭和二一年、この人の場合は名古屋に進駐した女兵用で、厳重な体格検査に合格。とにかく、心臓、胃袋、眼、皮膚、筋肉、血液、尿などが検査され、性病、痔の有無まで調べられたといいます。

松坂屋の近くに焼け残った木造アパートがあり、体格検査に合格した数人の若者に一人一室与えられます。最初の客は、なんと試験官の伍長で、彼女は最初からその人のことを気に大って採用したのです。「乳房は二個の飯ごうのようで、故郷の牛を思わせる腰だった」といいます。勤めはさすがに一日おきで、日給三ドル。その他、肉、バター、チーズなど、体力回復のためいくらでもくれました。一般国民が芋も満足に食べられないときですから、それはありかたかったでしょうが、とにかく体力的にきつかったそうです。結局、この人は丸半年間、その女伍長にやむない軍務のあるとき以外は買い占められ、その伍長は本国帰還の日、とめどなく涙を流したそうです。

戦後の日本を知っていますか? 百瀬孝監修 昭和研究グループ著 P.182


11 件のコメント:

  1. こちらにもう少し詳しく載ってますね。
    http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-5c03.html

     この「戦後の日本を知っていますか?」にはRAAについても記述があるようですね。

    >「特殊慰安施設協会」RAAは、日本女性を米軍から守るため「性の防波堤」として、近衛文麿が発案し、時の警視総監が設置を指示したという内容だ。

    >昭和20年8月28日「殊慰安施設協会設立宣言式」が行われ、そこで読上げられた設立趣意書には、「畏くも聖断を拝し、茲に連合軍の進駐を見るに至りました。一億の純血を護り以て国体護持の大精神に則り、先に当局の命令をうけ、東京料理飲食業組合、東京待合業組合連合会、東京接客業組合連合会、全国芸妓屋同盟会東京支部連合会、東京慰安所連合会、東京遊技場組合連盟の所属組合員を以て特殊慰安施設協会を構成致し、関東地区駐屯部隊将士の慰安施設を完備するため計画を進めて参りました。本協会を通じて彼我両国民の意志の疎通を図り、併せて国民外交の円滑なる発展に寄与致しますと共に平和建設の一助となれば協会の本懐とするところであります。」 とある。

    米軍上陸を待ち受ける、当時の意気込みと覚悟のほどを彷彿させる内容だ。
    「進駐軍様、あなたに全てを捧げます」と受け取ることも出来る。

    >本職の女性だけでは足りないので、銀座にこんな看板が立ちます。
    「新日本女性に告ぐ!戦後処理の国家的緊急施設の一端として、駐屯軍慰安の大事業に参加する新日本女性の率先協力を求む。女事務員募集、年齢18歳以上25歳まで。宿舎・被服・食糧全部当方支給」

    新聞にも募集広告が出されています。
    「急告-特別女子従業員募集、衣食住及高給支給、前借ニ応ズ、地方ヨリノ応募者ニハ旅費ヲ支給ス 東京都京橋区銀座7-1特殊慰安施設協会」

    当時の方々は本当に厳しい時代を精一杯生きぬいてきたのだろう。
    後の世をぬくぬくと生きている私たちが当時の方々を「非人道的」とか責めるのは簡単なのだが。。。

    返信削除
    返信
    1. 進駐軍の慰安婦(売買春)を取材した人で、「男で餓死した者はいても、女で餓死した者はいない」と聞かされた人もいたとか。まぁ、皆無ではなかったでしょうが、この言葉の意味するところは・・・。

      削除
  2. 厳重な体格検査というのはどうやら医者による一般的な検診にしか過ぎないようですし、こういう検査を監督するのは衛生兵です。女性兵士はWACSと呼ばれていて制服こそ着ていますが、実際は事務職でした。
    ガセネタの可能性が大きいですね。
    ところで、WACSも定期的に性病検査を受けさせられていました。

    返信削除
    返信
    1. >ガセネタの可能性が大きいですね。

      そうですか、あまり良い話ではないのでガセネタであるなら、それに越したことはないですね。

      因みに、こちらは実践投入された旧ソ連の女性兵士の話です。
      hukahttp://ona.blog.so-net.ne.jp/2010-10-06

      100万人以上の女性兵士が実際に戦闘に加わっていたらしいです。
      参考までに。

      削除
    2. その事務職が定期的に性病検査を受けさせられていた・・・ということですね。

      削除
    3. そのようですね、男の方の米軍兵士は夜明け方に抜き打ち性病検査をされていました。日本軍と同様に米軍も性病対策に非常に熱心だったのです。米軍では売春婦は病気持ちと兵士に教えていました。二次大戦での戦争花嫁ブームはそういうところに原因があるのかも、と思っています。

      削除
  3. ハザマさんのツイートにありました関連ですかね

    慰安婦の碑 米国2カ所に新たに設置する=在米韓国人
    2014/02/09 15:18
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/02/09/0400000000AJP20140209000900882.HTML
    中韓の学者らが慰安婦について研究・発表
    (09日15:29)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2123491.html

    返信削除
    返信
    1. ワシントン慰安婦連合とは別の動きのようですね。こちらはKAFCが主導しているようですから。

      削除
  4. 梶山季之の小説に慰安夫の話がでていたのを 読んだことがあります

    返信削除
    返信
    1. 米軍の慰安婦夫の話でしょうか?小説のタイトルはお分かりですか?

      削除