2014/02/14

豪州全土に慰安婦像を、韓中コミュニティー連携


豪全域に慰安婦少女像を 韓中コミュニティーが協力

オーストラリア内の韓国と中国のコミュニティーがオーストラリア全域に旧日本軍による慰安婦の被害を象徴する「慰安婦少女像」を共同で設置することを決議した。

シドニー韓人会会長や、ストラスフィールド市副市長ハーストビル市議会議員など、オーストラリアの両コミュニティーを代表する人物がシドニー韓国人会館で10日(現地時間)、日本の戦争犯罪を糾弾し新軍国主義復活に反対する総決起大会を開き、少女像を共同で設置することで意見を一致させた。現地の韓国人向けメディアが14日伝えた。

決起大会にはオーストラリアに居住する韓国人と中国人合わせて200人余りのほか、オーストラリアの連邦議員の補佐官2人も参加した。

両コミュニティーの代表者は旧日本軍が韓国や中国の幼い少女を拉致し、慰安婦という名の性奴隷として踏みにじった残虐さを、オーストラリアで暮らす移民の2世やオーストラリア国民に伝えるために同国全域に少女像を設置することを決議するなど、10条の「日本新軍国主義復活糾弾のための在オーストラリア韓中同胞連帯の行動綱領」を採択した。 

行動綱領には▼安倍晋三日本首相の靖国神社参拝糾弾と謝罪要求▼日本の新軍国主義復活と歴史歪曲批判▼慰安婦の惨状や南京大虐殺など日本の戦争犯罪の広報▼日本の新しい世代が偽りの歴史を学ばないように日本政府に圧力を加え、日本の偏重外交政策を修正することをオーストラリアのアボット首相に要求▼米国が日本の再武装を容認しないように要求▼国連が日本の戦争犯罪や人権じゅうりんを調査する委員会を結成し、内容を公開するように要請——などの内容が含まれている。

両コミュニティーの代表は10条の行動綱領を達成するまで持続的に反日闘争を展開することに決議し、署名運動を開始した。


追記: シリカ太郎さんから

シドニーにも慰安婦像 中韓の市民団体、設置許可申請へ

在オーストラリアの中国系と韓国系の市民団体が連携し、同国最大都市のシドニーに「慰安婦像」の設置許可を求める申請を地方政府に近く出すことが6日、分かった。中国系団体の代表、楊東東氏(56)が産経新聞の電話取材で明らかにした。

 楊氏によると、両団体は2月初旬に「全豪中韓反日本戦争犯罪連盟」を結成、協力して国内で慰安婦像設置運動を展開していくことを確認した。シドニーで設置が認められれば、首都キャンベラやメルボルンなどでも設置を目指すという。

 楊氏は、慰安婦像設置の理由について(1)来年は終戦70周年の節目(2)日本が慰安婦問題への立場を明確にしていない(3)米国で像の設置が認められた-などと語った。また、安倍晋三首相の靖国神社参拝や過去の戦争に対する謝罪を日本に求め、豪州議会の議員にも賛同を求めているという。

産経 2014.3.6

17 件のコメント:

  1. オーストラリアですか・・
    日本が朝鮮半島から去った後、韓国は日本軍の慰安所を
    引き継ぎ更に国営慰安所にし、現在も性産業はGDPの5%に
    及ぶ大事な輸出産業なので、その記念碑にしかみえません。

    中国:南京事件 世界記憶遺産への申請準備始める 市当局
    毎日新聞 2014年02月14日 18時48分
    http://mainichi.jp/select/news/20140215k0000m030036000c.html
    南京事件の資料、記憶遺産に申請 中国・南京市が
    準備作業開始 2014.2.14 01:05
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140214/chn14021401070001-n1.htm
    旧日本軍が行ったとする「犯罪的な行為」に関する内容で、
    いわゆる「従軍慰安婦」に関する資料もあるという。

    南京事件そのものは否定しませんが、中国が主張するような
    大規模な虐殺は南京事件前後の第二次上海事変や
    黄河決壊事件での日本軍の抑制された行動をみると
    あまりに不自然で受け入れられません。
    国民党軍が焦土作戦で住民を殺害し、督戦隊により
    退却する自軍兵士を射殺していること。
    漢奸という裏切り者処刑は語られません。

    返信削除
    返信
    1. 南京事件を慰安婦問題と同じ感覚で反論するのは難しいですね。

      削除
  2. nhkについて会長や経営委員がどうのと揶揄されていますが
    nhkの真の問題はこういうところに垣間見えるのです。

    2014/02/13 ザ・ボイス 青山繁晴
    http://youtu.be/w6r3LhQRKkQ?t=12m
    NHKワールドの慰安婦解説が河野談話より酷い件
    ザ・ボイス放送内容を書き起こし
    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1519.html
    http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/20140212_01.html
    放送された英文の原稿サイト。

    異色のサイトで恐縮ですがソース元が明確なので

    慰安婦強制の嘘を流すNHKの国際放送
    偏向報道の改革は避けられない 2014.02.14
    http://the-liberty.com/article.php?item_id=7372
    NHKが海外向けに行う英語放送「NHK WORLD」において
    慰安婦について「第二次世界大戦中、日本兵に奉仕するために
    多くの韓国人女性が売春をさせられた
    (Many of the women were forced into prostitution to
    serve Japanese soldiers during World War Two)」
    と説明しているのだ。

    返信削除
    返信
    1. 「第二次世界大戦中、日本兵に奉仕するために多くの韓国人女性が売春をさせられた」

      よくある「主語抜き」ですね。意図してやったのではないと思いますが・・・。

      削除
  3. 「南京大虐殺」は、この20年くらいに大いに研究が進み、完全否定できます。例えば、下記の写真は12月17日の松井大将の南京入城式から3日めのものです。

    http://www.howitzer.jp/china/page01.html

    従軍撮影班が撮影していたものを、戦後に編集して60分ぐらいのフィルムになっていました。これが発見されて、そこに非常に平穏な町の様子が写しだされていました。子供らは日本兵を全く恐れておらず、兵隊が休んでいる場所に遊びに来ているシーンさえありました。

    私は今、「慰安婦のウソ」に続いて、そちらについてページを作るべく、取り組んでいるところです。読むべきものが多いので半年ぐらいかかりそうですが。

    返信削除
  4. もう一つ重要なポイントとして、南京陥落後に戦闘で途絶した食糧の配給をするために、市民に「身分証」を発行していることです。この交付を受けるために、南京市民が日本兵が事務を取る場所に並んでいるシーンも、上記のフィルム中に収められていました。身分証が発行されているので、その数の集計は20万人と正確に把握され、陥落後に城外に逃げていた市民が戻ってきて35万人ぶんの食糧配給が必要になったことが分かっています。

     日本軍が居座って大虐殺をやっているところに、戦闘から逃れていた南京市民が15万人も戻ってくるなんてありえない。食糧配給を受けるためにニコニコして日本兵が発行する身分証を受けるために大勢が並ぶこともありえない。

     問題は、どこでどう「南京大虐殺」のホラ話しが作られ、流布されていったかに移っています。

     支那にとっては、「南京大虐殺」のウソが暴かれることは泣き所のはず。だから、南京大虐殺記念館でもなんでも、今のうちに大いにやっておけ、という次第。

    返信削除
    返信
    1. 私も、日本軍が市民を無差別に殺戮したというのは事実ではないと思います。捕虜の処刑がかなり乱暴に行われたということでしょうか。専門外なので、これ以上は口を挟めませんが・・・。

      削除
  5.  詳しいことは、よく勉強してから報告しますが、日本軍との戦闘に破れた国民党軍の敗走兵が「安全区」に武装したまま民間人の服を着て潜りこんだので、こいつらをあぶり出す過程で「事故」が起きた可能性はあると思います。軍服を着ていない奴がいきなりぶっ放してくるので、反射的にそちらの方向に撃ち返して民間人が犠牲になるという「事故」は、米軍占領下のイラクでも多く発生しています。 

     この「安全区」というのは、南京で戦闘が予想されるのでたくさんの人が揚子江の対岸に難を避けて逃げたわけですが、逃げ遅れた人が特定の区域に居ることで、そこでは戦闘をしないと両軍に約束させた区域のことです。

     「安全区」は上海事変のときも設けられたのですが、南京と上海で決定的に違うのは、上海では有刺鉄線で囲み、隣接するフランス租界から仏駐留部隊が出動して管理したので敗残兵は勝手に入れなかった。入ろうとすれば仏駐留部隊に武装解除されるという状態だった。南京の場合は、地元の欧米人数人が「安全区」の管理委員会を作って道路に旗を立てて目印にしただけだから、敗残兵が武装解除されないまま勝手に入れた。

     その状態は南京に近づく日本軍にも知らされていたので、「安全区」に逃げ込んだ群集のなかからゲリラ攻撃があった場合、そこに居る人々の安全は保障できないと日本軍からも通告していたとのことです。

     まだ浅い勉強の範囲ですが、実際に起きた殺人・強盗・強姦事件の大部分は敗走する国民党軍の仕業だと思います。支那の戦争は、軍隊が都市を占領するときと敗走するときに多く犠牲が出るのです。ただで命を張るのはバカらしい、という心理が兵隊に働く。日本のように、よく訓練された将校に率いられているわけではない、ただメシが食えるというだけで軍隊にいる「兵匪」集団だから、そういう非道行為は平気なのです。都市を占領したら、まず略奪と強姦をやり、住民が抵抗したら殺す。敗走するときは敵に宿舎や糧秣を提供しないよう、あちこちに放火をする。
     このときも、蒋介石が「清野作戦」を取ったので、日本軍は南京城外で露営を強いられています。

     で、英国人ティンパリーが云う様々な残虐行為は国民党系の作り話しであり、アイリス・チャンが云う残虐行為は共産党系の作り話しだと思います。あと、様々な残虐行為の写真やフィルムは、済南事件や通州事件で日本人を殺しているときの写真か、または毛沢東が延安に集まった仲間を拷問・粛清しているときのものだと思います。

     毛沢東は瑞金・延安でも何千人も大粛清をやっていて、拷問・粛清されている仲間の様子を撮影させて夜な夜な楽しんでいたそうですから、そういう写真・フォルムを持ち出して「日本軍の仕業だよ~」と宣伝するのは容易だったはずですよね。

     まあ、こういう証拠とされるものの一つ一つの研究・分析は、これから取り組むことなのですが、日本軍の占領地域は馬賊・盗賊・匪賊から身を守ってくれるというので、多くの支那人が身を寄せたというのが実態だったようです。実際、日本軍が攻め落とした都市の幾つかで、入城する日本軍を支那人が大喜びで日の丸を振って出迎えている写真が何枚も残っていますよ。

    返信削除
  6. それから、私の友人が今東京にいる中国人留学生に、「今の中国の若い人は南京大虐殺をどう思っているのですか」と聞いたところ、「いつのですか」と聞き返されたそうです。

     我々日本人にとって「南京大虐殺」と聞いて思い浮かべるのは支那事変のときのものしかないのですが、支那の長い歴史で「南京大虐殺」は何度もあるので、単に「南京大虐殺」と聞かれても、いつのものか分からない、という。

     で、調べてみたら、清の軍隊が明を滅ぼすときに「南京大虐殺」をやっている。このときは上海から南京にかけて広範囲にやっています。次は太平天国軍が南京に討ち入ったときに「南京大虐殺」をやっています。その次は清の曽国藩の軍隊が南京城に立て籠もる太平天国軍を包囲殲滅するときにやっています。このときは南京を幾つかの区画に分け、軍隊ごとに担当範囲を決めて誰も居なくなるほど徹底的にやったと曽国藩が清朝皇帝に報告しています。

     蒋介石の国民党軍が北伐をする過程で、上海で八千人ぐらい殺す「上海大虐殺」をやっていますが、要するに、そういう軽いノリですよ。軍隊が占領したら住民殺戮は当たり前だろ、というのが支那人の深層心理にあるわけで、日本軍のように占領地域で匪賊から住民を守る治安活動をやってくれる軍隊は信じがたい存在だということ。

     では、なぜ「南京大虐殺」が世に喧伝されているかと言えば、戦後の一時期、ソ連や毛沢東に幻想を抱いた知識人層が大量に出た時代があって、そういう人たちがコミンテルンや支那共産党のプロパガンダを様々な出版物に書き映画にした。ところが、我々に否定するだけの材料がないので、そのまま放置されていたということ。

    中公バックスの「日本の歴史」シリーズは、私が高校生のときに日本史を勉強するために読んだのですが、その第25巻「太平洋戦争」には「南京大虐殺」が生々しく記述されています。ところが、この本を今、図書館で読んでみると、済南事件も通州事件も上海事変も書いていない。これでは、なぜ日本に暴支膺懲の世論が沸き起こったのか分からない。

     北大路欣也が主演した「戦争と人間」も一貫してマルクス主義に基づく侵略史観で描かれ、「南京大虐殺」についてのナレーションが入っています。住民を無差別に殺す残虐な日本軍を八路軍が追撃し、幼い女の子が「八路のおじさん!」と支那兵に抱きついていくシーンは、今でも覚えています。でも、実際の八路軍は、国民党軍を追う日本軍の後方で逃げ回っていただけだし、瑞金・延安の「ソヴィエト地区」周辺では地元のヤクザが半分以上混じった略奪強姦し放題のキチガイ軍隊だったことが2005年に出版されたユン・チアンの「マオ 誰も知らなかった毛沢東」で明らかになっています。邦画が全盛の時代に巨費を投じて当時の俳優を総動員して作られた作品が、この有様です。

     教科書だけなら騙されないが、世の中に一般的な記述や映画にまで政治宣伝が入ったら、知らぬうちに「サブリミナル効果」のような刷り込みが行われるわけで、私自身も、ごく最近まで、それに囚われていたわけです。

     アイリス・チャンが「レイプ・オブ・ナンキン」を世に出したことで、東中野修道(ひがしなかの・おさみち)のような真面目な研究者が何人も、その検証作業に飛びついた。これが支那共産党にとっては大誤算と出た、ということです。

    返信削除
    返信
    1. 私は南京事件については不勉強なので、なるべくコメントは控えようと思いますが、日本軍が慰安所システムの必要性を痛感したのが、南京事件であったと言われています。

      削除
    2. 南京での大虐殺は確かに何度かあって、清のものは「揚州十日記」という記録文学が残っています。正確かどうか80万人の犠牲を出したと言われています。

      削除
  7. >日本軍が慰安所システムの必要性を痛感したのが、南京事件であったと言われています。

    これも戦後に作り上げたウソのひとつだと思います。要するに、南京で兵隊が強姦をする事件が多発したから性欲のはけ口が必要だ軍首脳が考えた、というストーリーですよね。日本軍人による強姦事件がなかったとは云いません。でも、憲兵隊に報告されている強姦事件は151件で、大部分は支那人によるものです。この件数は確かな数字を後日確認しますが、米軍の日本占領時に比べたらお話しにならないぐらい低い。

     なぜなら、南京市は12月3日の落城からおよそ3週刊に渡って停電で夜は真っ暗だから、兵隊が外に出ても何がどこにあるか分からなかったのです。むろん、昼間は憲兵隊の目があるから、犯罪に属することはできません。

     だいたい、支那人の売春宿など、掃いて捨てるくらい、どこにでもあった。そこで働く女たちも、日本円を非常に欲しがった。支那の通貨などアテになりませんから。(今、支那で不動産バブルが弾けだして、売春の「価格破壊」がおきているという。一発2千円とか、まじめな本にそう書いてあるんだから、ひどいものです。)

     日本軍が慰安所に軍医を派遣するなど、性病管理に務めたのは、シベリア出兵で民間の売春宿を勝手に使わせたら、性病が蔓延して兵隊の多くが使い物にならなくなったからです。この事情は米軍の日本占領時も同じで、神奈川に上陸した米第八軍の衛生班が統計を取って文書で残しています。上陸から1年で全国から7千人の売春婦が横浜に集まり、24万人の部隊が彼女らと宜しくやって、兵の4分の1が性病にやられた、と。「どこかで戦争がないと、わが軍は日本人売春婦によってダメにされてしまう」という第八軍司令官アイケルバーガー中将の言葉が残っています。

     占領軍は、一般に大金持ちの部隊であって、自国の男たちは「私らを守れなかった」という免罪符を女らに与えるものです。物資の欠乏しているところに、大量の兵站物資がとどく。それだけでも、敗戦国の女らにとっては垂涎の的になる。フランスの女らがドイツ軍になびき、次に米軍になびく、これも当然のことであって、戦争という異常な現象のさなか、そこに愛国心だの貞操観念だの、求めるほうがどうかしている。

     軍隊内で交わされていた文書から判断することが大事で、支那人や日共が勝手に流した縷言飛語に惑わされてきた、これが戦後70年の日本の姿なのです。

    返信削除
  8. 上記のことを書いていて、若い頃、スマトラのダム現場に行っていた先輩たちの話を思い出しました。以前、ここで書いたと思うけど、あのダム現場も社員の3分の1にあたる20人ばかりが淋病にやられて一時閉鎖に追いこまれた。
     常識で考えましょう。占領地で日本軍人は大金持ちだった。強姦の必要がないのです。それは、米軍が日本を占領したときと同じ事情なのです。今の先進国と途上国の違いがある。犯罪が起きるのは、兵隊が勝ち誇って敵地に乗り込むときだけであって、女を戦利品と思うときだけだと。
     で、次第に平穏を取り戻して行くと、軍隊秩序というものが、あとから追いかけてくる。もう、乱暴者の居場所はなくなる。
     そして、女たちがワーッと戦いの勝利者に群がってくるのも、ごく自然なことなのだと。

    返信削除
  9. 南京事件に関しては、国民党に雇われた流れ者の記者たちが流したプロパガンダ記事を欧米が真に受けたことが原因ですね。日本の軍首脳部でさえ騙された部分があります。
    -H.S.Stokes氏(フィナンシャル・タイムズ、ザ・タイム・NYTの元日本支局長)は、インド人のRana Mitter著 ”China's war with Japan, 1937-1945 The Struggle for survival"  を公平な評論としています。 480ページ中 4ページしか南京事件にページを割いていないのは、全体としてさほど重要に扱っていないし、朝日新聞のように30万人の犠牲を報道するのは明らかに何かを誘導したいからだと。

    返信削除
  10. みなさん、ありがとうございます。本筋を外れてしまいますので、南京事件については、ひとまずコメントを控えさせていただきます。

    返信削除
  11. 産経が電話取材したようなので

    シドニーにも慰安婦像 中韓の市民団体、設置許可申請へ
    2014.3.6 20:53
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140306/asi14030620540005-n1.htm

    返信削除
    返信
    1. 追記しておきます。ありがとうございました。

      削除