2014/02/27

林博史「法務省に大量の資料がある」 韓国紙に

彼なら言いかねない?

果たして朝鮮日報の記者は、林教授の話をちゃんと訳しているのだろうか?車学峰記者のことだからなぁ。河野談話検証は慰安婦の「存在自体を否定」するためだなどとは、左派系の日本人でもなかなか言えないと思うが・・・。もっとも、林教授なら誤訳でも気にしないだろう。もともと資料の超訳(林の言うところの「ごり押し論法」?)が好きな学者だから(あくまで主観です)。

慰安婦証言を検証するというのは、証言内容に矛盾がないか調べる程度ではないかと思うし、文書の裏づけがなかったからといって嘘だと決め付けるとも思えないのだが・・・。

犯罪の証拠なら珍しくないから、林教授には一刻も早く強制連行の証拠を発掘してもらう他ない。今、ニュースになっている徴用工問題だが、慰安婦騒動が勃発した時に言われていた「強制連行」って、まさにこの事だったはず。法務省の裁判記録とか基本的に関係ないのでは?

林博史氏「談話検証は慰安婦の存在自体を否定するため」

「法務省に大量の資料がある。韓国政府は資料の公開を迫るべき」

「元慰安婦の証言の信ぴょう性を検証しようという主張は、慰安婦の存在自体を否定するためのものだ」

日本政府や国会が、旧日本軍による慰安婦の強制動員を認め謝罪した「河野談話」について検証を行う動きを本格化させていることに対し、関東学院大学の林博史教授はこう批判した。林教授は今月25日に行ったインタビューで「河野談話は被害者の証言だけでなく、旧日本軍の軍人の証言や、さまざまな文書を根拠として下された結論だ」と語った。1992年から、マレーシアやシンガポールなどの慰安婦問題を研究してきた林教授は「河野談話を否定する動きは、国際的な批判を招くだけだ」と指摘した。

林教授は市民団体「日本の戦争責任資料センター」の研究事務局長を務めている。昨年には、旧日本軍がオランダ人や中国人の女性を慰安婦として強制動員したとの内容が含まれる、日本の法務省の資料も公開した。以下は一問一答。

―日本政府は「強制動員の証拠がない」と主張しているが。

「1993年に河野談話が発表されて以降、日本政府は関連する資料の調査を全く行っていない。法務省は裁判記録など大量の資料を保管している民間の研究者たちは、慰安婦動員の強制性を裏付ける資料を探し出したが、政府はこれに見向きもせず『証拠がない』といって手を引いている」

―旧日本軍に慰安婦の動員を直接指示した政府の文書がないという主張もあるが。

犯罪者が文書を残して犯罪を犯すだろうか。北朝鮮による日本人拉致問題も、文書が発見されたことで日本政府が認めたのか。政府の主張は、一般的な犯罪に適用される原則を、慰安婦問題には適用しないという、ごり押しの論理だ」

―日本維新の会が、被害者の証言の信ぴょう性について調査する委員会を国会内に設置すると主張している。

被害者個人による個別の証言を裏付ける文書を探すというのは困難だ。委員会を設置したところで、具体的に裏付ける文書を探し出すことはできないため、『証言はうそであり、強制動員はなかった』という結論を下すことになるだろう」

―日本国民は慰安婦問題をどのように認識しているのか。

「2000年代に入り、中学校などの教科書から慰安婦に関する記述が消えた。1990年代とは異なり、NHKなど主要メディアでも、慰安婦を否定する政治家たちの発言ばかりを大きく取り上げている。このため、多くの国民は「慰安婦問題はでっち上げだ。証拠がない」という認識を持っている。若い世代は特に心配だ」

―韓国政府による外交的な取り組みについてどう評価するか。

「歴史認識問題について大ざっぱな批判をすると、日本国民は『反日に傾倒した韓国政府がまた難癖を付けている』という反応を示す。韓国政府は、日本の民間の研究者たちが新たに発掘した関連文書を基に、日本政府に正式な調査を求めるといった、具体的な対応をしていくべきだ。残念な話だが、安倍政権には正しい歴史教育を期待することはできない。日本政府が保管している非公開の文書の公開も迫っていくべきだろう」

―安倍晋三首相が執拗(しつよう)に慰安婦の強制動員を否定する理由は何か。

「安倍首相は1930-40年代を、日本が最も栄光に満ちた時代だと考えている。慰安婦の強制動員を認めることは日本の名誉を傷つける、という誤った信念を持っているようだ」

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

15 件のコメント:

  1. 慰安婦償い金:韓国人受領3割弱 元基金幹部証言
    毎日新聞 2014年02月27日 07時00分
    http://mainichi.jp/select/news/20140227k0000m040138000c.html
    韓国国会、「従軍慰安婦追悼公園」設置を決議
    (2014年2月27日19時38分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140227-OYT1T01005.htm

    返信削除
    返信
    1. >従軍慰安婦追悼公園

      国を挙げて売り込んでいくつもりなんでしょうね。

      削除
  2. 慰安婦20万人を強制連行
    どこに そんな証拠があるんだ?

    返信削除
    返信
    1. 貧困で苦界に身を沈めるのも「強制」だと言ってる人たちですから・・・。

      削除
    2. >貧困で苦界に身を沈めるのも「強制」だ<

      その苦界というのは、借金を返すまでは強制労働させるよ・・・という世界でしょ。漫画「カイジ」のたこ部屋と同じ。明らかに奴隷制度の一種。

      削除
  3. いづれ、歴史研究の中にプロパガンダと言う項目が確立されて、その中には当然、南北朝鮮の異様な反日行動が史実として記録されるでしょう。

    個々の感情的な、裏づけの無い歴史(言わばplastic surgery)は、遅かれ早かれ崩壊して逝くだろうし。

    返信削除
    返信
    1. 最終的には歴史に裁かれるんでしょうね。

      削除
  4. >北朝鮮による日本人拉致問題も、文書が発見されたことで日本政府が認めたのか。

    行方不明になって、すかさず家族が必死に探しているだろうが。!
    拉致・監禁されて、何年間も家族が世間や政府に訴えているだろうが!

    大体、林教授は北朝鮮の図書館で拉致問題の資料が探せると思っているのか?出来るわけないだろう。

    その為、国連が被害者だけでなく元北朝鮮側の色々な立場の方の証言を検証するしかなく、そして分厚い報告書を出しただろう。

    碌な手がかりもない中で、拉致被害者家族の方々が何年もかけて世間や国を動かした結果が事件の解明につながった。

    何十年経っても本人以外の家族や周りの人から証言や訴えがない慰安婦問題と一緒にするんじゃない!!!

    そもそも、そんなに元慰安婦の方々の証言が大事なら、実際にヒアリングして検証したらどうなんだ。何度も講演してるから大丈夫だろう?

    一番難しい仕事を避けて、安全なところからこじつけの偽善を語るんじゃない!!


    返信削除
    返信
    1. 出鱈目を言う学者は珍しくありませんが、拉致問題に絡めるのは、学者以前に人間としてダメだと思います。私はこういう人を許せません。日本談児さんも、同じ気持ちだと想像します。

      削除
  5. 政府に検討チーム
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014022800326&rel=j&g=pol&relid=1_3
    検証結果、国会から要請があれば提出
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014022800695

    上記の二つの記事は、画期的な動きではないでしょうか。

    一つは、河野談話の基礎になったはずの慰安婦16人の証言について「秘密」を守ったうえでの検証チームを政府内に作るということであり、もう一つは、その検証結果を、国会から要請があれば国会に提出するということです。

    慰安婦16人の証言は、当然に公開して欲しいのですが、韓国政府との間で「個人の秘密を守る」という前提があっての証言なので、そのままいきなりは公開できない。だから、一段階を置くということです。当然、慰安婦の名前をAとかBとかにすれば問題ない。誰か相応の責任者が「無根拠」を宣言し、政府が追認してもいい。

    継続的検証チームになれば、参考人招致の前に河野本人への「聞き取り」をすることもできる。

    どう考えても、安倍総理本人の意向があって、河野談話撤回/見直しへの動きが始まっていると見ていいはず。

    返信削除
    返信
    1. 撤回まで進展するかは分かりませんが、国内的に河野談話のイメージはかなり低下(?)して来た印象です。世論に見放されれば、談話の政治生命も終わりでしょう。

      削除
  6. 河野談話が撤回/見直しになれば、当然、欧米のマスコミも含めて騒ぎになる。そのコメント欄に、私のウェブページのURLを書き込むことは、しっかりした情報を伝える助けになるはず。やっておいて良かった。

    False Accusations of Comfort Women
    http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

    返信削除
  7. 私のウェブページのアクセスカウンタが、最近、とみに上昇を示しています。
    一言で言って、昨年7月の開設以来、停滞することがなく着実に増えている。
    二重アクセスは勘定しないカウンタなので、延べ訪問者数はこの数倍でしょう。
    少なくとも、宣伝戦を戦うための武器を提供しているわけで、口コミで広がって
    いるのでしょう。

    返信削除
    返信
    1. おめでとうございます。努力が報われたと思う瞬間の喜び、よ分かります。

      削除
  8. 林教授の主張でほぼ何の問題もないな。
    慰安婦問題に無知な人や「産経新聞」や文春、サピオあたりに誤情報を注入された人ばっかりだね。
    これらの捏造マスコミもいずれは歴史の審判を受けることになるだろう。

    返信削除