2014/02/22

アンネの日記破損事件・中山成彬「日本人の感性ではない」


彼が慰安婦騒動(ジャパン・ディスカウント)に対する反攻の急先鋒だからこそ、取り上げないわけにはいかない。こういうことは、思っていても公人なら決して口にすべきことではない・・・と自分は思う。この人の「問題ツイート」を取り上げるのは、昨年に引き続き今回で二度目魚拓



21 件のコメント:

  1. 山路 敬介2014年2月22日 22:15

    う~ん、正直すぎると言うかねェ。
    正直、彼ららしいやり口であるし、小生も瞬間的にそう確信した。

    しかし、恭子先生の見張りの合間を縫ったかなぁ。

    返信削除
    返信
    1. 右傾化し、レイシズムの傾向のある日本ならありえる、と宣伝したい人もいるかもしれませんね。誰が犯人であるにしろ。

      削除
  2. 事実を捏造しそれを言いふらすのは良くないが、自身の感覚に正直な発言まで制限しようとすることには疑問を感じる。もちろん言い方にもよるが。
    確かに、今回の事件のようなことは他国から操作されない日本人なら絶対に行わない。

    返信削除
  3. まあ、これがあったので知ってか知らずか
    一体誰がしたんだと
    強く思ったのかもしれません・・・
    ツイッターでのコメントは公人は慎重に。
    米国の例の慰安婦展示をしようとしたユダヤ人団体。

    「アンネの日記」被害、ユダヤ系団体が捜査を要請
    2014.2.21 13:19
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140221/amr14022113230006-n1.htm
    ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」
    (本部・米ロサンゼルス)は20日、東京都内の図書館で
    「アンネの日記」や関連書籍計200冊以上が破られたことに
    「衝撃と深い懸念」を表明、
    捜査と実行者の特定を求める声明を発表した。

    返信削除
  4. 「アンネの日記」破損問題、菅官房長官「きわめて遺憾」
     ユダヤ人団体「速やかに犯人特定を」
    2014/2/21 18:16
    http://www.j-cast.com/2014/02/21197404.html
    昨年5月以降、相次ぎ破損か=「アンネの日記」被害
    —警視庁
    2014年 2月 22日 15:30 JST 更新
    http://jp.wsj.com/article/JJ10505010074616723714217796180083381659691.html
    警視庁は動機や犯人像の特定を急いでいる。

    返信削除
    返信
    1. いろいろとニュースをありがとうございます。

      削除
  5. “中二病”の犯行ではない!? 被害は30年以上前から…図書館関係者が口に出せない『アンネの日記』破損事件の背景
    http://otapol.jp/2014/02/post-594.html

    >「『アンネの日記』が、破損される事件は今に始まったことではありません。私が図書館に就職した1980年代には、そういったことはよく起こると、関係者の間では話されていました」


    こちらはユダヤ系の通信社による記事。
    http://www.jta.org/2014/02/21/news-opinion/world/vandals-destroy-copies-of-anne-franks-diary-in-japan

    「アンネの日記」の本は日本ではアメリカに次ぐ売り上げの高さ、毎年3万人の日本人観光客がアムステルダムのアンネの家に行くこと、東アジアで唯一、アンネの博物館があることを紹介しているようです。

    返信削除
    返信
    1. >「『アンネの日記』が、破損される事件は今に始まったことではありません。

      ふと、ガードレール金属片事件を思い出しました。

      削除
  6. 因みに中山議員はこんなツィートもhttps://twitter.com/nakayamanariaki/status/434441544003624961
    >後は真央さんだが、韓国、又工作してるんだろうな

    このような浅はかな言動を繰り返す無責任愛国議員らが慰安婦問題の解決を遠ざけているような気がしてならない…。

    返信削除
  7. 2014年02月23日(日) 魚住 昭
    第六十九回 私が見逃した黒幕
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38345
    以前、教育テレビの頃に慰安婦問題を扱ったNHKの
    番組改変問題とそれに絡んだ朝日新聞について
    最後まで読んでみたら、魚住 昭さんの
    慰安婦問題についての認識はきっと韓国寄りなんでしょう

    返信削除
    返信
    1. >慰安婦問題についての認識はきっと韓国寄りなんでしょう

      週刊現代は「嫌・嫌韓」キャンペーン中ですから。

      削除
  8. 中山氏の言動はさておき、アンネの日記騒動にすかさず抗議を表明している、エイブラハム・クーパー(ユダヤ教の宗教指導者ラビ rabbi)は、2-3年おきに外国人特派員クラブで日本ウォッチングの講演会を開いている方ですが
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2134453.html

    彼は日本のみならず世界中の出版物、メディア、社会、有識者の言動をチェックしている監視団の上から2番目のロビイストですよね。
    http://www.wiesenthal.com/site/pp.asp?c=lsKWLbPJLnF&b=6212365#.UwtHJ-N_s6t

    ノーマン・フィンケルスタインが著作「ホロコスト産業」の中で痛烈に批判しているのがこのファミリー・ビジネス化していると言わている団体なのですが、こういう団体が常に日本を監視しているということは、戦時中、日本が多くの
    http://www.radioislam.org/islam/english/revision/finkelsteinquotes.htm

    ユダヤ人を救出したことを考えても不思議な気がします。
    Rabbi クーパーは政治的な活動をしている政治家だと思っていますので、中山氏の言動が浅はかではあれ、相手も (ゲホンゲホン

    返信削除
    返信
    1. アンネの日記は21世紀に入るまで完全版はアメリカの学校でも使われて居なかったと思います。オリジナル版には自分の性器に対する興味その他の描写が含まれており、それだけではありませんが本当に本人が書いたものなのかと現在に至るまで物議をかもしているのも事実だと思います。アンネ自身が正直に感じていた生々しい描写は、人道的なテーマに不必要だということで、長らくカットされていたようなのですが、アンネの日記を人道や人権的なシンボルの本としてとらえるのも確かにこの本の一面なのですが、思春期にさしかかった少女がいかなる状況下にあっても、あふれる好奇心を等身大で感じどの時代の子どもとも同じように成長していた(仮に本人が書いていなかったとしても)記録であって、彼女は政治的な叫びをつづりたくて書いていたのではない。と言う解釈があってもよい気がするのです。

      今回、破損されているのがどの部分なのか、すべて同じ個所なのか分かりませんが、個人的には、この本を過剰に政治利用するのはユダヤ団体(?)であればこそ逆に非常に間違っているのではないか・・・・と。

      削除
    2. 勉強になります。アジア系の反日団体が手本にしようとしているのが、このホロコースト産業ではないかと。

      削除
    3. すみません、追記分スパムで飛ばされたようですが性的描写の部分の引用は迷ってやめました。アンネの日記はアメリカでも教科書的には使うべきではないと言う意見が出るほど単なるナチ被害者の日記ではないのですが、なかなか扱いが難しい本だと思います。個人的にはこの本を政治的な思惑で演出し過ぎるのは書いた本人の本意ではないと思うのですが、これを指摘すること自体がタブーになっているのが現実ですね。

      削除
    4. たまにプログラムが勝手にスパムとしてハネるんですよ。気づかないので、そういう時は遠慮なく仰って下さい(ブログ主のコメントまでスパムに分類する気まぐれプログラムです)。

      削除
    5. スパム指定解除しました。

      削除
  9. イスラエル大使館が早速300冊の本を贈ってくれたということは、ユダヤ人は、中韓の日本右翼化説を信じてはいないということです。個人的に知り合いもいるのですが、日本人には親近感を強く持っています。
    ホロコーストを使った賠償ビジネス団体と慰安婦賠償ビジネスが手を組んでいるというレベルの話ですね。しかもすかさず中韓の日本右翼化声明は、おそらく朝日新聞あたりの手配によるものでしょう。

    返信削除
    返信
    1. >中韓の日本右翼化声明

      テキサス親父の動画のコメント欄でもさっそくジャパン・ヘイターがこの話題に飛びついてました。

      削除