2013/08/24

若い女性が満州で聞いた朝鮮人慰安婦の話



コメント欄で喪黒福造さんが教えて下さった第三者による証言。桂心豊というこの女性は、詩吟の宗家。漁火通信(2010.10.1)によると、彼女は若い頃満州開拓団の団長であった父に連れられて満州に渡り、満州の洋裁学校を卒業後満鉄に入社した。

ある時、休暇中に新京郊外のにあった「ピー屋」に迷い込む。そこで見聞きした話を語っている。漁火通信の方が詳しいが、そこで彼女が出会ったのは、二十歳ぐらいの朝鮮人女性。日本語は流暢であった。三年働けば家が建つと隣村の周旋屋に説得されて満州に出稼ぎに来ていた。前線に出て行く兵隊からもらうチップもよい収入になると語っていたという。昭和18年(1943年)の話だという。

証言者が赤線と言っているように(漁火通信)、公式の慰安所かどうかは分からない。また時期によって、場所によって慰安所の状況は様々だったから、この証言を持って日本軍の慰安所というものに対するイメージを固めてしまうわけにも、全ての慰安婦が喜んで出稼ぎに来ていたと決め付けるわけにもいかない。しかし、証言者も満鉄で高給とりだったように、商売人も娼婦も外地まで行くと稼ぎになったのだろう(正確には朝鮮半島も外地)。これは「からゆきさん」の頃と変わらない。

前線に出る兵士からお金(軍票?)をもらうという話は他の慰安婦の証言にもある。お客である兵士には本当の事(悲惨な体験)は語らないと言う論者もいるが(兵士の証言は当てにならない、という主張)、これは当時同じ年頃の女性が慰安婦から聞いた話である点に価値があるといえようか。

悲惨な話もあれば、苦労を共にした慰安婦と兵士の心温まる交流も伝えられている。一方的な現在の言われようについて、証言者は我慢出来ないと言って涙を流している。


8 件のコメント:

  1. ブログ管理人様、皆様へ、

    よろしかったら、こちらもお読みください。
    12歳1945年まで朝鮮の首都京城府にお住まいだった女性から送っていただいたお話です。

    第一話「朝鮮ピー と ピー屋 のお話」
    http://nadesiko-action.org/?p=3558

    第二話「日本人の娼婦は?」
    http://nadesiko-action.org/?p=3911

    返信削除
    返信
    1. 日本髪を結う朝鮮人女性の話など知らない話ばかりでした。大変参考になりました。

      削除
  2. こちらの桂心豊さんは北海道にもいたことがあったそうで
    動画を見て後半の明日戦地にいく兵隊さんと慰安婦さんとの語らいは
    泣けますね・・ありがとうございます。

    よくネット上で中国大陸を経験した日本兵の証言としていろいろありますが
    そのまま受け取れないのが多いもので貴重な動画ですね。
    日本人民解放連盟
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E6%B0%91%E8%A7%A3%E6%94%BE%E9%80%A3%E7%9B%9F
    中国共産党の協力を得て日本人に〈反戦教育〉を施した機関である。
    「日解連」と略されることもある。
    日本労農学校や第二学校などの捕虜収容所において校長を務め、
    日本人捕虜たちに自己批判などによって共産主義者になるよう教育を
    行うようになった。とありシベリア抑留帰りの日本兵もレッドパージもあり
    ひっそり帰郷した人も多いらしいですね。

    返信削除
    返信
    1. 旧日本兵の中には「慰安婦がいたのは事実」だとか、事情がよく分からないまま運動に利用されている人もいますね。

      削除
  3. 両方とも拝見しました。貴重な情報をありがとうございました。満州引き揚げ者の動画ですがこの動画をアップロードしているのは幸福実現党の出版局長、矢内筆勝氏なのですね(朝日新聞記者から幸福の科学)・・・

    (04:28)
    http://www.youtube.com/watch?v=muE7F7VG91Q&feature=player_embedded

    返信削除
    返信
    1. 朝日新聞に勤めていたというのは意外でした。

      削除
    2. 矢内氏は朝日にエールを送っているようにも聞こえますが、満州の証言が貴重なだけに変なノイズが紛れてこないといいなと思ってしまいます。慰安婦問題は話題性が高まっているだけに、利害関係がどんどん複雑化していくのが懸念されます。長引けば長引くほどですね。

      削除
    3. >利害関係がどんどん複雑化していくのが懸念されます。

      それはあるかもしれません。

      削除