2013/08/16

写真で見る水曜デモ18 日本人乱入


シリカ太郎さんから教えて頂いた。あまり見たくなかった光景だが・・・。



一昨日の水曜デモに日本人が乱入したという話。「仏像を元の場所へ 天罰が下る」と書かれている。

動画を追加:意外や、結構しっかり自分の意見を開陳していた。(日本談児さんから教えて頂きました)


7 件のコメント:

  1. 動画もでてきました。

    http://www.youtube.com/watch?v=X3CYd7BdtUQ

    日本人のようです。日本でのいくつかの保守系デモの参加も確認されました。

    こうやって、日韓とも少しずつ踏み込んでいく。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。本文に追加させて頂きました。動画で見ると、思ったよりおかしな人ではなかったですね。

      削除
  2. 動画ありがとうございます。
    見てみましたら、普通の方でしたね、言っておられる主張も同意できます。
    日本の国内法では外人の政治活動は違法ではあるものの最高裁判決により
    外人の政治活動はほとんどが野放し状態ですね。
    韓国はもっと厳しそうですね。

    返信削除
    返信
    1. 彼が日本国内でどのような活動をしているのか知りませんが、この動画を見る限りでは、新大久保のヘイトスピーチよりよほど健全だと思いました。

      削除
  3. 水曜デモではなく、新大久保の話しで恐縮です。
    日本で比較的に暮らしやすい生活をしている(故に帰国しない)外国人たちが、アジア人の在日問題を利用しながら、自分たちの日本におけるポジションをさらに有利に持って行く。無意識かもしれませんが、そのために、おためごかしを加速させていく可能性があるなとこの記事を読んで思いました。
    http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2013/08/post-715.php

    「在日の人々は決して嫌韓デモの挑発に乗らない」と彼は書いています。もちろんこのようなデモを推奨しているわけではありませんが、嫌韓デモの背後には在日右翼なども居ますし、複雑で多面的な要素があるのにもかかわらず、それらは完全にスルーする。日本に長年住んでいるフィガロの記者が「知らない」では済まされないはずです。

    日本在住のある欧州人から以前、朝鮮半島に有事が起きると日本への移民が増えて在日欧米人の暮らしが脅かされかねない。それは阻止しなければならない・・・と言われたことがあります。個人的には、「そ?」と思いましたが、今後、日本国内の移民が増加して多様になるにつれ、主義主張が激しい移民同士のポジション争いが加速しても不思議ではありません。そのときに、第2次世界大戦関連のトピックが巧妙に利用されていく嫌な予感がしますね。根底にあるのは彼らのアジア人蔑視なのですが、それをうまくすり替えてくる人たちが残念ながら居ます。みんなとは言いませんが、日本に長く住んでいる欧米人の中には、日本における一種の特権に馴れてしまって、本国に帰国できなくなっている方たちが少なくありません。

    親日家は歓迎しますが、言葉遊びが好きなフランス人が発信するジャーナリズムは、特に慰安婦問題に関して言えばですが、きちんとした知識と取材をベースにしていると感じられる記事が少ないため、またかと思ってしまいます。下の記事はまさに彼らの本音だとは思いますが、例えば在日コリアンがどうして日本に留まったのか。朝鮮半島自体が抱える問題についてもきちんとした記事を書ける欧米人が出てくるといいのですが・・・無理でしょうね。

    快適な生活が手放せない、本国に帰れなくなった外国人
    http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2010/04/post-158.php

    返信削除
    返信
    1. すみません、第3段落の3行目は「そ?」ではなく「そこ?」です。

      削除
    2. 記事には「在日の人々は決して嫌韓デモの挑発に乗らない」と書いてありますね?

      もともとジャパン・バッシングをやっているのは在日(南北)朝鮮人でも極々一部だと思うのですが、新大久保のヘイトスピーチは、その挑発に乗ってしまった結果のようにも見えます。

      >きちんとした記事を書ける欧米人

      例えば英国なら中東に関する専門家は豊富でも、極東に関してはどうしても人材が乏しくなるのでしょうね。BBCなども酷いものです。その代わり、欧米人ブロガーの中には優れた人材が眠っているような気がします。

      削除