2013/08/11

ユン・ミヒャン、グレンデールの勝利を語る

最近少々幸せ(?)太り気味のユン

愚にもつかない理由で慰安婦像の設置に反対した日本人たちは、アメリカで批判にさらされた。否定すればするほど、日本の恥ずかしい過去は世界に知られ、日本人自身が恥をかく・・・これはユン・ミヒャン挺対協常任代表の誇張ではなく、事情に疎い元市長が碑の設置に反対する日系人に説教を垂れるなど、現地は実際これに近い状況だったらしい。

ドイツのように素直に謝れば良い関係になれるのに、日本にはそれが出来ないと、ユン・ミヒャン。完勝した彼女の口は滑らかだが、日本政府が100名を反対派として送り込んだという話は事実ではないだろう。日本政府がなかなか干渉しようとしなかったので、地元の日系人は苛立っていたのである。

反日運動(水曜デモ)のシンボルを「平和の碑」と名づけ、スミア(中傷)キャンペーンを行いつつ、「希望」を作っているのだと言う。事実の中に嘘を混ぜ、建前論で自分たちの行動を飾り立てる。こういった強かさは、日本のカウンター系の団体にはない。ユンらはこの像を世界中に建てて回るつもりらしい。日本軍と関連のある場所はもちろん、戦争が継続しているなどの理由があれば文字通り場所を選ばず設置するつもりらしい。

東亜日報も「太平洋を渡って、日本の恥を悟らせた少女の銅像」という社説を掲載していた(8月2日)。恥をかかせる(smear campaign)というのが、彼らの本音なのだろう。ちなみに、彼女は現在来日中なのだが、こういう人間を歓迎する日本人というのもどうなのかと・・・。

米国に建てた慰安婦少女像 [ユン・ミヒャン、韓国挺対協代表]

中傷キャンペーンは市民団体の独走ではない。メディアも共犯

[アンカー] 昨日8月4日は日本政府が日本軍慰安婦の強制性を認めた「河野談話」を発表してから丁度20年になる日でした。しかし、依然として日本政府は慰安婦問題に対する正当な謝罪と補償はおろか、逆にこの河野談話を「自虐史観」で蔑み修正すべきという動きまで見せています。

こんな中、慰安婦の惨状を知らせる「平和の少女像」がアメリカのグレンデール市に設置され話題になっています。慰安婦少女像、別名「平和の少女像」のアメリカ、グレンデール市建設を直接推進された方です。ユン・ミヒャン韓国挺身隊問題対策協議会代表をスタジオに迎え、お話します。ようこそいらっしゃいました。

直接除幕式に行って来られたと聞きました。感想から聞かせて下さい。

ユン: 米国社会も慰安婦問題を認めたのです

[インタビュー] 日本軍慰安婦の問題に対し、この間日本政府側からはなぜアメリカでこのような問題を扱うのか、それは韓国と日本の問題だとずっと国際世論を妨害してきました。しかし、このようにアメリカに平和の碑が建てられるということ自体、慰安婦問題が無視することのできない重大な女性人権問題と入ったこと、そしてどこの誰が考えてもこの慰安婦問題は必ず清算しなければならないような重要な問題だということをアメリカ社会ですら認めたという感慨を感じていました。

[アンカー] 除幕式に慰安婦被害者であるキム・ボクトン・ハルモニが直接出席をしたのを見ただけでも感動しました。いかがでした?

米国メディアにも注目され、「日本は恥を晒した」

[インタビュー] 終わってから、ハルモニこのようにホテルに戻りながら私のをあそこに置いてくるようで心が変な風にとても痛いと、そんな話をされました。そしてその現職記者たちのインタビューに対しても、とても嬉しい、私がよく生き返って来れたという気がする、今わだかまりが半分解けたようだ、私たちの歴史をこのように記憶し、再びこうしたことが起こらないようにするといった意志が含んでいるようで、なお嬉しいと言われました。

[アンカー] グレンデール市にこのような少女像が設立された特別な理由があるのですか?

ユン: 米国も日本に正しい歴史教育を要求した

[インタビュー] アメリカ社会に慰安婦問題が知らされ始めたのは、事実1992年からでした。同胞が開始して、慰安婦問題を教えてきた、そして特に2007年7月30日、我々皆が知るように、アメリカの下院で日本軍慰安婦問題に関連して日本に謝罪を要求し、正しい歴史教育を通じて再発防止に努めろという決議が採択されていました。そして6年が過ぎました。実際に、1年前、カリフォルニア州のグレンデール市で議会を開催し7月30日を朝鮮人日本軍慰安婦の日に宣言をしていました。とても意味のある日でした。その宣言から1年後の7月30日に平和の碑を除幕しました。

[アンカー] ところでこのプロジェクトが推進されて約2年ぶりに除幕式が行われたのではありませんか?どうしても日本の反対は激しかったでしょう?
ユン: 日本政府は100人を動員して妨害した

[インタビュー] グレンデール市のある議員はそのように話していました。一日に300通のメールを受けたと、日本のロサンゼルス総領事が議会を訪問したりもして。そして市議会で平和碑のデザインを選ぶ会議が開く時は政府側が積極的に組織し、約100人の日本人が市議会の小さな議会会議室に集まったくらい日本側からの反対が激しかったですね。

[アンカー] 反対の理由何だったのでしょうか?

ユン: 無知な日本人に対する批判が強かったと聞いた

[インタビュー] 慰安婦問題は、あの人々がいつもする話でしょう。慰安婦問題は強制ではなかったという主張を続けていて。そして、日本政府はもう謝罪もしたし賠償も済んでいる、なぜ今このように建てるのか、アメリカに建てるべきではないと主張するんです。しかし、それに対して、事実グレンデール市会議員がとても被害者の立場から人権擁護をする発言をたくさんされました。そのような現実を見守り、キム・ボクトン・ハルモニがとても感銘を受けていました。

特に、どのように歴史を知らない事を恥じともせずアメリカ市民が自発的に歴史を理解し学ぼうという動きに対し、そんな話にもならない反対ができるかという、むしろ日本の歴史認識にモール(?)歴史に対するそのような批判と糾弾(の声?)が大きな議会だったと地元の韓国人が私たちに教えてくれました。

日本人による第二第三の加害行為?

[アンカー] ところで日本の反対行動が、アメリカのグレンデール市議会だけでなく挺対協の事務室にも多くの電話がかかってきたそうですが?

[インタビュー] 私どもの水曜日ごとに電話が掛かってくるのは、いつものようにすることです。電話してきて韓国が嫌いだと言ったり、ある時は皆分かるようにこうして博物館に竹島は日本の領土という立て札を挿して行ったりもしました。

そしてある時はそのまま白い紙にファックスで日本に来る時、命の心配をしろというような抗議文が来たり、私が実際に日本に集会に行くことになると、目の前で慰安婦は単なる売春婦だったという発言をして被害者に向かって指を差して悪口を言います。それが今の日本と慰安婦被害者ドリ(?)立ち向かっている現場です。ですから、被害者が今どのような、そういった第二第三の加害(行為?)を受けているのか如実に表わしていると見ます。

[アンカー] シンガポールにもこの少女像を設置しようとしたが敏感に反応していると見なければならないでしょう?

ユン: 独のように謝罪すれば良い関係になれるのに、日本にはそれが出来ない

[インタビュー] 本当に残念なことですが。ドイツに対し、君たちは間違っている、悪い人々だと言われていますか。それはドイツが過去間違った歴史に対して認め謝罪し、今でも総理になればいつもそのような過去の歴史に対する謝罪(?)で始めるでしょう。日本もそうすれば本当に良好な関係になれるのに、彼らは歴史を受つけまい(?)とする、初めにおっしゃったように河野談話を認めること自体があたかも自虐的に国民に映るから、歴史が後退しても、関係は平和を脅かすような雰囲気に追い込んでそうするんです。

[アンカー] とにかく、アメリカのグレンデール市に建てた平和の少女像は、国外に設置された初めての慰安婦像ですよね?より意味深いはずなのに、現地の反応はいかがですか?

ユン: グレンデールは、奇跡を作り、希望を作る場になった

[インタビュー] その日、実際韓国人中心に参加すると思いました。しかし、当日の夕方、アメリカの主要なTVは全て報道をしました。なので、それはそれだけその間アメリカ社会記念碑が立てられた事は皆知られるでしょう?今回平和碑が設置されたのではないですか。その平和碑が立てられたとのこと自体、そのままどんな追慕する意味を越え、ハルモニの、日本軍慰安婦の歴史が移されたということじゃないですか。

13才で連れて行かれた時、そしてお婆さんになった今までの姿が含んでいるというためにアメリカの地元の報道も熱かったんです。グレンデール市の市民が本当にたくさん出席しました。そしてその平和碑が建てられたのもグレンデール市の中央図書館の前の公園です。日当たりも良く、本当に良いところでした。

ところでさらに嬉しいことには、平和碑が立てられるやいなやその日夕方から市民が訪れ始め、特に韓国人同胞が子供たちを連れて行って教育させたりして。なので日本大使館の前の平和碑のように、再び別の奇跡を作る希望を作り出す場所としてすでに活用されているようです。

[アンカー] 日本政府は過敏に反応しています。河野談話まで再検討しなければならないのではないのか、このような話まで出てきているのにどのように見ますか?

ユン: 日本の恥ずかしい歴史は世界に広まる
こぼれる笑顔

[インタビュー] 事実、そのように日本政府が歴史を否認しようとして世界的に慰安婦問題に対する国際世論を防ごうとするほど、逆に彼らの恥ずかしい過去が歴史が世界へ広まるだけではなく、そのような歴史認識をしている日本国民さえとても恥ずかしめるというものを理解しなければなければならないと思います。今からでも素直に認めて謝罪して責任を負うことです。責任者となって賠償すること、それが日本がすべきなことだと思います。

[アンカー] 今後平和の少女像の海外設置に関連して、計画はどうなりますか?

[インタビュー] 日本軍慰安婦問題を記憶する所、そしてまだ戦争が続いている場所、そのような地域に引き続き平和像を建てる運動を継続しようとしています。まずカナダやヨーロッパ、それだけでなく女性たちが連行されて行ったシンガポールはまだ出来ませんでしたが、女性たちが連行されて行ったアジア太平洋地域のこういう色々な場所にも平和碑を継続して設置しようと、そのような活動が今推進中です。

[アンカー] 以上、韓国挺身隊対策協議会ユン・ミヒャン代表とお話しました。

YTN 2013.8.5

미국에 세워진 위안부 소녀상 [윤미향, 한국 정신대 대책 협의회 대표]

[앵커]

어제, 8월 4일은 일본 정부가 일본군의 위안부 강제성을 인정한 '고노 담화'를 발표한지 정확히 20년이 되는 날이었습니다.

하지만 여전히 일본 정부는 위안부 문제에 대한 제대로 된 사과와 보상은 커녕 오히려 이 고노 담화를 '자학사관'으로 폄하하며 수정해야 한다는 움직임까지 보이고 있는데요.

이 가운데 위안부의 참상을 알리는 '평화의 소녀'상이 미국 글렌데일시에 세워져 화제입니다.

위안부 소녀상, 일명 '평화의 소녀상'의 미국 글렌데일시 건립을 직접 추진하신 분입니다.

윤미향 한국정신대대책협의회 대표 스튜디오에 모시고 이야기 나눠보겠습니다.

어서오십시오.

직접 제막식에 다녀오신 걸로 알고 있습니다.

소감부터 말씀해 주시죠.

[인터뷰]

일본군 위안부 문제에 대해서 그동안 일본 정부측에서는 계속 왜 미국에서 이런 문제를 다루느냐, 그건 한국과 일본의 문제라고 계속 국제여론을 방해하는 활동을 해 왔어요.

그런데 이렇게 미국에 평화비가 세워진다는 것 자체는 위안부 문제가 중요한 무시할 수 없는 여성인권 문제라든 것, 그리고 어느 누구가 생각을 해도 이 위안부 문제는 꼭 청산해야 될 그런 중요한 문제다라는 것을 미국사회조차 인정한 것이라는 그런 감회를 느꼈었습니다.

[앵커]

제막식에 위안부 피해자인 김복동 할머니가 직접 참석을 하셨었는데 보기만 해도 뭉클하더라고요.

어떠셨나요?

[인터뷰]

할머니께서 끝나고 이렇게 숙소로 돌아오시면서 내 동생을 저곳에 두고 오는 것 같아서 마음이 이상하게 너무 아프다, 그런 말씀을 하셨어요.

그리고 그 현직 기자들이 질문하는 인터뷰에 대해서도 너무나 기쁘다, 내가 잘 살아나왔다라는 그런 생각이 든다, 반은 지금 한이 풀린 것 같다, 우리의 역사를 이렇게 기억해 주고 다시는 이런 일이 없도록 한다는그런 의지가 담겨있는 것 같아서 더 기쁘다는 말씀을 하셨습니다.

[앵커]

글렌데일시에 이런 소녀상이 설립된 특별한 이유가 있습니까?

[인터뷰]

미국 사회에 위안부 문제가 알려지기 시작한 것은 사실1992년부터였어요.

저희 동포들이 시작을 해서 위안부 문제를 알려왔고 그리고 특히 2007년에 우리가 다 알고 있다시피 미국 하원에서 7월 30일에 일본군 위안부 문제와 관련해서 일본에게 사죄를 요구하고 올바른 역사교육을 통해서 재발방지에 힘쓰라는 결의가 채택이 되었었습니다.

그리고 6년이 지난 거죠.

사실 1년 전에는 캘리포니아 글렌데일시에서 의회를 개최해서 7월 30일 한국인 일본군 위안부의 날로 선포를 했었습니다.

굉장히 의미있는 날이었죠.

그 선포한 다음 1년인 7월 30일에 평화비를 제막한 거죠.

[앵커]

그런데 이 프로젝트가 추진된 지 약 2년 만에 제막식이 이루어진 거 아니겠습니까?

아무래도 일본의 반대가 심했죠?

[인터뷰]

글렌데일시 한 의원은 그렇게 얘기하더라고요.

하루에 300통의 메일을 받았다고, 일본의 LA총영사가 의회를 방문하기도 하고요.

그리고 시의회에서 평화비 디자인을 선택하는 회의가 열릴 때는 정부측에서 적극적으로 조직해서 약 100명의 일본인들이 그 시의회 작은 의회 회의실에 참석할 정도로 일본측에서 굉장히 반대가 심했었죠.

[앵커]

반대한 이유 뭐라고 정의할 수 있을까요?

[인터뷰]

위안부 문제는 그 사람들이 늘 하는 이야기죠.

위안부 문제는 그렇게 강제가 아니었다라는 주장을 계속하고 있고요.

그리고 이미 일본 정부가 사죄도 했고 배상도 다 했다, 그런데 왜 지금 그렇게 세우느냐, 미국에 세워질 일이 아니다라고 주장하는 거죠.

그런데 그에 대해서 사실 글렌데일 시의원들이 굉장히 피해자들 입장에서 인권 옹호를 하는 그런 발언들을 많이 하셨어요.

그래서 그런 사실을 지켜보면서 김복동 할머니가 굉장히 감명을 받았고요.

특별히 어떻게 역사를 모르는 것을 그렇게 부끄러워하지 않고 미국 시민들이 자율적으로 역사를 이해하겠다는 기억하겠다라는 이런 행동들에 대해서 그렇게 말도 안 되는 반대를 할 수 있느냐라는 오히려 일본의 역사인식에 몰역사에 대한 그런 비판과 규탄이 높았던 그 의회였다라고 지역에 있는 한인들이 저희들에게 전해 주셨습니다.

[앵커]

그런데 일본의 반대를 하는 행동들이 미국 글렌데일시 의회뿐 아니라 정대협 사무실에도 많은 전화가 왔었다면서요?

[인터뷰]

저희 수요일마다 전화오는 것은 그냥 평상시처럼 하는 일이고요.

전화를 해서 한국을 우리는 증오한다라는 말을 하기도 하고 또 어떨 때는 다 아시다시피 이렇게 박물관에다 독도는 일본땅이라는 팻말을 꽂아놓고 가기도 하고요.

그리고 어떤 때는 그냥 하얀 종이에 팩스로 너희들이 일본에 오는 순간 목숨을 각오하라는 그런 항의문이 오기도 하고 제가 실제로 일본에 집회를 가게 되면 바로 앞에서 위안부는 단지 그런 매춘부일 뿐이었다는 발언들을 하면서 피해자들을 향해서 손가락질하고 욕설을 해요.

그러니까 그게 지금 일본과 위안부 피해자드리마주서 있는 현장입니다.

그러니까 피해자들이 지금 어떤 제2, 제3의 그런 가해를 당하고 있는지 여실히 드러내주고 있다고 보죠.

[앵커]

싱가포르에도 이 소녀상을 세우려다가 민감하게 반응하고 있다고 봐야겠죠?

[인터뷰]

참 안타까운 일인데요.

독일에 대해서 너희들 잘못하고 있다, 나쁜 사람들이다라고 하고 있나요.

그건 독일이 과거 잘못했던 역사에 대해서 인정하고 사죄하고 지금도 총리가 되면 늘 그런 과거 역사에 대한 잘못으로 시작하잖아요.

그런데 일본도 그렇게 한다면 참 사이좋은 관계가 될 수 있는데 그들이 하는 행동이라는 것은 역사를 막으려고 하는 아까 처음에 말씀하셨듯이 고노담화를 인정하는 것 자체가 마치 자학적인 것처럼 그렇게 국민들에게 비치니까 역사가 거꾸로가고 또 관계는 평화를 위협하는 그런 분위기로 몰아가고 그러는 거죠.

[앵커]

어쨌든 미국 글렌데일시에 세워진 평화의 소녀상이 국외에 세워진 첫 위안부상 아니겠습니까?

더 의미가 있을 텐데 현지 반응은어떻던가요?

[인터뷰]

그날 사실 한인들 중심으로 참석할 줄 알았어요.

그런데 당일 저녁에 미국의 주요TV 방송에서 다 보도를 했습니다.

그러니까 그건 그만큼 그동안 미국사회 기림비가 세워진 건 다 아시죠?

그런데 이번에 평화비가 세워졌잖아요.

그 평화비가 세워졌다는 것 자체는 그냥 어떤 추모하는 의미를 넘어서서 할머니들의, 일본군 위안부들의 역사가 옮겨진 거잖아요.

13세에 끌려갔을때그때부터 그리고 할머니가 된 지금까지의 모습이 담겨있는 것이기 때문에 미국현지의 보도도 뜨거웠고요.

글렌데일시의 시민들이 정말 많이 참석을 했었어요.

그리고 그 평화비가 세워진 장소도 글렌데일시 중앙도서관 앞에 공원이에요.

너무나 햇볕도 잘 들고 정말 좋은 곳이었어요.

그런데 더 반가운 건 평화비가 세워지자마자 그날 저녁부터 시민들이 찾아들기 시작하고 특히 한인동포들이 아이들을 데리고 가서 교육시키기도 하고요.

그러니까 일본 대사관 앞에 있는 평화비처럼 또 다른 기적을 만드는, 희망을 만들어내는 그러한 장소로 벌써 활용되고 있는 것 같습니다.

[앵커]

일본 정부는 굉장히 민감하게 반응하고 있습니다.

고노담화까지 재검토해야 되는 거 아니냐, 이런 얘기까지 나오고 있는데 어떻게 보십니까?

[인터뷰]

사실은 그렇게 일본 정부가 역사를 부인하려고 하고 세계적으로 위안부 문제에 대한 국제여론을 막으려고 할수록 오히려 그들의 부끄러운 과거게 역사가 세계로 퍼져나가는 것 뿐만 아니고 그런 역사인식을 하고 있는 일본 국민조차 굉장히 부끄럽게 만드는 일이라는 것을 알아야 한다고 생각해요.

지금부터라도 솔직히 인정하고 사죄하고 책임질 것 다 책임지면서 배상하는 것, 그게 일본이 해야 될 일이라고 생각됩니다.

[앵커]

앞으로 평화의 소녀상 해외건립과 관련해서 계획이 어떻게 되는지요?

[인터뷰]

일본군 위안부 문제를 기억하는 곳, 그리고 아직도 전쟁이 계속되고 있는 곳 그런 지역에 계속해서 평화비를 건립하는 운동을 계속하려고 합니다.

우선 캐나다라든가 유럽지역이라든가 뿐만 아니라 여성들이 끌려갔던 곳 싱가폴은 아직 못했지만 여성들이 끌려갔던 아시아태평양 지역 이런 여러 지역에도 평화비를 계속해서 세우려고 하는 그런 활동이 지금 추진중에 있습니다.

[앵커]

지금까지 한국정신대대책협의회 윤미향 대표와 이야기 나눠보았습니다.

10 件のコメント:

  1. 挺対協自体が、韓国の言論弾圧の団体。被害者面しつつ、アジア女性基金を受け取った元慰安婦を社会的に抹殺し、慰安婦利権の元締めとなっている。

    返信削除
    返信
    1. あの団体は、多くの人を不幸にしたと思います。

      削除
  2. 在米日本人2013年8月11日 13:18

    挺対協のいう米国社会は票の欲しい議員と在米韓国人だけで
    一般市民は在米韓国人の異常な行動を白い目?で見ています。
    前にも書いたのですが 事実がどうのこうのより、
    アメリカは移民の国であり アジア人の中でこういう行動をすると、
    とても目立ちます。在米韓国人は孤立していくでしょう。
    最近 在米日本人の方達も知り、あるサイトで話し合っています。
    20年も続いていたなんて誰も知らなかったと思います。
    橋下氏の発言から、今回のグレンデール市に石碑が建ったことで
    皆 目覚め?ました。日本でもかなりの方達が知ったようで、
    嫌韓がますます増えていき、挺対協のしていることは 韓国に大きなダメージを
    与えると思います。
    渡辺氏のグループの中に日本人の名前がありましたが
    父親が北朝鮮出身とかの方がいました。
    そういう方が大学の講師であることが問題ですが
    ここまで慰安婦問題が大きくなったので、
    洗脳される人達も減るのではと思います。

    返信削除
    返信
    1. >20年も続いていたなんて誰も知らなかったと思います。

      この騒ぎは90年代から続いており、特に2007年に米国に飛び火した時は、少なくとも日本のネチズンは相当嫌な思いをしたわけですが、日系米国人は最近まで知らなかったという事ですから、今現在ショックを受けているであろう事は想像できます。

      >ここまで慰安婦問題が大きくなったので、洗脳される人達も減るのではと思います。

      膨れ上がったバブルは萎む運命です。

      削除
  3. ユン・ミヒャン様へ( To ユン・ミヒャン )


    True patriotism hates injustice in its own land
    more than anywhere else.
    - Clarence Darrow -



    返信削除
    返信
    1. 彼女のは歪んだナショナリズムの典型ですね。

      削除
  4. あら、こちらの記事の冒頭の画像を見たら
    なんと微笑ましいことでしょうどなたかと思いきやユン・ミヒャンさん、
    来日中でしたかね。呉さんを拒否る韓国のように扱わない日本は
    なんて優しい国でしょう。

    ユン・ミヒャン 「日本は政府が異常者を育てる右翼社会」http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2012/08/blog-post_3.html
    >反日思想が存在するのも事実であり、その代表格が挺対協だ。
    >そしてこの挺対協のリーダーによるあまりに勝手な理屈。
    >ユン・ミヒャンは完全なジャパン・ヘイターである。

    >ユン・ミヒャンによると、慰安婦像に「竹島の杭」を括りつけたのは
    >異常な人間で、そういった「異常な国民」を日本政府は
    >戦後67年間育んできたらしい。
      ↑ 
    この頃のミヒャンさんのこわばった激しい表情と比べると
    まるで別人ですねw
    http://hazama.iza.ne.jp/blog/entry/1749844/の
    画像のように元慰安婦のおばあちゃんと連れ立って世界を周り
    >ドイツのように素直に謝れば良い関係になれるのに、
    >日本にはそれが出来ないと、ユン・ミヒャン。
    >最近少々幸せ(?)太り気味のユンさんの画像
    を見たら満面の笑みで俺自身も(・∀・)ニヤニヤしちゃうくらい
    この方、幸せそうですね。日本を侮辱してさぞ幸福の絶頂でしょう。
    日本はこの韓国人にまた一つ幸せをプレゼントしたのですね。
    日本人のこういうアンチの人さえ包み込む器の大きさがあると
    この方は理解できるでしょうか?
      ・・・とまあ、おもいっきりの嫌味で失礼しました。
    >日本政府が100名を反対派として送り込んだという話
    そんな話を彼女は韓国でしているんですかね?

    お盆休みだし、墓参りもあるしもうすぐ終戦記念日ですね。

    返信削除
  5. >幸福の絶頂でしょう。

    文字通り、今がピークだと思います。

    >>日本政府が100名を反対派として送り込んだという話
    >そんな話を彼女は韓国でしているんですかね?

    翻訳ミスでない限り、彼女はテレビのインタビューでそう答えてますね。

    返信削除
  6.  今、日本人は本気で「激おこ」状態だという認識は、このブタ姫様にはないようですね。古来、日本人は敵意を抱いた相手には呵責のない態度で臨み、虎視眈々と復讐の機会を伺います。
     鮮人は超えてはならない一線を踏み越えた。奴らには思いっきり痛い目に会ってもらいましょう。

    返信削除
    返信
    1. 彼女が来日するとたくさんの支援者が集まりますので、日本の現状について多少鈍感になっている部分もあるかもしれませんね。

      削除