2013/08/05

産経の「性奴隷でない」は反論として有効か?

「強制性の有無」「性奴隷か否か」そういった議論に付き合う必要はない

保守系には迂闊な議論が多い。これが国際社会に誤解を与え、反日勢力を喜ばせている。こういう人たちは簡単に相手の土俵に乗る。一方、彼らの敵は論点をすり替え自分の土俵に引き込もうとする。そして多くの場合それに成功している。

勝算が乏しい軍隊は自分に有利な地形に相手を引き込もうとする。強制連行(徴用)の有無を巡る議論が戦時中ならどこにでも見られた「強制性」の有無に話をすり替えられたのも、敗色濃厚な側が議論の土俵を変えようとしたに過ぎない。英語ではゴールポストを動かすという言い方がある。話を逸らそうとする相手には、誤魔化すなと一喝するだけでいいのに、ノコノコ相手のペースにはまる粗忽者が今も後を絶たない。

日本を貶めるために「性奴隷(sex slave)」という言葉が使われているのも事実だが、当時の公娼と同じだから性奴隷ではないと言うのは、またも相手のペースに乗せられた議論である。なぜ自分たちの事は棚に上げ日本にだけこうした毒々しい言葉を使うのかと言い返せばいいのに。

慰安婦にも義務教育にも「強制性」はある。当時の公娼も慰安婦も性奴隷(sex slave)と呼ぼうと思えば呼べる。Sex slaveという言葉は、かなり広い意味で使われるのである。性奴隷という言葉に拘ることで、またしても泥沼に嵌るのではないか?産経新聞にはもう少し緻密な理論を期待したい(橋下大阪市長も性奴隷という言葉に拘っている)。

河野談話20年 偽りの見解を検証し正せ 慰安婦は「性奴隷」ではない

いわゆる「従軍慰安婦」の強制連行を認めた河野洋平官房長官談話の発表から20年たった。この間、事実誤認が明らかになり、強制連行説は破綻した。しかし、談話は見直されないまま存続し、今も日本の近隣外交を縛り、教育現場に深い傷痕を残している。

安倍晋三政権は、早急に河野談話を検証するとともに見直しに着手すべきだ。

河野談話は宮沢喜一内閣が退陣し、細川護煕氏が首班の非自民6党連立政権が発足する直前、平成5年8月4日に出された。

◆「強制連行」裏付けなし

談話は「従軍慰安婦」という戦後の造語を使い、その募集について「官憲等が直接これに加担したこともあった」と日本の軍や警察による強制連行を認める内容だった。河野氏も会見で「強制連行」があったと明言した。

しかし、それまで宮沢内閣が約1年半かけて内外で集めた二百数十点に及ぶ公式文書に、強制連行を裏付ける資料は1点もない。

根拠とされたのは唯一、発表の直前、日本政府がソウルで行った韓国人元慰安婦16人からの聞き取り調査だけだった。証言の信憑(しんぴょう)性の調査も行われていない。

この事実は後に、河野談話にかかわった石原信雄元官房副長官の証言で明らかになった。

にもかかわらず、歴代内閣は河野談話の検証を怠り、放置した。河野氏が強制連行を認めるもとになった韓国人元慰安婦の「証言」なるものも、国民には知らされていない。河野談話に基づく慰安婦強制連行説が、今なお国際社会で独り歩きしている。

5月末、国連拷問禁止委員会が慰安婦を「日本軍の性奴隷」と表記し、元慰安婦への補償と関係者の処罰を求める勧告を出したことにも違和感を禁じ得ない。

「性奴隷」は、慰安婦が奴隷狩りのような手段で集められた印象を与える。欧米の多くのメディアが、この言葉を意図的に使っているとしたら問題だ。

戦時中、山口県労務報国会下関支部動員部長だったという人物が「自ら韓国の済州島で慰安婦狩りを行った」と述べ、国連人権委員会の報告に取り上げられたが、現代史家の済州島での現地調査で、「告白」は嘘と分かった。

戦地慰安所の生活条件は、当時の遊郭とほとんど変わらなかったことが、学問的にも確かめられている。慰安婦は決して「性奴隷」ではない。不当な日本非難に、きちんと反論してこなかった外務省の責任も重い。

慰安婦問題は、知日派といわれる外国の人たちにも十分に理解されていない面がある。

シーファー前駐日米大使は5月にワシントンで開かれた日米関係に関するシンポジウムで、安倍政権の閣僚の靖国神社参拝には「(戦没者に)敬意を表したいという感情は理解できる」と述べる一方、河野談話の見直しは「米国における日本の利益を大きく害することになる」と指摘した。

◆知日派にも誤解広がる

アーミテージ元米国務副長官ら超党派の外交・安全保障専門家グループも昨夏、「日本は韓国との歴史問題に正面から取り組むべきだ」と忠告した。

安倍首相は、菅義偉官房長官の下で有識者から意見を聴く考えを表明している。石破茂自民党幹事長も、テレビ討論番組で「慰安婦問題、侵略の問題は検証していくことが必要だ」と語っている。

ただ、日本維新の会共同代表、橋下徹大阪市長の慰安婦問題に絡む「風俗業活用」発言などが国際社会でも批判されたことは、記憶に新しい。慎重に手順を踏んで検証作業を進めてほしい。国会も、河野氏や石原氏らを招致して、直接経緯を聞く必要がある。

第1次安倍内閣は19年、「政府が発見した資料には、軍や官憲による強制連行を直接示す記述はない」との答弁書を閣議決定した。これは現時点での日本政府の共通認識として、在外公館が繰り返し発信していかねばならない。

河野談話は、教育現場にも計り知れない悪影響を与えた。

多くの教科書に慰安婦をめぐる自虐的記述が登場している。「新しい歴史教科書をつくる会」の発足などで、極端な記述は減る傾向にあるが、十分とはいえない。

日本の未来を担う子供たちに間違った不名誉な歴史を伝えないためにも、河野談話の誤りは正す必要がある。

産経 2013.8.4

20 件のコメント:

  1. 事情をほとんど知らない素人がが、思い付き程度のことをコメントするのはどうかと思いましたが、、、、

    まず手始めに、NYTなどの性奴隷という言葉を使用したことのある米国の新聞社に対して、産経が「性奴隷という言葉の定義、また性奴隷と公娼の相違点をどう捉えているか」などといった公開質問状を出すという手はいかがでしょうか。( PN 竹千代 )

                          

    返信削除
    返信
    1. それだけの度胸が日本の新聞にありますでしょうか?

      削除
  2. 最初の匿名さん、「素人」と謙遜されてますが、定義の問題はまさに穿った見方です。
    (「穿つ」の間違った意味に注意して下さい。)

    下記の議論の方向性は、おそらく今まであまり検討されてこなかったようですが(また、されても、おそらく心情的な面からあまり支持されないと思いますが)、「思考の体操」として検討価値はあるように思います。

    アメリカ合衆国憲法修正第13条はいわゆる奴隷の禁止を謳っています。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Thirteenth_Amendment_to_the_United_States_Constitution
    http://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国憲法修正第13条
    (日本語版は英語版のほぼ直訳なので、分かりづらいです。)
    この修正の文言は、これが成立された歴史的背景を考慮しないと、結構広く解釈できます。具体的に言うと、徴兵が「奴隷」に当たるのではないかという裁判がアメリカで過去に起こされています。
    結果を言うと、「当たらない」という判決でした。

    彼らが「従軍」慰安婦として、あくまで軍の直接的な管理下にあったとするなら、それはアメリカの判例で解釈すると奴隷には当たらないことになります。
    (例えば、徴兵(強制)されて軍の食料係になった場合と慰安婦になった場合を区別するならかなりアクロバチックな法解釈をしなければなりません、心情的にどうあれ。)

    しかし、実際は「追軍」と表記した方が当時の実情に近いものであったことは広く知られています。では、畑や工場で働いていた女子が所謂慰安婦なった過程は「奴隷」と呼べるのか(ちなみに、アメリカのような歴史の重荷を背負っていなかった大日本帝国憲法には「奴隷」というものを扱った項目はありません)、もしそうなら直接的に「奴隷」売買に関わった人達は
    誰なのか(この辺りの議論は既出ですが)、こういった法的解釈に訴える方が、産経の「印象」論より方向性としては明快です。

    返信削除
    返信
    1. 実は、上のリンク先にも書いてありますが、修正第13条には続きがありまして、2000年代に入ってから、性産業における人身売買と結びつける動きがあります。これは、国連のアンジェリーナ・ジョリーとか、アメリカ国務省から発表される「人身取引年次報告書」等と同じ流れの動きだと理解しています。

      この動きを受けた団体が日本国内にもあり、2012/06/21付けのブログ記事で引用されているポラリスプロジェクトジャパンというものです。
      http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2012/06/blog-post_222.html

      この団体は、最近も自民党が発案して話題になっている規制について、以前から怪しい点を指摘されている団体だったりします。
      http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1782.html

      あまり「陰謀論」的なことに走るのは建設的ではないのかもしれませんが、実は、慰安婦問題の総元締めは、日本に近い目に見える国ではなく、直接的には目立たないけど過去に直接戦ったことのある、やっぱりあの国だったということもあるかもしれません。

      削除
    2. 奴隷というものがどういうものか、一番分かっているのはアメリカ自身であるはずです。

      >この動きを受けた団体が日本国内にもあり

      こういった団体も慰安婦問題に食い込んで来る可能性はありますね。

      削除
    3. >こういった法的解釈に訴える方が、産経の「印象」論より方向性としては明快です。

      そういった緻密な論理に基づいて反論するならいいんですけどね。

      削除
  3. この記事の方が遥かに正直でフェアじゃないですか。(おそらく、もう既に皆さん知ってるんでしょうが、僕は初めて目にしました。)

    http://www.nj.com/bergen/index.ssf/2013/04/critics_cause_fort_lee_to_reconsider_monument_honoring_korean_wwii_prostitutes.html



    Brittany Levineサンとは違って脳みそが洗われていません、いや影響を受けていません。


    返信削除
    返信
    1. もともと米国は国民運動として慰安婦問題で日本を叩いているわけではありませんから、上手く説明すれば理解してくれる人も出てくるはずです。

      削除
  4. サラダボウル:少女像への国際的視線=堀山明子

    http://mainichi.jp/opinion/news/20130805k0000e070160000c.html

    >米国は軍隊内の性暴力撲滅運動の真っ最中。「日本だけが悪い」とはだれも言っていない。むしろユダヤ系、アルメニア系、性暴力に悩む女性が時空や経緯を超え、それぞれ身近な事件と絡め、元慰安婦の痛みに共鳴しているというのが今の構図だ。被害者の傷と向き合う普遍的な言葉でなければ、米社会では届かないだろう。

    「女性への性に関する人権侵害」、この認識を取り込みながら日本の誤解を解くような言説はないのであろうか?

    「いつか、誰かが」と信じてやまない。。。

    返信削除
    返信
    1. 現地の日系人が興奮してしまうのも分かるんですけどね。

      >「いつか、誰かが」と信じてやまない。。。

      大丈夫ですよ。

      削除
    2. この問題の本質は韓国の反日政治団体のSmear Campaignだと思いますが、彼らはその優れた外交センスで、[女性の性に関する人権侵害」という錦旗をしっかり握っています。

      自民党や橋本市長のような家父長的男性優位論者が、「日本人の名誉」の観点から、国際社会に反論したことは、外交センスゼロで、錦旗の奪還には全く逆効果だったと思います。

      日本の国内も、[女性の性に関する人権侵害」を幅広く認めた河野談話を擁護する人たちと、「日本の名誉を棄損した」として河野談話の見直し・破棄を求める人たちに分かれますが、後者が表に出てワーワー言ってくれるのは、韓国の反日政治団体にとっては、ますます世界のシンパが増えて、勿怪の幸いなのではないでしょうか。

      穿ち過ぎかもしれませんが、河野談話の見直しこそ、彼らが待っていることかもしれません。

      日本は河野談話を堅守しつつ、この談話の真意を説明しながら、この問題が韓国の日本に対するSmear Campaign、ヘイトクライムだということを世界に明らかにしてべきだと思いますが、このブログ主でも河野談話の見直しを唱えているくらいなので、当面、この状況は変わらないと思います。


      削除
    3. republicさん

      私は河野談話の撤回は唱えていませんよ。河野談話が撤回されるとなれば、これをジャパン・バッシャー達は最大限に利用してくるでしょう。撤回は政治的コストが高すぎるので、安倍政権も考えていないと思います。

      ただ、河野談話が「慰安婦問題=ホロコーストにも匹敵する戦争犯罪」言説の拠り所になっているのも事実です。これを「[女性の性に関する人権侵害」を幅広く認めた」ものに過ぎないと言えば、恣意的解釈としてかえって反発を呼ぶ可能性もあります。

      河野氏本人が談話の趣旨を国際社会に向けて丁寧に説明する事が唯一の希望ですが、彼にその気はないようです。ですから、私は河野談話は上書きする事によって無効化させるしかないと思っています。具体的に言えば、日本政府が何を認め何を否定するのか、何について謝ったのかを明確にする丁寧な新談話を発表するか、政府の責任において徹底した調査報告書を作成し、国際共通語で公表することです。

      削除
    4. 私はブログ主がこうの談話の撤回を唱えているとは書いていません。

      「上書きをして無効化させる」は見直しではないんでしょうか。

      そしてその無効化の努力も今の情勢では非常に危険なチャレンジですが、丁寧に説明するのは非常に大事です。但しその丁寧な説明も、河野談話を良きものとして評価した上で、その良きものを韓国のSmearer達はこんな風に捻じ曲げていると説明するのと、そもそもこれはおかしいが、....とするのでは天と地ほどの違いがあると思います。

      最初のコメは読売新聞も河野談話の見直しを唱えているくらいなので、、、、と書くべきでした。読売ですら、この程度の国際感覚ですから、この問題があるべき姿に落ち着くには、まだまだ時間がかかりそうです。




      削除
    5. >河野談話を良きものとして評価した上で、その良きものを韓国のSmearer達はこんな風に捻じ曲げていると説明する

      確かに、日本側からそういった丁寧な説明はないですね。

      >「上書きをして無効化させる」は見直しではないんでしょうか。

      例えば、1960年代に100m10秒の壁が破られました。この時の記録(9秒95)は今では塗り替えられていますが、決して否定されたわけではなく、歴史的な記録として価値を失っていません。河野談話もそうあるべきだと思います。

      削除
    6. 新しい史実の発見や価値観の変化に伴って、見直しがなされるは当然ですが、女性の人権について時代を先取りした河野談話を10秒00とすると、今の見直し論の主流は20世紀の前半の価値観で、タイムで言うと10秒30くらいでしょう。

      記録を塗り替えるという論理は無理があると思います。

      ブログ主自身は時代を先取りした価値観の持ち主だと思いますが、乱暴な見直し論者に対して非常に寛容で、河野談話擁護論者に対して手厳しい、そのギャップが私には不可解です。

      削除
    7. >タイムで言うと10秒30くらいでしょう。

      実際に草案が出てきた段階で、私の評価を表明したいと思います。

      削除
  5. この慰安婦像がアメリカで大きく取り上げられたことで
    多くの人たち(僕を含めて)の目がそこへ行った、 
    と同時にこれは日本に対する ”Smear Campaign” を暴露し
    世界に知らしめる機会ができたという意味において
    (なにせ今はYouTubeがあるんですから)、 
    いままで身動きが出来なかった状況に大きな風穴が開いたと感じます。

    返信削除
    返信
    1. ”Smear Campaign”であることは、他ならぬこの像の碑文が証明してしまっています。そういう意味で、この碑が設置され、注目されたことは、日本人にとっても「成果」と言えるかもしれません。反日側のオウンゴールではありますが。

      削除
  6. 彼らの敵は論点をすり替え自分の土俵に引き込もうとする。
    そして多くの場合それに成功している。

    ええ、ほんとそうですね。そういえば小泉元首相は国会答弁で
    きわどい質問をされると、上手にそらした答弁で相手を腰砕けにさせる
    天才でした。運動家の村田さんもその点は指摘されていて
    なるほどとおもいました。

    【村田春樹】VAWW RAC「従軍慰安婦」プロパガンダの実態
    [桜H25/8/5]
    http://youtu.be/h77spz_J6b4?t=3m14s

    返信削除
    返信
    1. 安倍さんは、小泉さんに比べて真面目なんですね。人間としては嫌いなタイプではないのですが・・・。

      削除