2013/08/09

イ・オクソン今度はドイツへ


米国の慰安婦碑を訪れる(先月)

発言の揺れが気になるイ・オクソン。ヨーロッパにおける慰安婦騒動の橋頭堡ドイツへ。「『心臓も肝臓も悪いんです。死ぬ前に(日本から)謝罪を受けなければならないんです』・・・彼女は昨年心臓の手術をし、時間が残されていないと気に病んでいると言う」、と報じられてから2年半。先月もアメリカで「15歳のとき、近所を歩いていたら日本軍に無理やり連行された」と証言して来たばかり

元慰安婦が日独訪問へ ベルリンや東京で証言

旧日本軍従軍慰安婦の悲惨な状況を国際社会に訴えるため、80代の元慰安婦らがドイツと日本を訪れる。

元慰安婦が共同生活を送る「ナヌムの家」(京畿道・広州)によると、元慰安婦の李玉善(イ・オクソン)さんは先月に訪米して自らの体験を語ったのに続き、今月28日から来月10日にかけ在独韓国人女性団体の招きでドイツを訪問する。ベルリンなどの主要都市をめぐり、旧日本軍による慰安婦強制動員の蛮行を人々に伝える計画だ。

また、李さんは同じく元慰安婦の姜日出(カン・イルチュル)さんと共に、日本の人権・女性団体の招きで来月12~17日に北海道、23~30日に大阪と東京を相次ぎ訪問する。日本の「右翼政治家」らが慰安婦の強制動員を否定する「妄言」を強めているなか、現地での証言はいつも以上に関心を集める見通しだ。

「ナヌムの家」の安新権(アン・シングォン)所長は、日本が元慰安婦に対する責任を否定し、歴史さえもゆがめていると批判し、生きているうちに世界のより多くの人々に慰安婦の惨状を伝えたいと、元慰安婦らが高齢を押してつらい長旅に出ていると述べた。

14 件のコメント:

  1. >元慰安婦らが高齢を押してつらい長旅に出ていると述べた。

    どう見ても世界中観光してまわっている元気な年寄りにしか見えん。生活も国が面倒みてくれるから何の心配もない。

    アジア女性基金受け取った人たちはどうしているのだろうか?

    返信削除
    返信
    1. 私の考えでは、挺対協はお婆さんの嫌がることは絶対にしないはずです。本人たちにその気があるから、こうしたツアーをやっているのでしょう。

      >アジア女性基金受け取った人たちはどうしているのだろうか?

      ひっそりと生きています。実は日本のNGOを通じ日本政府が援助していますが、これは公表しないことになっています。

      削除
  2. 在米日本人2013年8月10日 15:12

    ドイツでは嫌がられるでしょうね。
    戦争のことをいうと、、何か起こるかも。
    ドイツの方達の気持ちなんて 韓国人には理解できないでしょうね。

    歳をとるとその人の人生が顔にでる、、
    今まで3人のおばあさんの顔を見ましたが、
    なるほど、、と思いました。
    「プライド」、「恥」という言葉が韓国にはないのでしょうか?
    同じ女として理解できません。
    アジア女性基金を受け取った方達は きっと少しは恥を知っていたのかも、、
    そして このお婆さん達の行動をどう思っているのか、、知りたいです。

    返信削除
    返信
    1. アジア女性基金を受け取った元慰安婦の一人は、自称慰安婦の8割が偽者だと言っていたそうです。8割というのは大袈裟かもしれませんが、慰安婦の「ウソ・ホント」を一番よく知っているのは慰安婦自身なのでしょうね。

      削除
  3. 自称元慰安婦のなかで証言が問題になるのは李容洙(イ・ヨンス)ただ一人で、李玉善(イ・オクソン)は問題外ではないですかねえ。

    NYのホロコーストセンターを訪れた李容洙と李玉善の二人のうち、どちらを先に過去の証言集めをするべきか優先順を決めることにしたのですが、李玉善は死ねば問題外、李容洙は、もしかすると問題、と判定しました。

    その理由は証言が掲載されている書籍・文献の証拠能力です。例えば、「ナヌムの家」のHPに掲載されたからって、そんなもの、そのまま信じる必要性はどこにもないのです。本人がこう言っている(あるいは言っていた)という伝聞情報にすぎない。

    李容洙の場合は、米下院の公聴会で証言して、それが公式記録として将来も残るから、後刻それが第三者によって「強制性」の証拠として取り上げられる可能性もあるし、93年ぐらいに発行された証言集にも発言が載っているから、ちょっと危ないと思ったのです。

    で、李容洙を優先して資料を集めて英文でまとめたのが下記のページです。
    http://www.howitzer.jp/korea/page06.html

    結果としては、李容洙の証言は発言のたびに違うし、米下院の公聴会でも事前に文書で出したものと公聴会で発言した内容が食い違うというテイタラクで、更に、この直後に来日して参議院で発言した内容とも喰い違うという、全く箸にも棒にもかからないという有様でしたが。

    ちなみに、米下院の公聴会で証言したもう一人の朝鮮人元慰安婦は金君子(キム・ヨンジャ)でしたが、日本軍による連行の関与の様子がないので、こちらも問題外でしたな。マイク・ホンダも本人が弁護士だけに元慰安婦の証言の側から「日本軍による強制連行」を主張するのは無理と判断したのでしょう、「強制連行」の証拠としては河野談話を取り上げているだけです。

    で、李玉善(イ・オクソン)ですが、白昼堂々、誰にもとがめられずに二人の男に連行されるというのはどうしても無理があるし、連行者が朝鮮人二人だったり、片方が日本人だったり、「日本軍」だったりしているわけで、まあ、このオババの証言をもって日本軍による強制連行を主張することは無理ですな。更に、掲載されている書籍が「日本は悪い奴らニダ」系のものばかりで、こんなものを引っ張り出してきて「強制連行」を喚いたところで誰も相手にはしない。最悪の場合でも、編集者の身元を洗い出せば胡散臭い過去が出てくるから、それで対抗できる。

    仮に李玉善が裁判を起こして訴状のなかに証言を残せば、それは強い証拠能力を持つけれども、今のところ、その様子はない。

    韓国の運動団体が「生き証人プロジェクト」を立ち上げて、生存中の元慰安婦の証言を記録に残す可能性は危惧されるけれども、その場合は何を言ってきても「老人性痴呆による妄想」で片付ければいい。実際、「痴呆による妄想」を打ち消して主張できるだけの材料があれば、これまでに出してきているはずであって、すべての元慰安婦の死後に隠しダマが出てくる(または出せる)可能性は、ほぼ、ないといっていい。

    結局のところ、元慰安婦の証言の側から「日本軍による強制連行」を主張するのは、もう無理なのですよね。最近出版されたSarah SohのThe Comfort Womenが新たな「強制連行」の証拠を含んでいたら、それが第三者によって新たな材料に使われるかもしれないと思って読んでいるのですが、目下のところ、むしろ、反対のことばかり書いてある。「貧しさゆえに親が娘を期間限定の売春に出していた」とかね。まだ導入部分しか読めていないけれども、この本は「日本軍による強制連行」の主張の材料には使えないですな。

    つづまるところ、「日本軍による強制連行」を主張できる根拠としては事実上、河野談話を残すのみ、と考えていいと思います。河野談話以外に何を根拠にされても、どれも説得力に乏しくて、逆に対抗できる主張が何かしらできる。

    だからこそ、日本を悪者にしたい奴らは河野談話を維持しろ、変えるな、とやっきになっている、ということでしょう。

    返信削除
  4. 但し、それでも将来に禍根を残さないためには、「ナヌムの家」の老婆たちの一人一人につてプロファイリングをしておき、死ねば騒ぎが終わるタイプと、死んでも証言が問題になりそうなタイプに分類しておく必要性はあると思いますので、これはいつか整理しておきたいと思っています。

    それから、河野談話ですけれども、ある筋から今年の冬頃に証人喚問をやりそうだという話しを聞いています。この「筋」がどういうものかは明かせないし、本当にやるかどうかも未確定なのですが、まあ、朗報と言っていいでしょう。

    返信削除
  5. ええ、国会の証人喚問です。いきなり河野談話の白紙撤回をするよりも、どうして強制連行を認める談話にしたのか?どのようなケースを強制連行と想定したのか?という疑問を呈する段階を置くほうがいいだろう、ということでした。

    返信削除
    返信
    1. なるほど。ご丁寧にありがとうございました。

      削除
  6. 昨日は、李玉善(イ・オクソン)のプロファイリングのための資料漁りをしました。「ナヌムの家歴史館ハンドブック」という2002年7月発行の本には「1942年7月中旬の夕刻、使いに出された際に、朝鮮人男性2名につかまり・・・」とはっきり書いてありますね。

    イ・オクソンについて書かれた記事が世に出るのはこれが初出で、これ以降、「証言 未来への記憶 アジア慰安婦証言集I」(06年 明石書店)その他の本や新聞記事があるけれども、それらはもう全く無意味。初出の記事で日本軍による強制連行は完全否定されているから。

    証言の記事の時代が下ると、「朝鮮人男性2名」に「日本人」が加わったり、2名の片方が日本人だったり「日本人の関与」を入れるのはイ・ヨンスと同じで、このオババを躍らせている団体があって、オババは団体を喜ばせるために、行った先が屠殺場だったとか、あーだ、こーだと喚いているのでしょう。

    ただ、もう後の祭り。イ・オクソンの死後に、どれだけでっちあげ記事を書こうという奴らが出ても、冒頭紹介の記述から大きく離れた連行ストーリーは主張できないでしょう。

    親も、売られた先の飲み屋夫婦も、連行していった連中も朝鮮人。イ・オクソンは2度も売られた挙句に慰安所に放り込まれたわけだ。慰安所で刀で斬られたとか、これは作り話でしょう。斬られて痛がっている女を抱く奴はいない。

    で、ナヌムの家の他のオババも、日本人または朝鮮人が甘言で騙しているケースはあっても、強制連行を窺わせる例はないから、結局のところ、日本軍の強制連行で連れていかれた女は「誰もいなくなった」ことになる。

    返信削除
  7.  しかしまあ、この李玉善(イ・オクソン)というオババ、これでどうして日本政府に謝罪を求めることができるのか全く分かりませんね。

     結局、このオババは日韓の後代の若者たちの友好に後ろ足で砂を掛け、日本国と日本人に毒づきながら世を去るわけですよ。砂かけ婆あ、ですわな。こんな人間になりたくないですな。

    オババはNYのホロコーストセンターの他にペリセイデス・パークにも行って一席ぶっているから、「ナヌムの家歴史館ハンドブック」にあるオババが慰安所に行くまでの事情を英語に訳す意義はあるけれども、ちょっと面倒くさくなった。バカバカしすぎる。

    私は、とうぶん、Sara Sohの本の分析に集中します。

    返信削除
  8. 「ナヌムの家歴史館ハンドブック」の、イ・オクソンの連行にいたる事情についての当該部分を「バ韓国資料室」に加えました。ご関心のある向きは、下から開いてください。

    バ韓国資料室
    http//www.howitzer.jp/korea/page10.html

    返信削除
  9. 訂正

    URLが違っていました。page10.htmlではなく、page01.htmlです。

    バ韓国資料室
    http//www.howitzer.jp/korea/page01.html


    返信削除
    返信
    1. 貴重な資料集ですね。臼杵敬子氏の記事など興味深く読ませてもらいました。

      削除