2012/07/12

ニコンは全世界の写真家に謝罪せよ-- アン・セホン



「全世界の写真家に公開謝罪せよ!」本当にアン・セホン(安世鴻)はそこまで言ったのだろうか?

原文はハングルで書かれているから、日本の支援者(報道写真家から、政治運動家まで)が書いたものではなさそうだが。

自分は写真展が抗議で中止に追い込まれたことには一貫して批判的である。一番責められるべきは圧力に屈したニコンサロンである。政治活動を理由に途中で拒絶するぐらいなら、ニコンサロンは最初から規約に禁止事項として書いておくべきだ。もっとも、アンの写真展のサブタイトルは「第二次大戦中の日本による軍用性奴隷制度(Military Sexual Slavery by Japan During the Secound World War)」というおどろおどろしいもの。わざわざ日本に来て、このようなタイトルで展示会を開くというのは、なかなか挑発的である。

国民の知る権利を侵害したというのも理解に苦しむ。彼は日本人ではない。ニコンに対し補償を要求しているが、注目されたお陰で展覧会は大盛況だったらしい。

とにかく、この文面からはいい印象は受けない。日本のナショナリスト(実態はよくあるネットの炎上騒動ではなかったのか?)が展示会を一時中止に追い込み、アンとその支援者たちが慰安婦問題=「反日ナショナリズムの象徴(大沼保昭)」を掲げてニコンに謝罪を要求している。板挟みになったニコンはいい面の皮である(アンは世界中から同情を集めた)。ニコン側の弁護士を不道徳な人間と呼び、ニコンが観客の人権を侵害したとまで言う。世界に例のない出来事だなどと、イラク戦争を取材した綿井健陽(アンの支援者の一人)はどんな気持ちで、こんな法螺話を聞いているのだろうか。

ソウルの日本大使館に突っ込んだトラック
日本の右翼を非難する韓国メディアだが、これは右翼ではないらしい

脅迫に負けて表現の自由を放棄することは許されない。多くの日本人はそう考えているだろう。日本の新聞もアンの側を支持している。そこで逆に提案。日本大使館に車で突っ込んだテロリストを非難する声明を出すべきではないか?容疑者は元慰安婦を侮辱(貞操を踏みにじる)した「日本人に懲らしめるためにした」と言ってる。日本の言論の自由に守られて、アンは写真展を開催できたのである。自分の国の言論の自由にも一言あっていいだろう。

2012年7月9日
株式会社ニコン
取締役社長兼社長執行役員 木村眞琴 様

抗議文

「重重‐中国に残された朝鮮人元日本軍「慰安婦」の女性たち」安世鴻写真展に対する貴社ニコンの不当な一方的中止通告と写真展妨害などの行動に抗議します。

写真展の準備及び進行において、この写真展に協力する写真家たちを無視した処置と展示進行の妨害に対する全てのニコンの行動は「写真文化向上」というにニコンの理念に反する行動であり、写真家と写真愛好家に大きな失望を与えた。

ニコンは裁判所の3度にわたる施設使用の「仮処分」の結果に従うのであるという理由と、施設の管理権限でもっていつでも写真展を中止する事が出来ると威嚇した

また、自ら選んだ審査員によって決定された写真展を中止・妨害する逸脱行為は、全世界を見ても探すことのできないものであり、写真家に過大な損害を残した。

仮処分手続きの進行と展示進行においてもニコンは不道徳な弁護士を雇い、写真展を妨げ写真家と観客の人権を侵害した。写真展の準備段階からニコンは弁護士をサロン内に常駐させ、写真家安世鴻の一挙一動を監視し、誰に会いどんな話をするのか、撮影・録音を行っていた。

さらには、安世鴻のサロン外の行動にまで干渉し、他者との会話を横で監視するなど、深刻な人権侵害を行った。また、老若男女を問わず全ての来場者に対し、鞄の中をチェックするなどの行為は深刻な人権侵害である。

ニコンは写真展開催初日から今日まで、報道関係者のサロン内での写真、ビデオ撮影を禁止するなど、取材活動を妨害し、国民の知る権利をも侵害した。また、安世鴻自身によるギャラリー内の写真撮影を禁じるなど、不可解な行動を行った。

写真展が行われている新宿エルタワービル内部で、この写真展を知らせる告知を掲示せず、ホームページでも通常の案内表記がなされないまま、写真展来場希望者に混乱を引き起こした。

写真展の基本となるパンフレットの配置において、その数と種類を制限し販売と配布を禁止するなど鑑賞者たちの知る権利と写真家に深刻な損害を与えた。

このような一連の一方的姿勢、対話拒否は一連の混乱と問題を引き起こし、写真家とその家族、周関係者の人々に多大な精神的被害と物質的被害を与え続けている。

ニコンはこれに対する責任をとり、反省すべきであり、以下の内容を履行する事を要求する。

1. ニコンは、安世鴻写真展開催に対する自らの説明・対応の過ちを認め、全世界の写真家たちに公開謝罪すること。

2. ニコンは、「表現の自由」を抑圧する行為を中止し、ニコンサロンで行われる写真展に対して同じような対応・行為をしないことを約束すること。

3. ニコンは、安世鴻の大阪アンコール写真展(9月13日~19日)が予定通り行われるよう積極的に協力すること。

4. ニコンは、一方的な写真展取り中止通告と妨害により生じた精神的、物理的被害を安世鴻に対して補償すること。

ニコンは、上記の項目を実践するとともに、「写真文化の向上」に向けて、誠実な対応をすることを望む。

2012.7.9.
安世鴻

5 件のコメント:

  1. 基本この手の活動に手を貸すと、しばしばかみつかれるといういい例だろう。
    世に最大の不幸は韓国人を隣人に持つことだ。

    返信削除
    返信
    1. イスラエルとアラブのように、歴史的にもっと不幸な関係ってあると思うのですが、なぜ日韓関係はここまで歪んでしまったのか。韓国側にも反省してもらわないといけませんね。

      削除
  2. 従軍慰安婦の問題が純粋に女性の人権にかかわる普遍的な問題として、史実・事実に基づいて議論されるなら、性奴隷と呼びたい人がいても容認できます。

    この問題は、日本を誹謗して民族的な自尊心を満たしたいという韓国の願望が作りだした政治運動であることは明らかなので、看過できないと思いますが、性奴隷か慰安婦かという呼称を巡ってやり合っても水掛け論で、完全否定が出来ない日本側の不利はまぬかれません。

    日本側は、軍と性の問題を普遍的な問題として議論する方向に国際社会を動かし、韓国も米国もドイツもフランスも、この問題の当事者であること、また時代背景・社会背景により、倫理的評価が大きく異なる問題であることを含めて、客観的に議論してもらうようにすべきだと思います。(これは狭間さんに啓発されて出てきた考えです。)

    これまで、この問題に関わってきた日本人は、どちらかというと国家国歌とか大好きな人達で「美しいい日本」の名誉のためと思って、それを貶める韓国に対抗してきたように見えますが、これまでの所を見る限り、国際世論作りでは韓国側に軍配が上がっています。

    日本はやり方を変えないとこの戦況は回復できないと思います。

    返信削除
    返信
    1. ednakano
      (IDがUnknownになっちゃうので自分で書きます)

      私も同感ですね。

      50年前ならまだしも、今は慰安婦が合法という事の説得力はないですね。感覚的なものですが、韓国にとって70年前の慰安婦の問題よりも、現在10万人とも言われる海外で売春に従事する韓国人女性の内、韓国マフィアによる組織売春の餌食になっている女性の救済を考えたほうが、本当の意味の建設的人権保護だと思います。

      とはいえ、アメリカ自体が、日本人を叩くことで国内のガス抜きを行う体質だし、アメリカのおかげで日本はやっとましになったが、信用はしていないというのが本音。
      韓国は、国内の不満を反日活動でガス抜きすることが日常化して、手段が目的になっている。
      最近は、中国のほうが韓国より交渉相手としてまともに思える。
      中国の反日活動も、ネットの普及以後、徐々に変ってきたと思えます。少なくとも災害救助での評価や、日本のサブカルチャーなどで、考え方が多様化しているような感じです。
      逆に韓国は反日の方向に収斂している感じですね。

      削除
    2. 韓国の市民団体も、最初から国際世論に訴えるのが上手だったわけではなく、国連人権委員会や各国の議会工作の中で何度も失敗して、経験を積んで今のようになったのだと思います。ですから、日本も失敗を糧にしないと・・・。

      削除