2012/07/14

もしも慰安婦は性奴隷だと言われたら・・・


外国人に慰安婦は性奴隷だと言われたら、自分ならメモワール・オブ・ゲイシャの冒頭シーンを見せる。

日本の少女は幼くして売られた
(メモワール・オブ・ゲイシャ)

韓国は官民を上げて日本軍慰安婦を性奴隷と呼び替えるキャンペーンを始めたようだ。日本海呼称問題と若干違うのは、朝鮮日報が「日本の罪状を直接的に伝える表現に変えるべきだ」と言っているように、これは対日ネガティブキャンペーンの一種なのだろう。

ヒラリー国務長官から言質を取ることに成功した韓国政府は、性奴隷を公式名称にしようと張り切っている。これはもともと挺対協の悲願だった。韓国挺身隊問題対策協議会は英語名をThe Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japanとしているが、自国語の表記では性奴隷という言葉を使えずにいる。中央日報が慰安婦という表現は元慰安婦の意見を反映して作った用語と書いているように、当の慰安婦たちが性奴隷と呼ばれることを嫌っているからである。

そこで、アメリカのお墨付きを得たことで、何とか慰安婦たちを説得しようとしているわけだが、例によって許可を下すのは挺対協に抱えられ、今や完全に挺対協の代弁者となった一部のハルモニということになるだろう(死んで行った多くの慰安婦たちの気持ちなど、政治運動の「大義」の為にはどうでもいいのだろう)。

しかし、これにムキになって反論するのは止めた方がいい。なぜなら・・・慰安婦は実際性奴隷だったのだから。

(メモワール・オブ・ゲイシャより)
慰安婦は全ての日本人娼婦と同様に性奴隷だった。そう説明すればいい
メモワール・オブ・ゲイシャは、外国人にも分かり易い資料になるだろう

前借金を抱えていた当時の日本の娼婦は、政治的に正しい表現(Political correctness)によれば慰安婦に限らずみな性奴隷だったのである。同様に、現在アメリカや日本で売春している韓国人女性の多くも性奴隷であり、人身売買の被害者である。庶民感覚では少し違うだろう。アメリカで摘発された韓国人売春婦が後ろ手に手錠をかけられていたり、日本の警官に「バケーション(旅行)」と言い訳している彼女たちの姿からは、とても救出された犯罪被害者というイメージはない(気の毒なケースも存在するだろうが)。それでもこれは国際常識なのである。

米国の警察に連行される現代の韓国人性奴隷(テキサス州 5.11

慰安婦が性奴隷でないと言い張るのは、人身売買や性奴隷の問題に過剰に(?)反応する現在の国際社会では政治的なリスクを伴う。むしろ否定する必要はないのである。なにせ半世紀以上も前の話だ。

「慰安婦の境遇には同情しています。彼女たちは貧しい家庭から親に売られた人たちでした。メモワール・オブ・ゲイシャという映画をご覧になりましたか?日本人の娼婦は、みな気の毒な人たちでした」・・・確信犯的な反日屋でなければ、外国人は大抵これで理解してくれる。

幕末以来、彼らをもてなしたゲイシャ・ガールもまた性奴隷であったし(開港慰安婦も参照)、そういえば、進駐軍も日本政府から性奴隷の提供を受けていましたね、ヒラリーさん?

8 件のコメント:

  1. 私は河野洋平さんもこの問題の今の扱われ方に忸怩たるものがあると思います。

    河野さんには、死ぬ前に勇気を奮って、河野談話その2を出して、最初の河野談話の真意を説明し、今の解釈のされようが、談話を発表した本人の意図と如何に食い違っているか、またこの談話が発端となって慰安婦たちが韓国の反日政治団体の食い物にされている現状に対する憂慮を吐露して貰いたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. 河野談話をまとめるにあたっては、左右から横槍が入りだいぶ揉めたようですから、河野氏としては最善を尽くしたという思いがあるのではないでしょうか。ただ、その後、外国の要人に真意を説明する機会はあったはずなのですが・・・。

      削除
  2. 戦前の娼婦は、まさに性奴隷です。
    もともと、貧しい農家の娘で、親に身売りされた
    女性ばかりでした。
    プッチーニのオペラの蝶々夫人も、
    娼婦ではないけれど、人身売買の犠牲者です。
    キーセンも、よくは知りませんが人身売買だったとか。

    植民地の日本人芸者は、だんな衆から「身請け(みうけ)」されて
    初めて日本に帰る事ができました。
    でなければ、一生芸者のまま・・・
    自由なりたさに高給な慰安婦になった人もいたのかも・・・

    そういう人を「売春婦」って責める日本人たちも
    実態をあまりにも知らないのではないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 年季奉公のような形態はアメリカでもあったようですね。もちろん女性(娼婦)だけでなく、男性もこれと無縁ではなかったとか。
      http://goo.gl/hxFNt

      削除
  3. 戦前の公娼制度は、確かに性的奴隷だったかもしれない
    でも、21世紀になっても、同じ境遇の人は、まだまだ世界中にいる
    韓国の売春婦は、お金をたくさん稼ぎたいから自ら望んで、割り切って
    売春婦もいると思うが、不透明な借金を背負わされたり、騙されて海外に売り飛ばされたケースもある。まさに性的奴隷なのである。

    また、在韓米軍の慰安婦に応募した人々も、貧乏で、仕方なく
    親に売り飛ばされて、騙されて連れ込まれた、騙されて借金を背負わされ逃げられなくなって身を落とした。などなどが当たり前に存在した。

    韓国が2004年まで国策として外貨を稼いでいたキーセン観光の
    売春婦も、全く同じケースだ。

    にもかかわらず、韓国は、自分のことを棚に上げて、日本をスケープゴートにしネガティブキャンペーンで日本を陥れようとしている。

    人権がきいてあきれる実態なのだから、私たちは、淡々と
    韓国、中国、北朝鮮における女性の性売買実態の歴史について
    世界に広く周知徹底して、お気の毒な性的奴隷が今も続いている
    と宣伝していくべきだと思う

    返信削除
    返信
    1. 少数ですが、彼らの偽善とダブルスタンダードを見ぬいている人は外国人の中にもいますね。
      http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2012/09/blog-post_1922.html

      削除
  4. 性奴隷?公娼との見方の方が真実なのでは?

    そして、地元の半島(李王朝時代の)奴隷文化の中では併合前の女性は奴隷であり、性の道具として扱われ「モノ」として川に捨てられていたとか。

    日本は公娼として賃金をかけて募集をしたのだが、管理は地元の朝鮮人(男性?)に任せていれば、酷い扱いは当然ですよね。

    旧日本軍による慰安婦問題についても、
    実名で被害調査が行われたのは
    300人程度にすぎないという。

    「慰安所の経営者、宗(通名;松本)に
     食堂で働かないかと誘われた。」

    「夫に(朝鮮人の女衒に)売られてしまい・・・
     早く子供に会いたかったので
     軍人の身の回りの世話をする仕事という
     募集が有ったので
     早く借金が返せると思った。」

    「近所の友達に、赤い靴とワンピースを貰えると
     誘われたから、ついて行った。」


    っていう証拠は不利だから出さない。

    韓国はベトナム戦争時に残したライダイハン(推定5,000~30,000人)も政府としての謝罪もない。

    まともな国(民族)じゃない人々の行動(ネガティブキャンペーン)は本当に

    疲れる。
     
    ※他より引用してます失礼

    返信削除
    返信
    1. 慰安所というのは、当時の風俗システムの戦地版でしょうね。どちらにも同じようなエピソードがあったと思います。借金を返すにはこの方法が一番手っ取り早かったというのもあったでしょうし、酷い話もあったでしょう。

      削除