2017/09/07

「希望の種」に対抗して「事実の種」(日本の保守)


希望の種」に対抗して、「真実の種」。お堅いイメージの保守系にこういった洒落っけがあると知ったのは驚きである。もっとも、この問題については国内的には議論は終了しており、「希望の種」もしょせん挺対協のフロント企業。公開討論を挑むと言うが、日本国内における議論は既に終わっている。ラスボスである挺対協と(英語で)やり合わないと意味はないのだが・・・。

「希望の種」の会見には挺対協のユン代表も出席(右端)
事実上、挺対協の代理人

北野隆一記者の書きぶりだと「慰安婦や性暴力問題に取り組む弁護士や大学教授」vs 「保守系の大学教授や活動家」だが、正義財団(挺対協)vs日本の保守派というのが実体だろう。希望の種自身、正義財団の募金キャンペーンの一翼を担っていることを隠していない。

慰安婦問題巡り新団体発足 「『真実の種』を育てる会」

慰安婦問題や徴用工問題などをめぐって「捏造(ねつぞう)の歴史で日本人の誇りが奪われている」と主張するグループが「『真実の種』を育てる会」を設立し、5日に東京都内で記者会見を開いた。代表の岡野俊昭・元銚子市長が、韓国での慰安婦像設置や徴用工問題をとりあげる動きに対し、「国内外に日本の真の歴史を伝え、捏造の歴史を正す事業を展開する」との文書を読み上げた。

同会は、元慰安婦の支援や性暴力の問題に取り組む弁護士や大学教授らが6月設立した「希望のたね基金」に対抗する形で発足。「新しい歴史教科書をつくる会」副会長の藤岡信勝・拓殖大客員教授ら保守系の大学教授や活動家が運営委員となり、「希望のたね基金」に公開討論会を申し込んだという。学生への歴史問題講座や、国内外の歴史展示施設への調査活動を計画している。

朝日 2017.9.6

4 件のコメント:

  1. [インタビュー」「日本の若者たちに慰安婦の歴史をきちんと伝えるべき」
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/27590.html

    >希望のたね基金」は日本の学生たちが韓国を訪問して慰安婦被害者たちに会ったり、韓国に留学する日本の学生たちが慰安婦問題の解決のための団体でインターン活動をする機会を提供することなどを計画している

    どうせナムの家での活動の焼回しにすぎない。ネットが発達した現代で一方的な洗脳ツアーが通じるのはナイーブな意識高い学生だけ。ますます少数が純化されるだけ。

    >日本の若者たちには「韓国が日本を攻撃するための素材」として慰安婦問題を活用しているという認識も生まれたと話した。

    日本の若者は馬鹿じゃないんでね。

    返信削除
  2. 歴史の真実は一つです。「真実の種」を育てる会
    http://shinjitsunotane.org/

    >「捏造の歴史」により日本人の誇りが奪われています。

    出だしから他人を納得させる気を放棄して言いっぱなし感が出て萎える。
    ここで言う他人とは慰安婦問題に関心のない人達の事。彼らに疑念を抱かせるのではなく、疑問を抱かさせなければいけないのに...。

    返信削除
  3. 公開討論会の回答期限9/20はもうすぐです。10の質問の最後に、希望の種が日本の若者を対象にしたスタディーツアーを計画していることを批判しています。多分、日本の若者を韓国に連れて行く土下座ツアーでしょう。

    事実の種も、日本の若者を対象にした韓国スタディーツアーを計画したらどうでしょうか。今年の計画に済州島調査がありますが、活動家や専門家が行っても種は育たない。スタディーツアーにしたらどうか。済州島にも抗日記念館があり、セウォル号で死んだ高校生達の最終目的地だった。3番目の慰安婦像設置は済州領事館前とも言われている。

    返信削除
    返信
    1. https://mobile.twitter.com/shinjitsunotane
      9/11に梁 澄子宛に配達証明。さて20日もあと3時間。応答なしか。
      次の手は何?
      映画も新たな事実として強制連行性奴隷の歴史認識を補強する。これに対抗する事実の種は何?

      削除