2015/08/07

[報道] 187人声明へ反論

「慰安婦に関する米学者声明への日本の学者からの返答」・・・タイトルがよろしい。英語の声明文はまだ読んでいない。「強制リクルート(forced recruitment)はなかった!」なんて書いてありませんように。

慰安婦問題、米研究者らに反論 日本の学者110人声明

米国の日本研究者らが慰安婦問題など歴史問題をめぐり5月に発表した声明に対し「強い疑問を感じる」とする日本の学者らが6日、「慰安婦に関する米学者声明への日本の学者からの返答」と題する声明を日本語と英語で発表した。

声明は「米国内にも慰安婦問題に関する事実誤認が存在する」「戦時性暴力・軍売春の中で日本が特筆される根拠はない」と主張。秦郁彦・元日本大教授、藤岡信勝・拓殖大客員教授、中西輝政・京都大名誉教授や小堀桂一郎・東京大名誉教授、八木秀次・麗沢大教授、渡部昇一・上智大名誉教授ら110人が署名した。

呼びかけ人代表の渡辺利夫・拓殖大総長はこの日、東京都内で記者会見を開き、「米国の学者の声明には、国家や民族による歴史解釈の相違を許さない傲慢(ごうまん)さを感じる」と述べた。西岡力・東京基督教大教授は「当時の価値観から見てあり得た現象、他の国にもあった現象をもって日本を批判する態度は公正と思わない」と語った。

朝日 2015.8.6

2 件のコメント:

  1. アメリカ人の最大の欠点はself-righteousness(自分だけが正しいと思い込むこと)だといわれるが、それが良く現れているのが、Alexis Duddenらの先の声明ですね。

    これは一神教の世界に特有の病根と指摘されることもある。大量の黒人奴隷を市場で売り買いして農場で酷使しておきながら、それを正当化するために、彼らをキリスト教文明に導いてやったのだと平然とうそぶく傲慢さ。

    これは100年前まで鯨油を絞るためだけに鯨漁をしていたくせに、鯨食の文化に「野蛮」とけちをつける傲慢さとも通じるものがあります。牛を聖なる生き物と考えるヒンズー教徒にしてみたら、自分たちがどんなに野蛮なことをしているか、考えることもない。

    アメリカの中でも、特にニューイングランド地方に、こういう自己本位の価値観を振り回す奴らが昔から多い。南北戦争の直前、南部人らの不満の一つに、「奴らはどいつもこいつも己れが聖人だと思っていやがる」というのがありました。

    この北部人の狭量さが募りに募り、小規模な武力衝突から国が二つに割れてしまったので、国家再統合のために起きたのが南北戦争です。漸進的改革でも黒人奴隷はなくしていくことができたはずなのに、内戦になり、革命になってしまった。

    会社員だった時代、私は米国のゴルフコースの設計者らと国内のエンジニアらとの間に入って通訳・翻訳をしていたのですが、アメリカ人は異論・反論に出会うと、まずは一歩も引かない傲慢な姿勢を示すので閉口したことが度々ありました。

    その話では通らない、国内グループの同意も得られないし、上の決裁が降りないといくら説明しても相手は分からないというか、分かろうとしない。やむなく、時間稼ぎの持久戦に持ち込み、だから言っただろ、あんたらの方も幾らか折れないと話が先に進まないと分からせてやる。

    これは、今のTPP交渉で甘利大臣もやっていることです。世界は各国・各地域なりの事情があってアメリカではないのだ、ということが奴らには分からない。

    私がアメリカ人を、どいつもこいつも田舎ものだとバカにする理由がこれです。

    by 喪黒福造

    返信削除
  2. ついでに書いておくと、ベトナム戦争の起因、これなどもアメリカ人の無知・愚かさからもたらされたものです。
     フランスの植民地勢力が去ったあと、ベトナム人は自分たちの国家を作りたかった。その国家的統合の中心にホー・チミンがいて、たまたま経済・軍事面で援助を申し出ていたのが毛沢東の赤い中国だったにすぎない。
     ところが、東南アジア全体の赤化を恐れたアメリカは、「ドミノ理論」なるものを勝手にこしらえて、ベトナムが共産化すれば東南アジア全体が次々と共産化すると考え、ベトナムの国家統合のために予定されていた総選挙も認めずに軍事介入した。
     独立運動を共産化と勘違いした結果が惨憺たるものだったことはご存知の通り。
     地上軍の最大投入時の兵力は50万人。10万人のアメリカの若者が戦死・戦病死し、それとほぼ同数の帰還兵が自殺した。サイゴンの陥落は、私が大学生の時代に起きたことで、当時、アメリカ社会は一世代が完全に破壊された、と雑誌に書かれていましたが、その通りだった。伝統的な価値観への不信感は、映画「ランボー」や「イージーライダー」に、その片鱗を見ることができるし、若者の間にヒッピーが流行した。
     で、「ドミノ理論」はいっこうに現実化せず、今やベトナム自身がドイモイ政策により、緩やかな資本主義に移行しようとしている。すべてはアメリカ人の妄想が招いた悲劇というべきでしょうな。

     だから、アメリカ人は、バカなんだよう!
     
    by 喪黒福造

    返信削除