2016/04/07

グレンデール市が日韓合意支持へ?孤立するKAFC

像の前で日韓合意に抗議する韓国系(1月)
市議会は同調せず

慰安婦問題。KAFCなどはこれを人権問題として誤魔化してきたが、日韓(+米)の劇的な決着によって、海外の事情に疎いアメリカの地方自治体の関係者の目にも慰安婦騒動の正体が明らかになったということだろう。市長が合意支持の決議を採択して任期を終えたいと語っているというから、彼らにとっても慰安婦像の問題は胸のしこりになっていたのかもしれない。

グレンデール市は、反日感情から慰安婦像の設置を認めたのではない。設置運動が善意だと思ったからだ。日本側も、最初からこれが第三国の外交問題だと訴えられれば良かったが、当時はまだ反対運動のやり方も未熟で、逆に市議会議員を敵に回してしまった感があった。

公園を勝手に聖地にしてしまった

情勢は大きく変わった。KAFCが慰安婦像の周辺を勝手に聖地化している実態を指摘し、像を私有地に移させるよう、今度は冷静に(!)説得すべきだろう。ソウルの慰安婦像撤去のタイミングがチャンスか。

追記2016.4.15: KAFCの巻き返しで、状況は再び混沌?

慰安婦像設置の米グレンデール市 市長が日韓合意を支持「成功を歓迎」 議会も支持決議の公算、日本非難に歯止めか

米国で唯一、公共の場に慰安婦像を設置しているカリフォルニア州グレンデール市のナジャリアン市長は5日(日本時間6日)の同市議会で、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決で合意した昨年末の日韓合意を歓迎し、支持する意向を表明した。近く市議会に提出される見通しの支持決議案も採択される公算が大きく、慰安婦問題に関する米国での日本非難の動きに歯止めがかかりそうだ。

ナジャリアン氏は日韓合意について「外交上の成功を歓迎する」「両国の行動で解決することを喜んでいる」とし、「オバマ大統領も先週、両国の首脳と会い、改めて(合意を)支持した。グレンデールも支持する」などと述べた。

同市の市長は任期4年の市議5人が1年ごとに互選され、ナジャリアン氏は5日で任期を満了した。同氏は「日韓の駐ロサンゼルス総領事を招き(日韓合意の)支持決議案を通して任期を終えようと思い、日本側の了解を得たが、韓国側の都合がつかなかった」と説明。次期市長に決議採択を引き継ぎ、自らも市議として協力すると表明した。

2013年7月の像設置の可否を決める採決で賛成したナジャリアン氏が日韓合意の支持を表明したのは、閣僚経験のある与党国会議員らが昨年11月、ナジャリアン氏と面会し、日韓両国の慰安婦問題に関する受け止め方の違いを説明したほか、市議会にパイプを持つ日本関係者が接触を重ねたことが背景にある。

年末の日韓合意以降、同市の慰安婦像前では、在米韓国系団体などが合意破棄を求める集会などを開いてきたが、グレンデール市議らは参加を要請されても一切応じていない。決議が市議会で採択されれば、合意に反対する活動家らの行動だけが際立つ形になる。

産経 2016.4.7  

11 件のコメント:

  1. ここで重要なのは、日本は法的責任は認めておらず、払うお金も賠償金ではなく、単なる慰労金に過ぎないことですね。

    これは日本と韓国の保守派はよく分かっていて、これがそのまま通れば日本の勝利です。だから韓国の保守派は強く抵抗している。

    しかし外国から見れば、日本が過ちを認め、お金を払うとしか見えないわけでしょうね。国際世論に押されて、今回の合意が通れば、国際的な誤解の上に日本の勝利ってことになります。

    返信削除
    返信
    1. >国際的な誤解の上に日本の勝利

      そういう事だと思います。これから20年30年かけてその誤解を解いて行くことになりますが、ウンザリしますね。

      削除
    2. 慰安婦問題は中韓が仕掛ける情報戦で、日本が世界から軽蔑されて孤立することを目的としているのですから、世界で誤解され、それが決定的に固定されたら負けだということです。この、世界の誤解を解くという気の遠くなるような作業が、日韓合意で振り出しに戻ってしまった、というのは戦略的大失策です。グレンデールの市議たちが距離を置くようになったのはいいことですが、日韓合意支持の趣旨が、米国や豪州政府と同様に「日本が軍による性奴隷制度を認め、謝罪したのはいいことだ」というもので、慰安婦像を放置するならあまり意味がありません。この際、慰安婦像そのものはともかく、プレートの記述には明らかな間違いがあるので、まずはプレートだけでも撤去させる試みは必要だと思います。慰安婦像を中韓のスミアキャンペーンの象徴にするなら、やはりそれを目的とした情報戦を展開する必要があります。「中韓は合意も和解も目的としていない、反日だけが目的の人々」という印象を効果的に流布する戦略を推進しなくてはなりません。

      削除
    3. >「日本が軍による性奴隷制度を認め、謝罪したのはいいことだ」

      現状では、恐らく彼らはこういうスタンスなのでしょうね。内心「もしかしたら、間違っていたかもしれない」と思い始めているかもしれませんが。

      削除
  2. 日韓の争いに巻き込まれるのが嫌とグレンデール市議達は考えてのことでしょうが、市は建っている慰安婦像を撤去はしないでしょう。市議会議員は自分達のことが一番大事、正義と公平は言葉の上だけのことです。面倒なことはしないでしょう。韓国サイドにとっても既にグレンデールは勝利した戦場で、これ以上何もする必要はありません。像とプラークの存在が市も合意した勝利を示すモニュメントとして日本の戦争犯罪の非道を伝え続けてくれるわけですから。日韓合意など何の影響も与えません。挺対協のエージェントは次の戦場に移動しており、異なる戦術を開始しています。しかし彼らも韓国政府からの表立った資金援助の道は当分断たれ、懐具合は苦しく、各地の水曜デモも散発的になっており、小人数の手弁当でのバナー、プラカード作りとなっています。慰安婦像、プラークの設置には数百万から数千万円の経費がかかるので、各地の韓人会からの寄付も小額でしょうからかなり運動は困難な局面を迎えています。シドニー韓人会は新たな慰安婦像の設置には距離を置いているように見えます。豪州では韓国系は貧しいクラスに属しているため、韓人会自体への寄付額もサイト情報では微々たるものです。シドニーでの水曜デモは1月のみで2月以降実施されていません。ブリスベンのほうが盛んです。

    返信削除
    返信
    1. こうしたモニュメントを一旦建てられてしまうと、撤去させるのは至難です。しかし、像が残ったら残ったで、スミア・キャンペーンの証拠として晒し者にしてやればいいと、私は考えています。

      豪州の状況ももう少し注目して行きたいと思っています。

      削除
  3. 「そよ風」ブログによると、ソウルの慰安婦像の前のプレート設置には、日本人住職も係っているようです。

    http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51867069.html

    返信削除
    返信
    1. はい。ドイツ人も関わっています。

      削除

  4. >スミア・キャンペーンの証拠として晒し者

    これは、ありますね。グレンデールに碑が建った2013年7月の時点では、英文資料といえばG.Hicksの本と吉見義明の本しかなかったですよ。あとは、クマラスワミ報告と米下院決議121かな。当然、一般世論も、それらに引きずられて傾いてしまう。

    私が危機感を感じて下記HPの制作を始めたのも、この頃ですけれど、あれから2年半が経った今、Sarah Sohの The Comfort Womenの出版があり、米軍のミートキーナの調書もネットに挙がっている。

    False Accusations of Comfort Women
    http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

    そして、今、有利な材料として挙がっているのが、国連人権委における杉山答弁でしょう。

    杉山答弁は、長年にわたり左派リベラルの牙城になっていた国連人権委の考えを変えるまでには到らなかったけれども、その効果はジワジワと効いてくると思いますよ。

    碑文を見て、そこに書いてあることを丸々信じて、大人になっても他の文献に当ることもせず反日活動に励むような奴は、その程度の阿呆だと、あきらめるしかない。しかし、深く勉強すればするほど、碑文に書いてあることはおかしいと分かるようにしておく、これが大事です。

    返信削除
  5. この像をスミア・キャンペーンの証拠とするには、現地での歴史認識に関する修正活動が必要です。市議会は建てたときの自分達の歴史認識(韓国サイドから吹き込まれた)に対しちゃぶ台返しするはずないので、それには触らず日韓合意で慰安婦問題に決着をつけたことに自分達も賛同する形でこの問題に関する議論を終わらせお茶を濁したいのでしょう。アメリカの方々も情報戦を続ける元気もないので、もう終わったとしたいのか。

    返信削除
    返信
    1. >日韓合意で慰安婦問題に決着をつけたことに自分達も賛同する形でこの問題に関する議論を終わらせお茶を濁したい

      そんな印象も受けます。ただ、合意支持決議に対する拘りも感じます。だとすれば、まだ見込みはありそうです。

      削除