2017/01/09

シュリーマンの見た吉原



ハインリッヒ・シュリーマンの旅行記から。彼の日本滞在は、1865年の6月1日から7月4日までの、わずか一カ月だったが、旅行記の中身は非常に豊かであり、彼の鋭い観察力が反映されている。

貧しい親が年端も行かぬ娘を何年か売春宿に売り渡すことは、法律で認められている。契約期間が切れたら取り戻すことができるし、さらに数年契約を更新することも可能である。この売買契約にあたって、親たちは、ちょうどわれわれヨーロッパ人が娘を何年か良家に行儀見習いに出すときに感じる程度の痛みしか感じない。なぜなら売春婦は、日本では、社会的身分としてかならずしも恥辱とか不名誉とか伴うものではなく、他の職業とくらべてなんら見劣りすることのない、まっとうな生活手段とみなされているからである。娼家を出て正妻の地位につくこともあれば、花魁あるいは芸者の年季を勤めあげたあと、生家に戻って結婚することも、ごく普通に行われる。

娼家に売られた女の児たちは、結婚適齢期まで--すなわち十二歳まで--この国の伝統に従って最善の教育を受ける。つまり漢文と日本語の読み書きを学ぶのである。さらに日本の歴史や地理、針仕事、歌や踊りの手ほどきを受ける。もし踊りに才能を発揮すれば、年季があけるまで踊り手として勤めることになる。 (ハインリッヒ・シュリーマン)



3 件のコメント:

  1. タウンゼント・ハリス(坂田精一訳)『日本滞在期』

    日本人は淸潔な國民である。誰でも毎日沐浴する。職人、日雇の勞働者、あらゆる男女、老若は、自分の勞働を終ってから、毎日入浴する。下田には澤山の公衆浴場がある。料金は錢六文、すなわち一セントの八分の一である! 富裕な人々は、自宅に湯殿をもっているが、勞働階級は全部、男女、老若とも同じ浴室にはいり、全裸になって身體を洗う。私は、何事にも間違いのない國民が、どうしてこのように品の惡いことをするのか、判斷に苦しんでいる。 (中巻 p. 95)

    又或る時ヒュースケン君が温泉へゆき、眞裸の男三人が湯槽に入っているのを見た。彼が見ていると、一人の十四歳ぐらいの若い女が入ってきて、平氣で着物を脱ぎ、「まる裸」となって、二十歳ぐらいの若い男の直ぐそばの湯の中に身を横たえた。このような男女の混浴は女性の貞操にとって危檢ではないかと、私は副奉行に聞いてみた。彼は、往々そのようなこともあると答えた。そこで私は、處女であると思われている女と結婚して、床入りの時そうでないことを知ったときには、男の方はどうするかと問うた。副奉行は、「どうにも」と答えた。 (中巻 p. 161)

    ちなみに、ハリスは敬虔な聖公会信徒で生涯独身、童貞を貫きました。

    返信削除
    返信
    1. 「『どうにも』と答えた」の部分で思わず笑ってしまいました。

      削除
    2. 夜這いがなくなったのは戦後。それまでは、農村では旅人に妻が夜のお相手をすることもあった。外部から優秀な遺伝子が村にもたらされた。

      日本では夫が妻の家に通う通い婚。娘も妻も夜這いの対象だったから、生まれた子供が誰の種かなどということは問題にならなかった。「村の娘は村の男たちのもの」というのは何か女性差別のように見えるが、そもそもその村の男たちの遺伝子上の父親が誰だか分からないのだから、差別も何もない。「村の男はみな私のものよ」ともいえる。

      財産のない村人にとって共同体を支える子供が必要だった。処女にこだわり一夫一婦制をとったのは、財産を相続させようとする裕福な武士などに限られていた。

      ブータンでは農村部で夜這いがある。留学生2人に聞いたら二人とも当たり前のようにしていたと答えた。マサイ族は一夫多妻制で、結婚した日本女性が話していたが、結婚の友人がお祝いに来ると妻と寝る。生まれた子供の遺伝子上の父親が誰かということは考えない。家族の子供になる。

      以上、ネットで「夜這い」を調べると「不倫は文化だ」は名言だったんだなと思いました。

      削除