2016/07/24

鄭栄桓の功?朴教授、韓国民の審判に期待出来ず(帝国の慰安婦)

反パク・ユハ本の韓国出版記念会にオンライン参加したチョン
(2016.7)

自著『帝国の慰安婦』に関して国民の良識に期待した(?)パク・ユハ教授だったが、「一部知識人から不当な批判があり・・・国民の間に歪曲された認識が広まった」という理由で、「国民参与裁判」を諦めた。

最近の話だが、挺対協の幹部が来日するにあたり、日本の学者とパク・ユハ対策を話し合うとツイッターで「呟いて」いた。この記事にもパク教授を「批判する著作」の具体的な名前は出て来ないが、いずれも明治学院大の鄭栄桓(チョン・ヨンファン)と彼の著書「忘却のための『和解』」のことだろう。チョン・ヨンフアンやナヌムの家、挺対協は狙い通りパク教授を追い詰めつつあるようである。金一勉の頃から一部の在日朝鮮人の学者は反日感情の焚きつけ役を担い、ついにはその矛先を「和解派」の韓国人にまで向けた。

チョン・ヨンファンは、北朝鮮に移住するでもなく、韓国からは入国を拒否されている。そんな彼を特別永住者として遇してくれている日本国だが、彼は日本に対して公平であろうとうする韓国人が許せないようである。

※ チョン・ヨンファンに対するパク・ユハの再反論。→「鄭栄桓(チョン・ヨンファン)の『帝国の慰安婦』批判に答える」。



追加: パク教授の7月29日のツイート
日本人もまたバッシングに加担している

国民参加裁判の申請撤回=「慰安婦本」著者-韓国

韓国の学術書「帝国の慰安婦」の著者、朴裕河・世宗大教授が名誉毀損(きそん)罪に問われた裁判で、朴教授側は19日、一般国民が陪審員を務める国民参加裁判による審理の申請を撤回した。これにより、裁判は判事のみによる審理で行われることになり、次回公判は8月30日に決まった。
朴教授は記者団に対し、「最近、著書に関して一部知識人から不当な批判があり、報道されたため、国民の間に歪曲(わいきょく)された認識が広まった」と指摘、国民参加裁判ではむしろ不利になるという認識を示した。 

時事 2016.7.19 [2]

「帝国の慰安婦」著者 国民参加裁判の申請を撤回=韓国

旧日本軍の慰安婦問題に関する著書「帝国の慰安婦」で慰安婦被害者の名誉を傷つけたとして、名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴された朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授(日本語日本文学科)の裁判で、朴氏は19日、一般国民が陪審員を務める国民参加裁判による審理の申請を撤回した。これにより、裁判は判事のみによる審理で行われることになった。

国民参加裁判の申請は裁判所の判断に対する疑いとも受け止められるため、申請を撤回することにより、裁判所の判決を尊重するとの態度を示したものとみられる。

朴氏は国民参加裁判を申請した当時、「裁判所が使命感と正義感を持っているという確信がないため」と申請理由を説明していた。

朴氏は裁判後、聯合ニュースの取材に対し、「できるだけ多くの人がこの件について正しく認識するのが重要だと判断して(著書の)全文を公開し、国民参加裁判を申請したが、批判する著作が出版されるなど予想とは異なる世論の様相が出てきた」と話した。

また「裁判所も法理問題を市民陪審員団が理解するのは難しいかもしれないと懸念を示しており、弁護団と相談した結果、国民参加裁判の申請を撤回した」と説明した。

朴氏は2013年8月、慰安婦被害者について「自発的な売春婦」「軍人の戦争遂行を手助けした」などと記述した「帝国の慰安婦」を出版。慰安婦被害者らは14年6月、朴氏を名誉毀損で告訴した。ソウル東部地検は昨年11月、虚偽の内容で被害者の名誉を傷つけたなどとして、朴氏を在宅起訴した。1月20日に初公判が行われた。

次回公判は8月30日。その後、9月20日、10月11日と続く。裁判所関係者は「集中的に素早く裁判を進めるため、あらかじめ期日を決めた」と説明した。

聯合ニュース日本語版 2016.7.19 [魚拓なし]

17 件のコメント:

  1. 表題とは関係がなくてすいません。

    大使館前の少女像の移転がないまま10億円の拠出を決めたと毎日が報じています。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000123-mai-pol

    慰安婦問題は、韓国に対して、絶えず無為無策の土下座外交ばかりしている政府与党・外務省と、それを放置している我々国民にも責任の一端があることを、痛感せずにはいられません。

    返信削除
    返信
    1. やはりこうなりましたね。

      削除
    2. 一応、ダメもとで外務省のご意見・ご感想にメルフォしてきました。
      メルアドと電話番号いりますけど…

      削除
    3. 余談ですけど某署名サイトで慰安婦関連の署名(モニュメントを立てないで)系を集めてますけど、「所詮売春婦」とか「強制連行はなかった」という言い方ばかりをするのはやめた方がいいかも…とか考えます。

      問題は韓国系を中心に、日本対外国人女性という構図にされていること。割合の正確なところは分からないけど日本人(大日本帝国日本民族系)慰安婦もいたこと、であるにもかかわらず韓国・朝鮮系の「被害」ばかりが強調されること。

      要するに「運動」のやり方がおかしい、という方向で行った方がいいのかなとも思うんですが…
      「ならばなんで日本人慰安婦が出てこないのか」で第三国人からは一蹴でしょうかね……

      削除
    4. すみません言葉が足らなくて↑の署名では署名の主催団体とかはこういうことは言っていないのですが、署名のついでにするコメントでこうしたものが散見されて、それは逆効果かな、と。

      削除
    5. 「所詮売春婦」の所詮の言い訳じみたところが良くない。
      「追軍売春婦」「自ら志願したか、親に売られた売春婦」と正確に表現しないと付け込まれます。自分の見解じゃなくて米軍の報告書にそう書いてあると言えばいいと思います。自ら志願の所はボランティアなんですね、英語では。びっくりしました。

      削除
    6. 署名サイトで(賛同者が)慰安婦をいわゆるdisる行為については、私も困ったものだと思っています。それでも、以前よりはだいぶ良くなったかと。

      削除
  2. 先にエサをやったらシツケにならない。結局、民間はできるだけのことをやっているのに、政府・外務省が土下座外交をやって後ろ矢を射ってくるうちは勝ち目はないってこと。

    返信削除
    返信
    1. 仮に慰安婦像がめでたく撤去になったとしても、どうせ次から次へと新手の嫌がらせが出てくるだけでしょう。
      むしろ、韓国は約束を守らないということを立証する「嘘つきの像」として君臨して頂くのも悪くありません。
      このまま行くと、対韓感情がいよいよ悪化するのは間違いありません。
      韓国が経済的にいよいよ立ち行かなくなったら、日本に助けを求めてくるのでしょうが、さすがにこの状況では無理でしょう。
      慰安婦像は日本の援助を阻む防波堤の役割をはたすことになりそうです。

      削除
    2. 匿名さん、あんたは大事なことを忘れているぞ。韓国政府は、大使館前の慰安婦像を撤去させるよう努力するとは云ったが、撤去するとは云っていない。

      それから、鮮人は「倭人」との約束など反古にしてかまわないと思っていることだ。カネだけ出しておしまいになっても、バカなチョッパリを騙してやったと得意になるだけ。

      鮮人には、ここまでしないとダメなのだ。
      http://www.howitzer.jp/urinara/web03.html

      削除
    3. 同様なものは「大風水」などの韓流ドラマで見ました。
      頭より穴が小さいんですが、、、、手品?

      削除
  3. 慰安婦は女性の人権尊重に関する歴史的な前進という事も事実です。
    従って慰安婦像は日本軍の歴史的功績を讃える像でもあります。設置者の意図とは関係なく、前向きなものと捉える事が出来ます。

    大使館の安寧と威厳侵害を防止する特別の措置は慰安婦像を撤去しなくても可能です。集示法を厳格に適用して、慰安婦像前の集会を禁止すれば良い。文化祭・記者会見だという解釈を変更して断固取り締まれば済みます。

    返信削除
    返信
    1. その上で、現地の女性と軍人さんのためによく頑張ってくれましたと、大使館員が頭を撫でてあげればいい。

      削除
    2. いっそのこと靖国神社に・・・。

      削除
  4. 細かくてすいませんが、撤去努力とも言っていません。
    「日本の懸念を認知し適切に解決されるように努力する」です。
    いつの間にか撤去ということに日韓世論がなっています。
    シメシメ、黙っておきましょう。

    返信削除
    返信
    1. 日韓の世論だけでなく、仲介役たる(?)米国もそのように受け取っている可能性があります。シメシメ

      削除
  5. シンシアリーさんのサイトで、財団の理事長が東亜日報のインタビューでとんでもない発言をしているという部分翻訳があってこりゃ先が心配だと思ったのですが、当該記事をgoogle翻訳にかけたら、かなりまともな事を言っていて安心しました。
    ---------------
    東亜日報]
    「日本政府がお金を出す条件で慰安婦少女像撤去を誘い込むと理事長をやめましょう。」

    日本軍慰安婦被害者支援のための「和解・癒し財団」のキム・テヒョン理事長(66・誠信女子大名誉教授)は、財団発足を翌日に控えた27日、ソウル中区統一に裁断オフィスでの東亜日報とのインタビューでこのように述べた。財団設立が少女像撤去につながることはないかという疑惑には「根拠のない誤解」と一蹴した。

    - 日韓慰安婦の合意と財団の正当性を否定する声も少なくない。

    「私も慰安婦の合意は満足できない。理想的な合意は、安倍晋三(安倍晋三)日本総理が直接膝謝罪し、10億円よりもはるかに多くのお金を賠償金として出すものだったのだ。しかし、過去二月間財団設立準備委員長を務め、全国を縫って慰安婦被害者37人側と対話した最後に「おばあちゃんが一人でも多く生きているときにを解放させては、これほどの合意であっても履行するのが望ましい」との結論を下した。すでにあまりにも年老いて疲れたせいで「完璧な謝罪はありませんがこれでもなった」と考えている被害者がはるかに多かった。」(彼は被害おばあさんを見に通った銅線を地図に描いてみると、総5840kmを超える)

    - 何人財団に賛成したのか。

    「正確な数は言えないが、80%程度は肯定する意思を表現した。録音ファイルに証明することもできる。お金が多い少ないを残して謝罪の意が込められた支援金を受けること自体に芯が解けるようだ話だった。面談してから六日後に死亡した祖母を条文するために遺族を訪れた時、「おばあちゃんが亡くなる前の数日間眠れ主務れた」という話も聞いた。もちろん「目を閉じるがあってもしっかりとした謝罪がなければ受け入れ与えることができない」と財団の参加を頑強に拒否したおばあちゃんもおられた。その方たちの立場も理解はしますが、財団の趣旨が、決して変わらないことを理解して、後であっても参加してもらいたい。」

    -10億円をどのように使うのか。

    「記念館建設などの大型土木工事に代表される記念事業にお金をたくさん使うつもりはない。おばあちゃんたちに支援金をどこに書くのかと尋ねられたとき「孫娘の腎臓移植​​手術費を大あげる」「奨学金に寄託する」「一生の願いである金の腕輪を車見たい」など、さまざまな回答が出てきた記念事業ではなく、直接支援金を好む意見が支配的であった。慰安婦ドキュメンタリーユネスコ登録事業などの記念事業ももちろん重要だが、限られた財団金は生存者を中心に直接届けが正しいと思う。 "

    - 先月10億円を「治癒金」と表現して論議をかもした。

    「合意文に「創傷治癒のための事業を行う」と書かれている。だから治癒を強調しようとする心に「賠償金」の代わりに治癒金という言葉を使った。しかし、その後、私の言葉に矛盾があったことを実現しました。安倍首相が全世界に向けて「謝罪」と「反省」を表明し、出すとしたお金だから、賠償金であり、治癒金と表現しなければ適切したと考えを整理した。」 - 取締役のうち5席空席である。

    「財団の存在自体を否定する人であれば、難しいかもしれないが、これまで財団について他の声を耐温度専門家も仕えうとする。まず、歴史学者た分を迎え入れるために推進しており、残りの4人はだんだん増やしていく計画である。」

    ジョゴンフイbecom@donga.com·イ・ジウン記者

    返信削除