2017/02/19

ゲバ文字で釜山慰安婦像に許しを請う日本人


「一人の日本人として謝罪します」
山本夫妻(妻)

日本女性4人組の置手紙
ゲバ文字が混ざっている?

慰安婦像を信仰の対象にしているのは韓国人だけではない。釜山の日本総領事館に慰安婦像(少女像)が置かれたと聞いて、ある種の日本人が聖地巡礼を始めた。ゲバ文字らしき漢字が混ざった手紙を置いて行く者もいれば、一人デモを敢行する日本人もいる。写真の女性は原発事故の放射能を恐れて仙台がインドネシアに移住、現地に立派な住宅を建てている。ネット上に個人情報が存在するが(twitterで教えて頂いた)、一般市民らしいのでここでは触れない。こうして色んな国を飛び回っているから、お金には不自由していないのだろう。金があり行動力に富むが少々オツムの弱い日本人や学生運動の頃から成長しない団塊ジャパニーズが、韓国の反日運動にエクスキューズを与えている。

一人デモを敢行する木村

反原発・沖縄基地問題にも関わっている

釜山の少女像の前に'日本人'が残して行った手紙

釜山の日本領事館前の平和の少女像に日本人の謝罪訪問が相次いでいる。

18日、プサン・キョレハナは、16日に日本人女性4人が少女像を訪れ謝罪の手紙を届けたと伝えた。

韓国語と日本語で心のこもった(?)手紙には「日本人として過去の犯罪を隠しているアベ政権の対応に対し謝罪します」としながら「慰安婦ハルモニと共に戦う」という内容が書かれていた。

他の手紙には「この少女が自私の娘なら?」という文章で始まり「私はそれ(慰安婦問題)がなかった事には出来ない。私は忘れない」と、我が国の慰安婦問題に対する痛みに共感する心を明かに냈따。

韓国語と日本語、英語の3つの言葉で書かれた他の手紙には「過ちの歴史を繰り返さない為に私たちは過去の歴史を学び未来に繋げたい(?)」「あなた方の悲しみは、私たちの悲しみ」と記されていた。

A4用紙3枚分の長文がしたためられた手紙には、「あなたがここに座っていることは日本政府のせい」「私も女性で私の子供も女だ。私たちは怒る権利がある。思う存分怒ってもかまわない」と書かれていた。

少女像に謝罪の手紙を置いて行った日本人たちに対し、国内のインターネットユーザーは拍手を送っている。インターネットユーザーは「日本全体を批難してはいけない」「日本人が全部同じではない」「被害者の痛みに本当に共感して書いた手紙に感謝する」等のコメントを寄せた。

オーファン 2017.2.18
부산 소녀상 앞에 '일본인'이 남기고 간 편지[原文・魚拓]

謝罪あるいは撤去要求…少女像に対する日本人の二つの顔

ハンイル外交葛藤でふくらんだ釜山の日本領事館前の少女像に対する日本人の反応は克明に交錯する。

幾人の日本人は直接少女像を訪れ謝罪の意向を明らかにしたが、一部は一人デモを行って「少女像を撤去せよ」と要求している。

3日午後2時30分頃釜山東区草梁洞の日本領事館前の少女像を日本人たちが訪問した。

この中で木村理恵さん(46・女)はハングルで書いたプラカードを持って少女像の隣の席に座り「韓国人に本当に申し訳ない」と叫んだ。

理恵さんのプラカードには「私は日本人として日本政府を許すことが出来ない」として「日本軍慰安婦問題を無視してお金で蓋をしようとする卑怯で傲慢な日本政府を倒さない日本人が情けなくて恥ずかしい」と書いた。

彼女は続けて「日本人というものが恥ずかしくて、これ以上こんな風に生きていくことが出来ず、韓国に謝りに来た」として「韓国人に本当に申し訳ない。 私は日本政府が心底より謝罪し正しい歴史教科書を作る時まで諦めずに行動する」と書いた。

理恵さんは少女像に頭を下げた後、席を立った。

先月28日には日本人山本直也氏夫妻が少女像を訪れ花束と共に謝罪の手紙を残した。

直也さん夫婦はハングルと日本語の手紙で「一人の人間として哀悼の意を表わします。一人の日本人として謝罪します。 心より申し訳ありません」と書いた。

直也さんは最近少女像を守る活動をする釜山同胞の側に(?)フェイスブックのメッセージを送り少女像訪問の背景を説明した。

彼は「少女像が設置されると即座に日本大使を帰国させた日本政府の行動は間違っており、慰安婦を体験した人に謝罪したくて少女像を訪れ献花した」として「人と人が互いに理解できるように努力したい」と語った。(以下略)

聯合ニュース 2017.2.3 [原文・魚拓]

※ 聯合ニュースは、後半で現地で慰安婦像の撤去を求める日本人についても触れているが、NHKクローズアップ現代+でも取り上げられたこの男性が日本人というのは疑問。




追記:手紙の主の一人は、朝日新聞の阿久沢悦子記者らしい。

14 件のコメント:

  1. 以前こちらでお話した韓国ウォッチャーとまた最近意見交換をしたのですが、日本でいう70年代安保闘争の闘士が強い影響力を持ってしまったのが、今の韓国、なんだそうです。

    彼らの基本原理は「弱者の味方」。政府や権力者は力があるから、弱者の肩を徹底してもたなければいけない。結果的に嘘を言ったとしても、それは弱者を守るためだから許される。こんな感じの話でした。

    国内事情では政府→強者、一般市民、民間団体→弱者
    国際事情では現在資本主義世界の覇者である米国、旧宗主国である日本が強者。
    意外なことに、中国は弱者の立場として見ているようです。北朝鮮も。この両国とも社会主義を捨てず頑張っているからだとか。(村○龍の「貧しくも誇り高いキューバ」論みたいな感じ)

    ウォッチャー氏曰く、「韓国が事大主義で中国に従っているのではなく、弱者同士の連帯として「協調」していると考えた方が辻褄があうことが多い」と……。

    昔、国語の教科書で、あるジャーナリストの言葉として
    「客観的に両方の意見を入れようとしても何らかのバイアスがかかる。弱者の肩を常に持つべし」という意見を見て、その時はもっともだと思ったものですが、実際に実行するととんでもないことになるんだな、と言ったら、「まさにそんな感じ」と。

    こう考えていくと中国事大説より厄介な事態かも知れません。政府や行政がいくら撤去を命じても大使館・領事館前の像を「弱者のための闘争」として活動家が守ろうとし、しかも本人たちはそれに盲目であると。
     では日本が引くか、これもさらなる闘争として条件を上乗せされかねま
    韓国の行政強制力が日本並みに強ければ強制代執行でムリヤリ人を散らして撤去も出来るでしょうが、韓国の機動隊などは徴兵で入っている人もいて、顔写真を取られて企業に採用しないよう圧力がかかったりすると退役後不利になります。そのため強く出られない。日本だったらずっと警察組織内部で守ってやることも出来ますが……

    「弱者」「強者」は固定的ではないというのに気が付いてないんでしょうかね

    せん。

    無論韓国国内がこうした活動家と同意見の人ばかりではないと思いますし、そうした意見が増えて、「弱者強者」の概念が相対化されるのを待つしかないのではという感じです。

    それと同時にこういう人たちが日本で主流ないし今よりも大きな声を持っていたら同じことになっていたかもと空恐ろしくなりました。

    返信削除
  2. キムソンホ記者が釜山聯合ニュースでチェ某氏と書いています。中区在住。韓国の新聞社は平気で嘘を書く。自社の記事さえ捏造する。日本の地方紙のコラムもパクる。そういう事を中央日報日本語版で何度も見ています。

    韓国人の投稿に韓国語も日本語もおかしい。日本を許す前にハングルを勉強しろという投稿もあるので、外国で育った韓国人なのかも。
    http://livedoor.blogimg.jp/oboega-01/imgs/1/b/1b855deb.jpg
    大韓民国
    で日
    本を言す

    言はゲバ文字ではありません。なぜ日と本の間を空けたんでしょう?

    返信削除
  3. ゲバ文字っていうんですか。知らなかった。
    斗争が闘争の略、一斗缶と音が同じなのでトよりはマシ。
    イ安婦が慰安婦の略で使っているでしょうね。もしこのサイトが手書きなら。ブログ主、手が疲れる。イで分かるだろうと根を上げる。当時は鉄筆でロウ紙刻んで謄写版印刷でしたから。
    質問の門の字上部は横線1本、真ん中にチョンで2画。今でも使ってしまうんだが、これもゲバ文字?

    返信削除
  4. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  5. ハングルでのページを見つけました。
    ですが管理人様があえて伏せてらっしゃるようなので、前の書き込みは削除します。

    返信削除
    返信
    1. 管理人様がTwitterで「こういう意見の人も許容しなければならない」とおっしゃっていましたが、単に言論の自由という原則だけでなく、こうした人を吊るし上げればまた向こう(慰安婦運動家)に「それみたことか 日本はこれだから」となる公算が高いと思います…。

      自重が大事ですね。

      削除
  6. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. urlは削除してコメント部分だけにします。
      斗は闘のゲバ文字なのでハングルを「戦う」と訳すのが翻訳としては正しいかもしれませんが、「闘う」と日本語→日本語翻訳が正しい。

      学園紛争とか〇〇紛争とかマスコミが書くので、ことさら学園闘争の文字が頻繁に使われ自己主張がされていたのです。そういう時代を生きた人が無意識に使ったのか、その後の世代で新左翼系になった者が伝統を受け継いで使ったかのどちらかです。日常生活で闘争や闘うや決闘の文字を使う機会はありませんから。

      削除
    2. ゲバ文字が社会現象になっていた頃、お乳吸ってた人。戦い済んで日が暮れた後に、感化され大学で斗争に明け暮れていたんでしょう。沈黙は本人認めたことになる。

      阿久沢悦子
      https://www.ryukoku.ac.jp/gs_npo/letter/images/letter10_06.pdf
      1967 年横浜市生まれ。 早稲田大学政治経済学部卒。(行政学)。 1990 年朝日放送入社。1991 年朝日新聞 入社。

      取材対象の片方と共に相手と戦う者は取材をする資格はない。行政府や立法府でも会社でも権力・権限行使時に利害関係者は参加できない。この件についてはプライベートでも逃れられない。

      削除
    3. 阿久沢記者は朝日新聞記者行動基準に違反している可能性があります。同基準では記者としても個人(社外活動)においても中立性に疑問を持たれる行動を禁じています。慰安婦とともに日本政府と闘うという宣言は中立性の放棄宣言です。また説明責任をはたせという基準にも違反して沈黙を守っています。

      http://www.asahi.com/shimbun/company/platform/kisha.html
      朝日新聞記者行動基準
      独立と公正
       記者は、、、、独立性や中立性に疑問を持たれるような行動をとらない。

      社外活動
      1.個人の資格で行う社外での活動は原則自由である。ただし、記者活動の中立性に疑念を抱かせたり、朝日新聞の信頼、名誉などを損ねたりする恐れのある行動はしてはならない。

      読者への説明
       記者は、読者をはじめとする社外の声には謙虚に耳を傾ける。社外からの異論や反論は丁寧に受け止め、行動や報道・評論が読者や社会に理解され、支持されることを目指す。読者の信頼を得るために、説明責任を果たすように努める。

      削除
  7. 2/14に釜山東区庁《など》自治体に少女像移転命令公文書を政府が送っていたという報道が出てきました。重要なものなので注意が必要。
    《など》となっているので東区庁以外の自治体にも送られてきた事になります。釜山市ではないでしょうか?道路法によると政府は釜山市に命じる事ができ、釜山市は東区庁に命じる事が出来ます。

    政府→釜山市→東区庁という玉突きです。釜山市も巻き込まれたのでしょう。この嘆いている自治体関係者は釜山市職員ではないでしょうか?

    命令する公文書が来て命令が実行されなければ、政府が直接実行できるような手続きがあるはずです。沖縄県知事が埋め立て承認を取り消したときにこれを無効にする手立てをとったようにです。法治国家ですから当然なければおかしい。

    撤去への手続きが一段階進んだ事になります。日本政府は油断安心しないで期限を切って実行を迫るべきです。また、公文書を出したということはソウル鍾路区とソウル市にも出した可能性があります。日本政府は事実関係を確認すべし。日本のマスコミ、、、無理か、期待しても。

    http://japanese.joins.com/article/113/226113.html
    韓国政府が釜山(プサン)東区庁など地方自治体に「国際礼譲や国内法に反する日本総領事館前の少女像を移転せよ」との趣旨の公文書を送っていたことが明らかになった。

    23日、韓国のファイナンシャルニュースは、釜山の地方自治体関係筋の言葉を引用してこのように報じた。この関係者は「一週間前、外交部から少女像を移転するよう指示する公文書が送られてきたが、われわれ機関だけで解決できる事項ではなく、苦しい立場」と述べた。

    返信削除
    返信
    1. 「国際礼譲や国内法違反」
      国際礼譲はウイーン条約です。批准した条約は国内法と同じ効力を持つと憲法第6条が保証しているので現時点では合法です。法に適用は行政機関が行うので法の解釈権限は第一義的に行政府にあります。それが疑問なら司法判断を仰ぐ事になりますが、現段階では合法的な措置ということで下部行政機関は従わなければなりません。

      国内法とは道路法第61条でウイーン条約とは何の関係もありません。表現の自由とも関係がない。法改正するしか違法性を回避できません。合法的な抵抗の方法はない。

      削除
    2. 駐韓日本大使がいないので問い合わせは伝言ゲーム。
      日本政府→駐日韓国大使→外交部→道路法所管省と三段階になります。
      一時帰国は外交特権の放棄。

      削除
    3. http://japanese.joins.com/article/149/226149.html
      外交部が要請文を送ったにすぎなかったようです。従来と変わらない。
      「国内法違反」は誤報だったのか?管轄外なので外交部がコメントしないだけで、道路法所管省から別の公文書が出ている可能性は?

      削除