2017/02/09

NYTの脱洗脳は『帝国の慰安婦』から?著者勝訴報じる

一部の日本人や在日も朴バッシングに加担した

ノリミツ・オオニシ以下、何人もの迷物記者が慰安婦問題をミスリードして来たニューヨーク・タイムズだが、『帝国の慰安婦』を巡る刑事訴訟にパク・ユハ教授が勝訴し、以前から彼女に注目していたNYTが教授の主張を中心にこのニュースを取り上げた事で、結果的に日本に助け舟を出す形になったかもしれない。

慰安婦騒動がどういう物かアメリカにも少しずつ伝わりかけて来たか?なぜこの問題が終わらないのか。韓国社会では正史に逆らうことが許されないとか、法廷内で慰安婦がパク教授を罵倒したことも明らかにされ、「強制はなかった」という日本人の舌足らずな弁解を聞いて激怒していたアメリカ人も、「日本政府が・・・強制的に募集するのに公式に関わったという証拠はなく、それゆえ法的な責任はない」というパク教授の主張を紹介されて、ようやく合点がいったかもしれない(日本人の説明下手は、犯罪レベル)。

地裁前で怒りを表明するイ・ヨンス(1.25)
法廷内でも朴教授を罵倒

韓国で主流になっている「性奴隷制度」という認識が必ずしも全体像ではないというパク教授の意見に、記者も感化されつつあるのだろう。だから慰安所も売春宿と書いている。細かい部分には疑問もあるが、全体的に先入観から脱しつつあるといった印象を受ける記事ではある(まだ断定するには早いが)。

しかし、変化が起こりつつあるとしても、それは日本政府の働きかけでも日本人の電凸のせいでもない。韓国人であるパク・ユハ教授の存在があったればこそである。そういうパク教授も、アン・ビョンジクキム・ワンソプと同じ運命を辿ったかもしれない。彼女が日本の知識階級に多くの知己を持ち、日本の新聞も彼女の苦難を報じた・・・そしてもしかしたら、彼女が女性であったことも幸いしたかもしれない(もっとも、朴バッシングの裏にも日本人や在日がいた)。それがニューヨーク・タイムズに変化をもたらしたのなら、今回の事は、パク教授をスラップ訴訟の標的にした慰安婦支援団体(ナヌムの家)が自ら墓穴を掘ったと見るべきだろう。

非道な?判決に目頭を押さえるイ・オクソン

「慰安婦」について書いた教授名誉棄損裁判に勝つ

第二次大戦中の日本の軍用売春宿について書かれ、元従業員(慰安婦)の韓国人女性を怒らせた本の著者である大学教授が水曜日、名誉棄損(の裁判)で無罪を勝ち取った。

ソウルにある世宗大学の日本文学の教授であるパク・ユハは、2003年に『帝国の慰安婦』を上梓した。その時以降、彼女は戦時中に売春宿で働くことを強制されたと主張する9人の韓国人女性から民事と刑事で告訴された。

一年前、パク氏は民事裁判に負け、「偽り」と「歪曲された」本の中身で女性らを名誉を棄損したと裁判所に言い渡され、9人に一人当たり1000万ウォン、8500ドルの支払いを命じられた。

しかし、この水曜、パク氏は刑事裁判に勝訴した。韓国のメディアに注目された裁判で、ソウルの東部地裁の裁判官は、彼女の学問的自由は守られるべきだと判決を下した。

「本の中の被告の意見は、批判や反論を招き、慰安婦が強制的に動員されたことを否定する人々によって悪用される懸念すらある」とイ・サンヨン裁判官は述べた。「しかし、学問的表現の自由は守られなければならない。それが正しい場合だけでなく、それが誤っている場合も」。

イ裁判官は、パク氏の本は最終的には自由な討論を通じ学者や市民によって裁かれるべきだと述べた。

慰安婦問題は、韓国と日本の間で最も感情的な紛争の一つである。歴史家は、最低でも数万人、1930年代の初期から1945年まで売春宿にいたとしている。その多くが朝鮮人であった。238人の女性が韓国で名乗り出て、40人足らずが存命である。全員が80代と90代である。

パク氏に懲役3年を求刑した検察は、不服申し立て一週間の猶予がある(引用者注:検察は控訴した)。

水曜日に裁判官が判決を読み上げた際、9人の慰安婦の一人、イ・ヨンス(89歳)は立ち上がって非難した。韓国の報道によれば、彼女はパク氏を「親日の裏切り者」と呼んだ

パク氏は判決を歓迎し、自分は慰安婦たちと戦っていたのではなく、韓国の学者やジャーナリストたち(慰安婦の)支持者と戦っていたのだと述べた。彼らは、慰安婦に対する主流の物語と異なるいかなる意見も許さないのだと彼女は言う。

たくさんの韓国と日本の有識者が、パク氏の法的トラブルは韓国でデリケートな歴史問題について既存の常識に盾突くのがいかに危険か警告してきた。

パク氏は本の中で、日本人が婉曲的に「慰安婦」と呼ぶ売春宿にいた女性たちについてもっと大局的な見方をと訴えて来た。彼女たちは、韓国の公式な歴史の中では広く性奴隷制度に強制されるか誘い込まれた若い女性と記述されている。パク氏は、それは部分的にしか正しくないと主張している。

彼女は、日本政府が当時植民地であった朝鮮から女性を強制的に募集するのに公式に関わったという証拠はなくそれゆえ法的な責任はないと書いた。彼女は朝鮮人の(対日)協力者(collaborators)に日本の民間人募集者同様、朝鮮人女性を、時に強制的に、「慰安所」に入れた主たる責任があると言う。彼女は同時に、慰安所での生活には強姦と売春の両方が存在し、女性の一部は日本兵たちと「同志的関係」を育んだと言う。

歴史家や元性奴隷を含む韓国におけるパク氏の批判者たちは、彼女が多くの日本人の見解を口真似する為に歴史資料を恣意的に抽出していると批判する。彼らは彼女を「親日の擁護者」と呼ぶ。一部の日本の右翼政治家は、慰安婦は単なる売春婦だと言って韓国人を怒らせて来た。

韓国は公式に、日本は強制的に女性を募集し売春宿を運営したことで法的に責任があると言っている。日本政府は1965年の外交関係回復の条約で完全に決着したと言っている。

しかし、2015年の12月、両政府は、彼らが言うところの「最終的かつ不可逆的」な合意を発表した。この取り決めで、日本は責任を認め、新たな謝罪を女性たちに行い、(慰安婦たちの)老後の面倒を見る補助に830万ドルの基金を約束した。だが一部の慰安婦は、日本の「法的」責任を特定しておらず、公的な賠償がないとして合意を拒否している。

合意一周年にあたる先月、慰安婦の支援者たちは、慰安婦を象徴する新な銅像を韓国にある日本総領事館の正面に設置した。これに抗議して日本政府は駐韓大使(?)を帰国させた。

12 件のコメント:

  1. 同志的関係なら米軍がすでに尋問・認定している。日本軍の同志だから敵の捕虜として扱われた。被害者じゃない。
    一方の当事国の中で社会的に存在が認知される意見になった事が大きいのでしょう。その勇気は賞賛に値する。

    さて、CNNは他方の当事国の日本政府から捏造記事と批判されてどうするんでしょうね。状況が良い方にどんどん変わっています。

    返信削除
  2. 確かに朴裕河氏の裁判からNYTの記事の論調が明らかに変わったように思います。
    欧米メディアの「20万人強制連行」ナラティブから、全く変わったように。
    彼らが人権問題として米軍慰安婦や韓国軍慰安婦にも目を向けることを願っています。

    返信削除
  3. 確かに「日本人の説明下手は犯罪レベル」ですけれども、聞く側に「聞く耳持たぬ」という無責任な態度があったことも確かですから、ここで何がどうこじれて行ったか事情を整理して反省しておくことは、無益ではないでしょう。

    私は、下記のWebsiteを2012年の7月、つまり、グレンデールに慰安婦碑が建った直後に立ち上げ、その後、コンテンツの付加と改訂を重ねて今に至っているのだけれども、当初はもっと早く事態が収まると考えていました。ホームページがpage03.htmlになっていて、通常のindex.htmlになっていないのは、慰安婦問題は朝鮮・韓国問題の一つにすぎない、これが収まってくれば、もっと総合的な角度から朝鮮を眺めてみよう、という意識があって、page01とpage02は歴史や経済の問題に宛てようと思っていたからです。その後、page03が異常拡大してアクセスカウントも増えたからindexに変えられなくなった。

    False Accusations of Comfort Women
    http://www.howitzer.jp/korea/page03.html

    立ち上げの当初は、既に①吉見義明の和書の英訳版Comfort WomenとGeorge HicksのThe Comfort Womenが出版されていて、この二つの本が世論に大きな影響を持っていた、②まともな学術書であるC. Sarah SohのThe Comfort Womenは出版直後で、全部読んだ人は身近にいなかった、③橋本大阪府知事がさして深くも考えず「米軍は性犯罪を起すよりソープランドを使え」とぽんぽん無責任な発言を繰り返していて、英米のニュースサイトは、どこも興奮状態で「悪いことをしたなら素直に認めて謝罪しろ」の一辺倒で、全く「聞く耳持たぬ」という状態でした。

    こういう「聞く耳持たぬ」という姿勢は、イラク戦争開始前の興奮状態と似ていて、あの時は「アルカイダとイラクの間に何の関係があるのか」「雨公どもは気でも触れたか」と思ったものです。あのような一種の興奮状態に陥ってしまうと、理性的な声は掻き消えてしまうもので、C. Sarah Sohの本を丸々読んだあたりから「元慰安婦らの証言も収集しなければならないな」「この問題について大量の英文を書ける人間が、翻訳のフリーランサーである自分を置いて誰がいる」と考えたあたりから、私は長期戦を覚悟したと思う。

    元々、私は盧武鉉がトチ狂った発言を繰り返していた時に、2ちゃんねるで「ノムヒョン遊び」に興じていただけでしたので、2007年のマイク・ホンダによる米下院対日非難決議も「雨公の悪い趣味」程度の感覚しか持っていなかった。やがて「これはヤバイ」という意識が強くなって、のめり込んで来た、という状況です。(続く)

    返信削除
    返信
    1. >イラク戦争開始前の興奮状態と似ていて

      似てましたね。私も同じ事を感じました。

      削除
  4. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
    返信
    1. みっけ!Korean woemen packing comfort bagsで検索するとたくさん出てくる。慰安袋(慰問袋)が慰安婦に化けるんだから、呆れる。この画像で1千万件のファイルがヒットする。英語が多いが、中国語もかなり多い。

      https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Korean_women_packing_comfort_bags.jpg

      削除
    2. 上の写真は東大所有のようですが、こっちは不明
      https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Korean_children_holding_comfort_bags.jpg

      削除
    3. ウィキペディアにもあったのですね。これは外国人にも説明し易い。

      削除
  5. この写真を特殊ソフトでgoogle検索をするとこの写真を使ってあるhtmlが出てきますその数、何と252億件!3カ国はグルか?

    日本語だと2000万件で1/1000

    中国語・簡体
    找到约 25,270,000,000 条结果 (用时 0.90 秒) 
    韓国語
    검색결과 약 25,270,000,000개 (1.13초) 
    英語
    About 25,270,000,000 results (1.26 seconds)

    日本語
    約 20,600,000 件 (0.67 秒)
    中国語・繁体
    約有 20,600,000 項結果 (搜尋時間:0.78 秒) 
    ドイツ語
    Ungefähr 20.600.000 Ergebnisse (0,84 Sekunden) 

    返信削除
  6. (前から続く)
    この「聞く耳持たぬ」という姿勢は今も一部で続いていて、①秦郁彦教授らによる道理を尽くしての抗議・説明にも係わらず、マグロウヒル社教科書に於いてHerbert Zeiglerが「20万人強制連行、終戦に際して隠蔽のため大部分を殺害」の記述を変えようとしないこと、②CNN他の英米メディアが相変わらず「20万人強制連行、性奴隷化」の記述をオウムのように繰り返し発信していること、等にその現象が見られる。

    「聞く耳持たぬ」という姿勢の背景に何があるのか。恐らく、1) アメリカ人には元々、self-righteous(傲慢不遜、唯我独尊)な気質があって、上から目線でものを言う悪癖がある、2) 英米人には、日本人を東京裁判史観(とにかく日本が悪い、日本人は大量殺人・大量強姦をする凶暴な民族であるということ)に押し込めておきたい願望があり、それと異なる見解を述べる日本人には「歴史修正主義者」「極右翼」のレッテル貼りして思考停止する、3) 「猿の惑星」にも通じる伝統的な人種偏見、4) 興隆しつつあるパクス・ジャポニカに対する羨望、やっかみ、妬みと、その反動としてのジャパン・バッシング、等があるものと思われるが、ここでは、その詳細に踏み込まない。

    しかし、その「聞く耳持たぬ」にも微妙な変化の兆しがあることは、ブログ主さんの指摘の通り。

    山本優美子氏によれば、サンフランシスコ市の慰安婦碑建立に際して日本から多数の反対メールが送られたが、中華資本の地元紙が、その総数を220通としたうえ、「20万人という数字に疑問がある」「地域のコミュニティを分断するものである」と報道しており、こういった報道は、一昔前は考えられなかったという。実際、私も、「この問題を日本軍の行動だけに矮小化して扱うのは間違いだ」として、SF市の決定に反対するアメリカの老婦人の意見がラジオ放送されているのを聞いたことがある。
    CNN他の英米メディアの相変わらずの報道にも、「高給を得ていたのだから、性奴隷ではない」「朝鮮人の娼婦は、アメリカにいっぱいいるじゃないか。そういう娼婦輸出大国が強制連行を訴えても説得力がない」というコメントが載ることがある。平和なコミュニティに日韓の紛争を持ち込もうとする韓国人に対する反感が、根本的理由として存在するものと思う。
    15年末の日韓合意の直後、ナヌムの家の元慰安婦らが合意に反対する声明を出した。そのとき、「いい加減に黙れ」という書き込みを多く見かけた。アメリカ人は口に出して云わないが、Korea fatigue, comfort women fatigueを確実に抱いていると思う。(更に続く)

    返信削除
  7. 今後の見通しについて述べる。

    慰安婦騒動に、今後、最も大きな影響を与える要因はトランプ政権の誕生だろうと思う。

    従来、オバマ政権は対北朝鮮を意識して日米韓三角同盟を維持しようとし、もっぱら日本に苦汁を呑ませる形で日韓関係の維持を図ってきた。そのために安倍首相も、河野談話・村山談話の維持を国会でわざわざ口にし、結びたくない2015年末の日韓合意を結ぶなどの屈辱を味わってきた。

    調子に乗った韓国人は、アメリカの力を使えば日本の頭を小突き回せると愉快だったろうが、今年一月、日本政府が4つの対抗措置を取ったことで反日オモチャが壊れた。嫌がらせは面白いだろうが、相手が棍棒を持って追いかけてきたら、もう終わりだ。

    奇妙なことにトランプ政権は、日本政府の「4つの対抗措置」に、何の干渉もしてこない。これがオバマ政権またはヒラリー政権であれば、確実に干渉してきたものと思う。

    ひょっとすると、アメリカ人も冷静になってみて慰安婦問題の性質が分かってきているのかもしれない。次の韓国大統領は日韓合意を白紙に戻すだろう。そうなれば、慰安婦問題が人権云々の問題ではなく、韓国の反日オモチャに過ぎないと分かるのではないか。

    してみると、今後、韓国系移民の多い地区で慰安婦像の設立キャンペーンを張り、セミナーや式典にナヌムの家の元慰安婦を「客寄せパンダ」として登場させ、日本に対する悪口をさんざん述べたのち、お涙頂戴ショーから募金運動を開始して一気に慰安婦像建立という、従来の韓国人のビジネスモデルは通用しないかもしれない。ワシントン公有地での慰安婦像の建設が流れたのがいい例だ。建つとすれば、サンクチュアリ・シテイ(聖域都市)の歴史が長いSF市、熱心なキリスト教司祭がいるシドニーのような特殊な地域だけだ。

    但し、油断は禁物で、平静に見えるときこそ裏で奸悪の計をめぐらしているのが韓国人だ。さしあたって、次のヤマはカリフォルニア州の高校生向け教科書に慰安婦の記述が載るかどうかだろう。載るとすれば、Herbert Zeiglerの「20万人強制連行、終戦に際して隠蔽のため大部分を殺害」の記述がそのまま載るのではないか。(あと少しだけ続くんじゃ。)

    返信削除

  8. それでも、良い兆しもある。新しい言論プレーヤーの登場だ。

    つい最近、Arche Miyamotoという米陸軍退役将校がWartime Military Records on Comfort Womenという本を電子出版した。私はMichael Yonを通じてArche Miyamoto氏からコンタクトを受け、何度か意見交換をした。付け足す内容がないか、というので、私は「朝鮮人志願兵」についての厚生省(旧内務省)の資料を提供し、「ピーク時の応募倍率が50倍にも達している。20万人も自国の婦女子をさらっている軍隊に、これほど多くの青年が兵士になろうと志願するはずがないだろう」と書き送った。
     Arche Miyamoto氏の本は読んでいないが、内容は推して知るべし、である。
     Michael Yonも近々、慰安婦についての本を出版予定と伝えられている。
     その他の新しい言論プレーヤーとしてケント・ギルバートがおり、たぶん、目良浩一氏も言論活動をするだろう。
    目良浩一氏のグレンデール慰安婦碑訴訟に対しては戦略を誤ったとする批判もあるが、日本人は訴訟沙汰も厭わないという強い意思を示すことになったはずだ。これは慰安婦碑を計画している所には無言の圧力になっているはずである。

    カリフォルニア州の教科書に慰安婦の記述が載ったなら、慰安婦は教育の問題としてフレア・アップするだろうが、これら新しい言論プレーヤーによって、比較的短期間のうちに収束するに違いない。

    問題は日本の外務省であり、対慰安婦宣伝戦における日本の最大の弱点になっている。実際、Fort Leeでも「図書館に書籍をプレゼントするから慰安婦碑は造らないでくれ」という下らない取引を持ちかけ、返って地元の反発を受けて碑が建立された。自民党の外交部会が外務省に対しクマラスワミ報告への「まぼろしの反論書」の公開を要求したのが2014年の10月である。これに対し岸田外相は「検討する」と答えたきり、何もしないまま2年3ヶ月が経過している。
     河野談話の作成過程を見ても、外務省はさながら韓国の出先機関のようであり、ここのコリア・スクールを破壊しない限り、百戦必敗は免れない。
     唯一の希望は、安倍政権の長期化に伴って、外務省の体質も変化せざるを得ないことだ。
     その端的な表れが、国連人権委員会・女子差別撤廃委員会における杉山審議官の慰安婦問題に関する明確な説明だ。あのとき、これまで中華系委員に占拠されていた人権委員会は、明らかに動揺していた。

     韓国は相変わらず狂乱したまま「反日教団」になろうとしているが、新しい言論プレーヤーの登場と外務省の体質変化があれば、海外における慰安婦問題にも状況の好転が期待できる。(終り)

    返信削除