2017/05/21

秦郁彦 吉田の詐話と吉見の”発見”


読売新聞の連載「時代の証言者」。先月まで秦郁彦が登場。基本的に彼の著書に書かれていることと同じだが、第29回目は吉田証言と吉見教授の”発見”についてスポットライトが当てられた。吉田と吉見、二人のキーマンの存在で、慰安婦騒動の幕が開いた。

時代の証言者

秦 郁彦 29
実証史学への道

「吉田証言」の詐話を追う

1991年12月から92年1月にかけて、私が「ビッグバン(大爆発)」と呼ぶ、慰安婦問題の騒動が発生します。12月、旧日本軍に徴用された韓国人と遺族が、日本に謝罪と補償を求め東京地裁に提訴。この中に元慰安婦3人も加わりました。 1月11日には朝日新聞が、朝刊1面トップで、慰安婦の募集に日本軍が関与していたと報じます。

<<記事は、旧日本軍が慰安所の設置や従軍慰安婦の募集に関与していたことを示す文書が明らかになったという内容だった。従軍慰安婦について「主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる」との記述もあった>>

記事の根拠となった文書は、吉見義明中央大教授が防衛庁の防衛研究所図書館で発見した、とのこと。私は12月下旬、吉見氏と防衛研究所で偶然会い、近く朝日新聞に出ると聞き、なぜニュースになるのか疑問に思いました。

1938年に陸軍省が流したこの通達文書は、すでに20年前から公開されていたもので、慰安婦を募集する際、誘拐まがいのことをやっている悪質な業者がいるから、取り締まれという内容です。日本軍の関与には違いないが、良い関与だったからです。

それを、宮沢首相の訪韓(1月16日)という絶妙のタイミングに合わせて掲載したのでしょう。

ほかのマスコミも追随し、強制連行の証拠が見つかったかのような大騒ぎになりました。宮沢首相はソウルでデモ隊に迎えられ、何度も陳謝します。

強制連行説の根拠になったのが、吉田清治著『私の戦争犯罪』 (83年)です。戦時中、労務報国会(労報)下関支部の動員部長だったと称する吉田氏は、済州島で慰安婦を調達せよとの西部軍命令を受け、女性を狩り出したと書いています。

私は一読して怪しいと感じました。済州島は朝鮮総督府と朝鮮軍の管轄。本に載っている命令書も、正規の体裁から外れている

私は吉田氏に電話しましたが、話に矛盾が多く、作り話と確信しました。出版社にも電話すると、担当者は「あれは小説ですよ」と言うのです。

私は彼を典型的な詐話師だと直感し、92年3月、証拠を見つけるため済州島を訪れました。最初に城山浦の貝ボタン工場を訪ねました。本には女子工員を木剣で打ちすえ、かり集めたと書かれています。近くの老人たちに話を聞くと、「そんな話はない。小さな村落だから、何十人も連れて行かれたら大事件だよ」と一様に否定しました。

さらに公立図書館で、地元の済州新聞が吉田本の韓国語版の紹介記事(89年8月14日)を掲載していたことを知りました。慰安婦狩りを裏付ける証言はなく、島民は「デタラメだ」と否定しているとの内容です。

書いた女性記者を訪ねると、「日本人はなぜこんな作り話を書くのでしょうか」と責められました。

帰国後、私の済州島での調査を取材した4月30日の産経新聞は、吉田証言を虚偽と断定しました。

(編集委員 笹森春樹)

読売 2017.4.24 8面

2 件のコメント:

  1. 6/2吉田誠治長男の謝罪碑撤去についての本が出版されます。元自衛官に頼んで撤去しようとしたが土台のコンクリートがあってできずに碑文の一部を張り替えて管理者に届け出た。元自衛官には韓国警察から3回連絡があったと産経新聞は紹介している。
    碑文の最後は日本語でこうなっています。

    「謹んであなたに謝罪いたします。老齢の私は死後もあなたの霊の前に拝跪して許しを請い続けます。合掌。」

    吉田誠治も「被害者」も永遠に霊となってこの世にとどまり謝罪し、謝罪を受け続けるという碑文です。合掌とは霊が成仏することを願う言葉です。49日は霊が成仏するまでの期間。それが開けると霊前供養から仏前供養に変わります。永遠に霊となって彷徨うのであれば、法要もお墓参りも拒否しています。

    長男は父は韓国に行っていない、スタンプがないと言います。
    朝日新聞は除幕式で土下座謝罪した記事を写真付きで報道した。
    訪韓してなければ、朝日新聞の新たな捏造になります。

    碑文から見て本人は行っていないか、作文に関与していないと思います。
    韓国人には分からないが日本人には分かる捏造碑文は証拠として永遠に残した方が良いと私は思います。

    返信削除
    返信
    1. 余談ですが、浄土真宗では、葬式でも仏前でいいと坊さんは言います。死んだらすぐに成仏するから、穢れていると帰宅時に塩を撒いていけないと。だからお葬式にお塩が付いてこない。皆さん御霊前に香典を包むのに、仏前でいいと言われても、、、、。早く成仏させても文句は出ないだろうが、逆は非礼。

      削除