2017/10/21

在日の聖地の慰安婦碑に、在日からも批判

望郷の丘の慰安婦の碑

望郷の丘とは、在日韓国人の願いを受けて作られた墓地である。日本以外で亡くなった人々も埋葬されているらしいが、もともと日帝による「強制連行」被害者の為の墓地というニュアンスで始まった。そういう点で政治色はあったのだろうが、現在では、たぶん、少なくとも在日韓国人にとっては純粋に異郷で亡くなった同胞の墓所という位置づけなのではないか?

しかし、韓国の人々(と政府)にとっては事情が異なるのかもしれない。韓国政府が望郷の丘に慰安婦の碑を建てようとしている事に対し、在日の間からも不満が出ていると在日系の新聞、統一日報がわざわざ報じている。振り返ってみれば、民団がプサンの日本総領事館前の慰安婦像の撤去を求めたことからも分かるように、在日韓国人の多くも韓国の慰安婦狂騒を快く思っていないのだろう。

統一日報によれば、女性家族部(省)が新政府の意を忖度して碑の設置を急いだという指摘が出ているということである。女性部この春からデザインの公募を行っていた。韓国政府はこれに先立つ二年前、望郷の丘内に「日本軍慰安婦被害者」の為の特別墓地を造成すること決定していた。在日韓国人にとって父祖の眠る神聖な墓所が、慰安婦キャンペーンのテーマパークに変えられつつある。怒るのは当然だろう。

望郷の丘に少女像

女性家族部の決定に在日怒り

海外同胞らが眠る「国立望郷の丘」(忠清南道・天安)に、従軍慰安婦の追悼碑が設置される。日本当局は、外交ルートを通じて懸念を表明。また、当事者でもある在日同胞も怒りをあらわにしている

追悼碑の設置は、9月25日に決まった。日本当局は設置が決まった翌日、河野太郎外相が李俊揆駐日韓国大使に「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓合意の精神に反する」と懸念を伝えた。「日韓関係に水を差しかねない」との言葉も、複数の日本メディアが伝えている。

菅義偉官房長官も同日の定例会見で「国際社会にも約束したことで、合意を着実に実行していくことが極めて大事だ」と強調した。

追悼碑の設置を決めた女性家族部は、傘下の韓国両性平等教育振興院を通じ、追悼碑のデザインを公募した。選ばれたのは、少女像を含む「安息の家」。3回目の公募でようやく当選作が決まり、年末までに完成させる方針だという。政権が替わったことで、女性家族部が政権の意向を忖度し、急いで碑の設置を決めたとの指摘を受けている

女性家族部の鄭鉉柏長官は、「望郷の丘が日本軍慰安婦被害者を追悼できる新しい空間になるように願っている」と述べた。

望郷の丘は、在日同胞をはじめとする海外同胞の安息のために建てられた。民団が提案し、当時の朴正熙大統領の後押しもあり、1976年10月に完成した。ホームページによると、国家別の埋葬および予約数は、昨年末時点で、計3888。そのうち日本出身者が3296、米国が242、台湾が128、ロシアが73と、日本が圧倒的に多いことがわかる。奉安堂(納骨堂)の利用者および予約数でも、全1349のうち、日本が653と、約半数を占める。在日韓国人にとっては、ゆかりの深い場所だ。

祖国を離れた在日から見て、本国で眠りたいときに眠れる場所であるのは確かだ。民団は毎年、現地で行われる合同慰霊祭に参加しており、「自分たちが建てたもの」との思いは強い。追悼碑の設置について民団中央の関係者は、「いまのところ公式見解はない」と答えた。

ただ、別の在日韓国人は、「国立」墓地に追悼碑が設置されることに懸念を示している。「国家間の合意であるため、気に入らなくても守らなければならないのに、よりによって政府が国立墓地に建てるのは、日本を完全にバカにする行為だ」と語気を強める。墓地の設置を要望し、また多くがそこに眠る在日韓国人は「自分たちの気持ちを無視するもの」と憤っている

統一日報 2017.10.18 [全文]

「望郷の丘」の現在の公式サイトには、
強制連行を仄めかす記述はない
(英語版にはある)

「望郷の丘」に建てる「慰安婦」追悼碑が確定
ジナトゥの「安息の家」…今年設置し、来年の顕忠日に除幕式

国立望郷の丘に設置される日本軍「慰安婦」被害者の追悼碑が確定した。
女性家族部と韓国両性平等教育振興院(両平院)は、当選作が出なかった4~7月の1、2次公募に続き、8月3日~9月8日に3次公募を行った結果、造形物の制作会社であるジナトゥの「安息の家」(写真)を選定したと25日明らかにした。

「安息の家」は4つの追悼碑が連なった形状で、被害を受けたハルモニ(おばあさん)の生涯を時期別に分けて恐怖と苦痛、挫折、つらい人生、勇気と活躍、蝶になって飛んで行く姿などを表現したと両平院は説明した。追悼碑の事業予算は1億8500万ウォン(約1830万円)だ。両平院は今年中に追悼碑の竣工を終えた後、追加の埋葬、周辺環境の整備などを経て、来年の顕忠日に除幕式を開く計画だと説明した。

1976年、忠清南道天安市(チョナンシ)に建てられた国立望郷の丘には、国外同胞や慰安婦被害者をはじめとする日帝の強制徴用者たちの遺骨が埋葬されている。ここに埋葬された慰安婦被害者は42人だ。女性部は他の地域に埋葬された被害者の遺族の考えを聞き、追悼碑周辺に改葬できるように支援する計画だ。

チョン・ヒョンベク女性部長官は「今後もさまざまな歴史記録を通じて女性の人権に対する正しい歴史認識を打ち立てていく」と話した。

ハンギョレ日本語版 2017.9.26[全文]

26 件のコメント:

  1. こりやひどい。誰かと思ったら AP 影山記者。ほかの各紙も絶賛転電中でしょうね。

    North Koreans in Japan Loyal to Roots Amid Discrimination - The New York Times
    (差別の中ルーツに忠実な日本の北朝鮮人 - ニューヨーク・タイムズ)
    https://www.nytimes.com/aponline/2017/11/01/world/asia/ap-as-koreans-in-japan.html

    返信削除
  2. イヨンスが晩餐会に招待されトランプと抱擁と報じられている。日本政府は最終的具体的な制裁で対処しないとさらに図にのる。中国を見習う必要がある。
    イヨンスは朝鮮と台湾の娼妓取締規則での扱いはどうなっていたのだろうか。朝鮮総督府の記録は残っているはず。台湾でも戦地ではないので残っているはず。

    ネットでこんな本を見つけました。朝鮮と台湾の公娼制度の知識が得られます。
    植民地朝鮮の公娼制度と慰安婦制度
    宗連玉2015
    http://satophone.wpblog.jp/?page_id=1181
    【植民地差別】
    「3.公娼制度と植民地差別
    朝鮮での娼妓許可年齢は十七歳以上と決められたが、年齢規定は日本人娼妓にも適用された。一九一六年以前の法規に見られた民族差別ではなく、朝鮮にいる総ての娼妓を内地と差別化する植民地主義へと転じたのである。」

    それまで朝鮮では16歳、日本(内地)では18歳。間をとって17歳として朝鮮人にも日本人にも平等に適用する貸座敷娼妓取締規則が朝鮮総督府令として1916年施行される。植民地が差別という意味ではない「植民地差別」という新語は初めて見た。

    【官憲】
    「日中戦争が始まる頃になると朝鮮内の公娼制にも変化が見られる。それまで貸座敷内の娼妓は特別な理由がなければ外出が認められていなかったが、一九三四年末(日本「内地」では一九三三年)に法令が一部改定され、娼妓の外出制限が削除された。同時に朝鮮の「貸座敷娼妓取締規則」の第一条、第十三条から「憲兵」という文言が削除される(26)。」

    河野談話で「官憲」という用語が使われ、軍の関与を意味するように受け取られている。国語辞典では「官憲: 官庁・役所。また、官吏・役人。特に警察関係にいう。」となっているが、やはり憲兵を意味するのかもしれない。

    【朝鮮の日本人娼妓】
    「朝鮮内の朝鮮人娼妓の数は一九一六年以来、一貫して増加するが、一九三九年になって朝鮮内の日本人娼妓数を逆転する(27)」

    1938年まで日本人娼妓の登録数の方が多かったということになる。私娼もいて出典統計が正確かどうかは分からないにしても、朝鮮から戦地の慰安所に行った日本女性もかなりいた事が伺える。その証言は聞いた事がない。朝鮮人が20万人ならその内の10万人あるいは別に10万人が朝鮮在住日本人かもしれない。(^^;

    【台湾の日本人娼妓】
    「ちなみに台湾への公娼制の導入は、日本の領有直後の一八九六年、台北県令甲第一号「貸座敷並娼妓取締規則」の制定により始まる。一九〇六年には、、、台湾総督府の支配が地方にまで及ぶが、この時期に台湾公娼制が確立する。すなわち、、、島内の地域ごとに違っていたので、そこから生じる混乱や弊害を是正するために、「貸座敷及娼妓取締規則標準」「娼妓検診及治療規則標準」(民警)を定め、全島的に統一し、娼妓の許可年齢は十六歳と定められた。
    一九〇七年までは業者も娼妓も日本人だけだったが、一九〇七年には台南県に唯一の台湾人貸座敷区域が成立する(21)。」
    「台湾においては一九一〇年代初めから朝鮮人娼妓の台湾渡航が増え始め、一九三〇年には《朝鮮人娼妓の数は》台湾人を上回り、四〇年前後には台湾全体の娼妓数の約四分の一を占めるようになる(31)。」(
    《》は引用者が補いました)

    1907年までは日本人のみ。1949年には朝鮮人が台湾人を上回って全体の1/4。つまり娼妓の半分以上は日本人だったことになります。台湾から慰安婦として戦地に赴いた日本人女性も多数いた事が伺えます。
    (台湾16歳、朝鮮17歳、内地18歳以上は覚えやすい。)

    【帰ってきた慰安婦の実例】
    「ソウルに住んでいた申在順という女性が、朝鮮人の仲介で騙されて一九三八年春に南京の慰安所に送られるが、一九三九年八月にソウルに戻って仲介者に抗議したところ、流言飛語の罪で逮捕されてしまったという事件があった(36)」

    1年ちょっとで帰ってくるんなら、強制連行でも性奴隷でもない。朝鮮人業者の仲介で騙されて、帰国して抗議したらその朝鮮人に流言飛語で訴えら、朝鮮人警察官に逮捕されてしまった。結果はどうなったのか起訴されて有罪になったとは書いてないので、抗議をやめて釈放されたのだろう。裁判になれば、仲介業者の貸座敷娼妓取締規則違反が焦点になる。

    返信削除
  3. 中央日報が7日の晩餐会について9日に駐韓米大使代理の発言を報じている。

    ----
    ナッパー氏はこの日午後、ソウル貞洞(チョンドン)大使官邸ハビブハウス(Habib House)で行われた出入り記者団との懇談会で、関連質問に対して「韓国と日本メディアが非常に過度な解釈をしようとしているようだ。単なる人間的なジェスチャーだったと見れば良い」
    ----

    日本政府も韓国外交部も元慰安婦の出席は知らされておらず、米側も直前に知らされたとの政府関係者の話を朝日が報道したとか。中央日報は通訳もおらず、大統領も誰かわからず抱擁したのかもと解釈している。

    そんなことはあり得ないと思います。だって婆さんの暗殺者だったらどうするんですか?直前まで素性が分からないで警護ができますかね。ずっと前から出席者は協議の上で確定しているはず。抱擁し、知らなかったふりをするところまでの合意があったのでしょう。

    返信削除
  4. 国税を使うのだから英軍慰安婦に癒し金を支給してはならない。適正な支出を。

    2017/11/11 13:35
    【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の福祉施設「ナヌムの家」によると、被害者のイ・ギジョンさん(93)が11日午前、死去した。
     イさんは15歳のときにシンガポールに連れて行かれ、つらい体験を強いられた。
     韓国政府に登録されている慰安婦被害者239人中、生存者は33人に減った。
    csi@yna.co.kr

    シンガポールが陥落したのは1942.2.15。8万人の英軍が投降し日本軍が占領した。この直後に15歳でシンガポールにやって来たと仮定すると、25+75=90歳。なのに93歳。陥落の3年前から英軍慰安婦をしていた事になる。

    返信削除
  5. 大阪市がサンフランシスコ市との友好姉妹都市を解消することが確実になりました。市議会自民党は強く反対しているが議会には権限がありません。

    11/21衆議院代表質問で安倍首相がペーパーを読んで答弁しています。
    https://youtu.be/kXlbYd7P0Ak
    19:00-「慰安婦像のサンフランシスコ市への寄贈は我が国政府の立場と相容れない極めて遺憾なことであると考えています。政府としてはサンフランシスコ市長に対して24日までに拒否権を行使するよう申し入れを行いました。」

    一国の首相が国権の最高機関である衆議院の代表質問で市長に対し申し入れをした事は明らかにするのは極めて異例。官房長官が記者会見で発言するのとは違います。

    その後にサンフランシスコ市長が日本政府の要請を無視し、議決を受け入れたことは敵国に対する対応。北朝鮮とどこが違うのか。日本政府に対する態度表明もしないサンフランシスコ市の外交非礼は目に余る。

    ことの重大さを日本のマスコミやサンフランシスコ市民は理解しているのだろうか。大谷はサンフランシスコ・ジャイアンツとの交渉はするな。

    返信削除
  6. 11月に日本軍慰安婦問題の本が出版された。
    本論よりも、朝鮮戦争の時に国連軍による韓国での一般女性に対する凄まじい強姦が発生し、慰安所が設置されて沈静化されたという著者の目撃証言の方に注目する。
    連合軍が最初に上陸した神奈川県でも凄まじい状況が生まれたと推測されるが、ほとんど報道されず、目撃者もほぼ死に絶えてしまった。せめて新聞記事を発掘して米国人・サンフランシスコ市民の責任を徹底的に追及してやろうかとも思うが、"生産的"とは思えない、、、。何でこんなことしなきゃならんのかと思うが、米国人はして欲しいのか?聞いてみたい。日本人の憎しみに火をつけ欲しいのかいと。

    https://www.ittf.com/2017/11/29/title-regained-miyu-nagasaki-steals-thunder/
    「崔 吉城(チェ キルソン)著「朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実」である。

    崔氏は韓国京畿道楊州市出身で、子供の頃、朝鮮戦争を体験している。それも特異な体験である。崔氏の村の人たちは、国連軍は平和軍であり、共産軍から自分たちを守ってくれる天使のような軍だと思っており、大歓迎して迎えた。ところが、その国連軍の兵士たちは村の女性たちを襲い始めた。その性暴行は凄惨を極め、男子児童にまで被害が及んでいる。結局、崔氏の村に慰安所ができ、それによって村の一般女性に対する性暴行は沈静化したと言う。」

    返信削除
    返信
    1. urlが全然違いました。訂正
      http://www.zaikei.co.jp/releases/558001/

      削除
  7. 広島大のライブラリーに2001年の著者論文「朝鮮戦争における国連軍の性暴行と売春」が収録されています。
    http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/ja/00023290
    議政府市と東豆川の間のA村で起きた実例が詳しく記載されています。地図で確認すると揚州郡なので、著者が生まれた村での実際に起きて経験したことのようです。この部分については証言としての価値は高いように思います。(中国軍が性暴行をしない軍隊で世界の軍の例外というのはプロパガンダではないかと思います。民衆のものは針一本盗まないとかずいぶん言われたのは知っています)

    返信削除
  8. 久しぶりにこのサイトをみています。
    いわゆる慰安婦問題は留まるどころか
    サンフランシスコやら、望郷の丘やら
    増長するばかりですね。

    大阪市は橋下市長時代にサンフランシスコとの
    姉妹都市は解消すべきだったでしょうね。
    他の市町村も米国やらの外国との姉妹都市関係を
    今一度見直すいい機会でしょう
    私の北見市の場合はどうだろうかとか
    地域に在住する皆さんも自分のところの役所は
    どこと姉妹都市関係があるのか
    場合によっては解消してもらうよう
    役所に働き掛けることがだいじでしょう。
    日本が孤立化するのでは?といわれそうですが
    そんなことはありません。
    捨てる神あれば拾う神ありという
    日本の諺を連想するわけです。
    日本国民も意思表示することを
    外国に示すことが重要なのです。

    返信削除
  9. 文春スクープ「韓国軍に慰安婦」記事に捏造疑惑
     山口敬之のもう一つの“罪” 
    社会週刊新潮 2017年10月26日号掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/10181701/?all=1
    この新潮と文春の対立関係が背景にあるために
    山口氏がねつ造かとなったのでしょう。
    ベトナム戦争時に派兵された韓国軍の蛮行を
    打ち消すことはこの新潮の記事でも
    さすがに言ってないようです。
    この新潮の記事を読んでいて思ったのは
    実はこういう山口氏の手法は
    昔っから左翼学者が近現代史の研究で
    していたことそのものの一端ですね。
    もちろん、右である保守系の人による
    近現代についての歴史本にも
    ありがちでしょうねと思いました。
    重要なのは私どもがどう受け取るか
    ということでしょうね。

    ちなみに、ベトナムは1940年9月22日から
    1945年まで日本軍が仏印進駐していました。
    五年間もいて日本軍慰安所については
    吉見氏や林氏やら左翼学者にも
    保守系の論客の本でも、みたことがありません。
    おそらくベトナム政府の意思があり
    あえて触れられていないのかもしれません。
    将来、そういうベトナムでの慰安所はどうだったか
    ベトナムからでるのでしょうかねと思ってます。
    ベトナム戦争やフランスとの独立闘争で
    北ベトナムの将校らを仕込んだのは
    何を隠そう残留日本軍兵士らでした。
    中国で残留した日本兵らは中国共産党に
    洗脳すらされたのにベトナムにおいては
    そうでもなかったようですね。

    返信削除
    返信
    1. http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/04/blog-post_49.html
      ハンギョレの報道からは米軍令部の韓国軍司令官宛の書簡に韓国兵専用のトルコ風呂があり、米兵も使用できたとあるのを見つけたということで、慰安所や慰安婦という記述が米文書にあったという話ではないと読めます。トルコ風呂が売春施設で慰安所であり慰安婦がいたというのは山口氏の判断(主観)。そうなら新潮もデタラメかなと、、、。

      削除
  10. 2016/12/04
    慰安婦騒動、中国が梯子を外す日
    http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2016/12/blog-post.html
    あれから一年たち、中国は外すどころか
    サンフランシスコといい、上海の大学に
    東京裁判記念館の建設計画だそうで
    反日の主体として全面に踊りでていますね。

    017.11.25 20:44
    【歴史戦】
    上海に「東京裁判記念館」 大学が建設計画
     中国、愛国教育の拠点化 “戦勝国”の立場アピール
    http://www.sankei.com/world/news/171125/wor1711250027-n1.html
    中国共産党が建国宣言したのは1950年代だったのに
    蒋介石と日本が対立するよう毛沢東は
    盛んに焚きつけていたのは遠藤誉氏が実証していますね。
    北朝鮮情勢により半島が統一され
    半島と中国大陸はより強固な反日でまとまるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 南京事件・裁判のような信ぴょう性のない資料展示に比べれば、東京裁判の公判記録を整備出版する事は、評価される。日本で容易にアクセスできるサイトはあるんですか?交通大学が日本語でアクセスできるようにしてくれたらいい。産経の記事はミソもクソも一緒にしているように思います。

      >同大学は2011年に開設した「東京裁判研究センター」で、人道
      >に反するなどとされたB・C級戦犯の研究を行ってきた(産経)
      A級有罪23名C級有罪7名、人道に反する罪(B級)起訴者ゼロ(wiki)
      産経もデタラメな記事を垂れ流す。
      中国共産党・軍が戦勝国に値しない事は中国人も認識しているのに、産経は一体、何を書いているのか。

      削除
  11. 009年12月23日 (水)
    上海社会科学院研究員 程兆奇氏と南京師範大学 
    張連紅教授へのインタビュー
    http://haruki-suemura.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-4d94.html
    中国版の吉見教授と林博史氏のコンビだったのですね。
    日本の先の大戦の教訓があるとすれば
    半島と中国大陸に深入りしないということです。
    あちらの方々と日本人とはメンタリティーが真逆の場合も
    多々あることを学ぶべきでしょうね。
    例えば中国残留孤児を面倒をみたのは
    あくまで満州人であって、漢民族ではありません。
    中国三千年の歴史なんてありませんで、
    時代ごとに途切れ途切れ民族が入れ替わっており
    日本のような皇室2600年と中国は違うのです。
    私もまだ中国、漢民族について知らないことは
    多いようですがね・・・

    返信削除
    返信
    1. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
  12. 勝てば官軍とは良く言ったもので、戦勝国然として慰安婦の婆さんが生き証人だとこれでもかと日本を貶めようと誘導している連中と、満州等に於いて敗戦時の玉音放送前に傾れ込んできた当時のロシア兵に、姦淫、強姦され続け、敗戦後も逃避の最中に隠れていようが、男性に変装していようが摘み出され、有無を言わさず慰め物にされた敗戦国日本の婦女子。私はこのブログについ先ほど舞い降りたばかりで、挺隊協が何たるかも詳しく存じ上げておりませんが、人権を声高に世界に向けて発信している彼ら?彼女ら?は、人間として朝鮮国人として日本の当時のこれらの女性に関しては、どのように想ってくれるのでしょうか?証拠がないじゃないか!こちらのように生き証人が恥を顧みず表に出て来ないじゃないか!と、戦勝国として掲げた右手を下さないかぎり、慰安婦の生き証人が全てお亡くなりになったとしても、さらなるフィクション列伝を持ち出し永遠と日本憎し!をアピールし続けるのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. >勝てば官軍、、、戦勝国然として、、、
      世論が戦勝国と見なしているから、戦勝国然と見えるのでしょう。
      韓国は戦勝国ではありません。1944年ビルマで朝鮮人慰安婦を米軍は捕虜として尋問しています。慰安婦は敵軍の一部です。戦後連合国は韓国を戦勝国ではないとして和平交渉への参加を認めなかったから、1952年講和条約締結直後に竹島を武力で侵略した。日本は連合国から朝鮮の独立を要求されてこれを受け入れて敗戦となりました。日本人であった(在日)朝鮮人が日本国籍を失ったのは1965年日韓基本条約締結によってです。

      ちょっと前の私も含めて日本人の基本認識に、まだまだ問題があります。慰安婦問題を通して世論の歴史認識が是正される事を期待します。嘘を教えたのは朝日新聞などマスコミ。

      削除
  13. >在日韓国人の多くも韓国の慰安婦狂騒を快く思っていないのだろう。
    2011年までは韓国世論も在日韓国人と同じ考えだったようです。
    今度はお茶水女子大ホームページから。

    お茶の水女子大のアーカイブにある学生の研究論文です。ある用語で検索していて遭遇、よくあります。

    2011.12.4の千回水曜集会に参加して書いたもの。
    韓国では慰安婦は売春婦とみなされていて、米軍売春婦は民族の恥部であり、日本への賠償請求に世論は反対していたという。このときは韓国世論はまだましだったようです。

    挺対協もこの世論を変えることに成功しておらず、行き詰まっていた。女性の人権問題としての支持も得られず、戦争と女性の人権問題を取り上げれば反日英雄の遺族から批判される有様だった。時代認識は体験した人にしか分からないですね。

    ところが今では、国内外に積極的に「恥晒し」をしている。この6年で韓国世論は様変わりしたということになります。何が韓国世論をこうも変えたのでしょうか?

    「『慰安婦』問題解決運動における 韓国女性運動団体の運動戦略に関する調査」
    http://www.cf.ocha.ac.jp/archive/cwed/events/201304174/report01.pdf
    第 1000回「水曜デモでは以上のように非常に多くの参加者を動員し、世論の注目を集めたものの、韓国社会では、「慰安婦」問題は今や「過去」の問題として扱われているようだ。 挺対協のコアメンバーであるK 氏は「、『慰安婦』 問題が問題化した1990年代以降、『慰安婦』問題は『過去』『歴史』の問題として認識されつつあり、現在はなかなか世論を喚起できないでいる8」と、今日の韓国社会における「慰安婦」問題の認識に危惧を抱いていた。1990 年代は韓国政府も強く「慰安婦」問題に関心を寄 せていたが、現在は歴史的な、過去の問題として認識しており、挺隊協が政府に「慰安婦」問題関連のプロジェクトを提案すると採択されることはされるが、この問題が現在の問題としては認識されていないという。世論を喚起できるのは、今回の「水曜デモ」 のように「第 1000 回」といった記念日的なイベントを行う時のみであるようだ。さら に「『民族』の問題として『慰安婦』問題は注目を浴びてはいるが、『女性の人権』とし ての認識は弱い」との K 氏の語りからは、「慰安婦」問題は、韓国社会では今日もなお 主に「民族」の枠で捉えられていることがわかった。しかし「民族」による「慰安婦」 問題の枠づけは、山下によれば、必ずしも韓国国内の世論化に成功しなかった。当初韓国では、「民族的自尊心が傷つくという理由で日本に対する賠償要求に反対する意見が 広い共感を得た9」からである。同時に、「国内の女性運動や人権運動に及ぼした影響は極めて小さ10」かったという。

    返信削除
  14. フィリピンで国が遊歩道に慰安婦像を建ててマニラ市に引き渡した事件。設置場所は国または市が所有するか管理するかの場所と判断される。大使館は大統領府と外務省に遺憾の意を伝え、菅官房長官は「極めて残念」とコメント。

    この件はサンフランシスコ市や韓国の慰安婦像より2点で重大な事件。
    (1)設置者が市ではなく国であること
    (2)併合国ではなく連合国であること。
    朝鮮も今の中華民国政府も戦勝国ではないが、フィリピンは連合国としてサンフランシスコ講和条約に署名している。連合国は極東軍事裁判で戦争犯罪を裁き、基本的に連合国とその国民は請求権を放棄している。例外的に認められた日本に占領されたことに対する賠償は1956年に日比賠償協定で終わった。法的にも経済的にもサンフランシスコ講和条約で戦争中の問題は解決済みであり、国家がそれを蒸し返すような行為をしたことを許せば、他の連合国でも可能になる。

    3兆円の経済援助は行い現在でもフィリピンにとって最大の援助国が日本。だから寄贈を止めれば国家間の協議で解決できるが、市に所有権が移ると解決が難しくなるので緊急の対応が必要。

    返信削除
    返信
    1. 大使が政府に抗議、外務省がマニラ市に経緯を問い合わせたら、歩道設置許可を得ていない疑惑が出てきたとか、、、。
      http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=289863&ph=0

      遊歩道が私道ではなく公道だった事になる。
      国道なら国交省にあたる役所が、市道ならマニラ市が道路管理者。「国が市に問い合わせたら、、、」ですから市道でしょう。すると設置者は国ではないから(1)(2)の問題はない。
      また、釜山市やサンフランシスコ市の例から見て設置者は市民団体。国や市が無許可で設置する事は考えられない。

      以上より、国の機関が公共物として認定した点は問題だが、市レベルの問題に留まり、二国間の大きな問題には発展しないでしょう。

      削除
    2. マイケルヨンにある英文記事を翻訳して読むと
      https://translate.google.com/translate?hl=ja?sl=en&tl=ja&u=https%3A//www.rappler.com/nation/192301-comfort-woman-statue-roxas-boulevard-manila-issues

      (1)フィリピン国家歴史委員会の公式マークが像に付いている
      マニラ市長の弁護士が語ったところによると
      (2)像を建てたのは中国のフィリピン人団体
      (3)マニラ市は許可していないし、許可を出すこともできない
      We did not and cannot issue a permit.
      弁護士なんだから権限がない管轄ではないという意味ならそう言うような気がする。権限はあるが、許可対象物ではないという意味か。

      韓国では歩道設置許可対象物に像はないcannot。日本の場合はサザエさんの像など設置対象物になるから審査対象にはなるから許可可能can。


      削除
    3. 慰安婦像設置に日本政府が口を挟むのは、
      (1)政府や自治体など公的な機関が主体であること
      (2)公道や公園などパブリックスペースであること
      (3)その場所に設置する理由が明確ではないこと
      などが判断基準になっていると考えられます。
      マニラと上海の場合は全てに当てはまる。

      日本政府が口を挟む根拠は講和条約やそれに類する取り決めが結ばれていて戦時中の問題は両国間で解決済みだからです。
      民事でも和解が成立したら相手を非難するような言動はしないものです。

      削除
    4. マニラにあるポリチコ
      政治ニュースサイトでしょうか?最初に出てくるパレスチナ地区、、、ガブリエラ、、という肩書きはよく分かりませんがガブリエラはガブリエラ女性党Gabriela Woman's partyの事でこの記事もこの政党のツイッターから拾いました。今回、野田聖子の申し入れに反応してフィリピン政府に対し謝罪と賠償を要求せよと申し入れて、APが記事にし中央日報も転載。

      ガブリエラは、サンフランシスコにも支部があり、その街頭?でKim Haksoonの写真をかかげて慰安婦キャンペーンをやっていました。

      以下の記事で「日本政府に屈した他の国々」と言っているところに戦略が潜んでいる。

      「慰安像を日本に説明する必要はない」
      https://translate.google.com/translate?hl=ja?sl=en&tl=ja&u=http%3A//metromanila.politics.com.ph/2018/01/11/no-need-explain-comfort-woman-statue-japan-brosas/
      内政干渉だという主張でしょう。
      【「政府機関の主な関心事は、怒っている人々に完全な正義を与える方法に対して行動するのではなく、加害者の敏感さです」とBrosas氏は付け加えました。
      パテリストは、Duterte政権が、慰安婦記念碑の建設を破棄したり停止したりして、日本政府に屈した他の国々を追うべきではない、と述べた。
      「日本政府は、自国の残虐行為の痕跡を世界に向けて消滅させることを目指しており、歴史的修正主義への道のりを許すべきではない。 これは、日本が慰安婦の記念碑問題に言論を持つことができれば、日本の職業の間に死亡した人々の家族とその国の慰安婦への追加の侮辱だ」とブロサス氏は語った。】

      削除
    5. 日本の抗議に応じて政府が像を撤去という形は両国関係にとってマイナスという判断でしょうか。「撤去権限はマニラ市にある」という大統領発言と、市長の弁護士が「設置許可を得ていないのでは」という発言がリンクするのかどうか。最初、市長も設置に賛成とも報じられていたのでどうなるかを注目します。

      ドゥテルテ大統領、マニラの「慰安婦像」に「しっかりとした措置をとる」 河井克行・自民党総裁外交特別補佐との(1/17夜の)会談で
      http://www.sankei.com/politics/news/180118/plt1801180003-n1.html

      フィリピン大統領「慰安婦の銅像は憲法上、表現の自由」

      フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が旧日本軍慰安婦被害者を追慕する銅像の設置は、憲法上の表現の自由にあたるという見解を示した。

      ドゥテルテ大統領は16日(現地時間)、フィリピンのオンラインメディア「MindaNews(ミンダニュース)」とのインタビューで「(慰安婦銅像の設置は)私が阻むことのできない憲法上の権利」と述べた。

      ドゥテルテ大統領は今月9日、表敬訪問した日本の野田聖子総務相にこのような立場を伝えたとし、具体的内容を公開した。ドゥテルテ大統領は「(慰安婦女性たちの)親戚やまだ生存している慰安婦女性たちがその銅像を通じて表現しようとしていることを、表現する自由を止めることはできないと野田総務相に伝えた」と明らかにした。また、ドゥテルテ大統領は日本政府が慰安婦銅像に対して遺憾を表明したが、撤去を要求しはしなかったとし、撤去の決定権はマニラ市長にあると述べた。
      http://japanese.joins.com/article/668/237668.html

      削除
  15. アメリカ国立公文書館資料
    削除及び発行禁止対象カテゴリー30項目
    http://hinode.8718.jp/ghq_censorship_30.html
    03 GHQ が日本国憲法を起草したことに対する批判
    08 朝鮮人への批判
    23 占領軍兵士と日本女性との交渉

    朝日は敗戦直後の在日朝鮮人と米軍兵士の日本女性に対する性暴力の記事の掲載発行禁止措置を解除せよ。

    返信削除
  16. 死婚式(霊魂結婚式)
    マイケルヨンが「韓国人がトランプ大統領にハグを迫る演出」でリヨンスが神風パイロットの魂と1998年結婚までしたと書いている。

    GYAO!で韓国ドラマ「主君の太陽第5話」に出てきました。大手スーパーの若き経営者と清掃員の若い女性との恋?物語。時代物ではありません。
    6:00---赤と青の扉がついた箱の中に男女の人形を入れて、霊媒師がやってくる。折りたたんだ書状に赤い字で、二人の氏名や生年月日が書かれていてそれを指揮を希望した家族に渡して死婚式は成立する。

    霊媒師「二人の運勢を見て死婚式の日取りを決めました。相手はおぼっちゃまと同じ年で同じ年齢で死にました。お坊ちゃんの霊魂がここにあるのを感じます。二人が相思相愛になれば、安らかに旅立てます」

    するとお茶がこぼれて書状の赤い文字がにじむ。霊媒師は「お気に召さないようです。おぼっちゃまが満足する相手を探してきます」と言って帰る。
    そのあと主人公の女清掃員のゴンシルがこの死者と結婚させられそうになる。生きている人間が相手になる例もあるようです。何れにしても、さまよう霊を成仏させるための式ですから、リ・ヨンスは特攻隊員の魂を鎮めようとしたと考えていいのでしょうか。

    さて、特攻隊員の霊はお気に召したのでしょうか?日本にはそういう風習はありませんから、いい迷惑のように思います。さらに成仏ができなくなる、、、。

    この霊媒師について財閥の女主人が「富豪の間では知らない人がいない有名人。死んだ人間の霊を引き合わせる霊魂結婚式の媒酌人よ」と説明する場面もあるので、現実に今も存在するのだろう。

    返信削除