2014/12/30

日韓外務次官会談 「慰安婦の心の問題として日本政府は取り組んでいく」


「法的な問題ではなく、あくまでも慰安婦の女性たちの心の問題としてわれわれは取り組んでいく」・・・韓国政府が法的解決に拘らないのであれば、日本はいつでももう一度謝りますよというメッセージだろう。もちろん、日本政府も本音では慰安婦問題は「女性たちの心の問題」ではないことは承知の上。

日韓外務次官会談 デモで混乱も

来年、日韓国交正常化から50年となるのを前に外務省の斎木事務次官がソウルを訪れて、韓国外務省のチョ・テヨン(趙太庸)第1次官と会談し、関係改善の糸口を探りました。

ただ、会談に臨む斎木次官が乗った車を一時、デモ隊が取り囲んで会談の開始が遅れる混乱も起きました。

外務省の斎木事務次官は29日、ソウルを訪問し、韓国外務省のチョ・テヨン第1次官と会談しました。
会談のあと、斎木次官は記者団に対し、「さまざまな課題の解決や進展に向けて、双方がどんな努力を行ってきたのか突っ込んだ意見交換を行った」と述べて、産経新聞の前支局長が執筆したコラムを巡って起訴された問題や、韓国が福島県などの水産物の輸入を禁止している措置について日本側の懸念を伝え、協議したことを明らかにしました。

また、日韓の最大の懸案となっているいわゆる従軍慰安婦を巡る問題については、「法的な問題ではなく、あくまでも慰安婦の女性たちの心の問題としてわれわれは取り組んでいく。韓国側が日本側の姿勢を理解してもらいたいと伝えた」と述べて、改めて韓国側に歩み寄りを求めたことを明らかにしました。(以下略)

NHK 2014.12.30[2]

3 件のコメント:

  1. 結果的に外交的非礼の方が成果だったのかも知れない。

    ただし、気になるのはアジア女性基金の復活の可能性だ。秦郁彦教授の指摘のとおり、10億円の浄財配布という名目で100億円の税金が投入されかねない。

    返信削除
    返信
    1. 秦郁彦教授はそう言ってますか?私も、政府は、頭を下げてお金を払って解決するなら・・・と考えていると思います。

      削除
  2. 明けましておめでとうございます。
    今年は戦後70周年にして日韓正常化50周年。否が応でも慰安婦問題は取り上げられるこの年を迎えるに当たって政治家とその周辺の方々にお願いしたい。

    知識と知恵と戦略と、覚悟が無ければ慰安婦問題を語って欲しくない。

    世界のメディアに発信出来るような理論武装と簡単に謝罪と発言取り消しをしない気構えを持って望んで欲しいと思います。

    難しいとは思いますけどね…。

    返信削除