2014/12/15

KACE慰安婦碑の民族教育利用を教育関係者と打ち合わせ

右端:KACEのキム・ドンソク

KACEなどは、アメリカにおける(韓国系の)民族意識の高揚、ひいては団体の勢力拡大に慰安婦問題を利用している。バーゲン郡(ニュージャージー州)の関係者を騙すようにして設置させたこの記念碑以前から民族教育に利用していた。この度教育関係者の協力を得て、その動きを本格化させる模様。韓国で行われて来た反日教育。90年代からその重要部分を担うようになった慰安婦問題。これがアメリカの韓国系社会に持ち込まれつつある。何をもたらすことになるのか・・・。

ハッケンサック(バーゲン郡)の裁判所前の碑とは、アメリカで三番目に作られた慰安婦の碑。「日本帝国の軍隊によって性奴隷制に強制された数十万人もの朝鮮、中国、台湾、フィリピン、オランダやインドネシアの女性や少女たちを記念して」・・・と刻まれている

慰安婦顕彰碑、歴史教育に活用

在米韓国学校協議会ニュージャージー慰安婦顕彰碑参拝

在米韓国学校協議会(総会長チェ・ミヨン)役員陣がニュージャージーにある市民参加センター(KACE)事務室を訪問、韓国人二世のアイデンティティー教育と韓国史教育についての懇談会を持った。

ハッケンサック裁判所庁舎の前の「正義の広場」にある慰安婦顕彰碑も参拝した。

在米韓国学校協議会の役員たちの顕彰碑参拝は、来年7月16日からニューヨークで開催される在米韓国学校協議会第33回総会および学術大会の準備のためにニューヨークを訪問して実現した。 ニューヨークでの総会および学術大会は、22年ぶりに開催される。

チェ・ミヨン総会長、イ・スンミン副会長、五情善美事務総長、ソン・ヨンジュ編集長などは市民参加センター(KACE)のキム・トンチャン所長およびキム・ドンソク常任理事と交わした会話を通じ韓国人1.5世や二世のアイデンティティー教育の重要性を認識し、この種の教育方法などに関して議論した後、さらに効率的な教育のために今後二団体が相互協力することにした。

協議会会長団は引き続きハッケンサック裁判所庁舎の前「定義の広場」にある慰安婦顕彰碑を訪問、黙祷を捧げた後顕彰碑の内容に対する説明を聞いた。

チェ総会長は「今後近傍の韓国学校から慰安婦顕彰碑を訪問して碑を歴史教育に活用する方法を研究し、世界史と関連して韓国の歴史を教える」と明かした。


위안부 기림비, 역사교육에 활용할 것

재미한국학교협의회 뉴저지 위안부 기림비 참배

재미한국학교협의회(총회장 최미영) 임원진들이 뉴저지에 있는 시민참여센터 사무실을 방문, 한인2세들의 정체성 교육과 한국역사 교육에 대한 간담회를 가졌다.

또한 해켄색 법원 청사 앞 '정의의 광장'에 있는 위안부 기림비를 참배하기도 했다.

재미한국학교협의회 임원진의 기림비 참배는 내년7월16일부터 뉴욕에서 개최될 재미한국학교협의회 33회 총회 및 학술대회 준비를 위해 뉴욕을 방문했다가 이뤄진 것이다. 뉴욕에서의 총회 및 학술대회는 22년 만에 개최되는 것이다.

최미영 총회장, 이승민 부회장, 오정선미 사무총장, 송용주 편집장 등은 시민참여센터(KACE)의 김동찬 소장 및 김동석 상임이사와 함께 나눈 대화를 통해 한인 1.5세, 2세들의 정체성 교육의 중요성을 인식하고 이 같은 교육 방법 등에 대해서 논의한 후 더 효율적인 교육을 위해 앞으로 두 단체가 상호 협조키로 했다.

협의회 회장단은 이어 이어 해켄색 법원 청사 앞 ‘정의의 광장’에 있는 위안부 기림비를 방문, 묵념을 올린 후 기림비의 내용에 대한 설명을 들었다.

최 총회장은 "앞으로 가까운 지역의 한국학교들로부터 위안부 기림비를 방문하고 위안부 기림비를 역사교육에 활용할 방안을 연구하여 세계사와 연계하여 한국의 역사를 가르치겠다"고 밝혔다.

<이광희 기자>

재미한국학교협의회 최미영 회장(왼쪽에서 세 번째)를 비롯한 임원진들이 뉴저지 해켄색 법원 청사 앞 '정의의 광장'에 있는 위안부 기림비를 참배한 후 기념촬영을 하고 있다.

0 件のコメント:

コメントを投稿