2015/01/12

馬政権も日本に「正しい歴史認識を」(台湾)

映画「軍中楽園」より
台湾の軍妓(慰安婦)

正しい歴史認識とか、すっかり韓国化した台湾の馬政権。中華民国(台湾)も「慰安所」を持っていたのに、何が「第2次世界大戦中の暗い歴史」か。韓国では自国の慰安所を日本のせいにする者もいるが、さすがに国民党軍の慰安所まで日帝に責任を負わせるのは無理だろう。まずは自分が謝罪して見せないと説得力はない。

外交部、「従軍慰安婦」めぐり日本の正しい歴史認識呼びかけ/台湾

外交部の高安報道官は10日、日本の教科書会社「数研出版」が発行する「現代社会」と「政治・経済」の教科書から「従軍慰安婦」と「強制連行」の言葉を削除する申請が文部科学省に認められたことを受け、日本に対し「正しい歴史認識と深い反省」を呼びかけた。

高氏は従軍慰安婦について「第2次世界大戦中の暗い歴史だ」とした上で、事実を忘れたり消去することはできないと強調。また、被害者とその家族に対して謝罪と賠償を要求した。

15 件のコメント:

  1. 寿命の尽きた政権が今更何を

    返信削除
    返信
    1. キッチリ負の遺産を残して行きましたね。

      削除
  2. 日本人による、いわゆる「償い事業」では、台湾の当事者にたいしても、償い金の支給、医療費等の支給、さらには、総理の書簡を送りました。この点については、どのようにお考えでしょうか。

    いわゆる「償い事業」の対象に、台湾が含まれたことを考慮したうえで、記事に書かれている、「事実を忘れたり消去することはできないと強調」という部分を理解すべきです。

    また、このような記事については、「日本が嫌い」、「日本人に恨みを持っている」といった意図のものではないと思います。ただ単に、「過去を忘れてほしくない」という意図のものだと思います。

    外国に「つながり」をもつ立場から、日本人は、いわゆる「償い事業」のことを、他者に積極的に語るべきではないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 私も台湾の慰安婦支援団体から日本に対する敵意を感じたことはありません。ただ、これは馬英九政権に関するニュースです。馬政権が「単に、『過去を忘れてほしくない』という意図」でこの問題を蒸し返しているとは私には思えませんし、同政権が日本政府に賠償を求めているのは、「償い事業」を認めていないということを意味します。違いましょうか?

      削除
  3. >馬政権が「単に、『過去を忘れてほしくない』という意図」でこの問題を蒸し返しているとは私には思えません

    わたし自身、台湾系日本人という立場ではありますが、これは、台湾社会の実情を考慮したうえでの<発言>であると認識しています。外国に「つながり」をもち、日本と台湾の双方の事情を知っている立場としては、これは、単なる政治家の発言ということではなく、双方の事情が深く関わっていることを理由とした、<発言>であると思います。

    台湾としても、日本との関係は素晴らしいものにしたい。正直なところは、国交を結ぶことにより、さらなる<国益>(台湾と日本、双方における国益になると思います)が期待できると考える台湾の人々は少なくないと思います。しかしながら、台湾としては、中国大陸との<関係>があるものの、日本政府の中国大陸にたいする<態度>が、その「壁」となっていることは、日本人の誰もが否定しないものと思います。つまり、日本人の中国大陸、中国共産党にたいする<態度>こそ、問題含みである、ということです。

    >「償い事業」を認めていないということを意味します

    そのような認識はないと思います。「償い事業」は、高く評価すべきものと思います。

    しかしながら、償いとは、継続して実践するものであり、「償い事業」が終了したからといって、償いが終わるわけではありません。「水に流す」ことはできません。「償い事業」が終わったからといって、すべてが終わるのではなく、民間交流などをとおした、双方の対話、相互理解のための努力が必要になると思います。この発言のなかには、感情的な部分がありますが、日本人にたいしては、今後も、台湾との関係を大切にしてほしい、というニュアンスの発言であると認識しています。

    また、この発言の受けとめかたについては、台湾系日本人という立場から、日本人の多くが、台湾のことを知らない、台湾に馴染みをもたないことは、大きな問題であると思います。先の大震災の直後、多くの台湾の人々が、多額の義捐金、支援金を日本に送りましたが、この直後の日本政府の対応は、極めて残念なものであり、台湾系日本人としては、台湾のことが「軽視された」という思いでいっぱいです。台湾のみならず、日本社会においては、諸外国の存在が「軽視される」、あるいは、「無視される」ことは、少なくありません。そして、それを原因とする民族差別の問題も、日本社会には存在します。(たとえば、群馬県における、フィリピン系児童の自死の問題、など。)

    また、意図的に、台湾を、中国大陸や朝鮮半島と<比較>することについても、台湾系日本人としては、極めて遺憾なことです。日本社会のなかにおいて、アメリカ社会でいうところの、「モデルマイノリティ神話」をつくって、どうするつもりなのでしょうか? 台湾は、日本にとっての、「都合の良い存在」なのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 色々な思いを抱えた上でのご意見と推察します。しかし、私はここで台湾論に踏み込む積りはありません。馬英九氏がアジア女性基金を評価しているというのであれば、その根拠を教えて頂きたいと思います。彼は日本軍の慰安婦を戦争犯罪だと言っています。日本の「償い事業」はそのような前提には立っていません。台湾の方々には、償い事業の趣旨と歴史を正確に知って欲しいと願いばかりです。

      削除
    2. >[馬英九氏]は日本軍の慰安婦を戦争犯罪だと言っています。

      国民国家という「特殊な存在」を背負う立場の人間としては、「一定の理解を示すことのできる発言」であったと思います。

      慰安婦の問題のみならず、先の戦争においては、台湾の人々は*<被害者>であったと思います。そのような社会的立場、社会的文脈、さらには、社会的経緯においては、「慰安婦は戦争犯罪」であるという発言は、的を得たものであったと思います。

      *カッコ付きとしたのは、台湾社会における近代化においては、日本人の貢献なしには、語ることができないからです。この点は、日本人による台湾の植民地支配における、「功の部分」であると思います。その一方で、先の戦争という、「罪の部分」においては、「一億総火の玉」のスローガンのもと、多くの台湾の人々の命が失われたことは、許しがたい出来事であったと思います。さらには、日本敗戦後に、日本人は台湾から去ることになりましたが、このような出来事は、「裏切った」という解釈があってもおかしくはないと思います。自分自身(台湾系日本人という立場)の解釈ではありますが、敗戦とは、日本人が、(あれだけ日本人を慕っていた)台湾人を「裏切った」出来事であったと、思うときがあります。(さらには、日本人は戦争を起こしたことによって、海外同胞とされた、日系人をも裏切った。)

      >台湾の方々には、償い事業の趣旨と歴史を正確に知って欲しいと願いばかりです

      台湾社会においては、いわゆる償い事業については、一定の社会的理解を得ているものと思います。台湾社会においては、いわゆる償い事業において、韓国社会のような<諸問題>が噴出した、というわけではなかったからです。(台湾という視点においては、韓国社会で発生した<諸問題>は、極めて衝撃的なものであったと思います。(台湾では)「ありえないこと」、という認識もあったことでしょう。)

      重要なことは、「今後の、双方の関係のあり方」だと思います。台湾の人々のなかには、このような問題にたいして、「謝罪と賠償の要求」を主張する人々がいますが、とるべきアクションは、まずは、お互いの交流を、さらに活発なものにすることだと思います。彼ら、彼女らの「ホンネ」とは、対話と相互理解、友好関係の構築、そして継続なのだと思います。(日本人の「あゆみより」が重要だ、ということ。)

      ここからは、追加事項。

      あなたには台湾人の「友人」はいますか? 単なる知り合いではありません。ちょっと会っただけの関係ではなく、ある程度、時間(たとえば、数年間、とか)が経っていることが重要だと思います。そして、そういった「友人」とは、「腹を割って語りあう」ことのできる、台湾人の「友人」はいるのか、いないのか、ということでもあります。同様のことが、韓国や中国大陸の人々にもいえると思います。

      そのような人々の存在がいて、このようなブログを運営しているのであれば、それは非常に有意義なことだと思います。しかしながら、そういった人々の存在がいないのであれば、このようなブログを運営することに、どのような意義を見出すことができるのでしょうか? さらには、わたしのように、外国に「つながり」をもつ日本人のことを、あなたはどれだけ理解しているのでしょうか? 

      外国に「つながり」をもつ立場ということを理由に、いわゆる慰安婦の問題もふくめて、先の戦争のことや、過去のことは、なかば強制的に向きあわされる、というのが、わたしのようなバックグラウンドをもっている人々の「実情」なのだと思います。

      また、当事者の<考え>を明らかにすることが、このような問題を考えるうえでの、ひとつの「ヒント」になると思います。

      削除
    3. 端的に言うと、このようなニュースを転載することは日本人の台湾観に悪影響をもたらし、台湾系として忍びない、と仰っているのではありませんか?

      削除
    4. >日本人の台湾観

      日本人の台湾観は時代とともに変遷しました。

      今でこそ、家族旅行や学生の修学旅行というイメージはありますが、その一方で、地方や個人商店の経営者らを相手にした「お嫁探しツアー」の目的地であったり、さらには、海外売春ツアーというイメージも存在します。海外にまで足を運び、女性を買う日本人にとって、台湾は「格好のエジキ」だと思います。(現在も、日本では台湾の性風俗にかんする書物が販売されている。) 数年前に、日本のあるマスコミがカンボジアを取材したさいに、幼い女性を「買った」日本人男性の存在を報じましたが、それと同様のことが台湾でも存在する、というわけです。(ちなみに、欧米の先進国においても似た傾向が存在するというのは、「単なる言い訳」です。近畿地方の某市の首長の<発言>と同じ程度のものだと思います。)

      さらには、日本人の大学生が台湾旅行中に、精神障害者のタクシー運転手によって、殺害される出来事があり、このときは、日本のマスコミが発見された被害者の白骨死体をぼかし(モザイク)なしで報じました。台湾は危険な場所、というイメージがあったのです。(さらには、某著名KI氏の娘がタイワンヤクザに「惨殺」されるという出来事もあり、子供が誘拐されたら、「生きて帰ってこない、惨殺される」というイメージもありました。)

      今でこそ、観光旅行、日本人にたいしてフレンドリーといったイメージで語られる台湾社会。しかしながら、台湾系日本人という立場で、かつての日本人の台湾観を知っている立場としては、日本人の「台湾大好き」とは、「一時のブーム」のようなものであり、「冷ややかなまなざし」でみています。まるで、「困ったときの神頼み」、のように、マジョリティの日本人の「都合」によって、台湾社会、台湾の人々の、日本社会における<イメージ>がころころと変わるわけです。外国の人々、外国に「つながり」をもつ人々にたいして、そういった<イメージ>をつくる存在、つまり、マジョリティの日本人のことではありますが、そういった存在は「信用に足る存在」なのでしょうか? あなたは、このブログをとおして、いわゆる慰安婦の問題について論じていますが、こういったことを論じることは有意義なこととは思いますが、あなたにとっての肝心な部分である、「日本人論」については、どう認識しているのでしょうか?

      日本人の台湾観とは、もともと、「ネガティヴに語られるもの」であり(マジョリティの日本人のアジア蔑視もひとつの理由)、いわゆる慰安婦の問題がどうのこうので、さらにネガティヴに語られる、というわけではないと思います。さらには、大多数の日本人にとって、台湾は「わけのわからない地域」だからです。わたしなりには、台湾はひとつの国民国家であると認識していますが、そういった認識すら、日本社会には浸透していません。(これについては、中国大陸に「尻子玉」をにぎられている日本人の多いこと、多いこと。深刻な問題だと思います。中国大陸と「ゲーム」をする台湾人のツメの垢を煎じて飲むべきでは、と思います。)

      >私はここで台湾論に踏み込む積りはありません。

      これは、あなたの以前のコメントではありますが、台湾社会における、いわゆる慰安婦の問題については、その問題が台湾社会において起こっている問題なのですから、あなたの言うところの台湾論に踏むこむ必要があると思っています。あなたは、この記事において、台湾のことを書いたわけですから、台湾がどういった立場なのか、台湾社会における事情が、どういったものなのか、そういったことを十分に把握する必要があると思います。あなたはこれまでに、台湾社会のことについても言及されていますが、「にわか台湾通」という意識で、記事を出されているのでしょうか? ひとりの台湾系日本人としては、「中途半端」に台湾のことが語られることは、極めて許しがたいことです。 また、このことは、日本人についても、同様のことがいえると思います。わたしも、日本のアイデンティティを分かちあっていますので、「中途半端」な日本人論なり、日本人にたいする偏見については、つねに、毅然とした態度をとっています。(いわゆる「半分しか日本人」だけども、マジョリティの日本人以上に、日本に「愛着」をもっている。)

      削除
    5. >ひとりの台湾系日本人としては、「中途半端」に台湾のことが語られることは、極めて許しがたいことです。

      けっこうです。

      ところで、私は馬政権が自国の慰安所(軍中楽園)について謝罪(と賠償)していないのではないかということと、馬氏が日本の償い事業を評価していることを示す証拠が思い当たらないと申し上げていますが、貴方から明確な答えは頂けていませんね?

      削除
    6. 馬英九のこれまでの発言や、彼自身の対日観については、わたしはすでに、わたしなりの「考え」を提示しました。すでに、回答済み、ということです。

      あなたが最初に出した、「馬政権が「単に、『過去を忘れてほしくない』という意図」でこの問題を蒸し返しているとは私には思えません」というコメントについて、

      (1)これは、単なる政治家の発言ということではなく、双方の事情が深く関わっていることを理由とした、<発言>であると思います ←いわゆる台湾論のことも含めて、台湾社会の「事情」を知っていれば、馬自身の「真意」は比較的容易に読みとれる、ということ。

      (2)国民国家という「特殊な存在」を背負う立場の人間としては、「一定の理解を示すことのできる発言」であったと思います ←台湾という国民国家(台湾を国民国家であると認めない日本人は少なくありませんが)が、周辺の国民国家とのあいだに、どのような<関係>をもっているのかを知っていれば、発言が言わんとすることが、比較的容易に読みとれる、ということ。

      馬自身が台湾社会において、どういった「立場」なのかということについて、あなたも含めて、 日本人は、ある種の<偏見>に縛られているのではと思います。馬自身の、台湾社会における「立ち位置」などを理由に、彼自身の対日観や、彼自身の政治哲学が、必ずしも、あなたを含めた、多くの日本人の思いこむようなものではないと思います。そして、このようなことは、馬自身のみならず、多くの台湾の人々の、対日イメージにおいても、同様のことがいえると思います。

      言葉をかえて表現すると、あなたも含めて、多くの日本人が思っているほど、馬自身が「日本嫌い」だ、というわけではありません。馬自身は、「知日的存在」、ということになると思いますが、このような「立ち位置」とは、外国に「つながり」をもたない立場の日本人、つまり、あなたも含めて、大多数の日本人にとっては、想像しがたいものなのかもしれません。

      わたし自身のことではありますが、わたし自身は、日本社会において、さまざまな人生経験を経て、<愛日>という認識をもつに至りました。そして、あなたを含めた、大多数の日本人にたいしては、つねに「厳しい態度」をとっています。わたしは、いわゆる「ハーフ」という立場ではありますが(こういう<言葉>を平気で使う日本人は、無神経だと思う)、ほかの日本人よりも、みずからのアイデンティティに、真剣に向きあうことを心がけています。日本人の歴史のみならず、日系人の歴史、日本文化、日本の芸能など、さまざまなことを学ぶことができました。それがあって、<愛日>という認識をもつようになり、わたしなりの、大多数の日本人にたいする「愛情表現」がある、というわけです。「愛情表現」ですから、悪意などありません。大多数の日本人は、そういったものを、素直に受け入れなければならないと思います。

      馬自身も、彼なりの対日観があるわけで、それは容易に語ることはできません。あなたが出した、馬にかんする質問については、「クロだ!」、「シロだ!」などと、単純に答えることができるものではありません。そして、肝心なことですが、あなたのもっている疑問にたいして、単純な答えを求めること自体が、「危険なもの」であると思います。わたし自身についても、外国に「つながり」をもつことを理由に、親日的だとか、反日的だとか、「単純なレッテル」を貼ることなど、出来ません。馬自身のことを知るために、あえて、わたし自身のことについて、いろいろと書いてみました。こういった場では、「信憑性」の問題が語られますが、できるだけ、自分自身を「さらけ出す」つもりで書きました。「けっこうです。」などと、感情的なコメントしかできなかったようですが、アイデンティティのこともふくめて、煮詰めて考えると、興味深いものですし、あなたのことも含めて、大多数の日本人が求めているものは、このようなものではないかと思います。

      削除
    7. >すでに、回答済み、ということです。

      このエントリーの中で、私自身の唯一の意見表明が、馬政権が軍中楽園について謝罪していない、という部分です。この認識は間違っていますか?YesかNoで答えられるはずです。貴方は答えていません。

      削除
    8. 匿名とよばれた男2015年3月18日 20:07

      まず「軍中楽園」を台湾政府が造ったという「公文資料」と「内実を語る証言」を出してくれ。
      まあ、全てはそれからだろ。
      まさか、映画の宣伝だけじゃないよな。
      それからそれがどの程度、国家責任があるか?議論することになるだろ。

      削除
  4. 母親の話し方。結論が不明。言葉につられて次々に脱線。当初の話が何だったのか不明。寄り道の途中であることないことで小言を言われ、何時になったらお説教が終わるのか分からない。ちょっと口答えすると、また3倍は話が増える。しまったと思ってももう遅い。

    返信削除
    返信
    1. 中国政府やマスコミはイスラム国を"伊斯蘭国"と書く。" "は自分たちがそう主張すると言う意味で、中国政府は国とは認めていないときに使われるとサーチナの如月氏が解説している。

      「 」だらけの文章は1060年代末から1970年代にかけて若者の間に流行った。今、これを頻繁に使う人は珍しい。ルーツはどっちなのだろうか?40年前のスタイルが生き残るのは稀と思う。

      削除