2013/12/08

ユン・ジョンオク(尹貞玉):日本はなぜ我が国の女性を連行したのか


早くも90年代の初期に、韓国で慰安婦問題に火をつけたユン・ジョンオク(尹貞玉)が「連合軍の慰安婦」という言葉を使っていたことに気がつく(翻訳の問題という可能性もある)。考えてみれば、彼女の世代(1925年生まれ)なら、米軍相手の売春婦が韓国で「慰安婦」と呼ばれていたことを知っているのは当然であった。彼女が問題視したのはもちろん、日本軍が慰安婦を利用したことではなく、日本政府による慰安婦の強制連行(戦時動員)であった。彼女にその考えを吹き込んだのが、金一勉や吉田清治の著書であった。

朝鮮人女性たちが慰安婦として連行され始めたのは、日本が本格的に中国侵略を始めた1937年ごろと思われる。

・・・中国本土にたくさんの軍人が投入されるにつれて朝鮮人女性の連行を考えたのである。

・・・性病をもたない日本の未婚女性を慰安婦として連れて行くわけにもいかない。そこで考えたのが植民地朝鮮の未婚女性を連行することであった。日本は儒教国である朝鮮が娘たちに厳しく貞操教育をすることを知っていた。

また、朝鮮の女性を慰安婦にした目的の一つは民族を衰退させるためであった。在日同胞の金一勉さんは『天皇の軍隊と朝鮮人慰安婦』のなかで、日本は朝鮮民族を衰退させるために、その民族の基盤となる家庭、そしてその家庭の柱となる女性を破壊することが近道だと考えたのであろうと述べている。

もちろんそこには女性を男性の慰安物と考える女性蔑視思想が横たわっている。従軍慰安婦政策は日本の軍国主義、帝国思想と、男性中心主義による女性蔑視感が生んだ国策なのである。

「挺身隊(怨念の足跡)取材記」(1990年) 山下英愛訳



日本がわが国の若い女性たちを、なぜ、どのように、どれほど連行し何をしたのか、なぜ戦後帰って来る人がいないのかを早く明らかにして、責任の所在を問うていたならば、今日のように基地周辺や観光地で外貨獲得のために外国人を相手に働く韓国の売春女性はこれほど多くなかったのではないかと思う。

沖縄その他で日本軍の慰安婦だったわが国の女性たちが戦後、連合軍の慰安婦になったことを知り、この思いは一層切実である。

9 件のコメント:

  1. >儒教国である朝鮮が娘たちに厳しく貞操教育をすることを知っていた。
    しかし、奴婢である一般人には教育も及ばないし、牛馬のように売買していたということです。
    未だに売春が主要産業の一角をになっていることは、どう理解すればいいのか?

    返信削除
    返信
    1. >未だに売春が主要産業の一角をになっていることは、どう理解すればいいのか?

      これについては、「日帝のせい」ということで。

      削除
  2. 記事と違うことで恐縮ですが

    〈本の紹介〉日本軍「慰安婦」にされた少女たち/石川逸子著
    性奴隷にされた人々の無念 2013.12.09 (14:48)
    http://chosonsinbo.com/jp/2013/12/1209ib/
    朝鮮新報社は総聯中央常任委員会の機関誌である「朝鮮新報」
    (朝文版及び日文版)、雑誌「イオ」、雑誌「祖国」をはじめ、
    各種出版物を編集発行する総聯の出版報道機関です。
    朝鮮新報社には編集局、経営局、事業部があります。
    http://chosonsinbo.com/jp/aboutus/
    http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106347881/
    韓国での直接取材にもとづき、強制連行、「慰安所」の暮らし、
    戦後の生活、と彼女たちの想像を絶する苦難を描く。
    旧版にこの20年の動きを加え、書名を変えて刊行。

    石川逸子wiki
    石川逸子(いしかわ いつこ、1933年2月18日 - )
    は昭和後期から平成時代の日本の詩人。
    原爆や従軍慰安婦問題をテーマとするなど、社会派の作風。

    在米韓国人による「慰安婦サイバー博物館」開設
    2013/12/ 9 13:02
    http://www.j-cast.com/2013/12/09191179.html

    返信削除
    返信
    1. 朝鮮新報。最近は、登録しないと一部しか読めないようになってしまったんですよね。

      削除
  3. この人の年代なら国軍や国連軍の慰安婦が「挺身隊」と呼ばれていたのも知っていたでしょう。で、この前、朴裕河に「挺身隊を慰安婦と歪曲している」と突っ込まれてましたが、未だに「挺身隊対策協議会」と言う名前を変えるつもりはないみたいで。まあ、これから国連軍慰安婦ネタにも絡んでいくつもりみたいですし、そのままスライドするから挺身隊で問題ないニダとでも思っているんでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. >国軍や国連軍の慰安婦が「挺身隊」と呼ばれていた

      そうなのですか?それは知りませんでした。

      削除
  4. 戦時中(1940年代)、上海において日本の病院で看護婦的な仕事をしていた祖母曰く、その病院から通りを挟んだところに売春宿があり、病院からよくその様子が見えたそうです。そこでは韓国人の「売春婦」が客待ちをし、そこを利用した日本人の兵隊さんが憲兵に良く怒られていた姿が目に入ったそうです。
    祖母は「売春婦」という言葉を使っていました。しかし韓国の活動家の方たちにとってはその「売春婦」達は日本軍に強制連行されたかわいそうな性奴隷達なのでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. >利用した日本人の兵隊さんが憲兵に良く怒られていた姿が目に入ったそうです。

      もしかしたら、そこは慰安所ではなく、非公認の私娼窟だったかもしれませんね。もっとも、公認非公認の違いはあっても、娼婦たちの来歴は同じようなものだったのでしょうが。

      削除
  5. >朝鮮の女性を慰安婦にした目的の一つは民族を衰退させるためであった。

    ダメだこりゃ。
    まともじゃねーだろ、このひと。

    返信削除