2013/12/30

「悲しい思いをした女性が一人でもいるなら許されない」 アーミテージ

R.アーミテージ(2010)

これはもう少し調べてからエントリーにしようと後回しにしていた記事(産経6日)だが、今日のエントリーにも関係あるので。

「悲しい思いをした女性が一人でもいるなら、それは決して許される問題ではない」と自民党議員の前で力説した「知日派」アーミテージ。では、100万人とも言われる米軍の(広義の)韓国人慰安婦についてアメリカ政府が「向き合」おうとしないのは何故なのか?

知日派も「慰安婦」うのみ、国際世論の主戦場・米でも後手に

 知日派で知られる元米国務副長官、リチャード・アーミテージの唐突な言葉に自民党の国会議員たちはあっけにとられた。「悲しい思いをした女性が一人でもいるなら、それは決して許される問題ではない

 東京・永田町の党本部で10月31日に開かれた政策勉強会「経済活力・雇用創出研究会」。日米同盟の重要性や経済問題について講演と質疑応答を終えた後、突然、激しい口調で慰安婦問題について発言し始めた。日本が慰安婦を強制的に集めたとする韓国側の言い分に沿ったものだ。

 「なぜいきなりそんな話をしているのかと不思議に思った」。出席議員の一人は振り返る。アーミテージは、特に安全保障面で安倍晋三政権を支持する言動で知られる。それが慰安婦問題では、日本の立場にはほとんど理解を示さない

 安倍首相の靖国神社参拝に理解を示す米国ジョージタウン大学教授のケビン・ドークさえ「慰安婦を利用していたこと自体が非道徳的で罪」とし、元米国務省日本部長のケビン・メアも「外国では誰も同情しない」との立場だ。

 知日派たちのこうした態度は、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」の根拠となった元慰安婦からの聞き取り調査が極めてずさんだったことが明らかになっても変わらない。

 アーミテージらは昨年8月に出した日米同盟に関する報告書でも歴史問題に触れている。「日本は日韓関係を複雑化してやまない歴史問題に向き合うべきだ」と主張する。北朝鮮や中国に対する日米韓の連携を重視するがゆえの意見だが、日本側には受け入れがたい一方的な考え方といえる。

韓国がロビー活動 

 「慰安婦問題について、米国で日本が反論できる言説空間はない」。米国情勢に詳しい日本政府関係者は話す。国際世論作りの主戦場である米国で後手に回り続けてきた日本は挽回の機会さえ失いつつあるという。

 「韓国は国を挙げて慰安婦問題のロビー活動をしており、米政府内には韓国側の主張が浸透している」。ある閣僚経験者は、在京の米国大使館関係者から最近、こう言われた。

 日本政府は、遅ればせながら積極的な対外発信に取り組み始めた。政府高官は「来年度の対外広報予算を倍増する」と断言する。慰安婦問題でも日本の立場を積極的に発信する方針だ。だが、米国での広報戦を担う肝心の外務省には躊躇(ちゅうちょ)する空気が漂う。

 「日本側が下手に『ドラ』を鳴らせば、相手がこれを聞きつけて集まり、さらに大きな音で『ドラ』を鳴らされかねない」。外務省幹部はこう危惧する。

 米国やカナダで、慰安婦問題に強い関心が持たれているのは、韓国系住民が集中して一定の影響力を持つ地域に限定されている。それ以外の韓国系住民の中には慰安婦問題の動きを知らない人もいる。日本が大々的に動けば、問題が拡散し「寝た子を起こす」ことになりかねないというのだ。

「河野談話」足かせ 

 もちろん、外務省も動いてはいる。在米の大使館や領事館に対し、細かな情報でも報告するように指示。「火消し役」の領事館員を東京から現地に派遣している。実際、「韓国系市議が像設置を市長に働きかけた」「慰安婦に関する市民集会に市議数人が集まっていた」という情報が多く集まってくる。

 そのたびに領事館員が現地に出向き、慰安婦問題を含め日韓間の請求権問題は昭和40年の日韓基本条約と日韓請求権・経済協力協定で解決済みであることなどを、地域の実力者や地方議員に訴え、像の設置などに賛同しないように働きかけている。ただ、足かせになっているのは、やはり強制性を認めた「河野談話」だ。領事館員たちは、それを否定するところまでは踏み込めないという。

 これまでの「事なかれ主義」は、6年前の米下院による慰安婦非難決議や、それを根拠とする米国東部ニュージャージー州や西部カリフォルニア州での慰安婦碑、慰安婦像の設置につながった。外務省幹部は「放っておけば鎮火すると思われていた山火事は広がる一方だ」と自嘲気味に語る。

産経 2013.12.6

4 件のコメント:

  1. 結局知日家といってもWGIPの施行者でもあるので、こういうところで日本がプライドを取り戻されるのは許さないということですね。

    返信削除
    返信
    1. この人は、靖国に行くべきだと言ったり、行くべきでないと言ったり。常に安全保障のスペシャリストの観点で意見を言っている印象ですね。

      削除
  2. >アーミテージは、特に安全保障面で安倍晋三政権を支持する言動で知られる。それが慰安婦問題では、日本の立場にはほとんど理解を示さない。<

    アーミテージに限らず、慰安婦問題で日本の靖国カルトの人達の意見に理解を示している外国人は少ない。
    誰かさんがお金を渡したとかいうテキサス親父を除けば、ほとんどいないのが実情。
    それは君らが基本的にまったく知らないらしい資料がたくさんあるからだ。例えばオランダ政府報告書はフロレス、ボンドウオソ、スマトラ、パダン、スマラン・・などで、その地を支配した日本人州長官や将校、憲兵が結託して女性を集めた様子を伝えている。
    http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%80%8D%E5%BC%B7%E5%88%B6%E9%80%A3%E8%A1%8C%E2%80%95%E5%8F%B2%E6%96%99-%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E8%BB%8D%E6%B3%95%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E8%B3%87%E6%96%99%C3%97%E3%83%AB%E3%83%9D-%E7%A7%81%E3%81%AF%E2%80%9C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%AC%BC%E5%AD%90%E2%80%9D%E3%81%AE%E5%AD%90-%E6%A2%B6%E6%9D%91-%E5%A4%AA%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4906605419/ref=cm_cr-mr-title

    返信削除
    返信
    1. 私の印象では、「靖国カルト」の人々は、大抵スマラン事件を知っています。

      削除