2013/12/27

イ・チョルウ(KAPAC)の巧みな米国引き込み術

水曜デモに参加したイ・チョルウ(2013.4.10)
KAFCのユン・ソクウォンもそうだったが、彼らは本国の運動と連携している

KAPAC(韓米公共政策委員会)のイ・チョルウについては、もっともっと出して置くべき情報があるのだが・・・。これは最近米紙に掲載されたイ・チョルウの寄稿文。

しかし彼は上手である。まず韓国も日本もどちらもアメリカの大事な同盟国であると持ち上げる(当然、アメリカの政治家の目を意識して)。そして、慰安婦問題が両国の関係を害していると訴え、多くのアメリカ人にとっては他人事であってもアメリカの政治家は同盟国の仲たがいを修復すべくこの「人道問題」に介入しなければならないと説明する。タイトルからして「慰安婦の(心の)傷を癒す」と文学的(文の〆も日韓両国が「傷を癒せるように<to heal the wound>)。彼は、言葉巧みにアメリカを「参戦」させようとしている。

十分に予防線を張った後、慰安婦とは性奴隷制に強制された女性に対する日本語の婉曲表現であるとか、日本陸軍は女性を慰安所に奴隷状態に置き兵士たちにレイプさせていたとか、(日本の)恥ずかしい歴史などと慰安婦論を展開。

アイゼンハワー公園の慰安婦の碑

具体的な情報も含まれている。アイゼンハワー公園の慰安婦の碑(米国第二の碑)は、イ・チョルウらKAPACがナッソー郡の行政の長(?)エドワード・マンガノ(Edward Mangano)の協力を得て設置された。イ・チョルウらはまた、チャールズ・レヴィンやトニー・アヴェラを使ってニューヨーク州議会に慰安婦問題に関する決議案を採択させることに成功。この辺は、すでに紹介したと思う。それからロングアイランドのホロコースト博物館での慰安婦の常設展が始まるという話だが、あれは決定事項でなかったのに日本人から批判が雪崩れのように寄せられたと。ということは、あの話はガセだったのか?しかしあれは韓国メディアが決定事項のように日本語版で報じたのが悪い。

Opinion: Healing the wounds of 'comfort women'

One way America can exert influence in Asia is by addressing the emotional controversy surrounding the "comfort women" issue that has poisoned relations between Korea and Japan -- two of our key allies in the region. It won't be an easy task: U.S. policy makers must help to heal a historic rift between Korea and Japan over a human rights issue that's not critical to many Americans.

Some background: "Comfort women" is a Japanese euphemism for women who were forced into sexual slavery. During World War II, the Imperial Japanese Army enslaved women in "comfort stations" where Japanese soldiers raped them. The women hailed from Korea, China, Thailand, Vietnam and Indonesia, among other nations. The number of women sexually enslaved is unknown, but some experts estimate there were as many as 200,000.

Korea and Japan normalized relations in 1965, but the wounds from the exploitation of women have not healed. Japan says it dealt with the issue during that process, but Korea disagrees. During an earlier term as Japan's prime minister, from 2006 to 2007, Shinzo Abe argued that there was no evidence that the comfort women had been coerced. Back in office, he speaks more cautiously but some believe he still clings to that revisionist view. But he's not alone in discounting the searing pain of the era. Toru Hashimoto, the mayor of Osaka, has said the wartime system was "necessary" to help boost military discipline.

Meanwhile, the Korean Constitutional Court ruled in 2011 that Seoul's inaction violated the constitution by "not performing its duty to help its people, whose dignity was severely damaged, obtain their rights."

This is a human rights issue, one that demands a greater sense of urgency by Korea, Japan and America. The abused women who are still alive deserve justice before they die.

Korea and Japan have had some discussions, but there's no movement toward agreement. Both sides are bristling. The Japanese have reacted sharply to the statue of a comfort woman, placed across the street from their embassy in Seoul by a civic group, the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan. And Korean President Park Geun-hye said earlier this year that Japan's position on the issue is impeding building a relationship of trust.

On Long Island and in Albany, the Korean-American community has persuaded legislators that this is an important issue. In June 2012, with help from Nassau County Executive Edward Mangano, the Korean American Public Affairs Committee was able to place a monument to the comfort women in Eisenhower Park. Later, Assemb. Charles Lavine (D-Glen Cove) sponsored a resolution commending our community. The Senate passed its own resolution, sponsored by Sen. Tony Avella (D-Whitestone) and nearly every other senator.

Despite that support, we've experienced the issue's volatility on Long Island. When I mentioned to Korean media some preliminary discussions about a future comfort women exhibit at the Holocaust Memorial & Tolerance Center in Glen Cove, the mere possibility set off an avalanche of criticism from Japanese groups, which argued the abuse did not happen.

In 2007, the U.S. House of Representatives passed a resolution urging that Japan's prime minister offer a formal apology, that Japan provide compensation and educate future generations about this shameful history. That's what Koreans want.
And it would help if the United States firmly nudged both countries to heal the wound.

Newsday 2013.12.26

6 件のコメント:

  1. >あれは決定事項でなかったのに日本人から批判が雪崩れのように寄せられたと。ということは、あの話はガセだったのか?

    ホロコースト博物館での慰安婦常設展 について
    毎日新聞 澤田克己(ソウル特派員)の今年2013年6月の記事
    「星条旗が揺れる石碑ー勢い増す韓国系ロビー」の写真に
    「5月29日、ホロコースト記念館での慰安婦特別展についてソウル市関係者に説明し、支援を要請する李哲雨・韓米公共性急く委員会委員長 ソウル市議会銀会館で」
    があります。

    記事のネットでのリンクが見つかりませんが、画像は持っています。
    ソウル市役所までいって支援を要請していたのにイ・チョルウ氏の寄稿文の表現は変ですね。


    >ナッソー郡の行政の長(?)エドワード・マンガノ(Edward Mangano)の協力を得て設置

    マンガノ群長は結局除幕式には出ませんでした。
    これについては なでしこアクションの仲間の報告があります。

    http://nadesiko-action.org/?p=2452
    米国なでしこ からのメッセージ1

    以上ご参考まで。

    返信削除
    返信
    1. 情報に感謝します。

      ソウル市関係者との接触については確認出来ませんでしたが、イ・チョルウは、この6月、ソウルで韓国メディアに対し常設展について(ホロコースト博物館側と)合意したと語っていました。

      http://news.kukinews.com/article/view.asp?arcid=0007252238

      削除
  2. 元慰安婦の証言録 英語・中国語版を来月発刊=韓国自治体
    2013/12/29 15:50
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2013/12/29/0400000000AJP20131229000800882.HTML

    返信削除
  3. どれだけのアメリカ人や世界の人達がが韓国慰安婦に興味があるでしょうか?
    自分達の生活で背いっぱいの人達、韓国という国(北朝鮮との区別がつかない)を知らない人達がいっぱいです。多くの海外の方達にとってKOREAは北も南も同じです。いくら声をあげて、日本を悪くいおうとも、知識人は歴史を知っています。馬鹿にされるのは韓国人です。在米韓国人も日系人ほどアメリカ人からは信用されていません。KOREAN というのと、JAPANESEというのと、本当に信用度は違います。先人達がアメリカで苦労して得たものです。韓国人というだけで疑われています。それほど、日系人との差があること、、だから在米韓国人達は日本を貶める事に必死なのです。

    返信削除
    返信
    1. >知識人は歴史を知っています。

      ブエナパークの前市長が良い例だと思います。知識人は騙されません。騙されても、すぐに気づきます。その一方で軽薄な米国人もいるわけですが。

      >日本を貶める

      読売新聞もジャパン・ディスカウントについて取り上げました。

      削除