2016/12/14

米国の小学生の慰安婦ごっこ 「日本が朝鮮にしたこと」

慰安婦を殺害する日本兵

無邪気な子供たちが、慰安婦ごっこ(劇)に興じている。慰安婦を刺し殺す日本兵を演じるアメリカの子供。正確に言うと、これはコンテスト用に小学6年生が作った動画。日系人の子供に対するイジメが取り沙汰される一方で、この噂を否定する人々もいる。奇妙な事に、必死になって否定しているは日本/日系人だったりするのだが・・・。

自分は証拠が示されるまでは軽々にイジメがあると言うべきではないという考えであるが、少なくとも日本の右派がアメリカで「歴史戦」を仕掛けているという山口智美や小山エミらの主張は疑わしい。明らかに歴史戦を仕掛けているのは、Japanese right-wingではない。ジャパン・ヘイト教育(プログラム)は東アジアからアメリカに持ち込まれており、20年かけて韓国の子供たちを洗脳したように、アメリカの子供たちにも同じことを企む人々がいる。イジメがあろうななかろうが、アメリカは一歩手前の状況にある。言うまでもないが、この子供たちは日本軍が慰安所に「関与した」、という風には理解していない。日本兵が村の押しかけ女性を拉致して行った、それが「日本が朝鮮にしたこと」だと子供たちは教えられ、そう信じている。こういう状況を山口らは見て見ぬふりを決め込んでいるのである。

動画はサンフランシスコにあるClaire Lilienthal Schoolの6年生が制作したもの。Claire Lilienthalには、韓国語と英語の二か国語で教育を受けられるコースがあり、それがこの子供たちの背景にあると思われる。


※動画は罪のない子供が作ったもので、アメリカでの慰安婦騒動の実態を知る貴重な資料でもあります。動画のコメント欄を荒したり、動画を取り下げさせるような圧力をかける事には反対します。



ザ・コンフォートウーマン

日本が朝鮮にしたこと



「私の名はクラリー。それが起こったのは、私が14歳の時でした」
「村へ行く途中、私は大きな騒ぎに気付き(聞き)ました」
「4人の日本兵が若い女性を手あたり次第に掴まえ、トラックに引きずり込んでいたのです」

(悲鳴)

「私は逃げようとしました。だけど彼らに見つかり、掴まりました」


「俺と来い」
「待って!止めて!」

(悲鳴)

「私は抵抗しました」
「頭を殴られ気を失い、
トラックの扉が閉まるのを最後に見たのを覚えています」


「おい、待て!」
「嫌!」

(殴られ昏倒する少女)


(日の丸をつけたトラックが走り去る)

「日本の男たちは、私たちに工場で働いて欲しいと両親に言われたと言いました」
「怖かったけど、私は黙ってフロントガラスに当たる雨の音を聞いていました」

(雨音)

「やっと私たちは着きました。どこか分かりません。どこか遠い所でした」
「宿舎は灰色でとても小さかった。カーテンが一つあるきりでした。寂しい所でした」
「だから、兵隊に訊いたんです・・・」

「私たちはどこで働くの?」
「本気にしたのか?我々はお前の国を侵略したのだ。
よって、お前たちは我が軍の兵士たちに奉仕するのだ」

「二か月間で、ここの生活に慣れたようでした」
「その夜、隣の少女と話しました。彼女はイエナと名乗りました」
「最初の外出の朝、彼女と二人っきりで会いました」

「こんにちは」
「ハイ。どうもナーバス(?)になってるみたい」
「私はクロリー。あなたは?」
「私?私はイエナよ」

次の日

「ハイ」
「こんにちは」
「何してるの?」
「昨日と同じ。昨日の昨日と同じ。な・に・も・してないの」

(足音を立てて現れる日本兵)「オイ。こっちへ来い」
「止めて!助けて!」
「何が起こってるの?!」
(画面の外から)「止めて!」
「大丈夫?イエナ?」
(画面の外から)「離してよ!」

(悲鳴の後、一瞬の間)
「大丈夫?」
「ええ、でもこんな所にはいられない」
「私も。でもどうするの?」
「計画があるの」
(密談の音)
「分かった。でも、いつやるの?」
「今よ」
「えっ?」
「夜だもん。準備して」


(逃げ出す少女たち)

(警報音)
「兵に告ぐ。女二人が脱走しようとしている。捕らえろ」

「了解しました。ピーター来い!」


「奴らを追え」

(抵抗する慰安婦を刺し)

(念入りに、止めをさす)

(流れ落ちる鮮血)

7 件のコメント:

  1. この問題小学生から教えるのはやっぱり情操に良くない。(二次性徴始まるか否かの一番微妙な時期なのに!)

    大人がどう隠そうと、インターネット全盛の今、色々と問題のあるものに子供がアクセスしてしまうのは防げないのですが、だからこそ学校という場で「お墨付き」を与えるのは良くないというか……。

    まさか合成(編集)や撮影に親が協力してたりしないよね……。

    内輪で作ったつもりでも、何かの拍子に炎上するネットの怖さをデジタルネイティブ世代の子供たちは教えられてないのか、それとも純粋に自分たちの自由研究? を世界中に見てもらいたいと思ったのか……。

    国際問題に無邪気に手ぇ突っ込んで遊ぶ子供たちがほんと怖い。子供ってそういうものだけど、ネットにそれがからむと、ねぇ……

    いじめの問題は、本質的に(日本国内の日本人同士でも)隠れて実態が掴みにくいけど、「ない」と言い切るのは万一の保身を考えても危険ですよね。

    ましてや「正しい」とお墨付きを得た内容を振りかざしてのことだと……。

    返信削除
  2. 韓国の小学生が朴大統領に手紙「日本に堂々と謝罪を求めてください」=韓国ネット「立派な子だ!」「いまだに反日教育をしていることに鳥肌が立つ」http://www.recordchina.co.jp/a147462.html

    >「私たちは悔しくて恥ずかしい。なぜなら、うそをついている日本があんな風に堂々としているから。なぜ真実を主張する韓国がこそこそしているのか」と指摘。その上で、「堂々と立ち向かおう。私たちはこの戦いに絶対に負けてはならない」と強調した。


    誰が歴史を争いの道具にしているのか。

    誰が子供を前線に立たせているのか。

    もう、正義の戦いを経験した子供は正義であれば躊躇なく戦う戦士となってしまうだろう...。

    返信削除
  3. 立派な反日教育の成果ですね。でも関係してない人種の人たちはこれを見て引きますよ。AJCNは反日教育の結果のエビデンスとしてこれを使わせていただきます。
    今の韓国人65歳以下はすべて反日教育に冒されていると呉善花さんは書いているが、韓国はこんなことを続けて世界に認められると本気で思っているのかしら。滅亡の淵に立って、共産主義国に引き寄せられ行く韓国。豪州の韓国人は近い将来、母国から逃げてくる親戚の受け入れについて悩んでいますよ。

    返信削除
  4. どなたか0:28(大きな・・・の音を聞いた)と1:48(・・・は灰色でとても小さかった)の部分、何と言っているか聞き取れる方いらっしゃいますか?

    返信削除
    返信
    1. 0:28 big commotion
      1:48 quarters were gray...

      削除
    2. ありがとうございます。後ほど修正します。

      削除
  5. 島根県議会が元日本軍人が提出した平成25年に採択した慰安婦意見書の撤回を求める請願を不採択とした。

    島根県議会が採択した政府への意見書
    http://www.pref.shimane.lg.jp/gikai/ugoki/gikai_kako/H2506/h2506_giin_gian_06.html

    日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書

     日本軍「慰安婦」問題は、女性の人権、人間の尊厳にかかる問題であり、その解決が急がれています。
     この問題について、日本政府は1993年「河野談話」によって「慰安婦」への旧日本軍の関与を認めて、歴史研究、歴史教育によってこの事実を次世代に引き継ぐと表明しました。
     その後、2007年7月には、アメリカ議会下院が「旧日本軍が女性を強制的に性奴隷にした」として、「謝罪」を求める決議を全会一致で採択したのをはじめ、オランダ、カナダ、フィリピン、韓国、EUなどにおいても同様の決議が採択されているところです。
     また、日本政府は、本年5月31日、国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会より、「公人による事実の否定、否定の繰り返しによって、再び被害者に心的外傷を与える意図に反論すること」を求める勧告を受けるなど、国連自由権規約委員会、女性差別撤廃委員会、ILO専門家委員会などの国連機関から、繰り返し「慰安婦」問題の解決を促す勧告を受けてきているところでもあります。
     このような中、日本政府がこの問題に誠実に対応することが、国際社会に対する我が国の責任であり、誠意ある対応となるものと信じます。そこで政府におかれては以下のことを求めます。

    1 日本政府は「河野談話」を踏まえ、その内容を誠実に実行すること。
    2 被害女性とされる方々が二次被害を被ることがないよう努め、その名誉と尊厳を守るべく、真摯な対応を行うこと。

     以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

      平成25年 月 日

      島根県議会  
    (提出先)
     衆議院議長
     参議院議長
     内閣総理大臣
     外務大臣
     内閣官房長官
    -----
    この米下院決議の性奴隷の記述を削除する必要があります。性奴隷と規定している他の外国の決議や国連機関の勧告も精査して削除する必要があります。

    政府が国連女性差別撤回委員会ではっきりと性奴隷を否定し、発言者を厳しく批判した事実がある。「政府が河野談話を修正していない」が請願に反対する意見ですから、政府見解に従って意見書も修正されるべきです。誰も反論できないはずです。あとはその部分の修正の重要性をわかって貰えば良い。

    今回の請願を応援していたなでしこアクションが2月定例会に請願を再提出したらどうでしょうか?請願は日本国民なら可能です。邦人や日系人が人種差別やヘイトにさらされているのは性奴隷という定義にあります。米国の小学校での慰安婦動画も資料としてみて貰えば、島根県議会も対応せざるを得ないでしょう。

    平成25年慰安婦問題意見書の修正を求める請願(あるいは陳情)
    撤回するかどうかは議会の方で決めてもらって性奴隷一点に集中するのはどうでしょうか?

    返信削除