2012/04/24

広島に新支援団体

広島にも新しい慰安婦支援団体が設立。挺対協のユンが来日して挨拶して行った。


あ旧日本軍の従軍慰安婦問題の早期解決に取り組む韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(ソウル)の尹美香(ユン・ミヒャン)共同代表の講演会が、広島市中区の原爆資料館であった。

尹共同代表は被害の状況を説明し、「生存者は高齢化し、残された時間は少ない」と強調。日本政府による公式な謝罪や賠償を訴えた。

協議会は1992年から、ソウルの日本大使館前で謝罪や賠償を求める「水曜デモ」を毎週開いており、昨年末に千回を超えた。

講演会は、広島県内の市民団体などの有志でつくる「日本軍『慰安婦』問題解決・ひろしまネットワーク」の設立記念行事の一環。約90人が聞いた。ネットワークは今後、学習会の開催などの活動に取り組む。

中国新聞 2012.4.23

4 件のコメント:

  1. 現在87歳で14歳の時に連れて行かれた?ってことは73年前・・1940年?!太平洋戦争始まってねえじゃん。小学生でも見破れる嘘ついて何がしたいん?

    返信削除
    返信
    1. 日中戦争は始まってましたけどね。

      削除
  2. 売った親を恨みなさい
    他人のせいにする国民性を恥なさい
    嘘を次世代に吹き込むのはもうやめなさい
    老い先短いんだから全うに生きなさい

    返信削除
  3. そもそも奴隷だろうが売春婦だろうが今更関係ないんだけどね‥
    日韓基本条約で南朝鮮政府に賠償も謝罪も終わってるし
    日本政府に謝罪や賠償の義務はもうないよ
    南朝鮮政府に個別賠償の義務があるだけだから
    南朝鮮政府は論点のすり替えは辞めろ!

    返信削除