2012/04/29

米国首都に慰安婦の碑 来年から本格化

韓国系の人々がユダヤ人のホロコースト記念館に着想を得て、日本による残虐行為記念館あるいは記念碑をアメリカに作ることを思いついたのが何時のことかは分からない。誰が最初に言い出したのかも知らない。

しかし3年前(2009年)には、中央日報が「三一節と『シンドラーのリスト』」という記事を掲載、この中で芸術や博物館を通じて「日本の右翼」を黙らせることが出来るという提案がなされている。人格教育の専門家であると自己紹介した筆者が、ユダヤ人虐殺記念館の為に開かれていた公聴会で「ナチスだけでなく日本の蛮行に関する資料も展示することを要請した」ことを報告している。

その後も、ワシントン挺対協やKAVC(韓国人有権者センター)、慰安婦決議採択運動を繰り広げた121ニューヨーク推進連帯などが動き、各地に慰安婦の碑を建てる計画を進めている。2年前にニュージャージー州の公立図書館に小さな碑が建った時は、一部のブロガー達がリアルタイムで報告していたが、日本のマスコミがこの問題に興味を示し始めたのはごく最近で(ただし、当時の韓国メディアは、日本の新聞社が取材に来たと報じていたが、本当のところは分からない)、政治家の反応も遅かった。

アメリカの首都ワシントンに慰安婦の碑を建てようという計画も、現在着実に進行している。当ブログでも、ワシントン挺対協が昨年コリア・タイムズに出した公開書簡を紹介した。その後の展開であるが、彼らはアメリカの国立公園関係者とコンタクトをとって話を詰めようとしているらしい。下のコリア・タイムズの記事にはマイク・ホンダの名前も見えるが、ワシントン挺対協がホンダを説得しようとしているのか、それともマイク・ホンダや州議会議員らと連邦議会の議員たちを説得する計画なのかよく分からない。彼らはワシントン挺対協設立20周年に当たる来年から動きを本格化させる(コリア・デイリー)そうである。

展示会やセミナーを開いて慰安婦問題に対するアメリカ人の理解を深めようという試みは一貫している。もちろん、彼らが広めようとしているのは「日本軍は第2次世界大戦中韓国などアジアを侵略して幼い女性たちを日本軍人のための性的奴隷の『挺身隊』に転落させた歴史的な事実」のこと。

写真は、先々月ワシントン挺対協の行事で慰安婦の碑建立推進を訴えたマーク・キム、バージニア州下院議員。


慰安婦追悼碑建設基金募金

ワシントン挺身隊問題対策委員会(会長キム・グァンジャ. 以下정대위)が17日役員会議を持って慰安婦追悼碑建設および創立20周年記念学術大会など今年主要事業を議論した。

정대위はこの日会議で追悼碑建設委員長にファンウォンギュン前バージニア韓国人会長を任命する一方、追悼碑建設のための敷地物色と基金募金運動などについて意見を交わした。

キム・グァンジャ会長は「米国ではユダヤ人やアルメニア人がホロコーストとトルコ大虐殺(引用者注:アルメニア人大虐殺)で被害にあった痛い経験を入れて追悼碑を建設している」として「追悼碑建設は日本軍の蛮行を想起させて後代に人権問題に対する教育の資料を残そうと思う意味で推進される」と話した。

ファンウォンギュン建設委員長は「日本軍は第2次世界大戦中韓国などアジアを侵略して幼い女性たちを日本軍人のための性的奴隷の『挺身隊』に転落させた歴史的な事実を歪曲、否定している」として「誤った歴史を正すためにも一日はやく追悼碑が建設されなければならない」と話した。
ハム・ウンソン副会長は「ワシントンDCに追悼碑を建設するために国立公園企画委員会(NPCP)関係者たちと会って多くの助言を受けた」として「一応連邦下院の承認を受けなければならないだけにマイケル・ホンダ議員と地方区議員らを中心に説得作業を繰り広げるだろう」と伝えた..

정대위はこの日会議で創立20周年記念学術大会および定期総会を12月1日ジョージ・メイソン大学で開催することにした。

学術大会準備を引き受けたイ・ジョンシル副会長は「女性と人権、そして慰安婦問題と関連したセミナーと講演、絵展示会など多様に展開するだろう」と話した。

<パク・クァンドク記者>



위안부 추모비 건립 기금 모금

워싱턴 정신대문제대책위원회(회장 김광자. 이하 정대위)가 17일 임원회의를 갖고 위안부 추모비 건립 및 창립 20주년 기념 학술대회 등 올해 주요 사업을 논의했다.
정대위는 이날 회의에서 추모비 건립위원장에 황원균 전 버지니아한인회장을 임명하는 한편 추모비 건립을 위한 부지 물색과 기금모금 운동 등에 대해 의견을 나눴다.
김광자 회장은 “미국에서는 유대인들과 아르메니아인들이 홀로코스트와 터키 대학살에서 피해를 당한 아픈 경험을 담아 추모비를 건립하고 있다”며 “추모비 건립은 일본군의 만행을 상기시키고 후대에 인권문제에 대한 교육의 자료를 남기고자 하는 의미에서 추진된다”고 말했다.
황원균 건립위원장은 “일본군은 제2차 세계대전 중 한국 등 아시아를 침략해 어린 여성들을 일본군인들을 위한 성노예인 ‘정신대’로 전락시킨 역사적인 사실을 왜곡, 부정하고 있다”며 “잘못된 역사를 바로잡기 위해서라도 하루 빨리 추모비가 건립되어야 한다”고 말했다.
함은선 부회장은 “워싱턴DC에 추모비를 건립하기 위해 국립공원 기획위원회(NPCP) 관계자들과 만나 많은 조언을 받았다”며 “일단은 연방 하원의 승인을 받아야 하는 만큼 마이클 혼다 의원과 지역구 의원들을 중심으로 설득 작업을 펼쳐나갈 것”이라고 전했다..
정대위는 이날 회의에서 창립 20주년 기념 학술대회 및 정기총회를 12월 1일 조지 메이슨 대학에서 개최키로 했다.
학술대회 준비를 맡은 이정실 부회장은 “여성과 인권, 그리고 위안부 문제와 관련된 세미나와 강연, 그림전시회 등 다양하게 전개될 것”이라고 말했다.
<박광덕 기자>

0 件のコメント:

コメントを投稿