2014/05/10

台湾元慰安婦のドキュメンタリー東京で上映


台湾関係のニュースが続く。たまたまかもしれないが・・・。これも台湾婦女救援基金会がらみ。

台湾元慰安婦のドキュメンタリー映画が東京で上映、観客「日本の態度にうしろめたさ感じる」―中国メディア

2014年5月9日、台海網によると、台湾の元慰安婦のドキュメンタリー映画「蘆葦の歌(原題:蘆葦之歌)」が7日、東京都内で初めて上映され、100人以上の日本の観客が観賞した。

同作品は台湾婦女救援基金会が台湾芸術大学の呉秀菁助教授に依頼して制作が実現。台湾の元慰安婦のインタビューをまとめたドキュメンタリーで、完成に3年を費やした。出演した6人のうち4人がすでに亡くなっているが、主人公の1人である陳蓮花さん(91)ははるばる海を越えて上映会に出席した。

担当者によると、同作は台湾元慰安婦のインタビューをまとめた最初のドキュメンタリー作品「おばあさんの秘密」から15年後の作品。台湾元慰安婦を支援する日本の民間団体の招待を受けたことで、日本での上映会が実現した。

映画館には多くの中高年に交じって若者の姿も見受けられ、ある観客は日本がこのような歴史に向き合わないことにうしろめたさを感じたという。また、別の観客は多くの日本の若者が侵略の歴史を理解していないことを残念に思うと語った。

2 件のコメント:

  1. >ある観客は日本がこのような歴史に向き合わないことにうしろめたさを感じたという。
    日本が慰安婦の存在を否定したこともない。当時の東アジアがどうだったのかを教育できちんと教えていないせいだろう。

    返信削除
    返信
    1. 日本では、その辺の時代についてあまり教えていませんからね。

      削除