2014/05/09

ヘンリー・ストークス本、無断加筆疑惑とその後


この記事からは、慰安婦に関する部分がどのように歪曲されたのか分からないが、「従軍慰安婦はいなかった」とか「南京事件はなかった」といった言説には、反日キャンペーンと戦っている人の中にも苦々しい思いをしている人も多いはずである。

「いわゆる『大虐殺』はなかったという趣旨だ」と釈明しても、慰安婦はいたが従軍慰安婦はいなかったという趣旨だと言い訳してもダメだ。そういう風に国際社会に誤解されるような言動は、そのまま利敵行為になるのである。

南京虐殺否定を無断加筆

米ニューヨーク・タイムズ紙の元東京支局長が、ベストセラーの自著「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」(祥伝社新書)で、日本軍による「『南京大虐殺』はなかった」と主張した部分は、著者に無断で翻訳者が書き加えていたことが8日明らかになった。 

英国人の著者ヘンリー・ストークス氏は共同通信に「後から付け加えられた。修正する必要がある」と述べた。翻訳者の藤田裕行氏は加筆を認め「2人の間で解釈に違いがあると思う。誤解が生じたとすれば私に責任がある」と語った。 同書はストークス氏が、第2次大戦はアジア諸国を欧米の植民地支配から解放する戦争だったと主張する内容。「歴史の事実として『南京大虐殺』は、なかった。それは、中華民国政府が捏造したプロパガンダだった」と記述している。 だがストークス氏は「そうは言えない。(この文章は)私のものでない」と言明。「大虐殺」より「事件」という表現が的確とした上で「非常に恐ろしい事件が起きたかと問われればイエスだ」と述べた。 

藤田氏は「『南京大虐殺』とかぎ括弧付きで表記したのは、30万人が殺害され2万人がレイプされたという、いわゆる『大虐殺』はなかったという趣旨だ」と説明した。 だが同書中にその説明はなく、ストークス氏は「わけの分からない釈明だ」と批判した。 

同書は昨年12月に発売、約10万部が売れた。ストークス氏単独の著書という体裁だが、大部分は同氏とのインタビューを基に藤田氏が日本語で書き下ろしたという。藤田氏は、日本の戦争責任を否定する立場。ストークス氏に同書の詳細な内容を説明しておらず、日本語を十分に読めないストークス氏は、取材を受けるまで問題の部分を承知していなかった。 関係者によると、インタビューの録音テープを文書化したスタッフの1人は、南京大虐殺や従軍慰安婦に関するストークス氏の発言が「文脈と異なる形で引用され故意に無視された」として辞職した。

So-netニュース(共同) 2014.5.8

追記: 祥伝社から著者の見解が出た。「共同通信は問題を針小棒大にしています」「本書に記載されたことは、すべて著者の見解です。祥伝社と著者は、問題になっている二行の記述についても訂正する必要を認めません」というもの。


追記:

「南京大虐殺なかった」翻訳者加筆と報道 出版社は否定

共同通信は8日、米ニューヨーク・タイムズ紙の元東京支局長の著作について、一部の記述を翻訳者が無断で書き加えていたとする記事を配信した。この記事に対して出版元の祥伝社は9日、「一連の記事は誤り」と報道を否定する著者の見解を発表した。

問題となったのは、ヘンリー・ストークスさんの口述や原稿を藤田裕行さんが翻訳した「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」(祥伝社新書)。昨年12月に発売され、約10万部売れたベストセラー。この中の「『南京大虐殺』などなかった」との記述について、共同通信はストークスさんが「後から付け加えられた。修正する必要がある」と取材に答えたと報じ、藤田さんも加筆を認めたとしていた。

これに対してストークスさんは9日、「本書に記載されたことは、すべて著者の見解。訂正する必要を認めない」とした。祥伝社によると、ストークスさんは記者の質問の趣旨を誤解して答えたと説明しているという。

共同通信社総務局は9日夜、「翻訳者同席の上で元東京支局長に取材した結果を記事化した。録音もとっている」とのコメントを出した。

朝日 2014.5.9

追記: 11日になってから朝鮮日報はこの様に報じた。ストークス本人が否定していることは伏せている。

外国人の著者を擁して日本でベストセラーになった歴史歪曲書がある。この書籍が、事実上日本の極右派が書いたものだということが明らかになり、波紋を呼んでいる。・・・藤田氏は・・・外国特派員がこういう内容を話せば面白いと思った。私が書けば『あれは右翼だ』と言われる」と語ったこのように日本の出版倫理が崩壊している一因として、出版業界の不況が挙げられる。・・・極右派が外国人を前面に出して本の内容をでっち上げるケースは、今回が初めてではない。

20 件のコメント:

  1. インタビュー形式に加えて、ストークス氏は滞日年数は長いのに日本語はほとんど喋らないようで、どれだけ日本語の資料を理解できるのかという疑問もあります。

    もっと言えば、日本の外国特派員協会なる所で英語で話してもらわないと、赴任先の言語では活動ができないジャーナリストと名乗る連中とあまり違いはないと思います。日本人がアメリカへ行ってジャーナリスト活動するのに、英語が出来なかったら相手にされませんよね、同じことだと思います。

    この本に関しては、記事にある「言った、言わない」に加えて、関わった人物全員の信用性も問題だろうと思います、本が扱っている事実関係とは別の問題として。

    返信削除
    返信
    1. いわゆる知日派と持てはやされる人々が実は日本語も出来ず、自分の専門分野以外については暗いというのが現実っぽいですね。

      >関わった人物全員の信用性も問題だろうと思います

      言いたくありませんが、仰る通りです。

      削除
  2. ハリー杉山 Henry Scott-Stokes 息子へのまなざし
    公開日: 2013/06/29
    http://youtu.be/Wb-t45PQEJM

    ヘンリー・ストークス氏の名は知っていましたが、そもそも英国の白人で
    ニューヨーク・タイムズにいた人がそんなに日本寄りのことを
    言うのかしら?と以前から不思議に思ってました。
    翻訳者の藤田裕行氏もよく知らないのでググってみると、
    保守系の方なんですね。
    共同通信自体は左よりの偏向した反日配信を多々するので、
    うっかりするとこのように揚げ足取りをされます。

    保守系は誤解を受けないよう史実に忠実に、正直な姿勢で
    誠実に保守活動に取り組みたいものです。

    返信削除
    返信
    1. 右の勇み足、左が揚げ足取り・・・が常態化(?)してますね。逆はあまり記憶にありません。怒れる保守はなぜこうも迂闊なのかと。

      削除
  3. 米議員「慰安婦問題を回避すれば韓日米間に葛藤」
    2014年05月10日09時24分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    http://japanese.joins.com/article/152/185152.html?servcode=A00&sectcode=A20
    ナイジェリア軍、襲撃を事前に察知か 人権団体が告発
    2014.05.10 Sat posted at 11:19 JST
    http://www.cnn.co.jp/world/35047680.html
    軍の不作為も絡んできましたかね

    返信削除
    返信
    1. 議員の顔写真も手に入りましたので、エントリーにするかもです。

      削除
  4. 某グルメ蘊蓄の名を借りた放射脳マンガのように大きな騒ぎになっていないから、とこのままウヤムヤにしてしまうのも保守派言論の悪い所。

    身内から不正・腐敗を正していかないと、いつまで経っても大衆の支持は得られないし、説得力も無くなる。

    返信削除
    返信
    1. 李下に冠を正さず、ですね。

      削除
    2. 「ゆがめられた歴史正す」 無断加筆の藤田氏らhttp://www.47news.jp/smp/47topics/e/253294.php

      >藤田氏は、自分の著作でストークス氏の主張を紹介するのではなく、あえてストークス氏の著作という体裁をとった理由を「外国特派員がこういう内容について話をしたら面白いと思った」と説明。「私が書いたら『あれは右翼だ』と言われます」と語った。

      なんだかな~。

      削除
    3. 日本の保守派の主張は海外ではまったく相手にされないので、数少ない理解者を見つけると、その人に全てを託したくなるのでしょう。テキサス親父もそのケースだと思います。その気持ちは理解できますが・・・。

      削除
  5. この件については祥伝社が報道内容を否定しておりますので、様子を見た方が良さそうですね。

    「南京大虐殺なかった」翻訳者加筆と報道 出版社は否定
    http://www.asahi.com/articles/ASG595X2FG59UCLV00P.html

    南京虐殺加筆報道を著者「否定」 記事正確と共同通信
    http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014050901001888.htm

    『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』に関する各社報道について
    lhttp://www.shodensha.co.jp/kokuchi/kokuchi.pdf

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。本文に追記しておきます。

      削除
  6. この本は読みましたが、微妙なニュアンスの違いでしょうね。
    ストークス氏は、南京で事件的なものはあっただろうが(戦時の常識として)
    30万人なんでありえないという立場。別な雑誌の対談ではそう言ってました。
    つまりは何人から大虐殺なのかという解釈のズレでしょう。
    推測するに、「いわゆる」を省いた話を左翼系がストークス氏に告げ、本人が否定したことで、騒いでいると負うことだと思いますよ。

    返信削除
    返信
    1. >微妙なニュアンスの違いでしょうね。

      そうなんです。ただ、揚げ足を取られないよう細心の注意は必要だと思います。ストークス氏はイギリス人ですから無関係ですが、我々日本人(出版社を含む)はバイアスのかかった目で見られていますから。

      削除
  7. ストークス氏のようなメディアの重鎮にこういう発言をされると困る奴らが居るということでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 共同通信の脊髄反射だったのかも。

      削除
  8. ストークス氏の奥様は日本人で、この著書でも登場しますが、ストークス氏が後日正体を知ってがっかりした金大中に関わったころ、金大中の正体を胡散臭いと警告するなど、なかなか見識の高い方です。そういう意味では決して薄っぺらい親日派というわけではないと思います。

    返信削除
    返信
    1. 薄っぺらい人ではないと思います。

      削除
  9. 昔、加瀬英明が韓国人の名前を使って『醜い韓国人』を書いた。最初は「知らない」なんて言ってたが、やがて印税が全て加瀬のところに入っていた事が判明。名前を貸した人物も結局はあらいざらい話してしまった。

    それとよく似ている。
    ウヨクは闇の生き物だな。

    彼ら定義の「愛国」ならどんな捏造も許されるらしい。

    返信削除