2014/05/15

慰安婦像計画、豪州政府から突き放される


オーストラリアのストラスフィールド市に中韓の反日(?)団体が慰安婦像を設置しようとしたが、これに現地の日本人が反発。市は、判断を(連邦)政府に投げてしまった。そして、このニュース。オーストラリアの外務省(政府)は市が像を設置することを、unlikely to help(支援することはなさそうだ)、とある。この記事は、シドニーのフリーペーパーストラスフィールド・シーンのもの(5月号)。なでしこアクションが伝えている

この慰安婦像は、通称「三姉妹像(The three sisters)と呼ばれ、記事にもあるように日本の「戦争犯罪(war crimes)」を象徴する像と見なされているようである。推進している団体が、United Australian, Korean and Chinese Alliance against Japanese War Crimesと名乗ったのは失敗だったかもしれない。しかも、副市長であるサン・オク(Sang Ok)はこの団体のトップである。今さら人権の為と言い訳したとしても通じない。他国(日本)糾弾目的であることは明白である。オクは、自分は韓国人ではなく韓国系オーストラリア人だと強調し、そう見られる事を警戒している様子。彼はアメリカのグレンデール市で慰安婦像を巡り訴訟沙汰になっている事を気にしており、ストラスフィールドではあんな事にはならないと弁明している。訴訟自体は日本側に有利に展開しているわけではないが、オーストラリア連邦政府が市側を突き放したのは、慰安婦問題が国際紛争化していることを承知しているからだろう。

三姉妹像はオーストラリア人韓国人中国人の少女の姿を象った物だと記憶しているが、数万と言われる慰安婦にオーストラリア人は一人だけ(しかも、当時はオランダ国籍)、最多数の日本人慰安婦の存在は無視されるという、無自覚であってもレイシズム丸出し。



4 件のコメント:

  1. 慰安婦問題、これだけある元軍人証言をなぜ軽視するのか
    2014.5.15 14:01 (2/2ページ)
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140515/plc14051514010013-n2.htm
    「慰安婦問題に関する元軍人の証言」(平成9年刊)という小冊子
    読んでみたいものです。

    返信削除
    返信
    1. 兵士の証言は幅広いので、バランスよく取り上げるのはなかなか難しいですね。

      削除
  2. このCheers(チアーズ)は一見するとだだの日本人向けのフリーペーパー。
    オーストラリア、シドニーの生活情報紙のウェブ版です。
    http://cheers.com.au/

    しかし今回の件では恐らく一番近くで、さらに冷静な報道をしたのだと思います。

    ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! 第2回 従軍慰安婦像をシドニーにも設置?
    http://cheers.com.au/entertainment/interview/965/

    日本の保守系の報道陣が見習って欲しい記事です。


    しかし、私が気になったのはこの記事。韓国人会会長宋錫準)さんの最側近の人物に、インタビューしています。

    要所を押さえたインタビューだと思います。

    吉田証言について聞かれ、「唐人行さん」での切り返し。しかし再度問われれば吉田清治のことは知らないと答えています。

    強制連行の証拠証拠は今まで数え切れないほど見せましたと主張するので、記者がその一部の開示を要求すると、これが送られてきたそうです。
    http://news.hankooki.com/ArticleView/ArticleView.php?url=world/201401/h2014011810114122470.htm&ver=v002

    この程度の知識・認識の輩に引っ掛け回されてしまうのか。

    日本の新聞社はこの記者をスカウトすべし!




    返信削除
    返信
    1. とても良い記事ですね。ありがとうございます。

      >しかし、私が気になったのはこの記事。韓国人会会長宋錫準)さんの最側近の人物に、インタビューしています。

      こちらの記事のことですね?これは後世に残すべきやり取りですね。この記事には気づきませんでした。重ね重ねありがとうございました。
      http://www.cheers.com.au/entertainment/interview/964

      削除