2014/05/11

ホロコースト被害者を利用する朝鮮日報

純粋に自分の話に興味を持ってもらっていると思ったのだろうが、
取材記者の本当の狙いは?

慰安婦騒動をウォッチしていて、一番嫌な気分になるのは、北朝鮮による拉致やユダヤ人ホロコーストといった絶対悪を引き合いに出す手法を目にする時である。慰安婦システムをまったくの無問題とは言わないが、ホロコーストや拉致問題とは一緒に出来ない。味噌も糞も一緒にして論じようとする人々は、政治的な意図があって被害者を利用しているのではないかと思うからである。これもそうだ。朝鮮日報の朴国熙(パク・ククヒ)記者は、ホロコースト被害者者の体験談を聴きに行ったのだろうか?本当は最後の段のコメントを引き出すのが目的だったのではないか?

「旧日本軍に踏みにじられた慰安婦の女性の話をすると、ワイズさんは『考えられない。本当にひどい』といった言葉を繰り返した。ワイズさんは『絶対忘れず絶対許してはならない。それが歴史を否定する日本政府に対する方法だ』と話した」

そうだとすれば、利用されたユダヤ人女性は気の毒である。最近の反日運動家によるホロコースト被害者の政治利用は目に余る。

「忘れない、許さない」 歴史否定する日本への対処法

ユダヤ人女性、ホロコーストの体験談語る
-10歳で姉と共にアウシュビッツに
生体実験の日、ソ連軍がポーランド侵攻…アウシュビッツから解放
-オーストラリアを経てイスラエルに定住
ホロコースト追悼記念館でガイド
「昔の過ちを子孫になすり付けるつもりはない」

ホロコースト(第2次世界大戦中に行われたユダヤ人大虐殺)の生存者は、大きく二つに分けられる。600万人のユダヤ人が虐殺されていく間、神は死んだと思った者、神のおかげで奇跡的に生き延びたと信じる者だ。ホロコーストの追悼日(4月27日)を2日後に控えた先月25日、イスラエルの首都エルサレムで出会ったマタ・ワイズさん(80)=女性=は、後者だった。「ナチスは神様が想像できないことを行ったが、今こうして生きていられるのは神様のおかげだと思います」

「A-27202」。1944年にドイツ軍がワイズさんの左腕に刻んだ入れ墨は、70年がたった今も鮮明に残っていた。「A」は150万人のユダヤ人が虐殺されたアウシュビッツ(Auschwitz)収容所の頭文字だ。ワイズさんは「今もこの入れ墨を見るたびに、生きているという事実に対し神様に感謝する」と話す。

ワイズさんは1934年にチェコのユダヤ教の家系に生まれた。10回目の誕生日を迎えた1944年10月8日、ナチスを避けて暮らしていたワイズさんは、隣家の密告によりドイツ軍に捕まり、1カ月後に3歳年上の姉と共にポーランドのアウシュビッツ収容所に送られた。ワイズさんは「『アウシュビッツはユダヤ人の再教育のための機関』とドイツ軍が説明した」と言う。

「列車に一緒に乗ってきた3000人の『新入り』ユダヤ人を収容する所がなかったんです。ドイツ軍はわれわれを収容する空間を確保するために、あるキャンプにいたロマたちを皆ガス室で殺してしまいました」

捕まってきたユダヤ人たちは、アウシュビッツ軍医官のヨーゼフ・メンゲレの前で列を作って裸にさせられた。後日「死の天使」と呼ばれ、40万人ものユダヤ人を虐殺したメンゲレは、「新入り」たちをガス室に行かせるか、生体実験のための「実験動物」として使用するかで分類した。

ワイズさんは「今も理解できないが、その『化け物(Monster)』は姉と私を双子と勘違いして実験室に隔離した」と話す。メンゲレはゲルマン族の繁栄のための手段として双子研究に対する関心が高かった。手術台に上がることになっていたワイズさんは、1945年1月にソ連軍のポーランド侵攻でアウシュビッツが解放されると、姉と共に脱出した。パンの切れ端と凍った野菜で食いつないできたワイズさんは、体重がわずか17キロになっていた。ワイズさんは「ガス室の煙突から煙が出ると、ユダヤ人の悲惨な死体がユダヤ人たちの手によって火葬場に移された。無惨だった」と当時の記憶をつづった。

 戦争が終わった後、ワイズさんは別々に捕まえられた妹がアウシュビッツのガス室で死んだことを知った。1948年に残った家族はオーストラリアに移住した。
 「悪夢の場所であるヨーロッパからできるだけ遠い所に隠れたかったんです。しばらくは医師のガウンのような制服を着た男性をまともに見ることができませんでした」。戦争当時パスポートを偽造して生きながらえた両親は、死ぬまで50年以上も姉妹にホロコーストについて話さなかった。生死の道を共に歩んだ姉にさえ、悲惨な記憶について話すことができなかった。ワイズさんは「1995年にオーストラリアで開かれたアウシュビッツ解放50周年行事で、姉は講演者として証言した。あの時、姉の記憶を観客席に座って聞いたのが最初で最後」と話した。
 1998年にワイズさんは夢にまで見たイスラエルに定住し、翌年からホロコースト追悼記念館「ヤド・バシェム(Yad Vashem、ヘブライ語で名前を忘れるなの意)」でガイドとしてボランティア活動を開始、今年で15年目を迎えている。ドイツ人旅行客も案内する。「ドイツ人旅行客を案内すると、彼らは常に『今はドイツについてどう思っているか』と私に質問します。昔の世代の過ちを子孫になすり付けるつもりはありません。しかし『絶対忘れず、絶対許さない(Never forget never forgive)』と返事します」
 10代という若さで旧日本軍に踏みにじられた慰安婦の女性の話をすると、ワイズさんは「考えられない。本当にひどい」といった言葉を繰り返した。ワイズさんは「絶対忘れず絶対許してはならない。それが歴史を否定する日本政府に対する方法だ」と話した。ワイズさんは一瞬たりともホロコーストを忘れたことがない。最近でもワイズさんは14人の孫と4人のひ孫に会うたびにホロコーストについて語り「絶対に忘れてはならない」と言い聞かせている。


朝鮮日報日本語版 2014.5.11

4 件のコメント:

  1. 元駐日イスラエル大使はホロコーストと慰安婦を一緒にすることを完璧に否定している。
    今月号のVOICEには、イスラエル建国の英雄が日本の収容所生活から、イスラエル建国を決心する話を書いた人のインタビューがのっていたが、その捕虜収容所後の捕虜の墓地が、地元の人によって管理組合まで作って弔われていることの非常に感謝していた。

    日本人が思っているよりユダヤ人は日本人が好きだし、尊敬もしている。個人的にも何人かの知り合いがいますが皆そうです。教育好きなどの共通点も多いですが、思考回路はぜんぜん違うんですけどね。ロジック的な思考は日本人には太刀打ちできない。

    返信削除
    返信
    1. ごく一部のユダヤ系が反日キャンペーンに巻き込まれているというのが実際でしょう。日系人ですら、巻き込まれている人もいるわけで。

      削除
  2. 元慰安婦とホロコースト被害者の合体攻撃が日本の国連代表部に炸裂!
    2011年12月17日
    ·ヨンス·イオクソンの祖母は、日本の国連代表部に請願書伝達
    ホロコーストおばあちゃんも同行...「日本の王は、日本軍慰安婦を認めて謝罪せよ」
    http://www.dailiang.co.kr/news/articleView.html?idxno=35293

    >イ·ヨンスおばあさんはこのような日​​本政府を強く叱責して「日王が私の前に来てひざまずいて謝罪しなければならない」と声を高めた。

    >ホロコースト生存者代表として一緒に訪問したカトチュおばあちゃんは、木村建設を握って「あなたはホロコーストが歴史的な事実であることを認めるか」と怒りの声で問い質した。

    この件はHazamaさんもご存知かと思いますが念の為。

    こちらが読みやすくまとめられてますね。
    http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1555.html


    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      この時は、イ・オクソンとイ・ヨンスがツートップでした。その後、イ・ヨンスのポジションをキム・ボクトンが取って変わりました。この辺の経緯が気になっています。

      削除