2016/03/13

挺対協、国連事務総長に談じ込むも・・・

挺対協にとって国連が最後の希望だが・・・

韓国では絶対者である「ハルモニ」であっても、国連の事務総長を怯えさせるほどの威光はないだろうが、韓国人であるパン・ギムン国連事務総長は別かもしれない。彼が今後祖国で政治活動を考えているとすれば、「ハルモニ」を邪険に扱うわけにはいかないだろう。日韓合意を歓迎した彼を糾弾する動きもあり、挺対協とハルモニに押しかけられた彼は、「両国の努力を歓迎したもので、内容を歓迎したものではない」と釈明したとされる。

訪米中のキル・ウォノクがセウォル号のバナーを掲げている
どこまで本人の意思なのか?

日米韓の三国は、慰安婦問題を政治問題として決着させた。挺対協らが残る味方として頼りに出来そうなのは国連ぐらい。国益を考えて行動するアメリカと異なり、ここではまた違った原理が働く。しかし、日米韓が一枚岩となった状況で、国連がどれだけ期待に応えてくれるか微妙だろう。日本でも、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動が、女子差別撤廃委員会の勧告を受け入れるよう日本政府を「国際人権基準を理解しない」と非難しているが、少なくとも、彼らが言っていた日本が「国際社会から孤立している」といった建前はもう通用しないのである。その女子差別撤廃委員会の勧告も、報道官によれば「あくまで独立した委員会の意見(産経)」にしか過ぎないということである。残念。

元慰安婦が続々訪米、合意無効の訴え展開 会談の潘基文氏も弁解、国連関係者発言を追い風に

慰安婦問題の最終的解決をうたった日韓合意の無効を訴えるため、元慰安婦と韓国の支援団体メンバーらが訪米し、在米韓国系団体と連携して組織的な活動を展開している。米政府が合意への支持を重ねて強調するなか、「被害者中心のアプローチが不十分」だと合意を批判した国連女子差別撤廃委員会の勧告や国連関係者の発言が、日本非難を続けるデモや集会を勢いづかせている。

「苦しみや痛みに同情する。被害者の声に耳を傾けることが重要だ」。国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は11日、ニューヨークの国連本部を訪れた元慰安婦、吉元玉(キル・ウォンオク)さん(89)と会談後、こう語った。事務総長報道官によると、潘氏の就任以来、元慰安婦との会談は初めて

潘氏は、昨年末の日韓合意発表後に歓迎する声明を出し、今回の会談でも、合意が誠実に履行されるよう望むと述べた。一方で、同席した関係者によれば、「両国の努力を歓迎したもので、内容を歓迎したものではない」との趣旨だと苦しい弁解も口にしたという。

これに先立つ8日、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん(88)が国連本部で記者会見し、「被害者の声が完全に無視された」と合意を非難。ワシントンでは9日、吉さんと支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表らが日本大使館前での抗議集会に参加し、日本政府に謝罪と賠償を求めた。在米韓国系住民向け新聞「コリア・タイムズ」によると、尹氏は会見で「合意に米政府が圧力をかけたのは公然の事実なので、滞在中に抗議する」と語り、矛先を米国にも向けた。

国連女子差別撤廃委の勧告に加え、ゼイド人権高等弁務官も「元慰安婦から疑問の声が出ていることは重大だ」と批判したことを“追い風”に米国で合意無効を訴えている。李さんはサンフランシスコやロサンゼルスなどでも講演し、日本政府の糾弾を続ける。吉さんらは複数の大学などで被害体験を語るといい、20日ごろまで滞在する。

米政府は、国連女子差別撤廃委の勧告後も国務省のカービー報道官が記者会見で「合意を歓迎する米国の立場に変更はない」と語っているが、その意向に反した元慰安婦らの行動が米国で続く。日米韓政府と、国連関係者の合意への評価の違いを国際社会に際立たせる狙いも垣間見える。

産経2016.3.12

潘事務総長、元慰安婦と初面会 国連本部

国連の潘基文(パンギムン)事務総長は11日、米ニューヨークの国連本部で、旧日本軍の「慰安婦」だった韓国人女性、吉元玉(キルウォノク)さんと面会し、「苦しみと痛みに同情します。被害者の声を聞くことは極めて重要です」との談話を発表した。2007年の就任以来、潘氏と元慰安婦の面会は初めて。

面会は、冒頭のみが報道陣に公開された。面会は「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)の要望で実現したといい、挺対協の尹美香(ユンミヒャン)さんらも同席した。

潘氏は談話で、慰安婦問題に関する日韓合意について「誠実に履行されることを希望する。被害者を中心に、包括的な解決に向けた対話を続けるよう全ての関係者に求める」と述べた。

面会後、報道陣の取材に応じた尹さんによると、潘氏が日韓合意の直後に歓迎する声明を出したことへの遺憾の意を伝え、「被害者重視の合意ではない」などと指摘したという。車いすの吉さんは「来て良かったです」と短く話した。

朝日 2016.3.12

13 件のコメント:

  1. 慰安婦問題はキチンと訴えれば全ての戦時性暴力被害者を救うような世界的な運動にも繋げられたのに残念な事だ。

    よく「ウヨクは慰安婦を矮小化させている」と糾弾されるが(一理あるが)、私に言わせれば慰安婦問題をたかだか日本disのツールに貶めたのは誰なんだと。

    本来なら日米韓で「それぞれの慰安婦問題」を学術的に論じて真の女性の人権問題に取り組めれば、今頃全世界的な合意も得られたらだろうに…。

    返信削除
    返信
    1. 慰安婦問題に関しては、むしろこのdisジャパンのせいで、遠からず誰も本気にしなくなるかもしれません。

      削除
    2. 日本談児様
      >本来なら日米韓で「それぞれの慰安婦問題」を学術的に論じて真の女性の人権問題に取り組めれば、今頃全世界的な合意も得られたらだろうに…


      大同感でございます!!

      削除
    3. 韓が入ったら絶対に無理ですよ。鮮人は脳に欠陥があって論理的に物事を考えられない。敵か味方かしかなくて、気に入らない考え方には絶叫でこたえる。

      削除
  2. 中国に「親しみ感じない」過去最高83.2% 外交世論調査、韓国に
    http://www.sankei.com/politics/news/160312/plt1603120010-n1.html

    昭和61年から2014年まで29年連続で10月に行ってきた(11月が一回あるがほぼ10月として)世論調査を2015年は10月に行わず2016年1月に行った。
    http://survey.gov-online.go.jp/index-gai.html

    その理由は何故か?なお発表は例年12月。
    (1)10月にやったが世界遺産妨害で更に悪化。調査結果を破棄して再調査した。(情報公開請求で10月に実施したという証拠がつかめるかな?)
    (2)12月に慰安婦合意を予定していたので、最初から1月実施と決めていた。
    (3)担当者が忘れてしまい、慌てて1月に実施した。
    (4)たまには1月にやってみようかなと思った。

    (2)の感じがするんだけどなぁ、、、、

    返信削除
    返信
    1. 世代別データが公表されました。
      http://survey.gov-online.go.jp/h27/h27-gaiko/zh/z13.html
      このデータの報道は前回もないのですが興味深い点があります。

      前回2014/10と今回2016/1を比べてみます。
      《韓国に親しみを感じない。%》
      前回 今回
      全体 66.4 64.7 -1.7
      20代 48.6 58.6 +10.0
      30代 64.0 58.1 -5.9
      40代 58.4 61.1 +2.7
      50代 60.7 62.6 +1.9
      60代 71.6 71.9 +0.3
      70代以上 77.2 68.3 -8.9

      70代以上と30代で親しみを感じないが減少したが,他の世代では逆に増加しています。
      20代の増加が著しいがそれまでが低すぎたわけで他世代の水準にやっと追いついた事になります。

      今回世代別データでトップになったのは60代。
      嫌韓を引っ張っているのはこの事態を招いた張本人のように言われる団塊世代で、13ポイントの大差が付いた20,30代はしっかりしろよ!という感じでしょうか?結構意外では?運動するときの参考になりますね。

      削除
  3. 今、60歳(例えば、私が59歳)の人は、30代の終りにNECの98シリーズを会社のデスクで使っていて、その頃、巷ではマックががんがん入ってくる、ややあってWin95が発売になり、40歳前後は一生懸命にパソコンに馴染もうとしている状態だった。Win95-98はシステムが落ち着かず、フリーズしまくり、故障多発状態。ネットもダイヤル・アップがまだ一般的で、ISDLがやっと普及し始めた頃。システムが落ち着き、ネットもブロードバンドになったのは2000年代に入ってXPの時代になってから。

    このXPの時代が、日本ではPCの本格的普及期に当たり、韓国では盧武鉉政権に当たっていて、日本の一般ユーザがネットを通して様々な情報に接すると、ずいぶん、ひどい奴だという印象を受けた向きが多い。但し、まだTVでは韓流ブームが上り坂にあって、私などもNHK土曜深夜の「ロッカーの花子さん」が韓流ドラマに変わってヤケを起こしたクチ。

    つまり、60歳から下の世代はコンピュータ・リテラシーが高く、65歳から上は比較的に低い。NECの98シリーズなんて経理部門に行かないと使わないし、ワープロは東芝のRupoが主流だったはず。つまり、今65歳から上の世代が、壮年期にさしかかって会社でOA機器を使おうとすると、パソコンとワープロが、まだ分離していた。

    これを別の角度から見ると、日本のPCの本格的普及期に個人でPCを買い、ネットに常時アクセスできるようになった頃に韓国の情勢を見ると、向こうでとんでもない反日運動が急速な盛り上がりを見せていて、2007年の米下院対日非難決議で、日本の嫌韓の一回目のピークを迎えた、これを身近なニュースとして感じ取った世代は、だいたい、このコンピュータ・リテラシーが高い40-60の世代にあたっていて、そこから嫌韓ムードが他の世代に広がっていった、と言えると思う。だから、2012年の李明博の竹島不法上陸と、その後の天皇侮辱発言で、元々あった地下マグマのような嫌韓が、どかーんと爆発した。これが二回目のピークで、その後は、高止まりをしている状態ではないか。

    もう日本の嫌韓は全世代に渡っているから、今後、再生産されて次代に受け継がれていくはずで、今すぐ日韓関係が改善しても、90年代のようなお人よし状態に戻るには、あと半世紀は、かかるのではないか。

    返信削除
    返信
    1. 単に私の場合です。
      ネットやってたけど一回目のピークは全く気が付かなかった。二回目も上陸と侮辱発言の2つだけなら影響なし。竹島問題に興味がないし、天皇制支持者でもなかったから。

      ロンドン五輪の独島パフォーマンスが原因。
      サッカーVS独島で、無理矢理に竹島派の側にされ、それでその2つが大きな意味を持つものとなった。

      韓国人の思想文化の状況は50年前の日本に似ていると思います。
      政府やマスコミの誘導に操作される事は情報量を多くしても防げない。文化や歴史の背景を持った社会一般の考え方が変化するのは半世紀単位かもしれません。

      削除
  4. それと、英字のソースを見ていて私が不満なのは、慰安婦問題でも他の話題でも、1)日本人の側は、どう見ているかというナマの声を紹介しないこと、2)日本人は、韓国の反日を、どう考えているかの分析をしようとしないこと、です。

    つまり、我々は完全にワキに追いやられていて、何をどう受け止めていようが、どうでもいい、という立場に追いやられていることです。

    実際は、日本人の嫌韓が韓国に与える影響は、訪韓客数の減少、民間投資の半減、通貨スワップ再開の困難さ、などに現れていて大きい。

    これは、どれだけバッシングされてもニコニコと微笑んできた我々自身のツケでしょうね。時には、怒りを見せないとダメでしょ。

    返信削除
    返信
    1. 前借りや身売りは奴隷制度じゃない。クンタキンテのようなのを奴隷制度だと日本人は認識している。そう言えばいいと思うんだが、「それを奴隷制度というんだよ」としたり顔で言う日本人が出てくる。日本には奴隷はなかったと言うと、奴婢がいただろうと言う。奴婢なんか50年以上ドラマにも映画にも出てきていない。日本での奴隷をイメージできる日本人はいない。韓流歴史ドラマは奴婢だらけ。今日もトンイが奴婢から宮女へ掟破りの昇格。もう一つのドラマでは逃亡貢女(つまり元に贈られた性奴隷)が高麗王の母親で、奴婢であるために宮廷入りができず、皇太后になろうと陰謀を巡らす話。韓国人にとっては性奴隷は明確にイメージが出来る。

      欧米人が奴隷をどう定義するかは自由だが、日本人には日本人の定義がああると主張することから始めればと思います。条約は多数決で決まっても、締結するかしないか留保を付けるか付けないかはその国の主権に属する事で強制はできない。よって奴隷の定義も強制はできません。自分たちの主権を国際法に基づいてちゃんと主張する事がされていないから、日本の事が尊重されない。

      削除
  5. 国営出版社書籍「インドネシア国史」の従軍慰安婦項目の翻訳。
    http://indonesia-zakkicho.ldblog.jp/archives/53100252.html
    色々なケースが記述されています。

    返信削除
  6. 潘基文(パンギムン)事務総長が今、元慰安婦と会わなければならなかった理由の一つに、2015年から国連で問題になっているPKO軍又はそれに準ずる軍隊(端緒は中央アフリカに駐留するフランス軍)兵士による少女(幼女)に対する性的虐待(売春)スキャンダルがあると思う。
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/01/50-5.php
    潘基文事務総長は元慰安婦に会うこと数日前、このPKO不祥事に対し3月4日に報告書を発表し懸念を表明した。
    http://www.sankei.com/affairs/news/160305/afr1603050011-n1.html
    実は国連人権理事会事務局はフランス軍によるこのセクハラ事件をかなり前から把握しながら放置する一方、当時の調査担当者がフランス側に調査内容をリークしたとして、担当者を停職処分にして、いわばトカゲの尻尾切りをした。
    この事件は国連の管理能力の低さと掩蔽(えんぺい)体質を露呈したものだが、あろうことか安保理は「PKO要員が性的暴力に関与した証拠がある場合、所属するPKO部隊を退去させる」内容の決議を採択した。
    http://www.sankei.com/world/news/160312/wor1603120020-n1.html
    例によって私は悪くないモード全開だが、潘基文事務総長の全面勝利である。しかし潘基文事務総長は多少の後ろめたさもあって、本音ではこれ以上このPKO問題に触れて欲しくないだろうし、ある意味同質の問題である旧日本軍の慰安婦問題の元慰安婦との会見を拒否してこのPKO問題がクローズアップされても困る。だが一方、会えば今昔の性的虐待問題に関心があることをアピールできる。どっちにしても会ったほうが得だ、と考えたとしても不思議ではない。それにしてもPKO不祥事の報告のタイミングは測ったように面会の数日前。この辺の狡猾さは韓国人のDNAとはいえ見事である。

    返信削除