2016/05/13

ナヌムの家系を除外した29人中26人が新財団を肯定(韓国政府)


マインドコントロール下にあるナヌムの家の慰安婦を除外した調査ということか。慰安婦の29人中26人が日韓両政府が設立する財団に肯定的な反応を示していると、韓国政府が発表。「被害者の同意なき合意」をアピールする挺対協と韓国政府の世論を賭けた綱引きが続く。

ただし、韓国政府が財団に肯定的としている26人の中には、韓国政府に対して日韓合意を憲法違反として訴訟を起こしているメンバーが含まれているという指摘もあるようである。

元慰安婦26人、支援財団に肯定的 韓国政府調査

韓国KBSニュースは10日、昨年末の日韓合意に盛り込まれた元従軍慰安婦の支援財団について、既存支援団体の施設で暮らしていない元慰安婦の意見を韓国政府が調査したと報じた。29人のうち26人が財団に肯定的な回答をした。年初に実施した前回調査では18人のうち14人が合意に肯定的な評価をしていた。(以下略)

日経(一部) 2016.5.10[2]

2 件のコメント:

  1. 金がもらえるなら歓迎するという意味だろうな。
    ナヌムの家は個人の意見じゃなく組織の存続と日韓関係分断が目的だから、違うよね。

    返信削除
    返信
    1. ナヌムの家の慰安婦は施設の「管理下」にありますからね。

      削除