2010/12/29

台湾、正月明けにも日本に慰安婦問題を提議【台北時報】





台北時報によると、台湾外務省の黃明朗事務局長(写真は馬英九総統)は定例記者会見で、正月休み明けにも日本政府との交渉の中で慰安婦問題を取り上げていくという方針を明らかにした。

「台湾政府の公式の立場は、一貫して、すぐにでも日本政府は謝罪して賠償しなければならないというものだ」と黃は述べている。

黃はまた、台湾や韓国、フィリピンの一部の慰安婦は日本の民間の団体がスポンサーになった基金から償い金を受け取ったが、日本政府が慰安婦を騙したり募集していたことを公式に認めていないので十分ではないと述べた、と台北時報は伝えている。台北市婦女救援基金會は、慰安婦の総数を50万人と主張している。

台湾では、先日馬総統が慰安婦展に出席して日本の歴史認識を批判している。 戦後生まれで外省人である彼が当時を知らないのは仕方ないが、国民党軍が「慰安婦」を利用していたことは知っていていいはずだ。

馬総統は、委細構わず、とにかく気の毒な人の為に何かしてやろうと考える鳩山由紀夫タイプなのかもしれない。鳩山は現実を突きつけられて自分の考えが浅かったと認めたわけだが。


Talks on comfort women expected
By Shih Hsiu-chuan / Staff Reporter

The government might soon enter talks with the Japanese government and demand that it offer an official apology and provide compensation to Taiwanese women used as sex slaves by the Japanese Imperial Army during World War II, a diplomatic official said yesterday.

Huang Ming-lung (黃明朗), secretary-general of the East Asian Relations Commission of the Ministry of Foreign Affairs, told a regular press conference that the ministry would bring up the issue with Japanese officials as soon as the government resumes operations after the New Year break.

Attending an exhibition on Sunday highlighting litigation by Taiwanese against Japan over the issue of comfort women, President Ma Ying-jeou (馬英九) said he regretted the Japanese government’s failure to acknowledge its mistakes and promised to seek justice for the women.

“The position of the Taiwanese government has been that the Japanese government has to apologize and compensate the comfort women as soon as possible,” Huang said.

Japan has rejected such requests from the Taiwanese government in the past, but Taipei has never wavered from its position, he said.

Although some Taiwanese victims, along with victims from Korea and the Philippines, had previously obtained compensation from a fund sponsored by several Japanese civic groups, they considered it inappropriate and insufficient because Tokyo has refused to admit the women were either recruited or swindled by the Japanese government to become comfort women, Huang said.

The number of comfort women conscripted by Japan during World War II is estimated to have reached 500,000 throughout East and Southeast Asia, the Taipei Women’s Rescue Foundation says.

台北時報2010.12.29

2 件のコメント:

  1. こんにちは。御紹介ありがとうございます。

    >台北市婦女救援基金會は、慰安婦の総数を50万人

    軍人総数が500万人と言われている所で、
    慰安婦が50万人だと大言壮語、
    軍人の方が性奴隷状態ですね。

    馬総統は、可愛そうな人を放っておけないタイプではなく、政治に大日本帝国攻撃を悪用したかっただけかもしれませんよ。

    台湾では、国民党は、戦後台湾に流入し、日本人が台湾人に置いて行った「郵便局などの公共施設・工場・会社・商店・農地・個人的家屋・備品・金庫と御金など総て」を国民党がほぼ搾取強奪してしまいました。

    日本人は、大日本帝国の国民である台湾人に置いて行ったのです。

    日本国から、国民党のトップ蒋介石に、何度も日本人が置いて行った財産を精算する様に行ったそうですが、蒋介石は無視し続けていたとか。その後、結局どうしたか解りませんが、そのまま、日本人が台湾人に置いて行った財産を使い続けた事は事実ですね。

    大日本帝国は高度福祉社会形態で、税金が高く、台湾人も日本人も税金で苦しみながらも、なけなしの御金でもと、食べるのを我慢したり、欲しい物を買わずに我慢したりしながら、少しずつでもと貯金を貯めて行きました。

    戦後、蒋介石国民党は台湾は自らの領土だと宣言して接収し、台湾では日本の政治的采配が全く奮えなくなっていたのですから、領土主となった蒋介石が、台湾人全体の生活に責任が有ったのです。

    蒋介石は、台湾人が苦しい生活の中から貯めた貯金を、貨幣移行時に、きちっと確保してあげなかった様ですね。先輩方が随分と苦労なさった御様子が、思っていた以上に酷かった様で、唖然としています。

    日本人の先輩方も、台湾は日本よりは爆撃が少なく、日本人が置いて行った財産も有るし、蒋介石も行った事だから、何とか生活していける事だろうと思っていた様ですね。
    蒋介石の「以徳報怨:徳で以て怨念に報いる」という宣伝を信じた人達も居たようですが、検証してみれば見る程、「大日本帝国人の徳に、怨念で報いた」事実が浮かんできます。蒋介石が、台湾人を弾圧していたとは。。。

    返信削除
    返信
    1. >馬総統は、可愛そうな人を放っておけないタイプではなく、政治に大日本帝国攻撃を悪用したかっただけかもしれませんよ。

      そんな感じがしますね・・・。

      削除