2010/12/31

韓日の議会工作を報告【パク・ソニョン】



自分は基本的に日韓和解を通り越して将来的には日韓同盟の実現が望ましいと考えているから、一部の日本人が日韓関係を混乱させてきたのを残念に思っている。

その一部というのは、右派の政治家ではない。実は「真の和解」だの「友好」だの言っている人達のことである。

ヘムン僧侶パク・ソニョン議員のような人間が好きにやれるのは、日本に彼女たちの協力者がいるからである。もちろん韓国系の住民が日本で自己の利益の為に行動するのは自由だ。

しかし、例えばアメリカの議会人が日本の反米運動家+政治家と結びついて「沖縄は日本とアメリカの植民地状態にある」とか、海兵隊は「殴りこみ部隊だから」沖縄から撤退させよ言って自国の安全保障政策を混乱させたら、日本よりは厳しい有権者の反発を食らうのではないか?

不可解な死を遂げた妓生の体の一部が検体となり、現在も(韓国に)保存されていることを「日帝は朝鮮女性の尊厳性を死後にも蹂躙した」明成皇后殺害凶器を日本の神社に返還させるのと騒ぐ生臭坊主に「韓日市民団体と議員外交が'不可能を可能'に変えた」と言わしめる現状はいい加減なんとかした方がいい。

この討論会には土肥隆一、高木健一も出席したようである。


また2chから蚯蚓φ訳をお借りした。 



韓日強制併呑100年になる2010年、国会では今年一年の韓国と日本の過去の歴史を正そうとする国会活動を報告し、今後の課題を検討する場が設けられた。28日、国会議員会館で「2010年韓日強制併呑100年活動、回顧と展望」討論会が開かれた。

この日の討論会でパク・ソニョン議員は「今年一年、ゆがんだ過去の歴史を正して前向きの韓国・日本関係に進むために、たとえ不足としても最善を尽くして成し遂げられた大韓民国国会の大小の成果を見て、これから私たちがしなければならないさらに多くの努力に関して話そうと思う」と、その趣旨を明らかにした。

パク議員は数多くの過去問題の中で議院活動がなされた▲サハリン強制動員被害者をはじめとする日帝強制動員被害者補償と遺骨奉還問題▲略奪文化財還収▲日本軍「慰安婦」被害問題▲独島(ドクト、日本名:竹島)紛争と国会独島領土守護対策特別委員会活動▲731部隊およびB・C級戦犯問題▲原爆被害者問題▲シベリア抑留韓国人問題▲在日韓国人地方参政権問題▲日本歴史教科書歪曲問題などに言及した。

パク議員は、その中で「サハリン強制動員被害者ら」のための国会議員の集いである「国会サハリンフォーラム」が日本議員らと活発な交流を通じて日本議会内に与野党議員からサハリン問題研究団体を作るという約束を受け取ったと明らかにした。付け加えて、パク議員は「来年1月27日には韓日両国議員、各々10人程度が集まって'サハリン問題解決のための議員懇談会'を開催する」とその成果を語った。

特に、韓日議員連盟日本側代表会長、土肥隆一(どい・りゅういち)日本衆議院議員が参加して、韓日両国の過去の問題の解決のためには両国共同の組織と機関を作って議論できるようにしなければならないという方案を提示した。土肥議員は「韓日の過去問題が大きくて多い」としながら「(両国の)政治と国会が道を作って問題解決の方向を提示しなければならない」と強調した。

引き続きイ・ミョンスク(大韓弁協)弁護士は韓国・日本両国の法律家団体が日帝被害者問題解決のための法律的検討を進めることを報告し、2部ではチョン・ジェフン弁護士とヤン・ジョンスク弁護士が各々強制動員問題、慰安婦問題に対する今後の課題を発表した。

去る8月10日、日本の菅直人総理が談話文を通じて返還意思を明らかにした「朝鮮王室儀軌」の返還運動を行ったへムン僧侶は「(儀軌還収は)過去の歴史解決のための持続的な努力、緻密な戦略、韓日市民団体と議員外交が'不可能を可能'に変えた先例になった」として文化財還収運動と同一線上で「日帝被害者遺骨奉還」問題も進展があると期待した。

この日の討論会には国会独島領土守護対策特別委員会委員長カン・チャンイル(民主党)議員、「在日朝鮮人慰安婦裁判を支援する会」と「日本軍慰安婦問題解決全国行動2010」のヤン・チンジャ代表、高木健一弁護士、チャン・ワンイク弁護士、ペ・トクホ(地球村同胞連帯)代表などが討論者として参加した。

コナスネット 2ch蚯蚓φ訳


'한·일 강제병탄 100년 회고와 전망'

한·일 과거사 의정활동 보고 및 향후 과제 검토

한·일 강제병탄 100년이 되는 2010년, 국회에서는 올 한 해 동안 한·일 과거사를 바로 잡고자 한 의정 활동을 보고하고 앞으로의 과제를 검토해보는 자리가 있었다.

28일 국회 의원회관에서 국회 사할린포럼(대표 우윤근 의원)과 대한변호사협회(회장 김평우 변호사)이 공동주최하고, 김 정(미래희망연대) 의원과 박선영(자유선진당) 의원이 공동주관한 ‘2010년 한일강제병탄 100년 활동, 회고와 전망'제하 토론회에서다.

이날 토론회에서 박선영 의원은 "올 한 해, 비뚤어진 과거사를 바로세우고 발전적인 한·일 관계로 나아가기 위해 비록 부족하지만 최선을 다해 이루어냈던 대한민국 국회의 크고 작은 성과를 돌아보고, 앞으로 우리가 해야 할 더 많은 노력에 관해 이야기 하고자 한다"며 우선, 그 취지를 밝혔다.

박 의원은 수많은 과거사 문제 중 의정활동이 이뤄진 ▶사할린 강제동원 피해자를 비롯한 일제 강제 동원 피해자보상과 유골 봉환문제 ▶약탈문화제 환수 ▶일본군 '위안부'피해 문제 ▶독도 분쟁과 국회독도영토수호대책특별위원회 활동 ▶731부대 및 B·C급 전범 문제 ▶원폭피해자 문제 ▶시베리아 억류 한인 문제 ▶재일 한인 지방참정권 문제 ▶일본 역사교과서 왜곡 문제 등을 언급했다.

박 의원은, 그 중 '사할린 강제동원 피해자들'을 위한 국회의원들의 모임인 '국회 사할린포럼'이 일본 의원들과 활발한 교류를 통해서 일본의회 내에 여야의원들로부터 사할린문제 연구단체를 만들겠다는 약속을 받아냈다고 밝혔다. 덧붙여서, 박 의원은 "내년 1월 27일에는 한일 양국의원 각각 10명 정도가 모여 '사할린 문제해결을 위한 의원간담회'를 개최한다"고 그 성과를 말했다.

특히, 한일의원연맹 일본 측 대표회장 도이 류이치 일본 중의원이 참석해, 한일 양국의 과거사 문제의 해결을 위해서는 양국 공동의 조직과 기관을 만들어 논의할 수 있도록 해야한다는 방안을 제시했다.

도이 류이치 중의원은 “한일 과거사 문제가 크고 많다”면서 “(양국의)정치와 국회가 길을 만들어 문제 해결의 방향을 제시해야 한다”고 강조했다.

이어 이명숙(대한변협) 변호사는 한·일 양국 법률가단체가 일제피해자 문제해결을 위한 법률적 검토를 진행한 바를 보고했으며, 2부 순서에서는 정재훈 변호사와 양정숙 변호사가 각각 강제동원문제, 위안부문제에 대한 앞으로의 과제를 살펴봤다.

지난 8월 10일 일본의 간 나오토 총리가 담화문을 통해 반환의사를 밝힌 '조선왕실의궤'의 반환운동을 벌였던 혜문 스님은 "(의궤 환수는) 과거사 해결을 위한 지속적인 노력, 치밀한 전략, 한일 시민단체와 의원외교가 '불가능을 가능'으로 바꾼 선례가 되었다"며 문화재 환수운동과 같은 선상에서 '일제 피해자 유골봉환'문제도 진전이 있을 것으로 기대했다.

이날 토론회에는 국회 독도영토수호대책특별위원회 위원장 강창일(민주당) 의원, '재일조선인 위안부재판을 지원하는 모임'과 '일본군 위안부 문제해결 전국행동2010'의 양징자 대표, 다까기 겐이치 변호사, 장완익 변호사, 배덕호(지구촌동포연대) 대표 등이 토론자로 참석했다.



2 件のコメント:

  1. しかし、例えばアメリカの議会人が日本の反米運動家+政治家と結びついて「沖縄は日本とアメリカの植民地状態にある」とか、海兵隊は「殴りこみ部隊だから」沖縄から撤退させよ言って自国の安全保障政策を混乱させたら、日本よりは厳しい有権者の反発を食らうのではないか?

    そうですね。
    慰安婦通り、5月にもニューヨークに登場か 2013/02/06
    http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2013/02/5.html
    と着々としているので、仮にオバマ大統領が政治問題として
    日本に提示したとたん、親米保守の幻滅から反米保守になり
    反米反日左翼と結託して、日本から在日米軍を追い出せと
    一気に日本国民はその空気に覆われるだろうと、思います。
    さすがに、日本人もいい加減にしろよ?と日米安保において
    集団的自衛権の行使に日本が踏み切ろうとしている矢先に
    日本はこれはダメだと自主防衛路線に突き進むでしょう。
    確かに、日本は経済力をもっとつけないと軍備拡張や
    原爆兵器保有により抑止力の強化せねばならないが、
    それは日本の事情なので、もう世界で勝手にどうぞと
    国際連盟から脱退したごとく、日本人は開き直りますよ?

    返信削除
    返信
    1. >日本よりは厳しい有権者の反発を食らうのではないか?

      安全保障問題については、アメリカ人はシビアだと思います。少なくとも日本人に比べれば。

      削除