2011/04/21

ハーバード大で証言するイ・ヨンス(2007年)




ここで彼女が何を語っているか分からないが、彼女のこれまでの証言には色々と矛盾が指摘されている。

일본군에 의해 16살때 납치돼 '위안부'(성노예) 생활을 했던 이용수 할머니가 28일 미국 하버드대 케네디스쿨의 한 강의실에서 100여명의 청중을 상대로 당시의 참혹했던 삶에 대해 증언하고 있다.

日本軍によって16歳の時に拉致され、『慰安婦』(性奴隷)の生活をしていたイヨンスさんが28日、米ハーバード大学ケネディスクールの一教室で、100人余りの聴衆を相手に、当時の悲惨な生活について証言している。

[B-U] Jpn, Nico, PV

2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    時々拝見しています。
    強制連行肯定派の左派の人物だと思いますが、李容洙の証言を検証している以下のブログを見つけました。
    http://anemonefish.cocolog-nifty.com/osakana/2007/08/post_7f58.html
    こういうのを見ると、肯定派を信じていいのか、否定派を信じていいのか分からなくなります。
    このブログの人物が、李容洙の話のバージョンが変わるのを信頼できる聴衆によって変わると言っているのにはびっくりしました。否定派がこんな何バージョンも証言していたら、肯定派も否定派のように槍玉にあげるくせにとは思いました。

    返信削除
  2. 桜の花さん

    はじめまして。
    昔の記憶に混乱があったり、親しい人の前とそうでない人の前では話のニュアンスが変わるというのは誰にでもあることで、上野千鶴子の著書から引用するまでもありません。
    イ・ヨンスは弱者であるから殊の外その傾向が強いのだとそのブロガーが主張するのは自由ですが、そういう人の証言が信用できるかと言えば、やっぱり「信憑性が高い」とは言えないのではないかと思います。

    返信削除