2011/04/19

韓国政府、小学生にも分かる「慰安婦アニメ」公開



女性家族部とは日本では省に当たる。公式には、韓国政府はこの問題で日本政府と解決済みを確認している。しかし、実際には女性家族部(省)が担当部署となって運動(家)を支援している。 


韓日強制併合1世紀、忘れられていく歴史的真実知らせること積極的に出る

女性家族部(長官ペク・ヒヨン)は韓日強制併合101年、光復(解放)66周年になる今年、昨年に続き「日本軍慰安婦被害者関連アニメーション」を製作e-歴史観(www.hermuseum.go.kr)を通じて配布した。

このフラッシュ アニメーションは2010年8月から2011年3月まで日本軍慰安婦被害者の証言、写真資料、映像資料、一般文献資料、政府および民間団体展示館資料など歴史的真実を土台に、関連専門家の考証を経て製作された。

特に、初等・中等学生など育つ幼い世代に伝達しやすいクイズ形式のアニメーション形態で製作され、製作されたアニメーションをインターネット ポータルなどに多様な形態の広報資料で活用する予定だ。

また、教育科学技術部と協議を経て一線学校現場学習資料で提供する予定なので日本軍慰安婦被害者に対する歴史的真実を解かりやすくて、生き生きと伝えることが出来、歴史を正しく知らせる次元で大きい教育的効果を上げると期待される。

今後も女性家族部では日本軍慰安婦被害者に対する真相究明と名誉回復のために多様で解かりやすいコンテンツを追加製作して配布する予定だと明らかにした。

NEWSWiRE 2011.4.14

0 件のコメント:

コメントを投稿