2014/11/09

「日本が怖い」 韓国メディアに日本を偽る林博史


林教授、韓国メディア相手だからと少々羽目を外してはいないか?右手で吉田証言ロンダリングを行いながら左手で吉田証言は虚偽とは言い切れないなどと言い張る高等テクニック。「(吉田は)証言者が特定されることを防ぐために場所や時間などを変えた」などと言っている。一昔前までは、こうして吉田証言を弁護しようとする人がいたものであるが、今はさすがに少なくなった。そもそも林教授は国内でこんなこと言ってたか?自分でも吉田証言は信頼できないと言っている癖に、こういうことを言う。それでも話の辻褄を合わせてしまうのは、流石である。

逆風下にある林教授ら強制連行派。慰安婦の強制連行(徴用)を否定し、日本に固有な問題ではないとか慰安婦は戦地版の公娼だったといった極めて自然な異議申し立てを、日本社会の行き詰まりや日本人の差別意識のせいにして韓国メディアに解説して見せる。冷静に考えれば、「昔は良かった」というノスタルジーが、「慰安婦はどこの国にもあった」とか「慰安婦の中には志願した者もいた」といった主張にどう繋がるのか?韓国民が日本を正しく理解する事を妨害し日韓関係を毀損する人間は大勢いる。日韓関係を「最悪の状態」にしたのはこういう人たちである。

「河野談話検証は・・・右翼の見解を反映しながらも・・・」 検証とはそういうものではないだろう。もっとも、世の中には歴史の実証に自分の「見解」を反映させようとする大学教授もいるが・・・。なお、林らも国家賠償や法的責任は諦めているらしい。

慰安婦強制連行資料を発掘した日本人歴史学者林教授、恐ろしい「慰安婦はどの国にもいたという日本」が恐ろしい。「志願した慰安婦もいたという日本」が恐ろしい「このような主張を憚らずに繰り返す日本」

彼はインタビューの中で何度も「恐ろしい」と口にした。 20年以上研究してきた日本軍慰安婦問題の事実を冷遇して「慰安婦の強制連行はなかった」という扇動を受け入れる今の日本社会の雰囲気が恐ろしいという意味だ。 2007年、極東国際軍事裁判(東京裁判)の時の検察の訊問調書、2013年の日本法務省資料など慰安婦の強制連行の事実を立証する資料を多数発掘した専門家林博史(59)関東学院大教授と29日会った。 彼はこの3月、知識人1600人の署名を集め「河野談話の維持・発展を求める学者の共同声明」を出した。彼は「今を前後69年間で恐らく最悪の状態と言ってもいい」と言い、8月の朝日新聞の誤報騒動以降、日本の右翼政界とメディアの形態を鋭く批判した。 以下は一問一答.

→朝日新聞が吉田証言(済州島で朝鮮人女性を強制連行したという吉田清治の発言)を取り消したことをもって慰安婦の強制連行が無かったことになったという一部の右翼政界の主張は妥当なのか。

-吉田証言が現れた1983年当時、朝日新聞に限らずほぼ全てのメディアが彼の証言を取り上げた。 慰安婦問題は1991年の故キム・ハクスン(金学順)お婆さんの証言から始まったが、吉田証言は信頼できず研究に引用されなかった。 すなわち吉田証言が虚偽であるから強制連行がなかったとか慰安婦が捏造という主張はありえない。 このように明白な嘘でも各メディアが繰り返し報道すればそこに影響を受ける。 深刻な問題だ

もう一つ。朝日新聞が断言したように吉田証言が虚偽と言えるかも問題だ。 吉田清治は負荷(?)幾人かの証言を聞き証言者が特定されることを防ぐために場所や時間などを変えた。 そのために歴史的な資料として使う訳には行かないが全部虚偽だと言えるかどうかは分からない。 部分的には実際の体験が入っていると考える。

右翼政界の主張が日本社会全体に受け入れられそうな雰囲気だ。 こうなった理由は。

-経済衰退期をすぎて未来に希望がない状況昔は良かったと考えたがる日本人の意識韓国・中国人などに対する差別意識などが入り乱れて事実を正しく見ようとしない現象ができたと見る。 そのために「慰安婦はどこの国にもあった」とか、「慰安婦の中には志願した者もいた」などと日本を擁護しようとする。 慰安婦問題だけでなく日本全体が「弱者が弱者を攻撃する社会」になった。 在特会が在日朝鮮人が特権を持っていると言うのも同じ脈絡だ。

→安倍政権の動きも尋常でない。

-6月の河野談話検証については、もちろん韓国政府は批判したが内容的にはバランスが取れていた。 強制連行を証明する文書がないという右翼の見解を反映しながらも片方ではたとえ韓国政府と交渉はしたが日本政府の独自の判断で出したという点を明確にした。 そこで止まって良かったと思う。 朝日新聞の事があって以降、慰安婦自体が捏造だったとか国際社会も慰安婦問題について嘘をついているといった(風に?)雰囲気が急変した。 これがどこまで行くか分からない

→韓国政府が「慰安婦問題解決」を最優先テーマとして上げている状況で、日本の慰安婦に関する世論が悪化するのは韓日関係にも悪影響を及ぼす。 今慰安婦問題解決のためにできることは。

-ひとまず今の異常な雰囲気を変えなければならない。 私を含んだ学者もこのような動きを準備している。 6月に東京で開かれた日本軍慰安婦関連アジア連帯会議でも提案が出てきたが、既存のアジア女性基金よりもう一歩踏み出し日本政府が公式に被害者に謝罪の意志を表明するなら韓国政府や韓国の運動団体も受け入れることだと考える。

ソウル新聞 2014.10.30

위안부 강제연행 자료 발굴 日역사학자 하야시 교수
무섭다 “위안부 어느 나라에도 있었다는 일본” 무섭다 “위안부 자원한 사람도 있었다는 일본” 무섭다 “이런 주장 서슴지 않고 계속하는 일본”

그는 인터뷰를 하는 동안 몇 번이고 “무섭다”고 했다. 20여년간 연구해 온 일본군 위안부 문제의 사실을 외면하고 ‘위안부 강제연행은 없었다’는 선동을 받아들이는 지금 일본 사회의 분위기가 무섭다는 것이다. 2007년 극동국제군사재판(도쿄재판) 당시 검찰 신문조서, 2013년 일본 법무성 자료 등 위안부의 강제연행 사실을 입증하는 자료를 다수 발굴한 전문가 하야시 히로후미(59) 간토학원대 교수를 29일 만났다. 그는 지난 3월 지식인 1600명의 서명을 모아 ‘고노 담화의 유지·발전을 추구하는 학자들의 공동성명’을 내기도 했다. 그는 “지금을 아마 전후 69년간 최악의 상태라고 말해도 좋을 것”이라면서 지난 8월 아사히신문 오보 사태 이후 일본 우익 정치권과 언론의 행태를 날카롭게 비판했다. 다음은 일문일답.

→아사히신문이 요시다 증언(제주도에서 조선인 여성을 강제연행했다는 요시다 세이지의 발언)을 취소했기 때문에 위안부 강제연행이 없었던 일이 됐다는 일부 우익 정치권의 주장은 타당한가.

-요시다 증언이 나온 1983년 당시 아사히신문뿐 아니라 거의 모든 언론이 그의 증언을 다뤘다. 위안부 문제가 1991년 고(故) 김학순 할머니의 증언 이후 시작됐지만 요시다 증언은 신뢰할 수 없어 연구에 인용되지 않았다. 즉 요시다 증언이 허위이므로 강제연행이 없었다거나 위안부가 날조된 것이라는 주장은 있을 수 없다. 이렇게 명백한 거짓말이라도 각 언론이 반복해서 보도하면 거기에 영향을 받는다. 심각한 문제다.

또 한 가지, 아사히신문이 단언한 것처럼 요시다 증언이 허위라고 할 수 있을지도 문제다. 요시다 세이지는 부하 몇 명의 증언을 듣고 증언자가 특정되는 것을 막기 위해 장소나 시간 등을 바꿨다. 그렇기 때문에 역사적인 자료로 쓸 수는 없지만 전부 허위라고 말할 수 있을지는 모르겠다. 부분적으로는 실제 체험이 들어가 있다고 생각한다.

→우익 정치권의 주장이 일본 사회 전반적으로 받아들여지는 분위기다. 이렇게 된 이유는.

-경제 쇠퇴기를 지나며 미래에 대한 희망이 없는 상황에서 과거가 좋았다고 생각하고 싶어 하는 일본인의 의식과 한국·중국인 등에 대한 차별의식 등이 뒤섞여 사실을 제대로 보려고 하지 않는 현상이 생겼다고 본다. 그렇기 때문에 ‘위안부는 어느 나라에도 있었다’든가, ‘위안부 중에서는 자원한 사람도 있었다’는 등 일본을 변호하려고 한다. 위안부 문제뿐 아니라 일본 전반적으로 ‘약자가 약자를 공격하는 사회’가 됐다. 재특회(재일특권을 허용하지 않는 시민모임)가 재일 조선인이 특권을 갖고 있다고 주장하는 것도 같은 맥락이다.

→아베 정권의 움직임도 심상치 않다.

-지난 6월 고노 담화 검증은, 물론 한국 정부는 비판했지만 내용적으로는 균형을 갖췄다. 강제연행을 증명하는 문서가 없다는 우익의 시각을 반영하면서도 한편으론 비록 한국 정부와 교섭은 했지만 일본 정부의 독자적인 판단으로 냈다는 점을 분명히 했다. 거기에서 멈췄으면 좋았을 것이라고 생각한다. 아사히신문 사태 이후 위안부 자체가 위조였다는 둥 국제사회도 위안부 문제에 대해 거짓말을 하고 있다는 둥 분위기가 급변했다. 앞으로 어디까지 갈지 모르겠다.

→한국 정부가 ‘위안부 문제 해결’을 최우선 과제로 내걸고 있는 상황에서 일본 내 위안부 관련 여론이 악화되는 것은 한·일 관계에도 악영향을 끼친다. 지금 위안부 문제 해결을 위해 할 수 있는 일은.

-일단 지금의 비정상적인 분위기를 바꿔야 한다. 나를 포함한 학자들도 이런 움직임을 준비하고 있다. 지난 6월 도쿄에서 열린 일본군 위안부 관련 아시아연대회의에서도 제안이 나왔지만, 기존의 아시아여성기금보다 한발 더 나아가 일본 정부가 공식적으로 피해자에게 사죄의 의지를 표명한다면 한국 정부나 한국의 운동단체도 받아들일 거라고 생각한다.

16 件のコメント:

  1. 山路 敬介2014年11月9日 16:22

    この人も波乱万丈の学者ですよねぇ。
    もともとは藤原彰の弟子でしたっけ。
    論文盗用疑惑をへて、そこで学者生命が普通なら終わるはずだったのに。

    恩田重宝氏の本を剽窃だと決め付け、大恥かいたこともありました。
    そのうち沖縄に姿をあらわし、沖縄戦をめいっぱい被害者史観で書いて沖縄サヨクの喝采を浴びました。

    今じゃ、吉見義明の後継者をめざしてるんでしょうが、既知の資料を引っ張り出してきて、それに適切な新解釈を加えるならまだしも、そのままで「新発見」とやるんですねえ。
    ほんと、残念な人です

    返信削除
    返信
    1. この人に関しては、素人でもないのに、あまりにも吉見教授とそっくりな事(あえて二重表現)を言うので変な感じがしてしょうがないです。

      論文盗用疑惑というのは知りませんでした。

      削除
    2. 匿名と呼ばれた男2014年11月29日 14:27

      林の論文盗用疑惑なんて存在してないけど・・・?

      秦郁彦の前田国連図表盗用疑惑なら存在してるけどな!

      削除
    3. 匿名と呼ばれた男2014年12月8日 15:50

      >既知の資料を引っ張り出してきて、それに適切な新解釈を加えるならまだしも、そのままで「新発見」とやるんですねえ。<

      この手の言い回しはウヨクの得意技だが、林の発表する資料はそれまで知られてないものばかりだが。
      自分は昔から知ってたと言いたいなら、せめて「昔この論文にかいてます。」「昔このブログにかいてます。」という証拠があるなら、まだ分かるが、そういうものはあるわけがない。

      このテのウソは、はたいくひこが「慰安婦と戦場の性」で「前から知ってた資料だったが、ヨシミが新発見のようにして公開した・・」なんていう作り話をしたのが始まりだろうが。

      もしはたが、あの五点資料を昔から知ってたとして、じゃあなぜ先に「軍関与資料」として出さなかったのか?

      あの時代、ヨシミは無名だったが、ハタは朝日新聞、産経新聞、文芸春秋・・・などに常に文章を書いていた売れっ子だった・・・にも関わらず「軍関与の証拠はある」などという発言はゼロ。確かに従軍日誌自体は歴史学では有名だったが、その中に挟んであった資料について、それまでに書いた人間は一人もいなかった。
      あきらかにヨシミの発見といえるワケだが、それにハタがケチをつけただけというのが実情。

      さもしい根性というしかない。

      削除
  2. 最近の林教授は、北朝鮮の拉致事件を持ち出して強制連行の否定論をけん制しているが、一体いつ北朝鮮の拉致被害者に報酬が支払われたり年季が明けて帰国したりした例があるんだ?

    http://www.kanaloco.jp/article/73147/cms_id/86653
    >林教授は首をひねる。「どう連れてきたかが、なぜ『核心』になるのか」

    >例えば、北朝鮮による拉致事件。神戸市の飲食店従業員は甘言で海外へ誘い出された後、拉致被害に遭ったと政府に認定された。

    >林教授は「無理やり連れていったわけではないから拉致ではないとはならない。だまして連れていくのも問題だし、監禁したり、逃げられなくしたりすれば、それは強制だ。問題の本質は連れてくる際にあるのではなく、その先でどう扱われたかにある」と強調する。

    朝日新聞や朝鮮総連に「地上の楽園」と騙されて北朝鮮に渡って帰れない日本人妻たちも、正しく「強制」されて逃げられないが彼女たちも「連行」されたことになるのかな?

    北朝鮮に渡ってから本当の意味で収容所に「強制連行」されているかもしれない慰安婦問題とは無関係な被害者の方々を、自分の主義主張を正当化する為に被害者たちを利用する。

    そんなご都合主義の相対化論で、果たして日本国民の理解を得られると思っているのか...。




    返信削除
    返信
    1. あの理屈なら、日本人妻たちは総連や日赤や日本政府(!)の関与の下で北朝鮮に「強制連行」されたことになります。韓国では親日派が慰安婦の強制動員に協力したことになっていますが、その親日派の役割を担ったのが朝日新聞(以下略)。

      削除
    2. 匿名という男2014年11月29日 14:43

      拉致被害者である田中実さんいか数名の方々は、知人に騙されて北朝鮮に連れていかれたが、これに対して警察は「北朝鮮の国家的意思が推認される形で、本人の意思に反して北朝鮮に連れていかれた」と述べている。(「元飲食店店員拉致容疑事案2005」)
      この強制連行の形態は明らかに慰安婦と同じものである。

      警察はここで「本人の意思に反して」と認定しており、それは騙されてつれていかれた例が多い「慰安婦」にも適用される。どちらも、公文の命令書などは存在していない。

      したがって日本政府が「慰安婦は強制だという命令書は確認されていない」という理由によって、否定するなら北朝鮮も同様な否定をするだろう。

      こうして北朝鮮の拉致問題の解決を阻んでいるのが、おまえらのような右翼である。

      削除
    3. >北朝鮮も同様な否定をするだろう。

      構わないんじゃないですか?我々は、日本人を帰せと言ってるだけで、強制性を認めろと言っているわけではないし・・・。拉致の事実は金正日が認めてますしね。

      >公文の命令書などは存在していない。

      北朝鮮政府がそんなこと言ったんですか?

      削除
    4. 匿名と呼ばれた男2014年12月8日 16:01

      >拉致の事実は金正日が認めてますしね。<

      にもかかわらず、拉致問題は解決しない。
      打つ手がもう何もないので、安倍は北に強いパイプを持つ統一教会に泣きついたそうだが、ま統一教会も拉致問題を解決するなんて今のところ不可能だな。

      理屈が通って無いからだ。

      削除
  3. 慰安所の生活を比べれば、日本軍慰安婦の待遇が、洋公主やライダイハン、ドイツ軍の売春婦にくらべ、格段に良かったということは、米軍の報告書や文玉珠の自伝を見ればすぐにわかる。

    返信削除
    返信
    1. 洋公主は、壮絶な負け戦の混乱を経験しないで済んだのが幸いでした。これが日露日清戦争であれば、日本軍慰安婦は洋公主よりよほど待遇が良かったのではないでしょうか?

      削除
  4. もうお読みになられてるとは思いますが念のために…
    http://the-japan-news.com/news/article/0001682522
    少々長いですけど上手く纏まってると思います。

    返信削除
    返信
    1. これは見落としてました。教えて下さり、ありがとうございます。
      だいぶ前の読売の連載記事http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2014/01/blog-post.htmlの英語版(増補改訂版?)ですね。こういう記事をどんどん英語にして出して欲しいですね。GJです

      削除
  5. Japan Newsの記事、良くまとまっていますね。初めて全体を見回して書いた英文記事に行き当たった気がします。

    まだ少ししか読んでいませんが、あらためて韓国の異常さに驚かされもし、狂人を相手にしているようで、気分が悪くなりました。

    歴史上、これほどに特定の国/民族に対して憎悪をたぎらせた国/民族の例を、私は思いつきません。

    もはや国とさえ呼べないのではないか。オウム真理教や人民寺院のようなカルト教団と同じ「反日教団」というほうがピッタリする。

    あるいはシャーマン(巫女)が支配する古代社会とでもいうべきか。

    返信削除
    返信
    1. よくまとまっているのですが、外国人には「ワサビ入り握り寿司」だったのではないかと。拒絶反応を起した人もいたかもしれません。

      削除
  6.  昔、カリフォルニアに住むポーランド系アメリカ人が日本に来て、「寿司が好きでよく家族と行くが、アボガドが乗っているやつがうまい」というので、こっちがぶったまけました。「ワサビは苦手だ」というので、「あれは殺菌効果があって、日本人は昔からの知恵でナマ魚と一緒に食うことにしている」と云ったら、今度は奴がしばらく無言のままでしたな。

    返信削除