2016/09/19

独・慰安婦像計画に松山・福井市の早い対応(日本の意識改革)

市長同士の人間関係を利用し、
トップダウンで慰安婦像拡散計画への協力を取り付けた?

韓国の水原市がフライブルク市に慰安婦像を建てさせようとしている件で、両市と関係のある日本の地方自治体が素早い反応を見せている。

数年前まで日本の各地の自治体で「慰安婦意見書」の採択ラッシュがあった。今はピタリと止んだが、市民運動家に人権問題だからなどと丸め込まれて政府の対応を非難する意見書を採択していた地方が、今や「世界平和や女性の人権保護のため(フライブルク市)」といった説明にも騙されない。水原市と同じくフライブルクと姉妹都市の関係にある松山市がフライブルク市に像を設置を思いとどまるよう働きかける予定で、水原市と友好都市関係にある福井市も予定されていた市長の水原市訪問の中止するかもしれない。変われば変わるものである。外務省も松山市に協力する。漸く、官民の意識が変わってきた。

今回のドイツでの慰安婦像の建立騒ぎは、聯合ニュースが言うように、市民運動家の工作によるものではない。水原市長がフライブルク市長との個人的な関係を利用したのである。韓国には、水原市以外にも中央政府に代わって慰安婦問題の「国際化」と蒸し返しを図る首長が何人かいる。

水原市は2014年に「少女像」を建立
フライブルクの像も、水原が制作し独へ運び込む計画

フライブルク市長は、水原市役所近くの慰安婦像を案内され、まさかこれが日本への嫌がらせだとは想像もしなかったろう。そんなものが公共の場に堂々と建っているとは・・・。水原市のヨム・テヨン市長は、フライブルクのサロモン市長に日本政府や「日本の極右」から反対されるであろうことを予め吹き込み、予防線を張っていた。アメリカのグレンデール市のように市長が完全に取り込まれているとすれば、事は慎重に運ばなければグレンデールやパリセイズパークの失敗を繰り返すことになる。

水原に慰安婦像を設置する為の資金として
ヨム・テヨウン市長らが挺対協に500万ウォンを提供(2014.4)


フライブルク市は松山市に対して「日本による人権侵害への批判を目的にしたものでは一切ない」と説明しているが(「強制連行」やら「性奴隷」といった話はもはや影も形もない)、挺対協がこの「少女像」を使った抗日戦を呼びかけている事実、そして水原市の市長がその挺対協に像の建立資金を提供したという事実は、韓国メディアの報道によって裏付けることが出来る。松山市は、そうした証拠を用いて丁寧に説明して行くべきだろう。

独に欧州初の慰安婦像設置で合意か 福井市姉妹都市の韓国・水原市

福井市と友好都市提携する韓国水原市の廉泰英(ヨムテヨン)市長が、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像をドイツに設置することで現地の市長と合意したと、韓国紙が報じたことが7日までに分かった。福井市は同日、日韓合意に反する恐れがあるとして、近く廉市長宛てに真意を問う文書を送る方針を固めた。返答の内容によっては、10月に予定している東村新一福井市長の水原市訪問を中止する可能性もあるという。

福井市国際室が6日、韓国紙の中央日報のネットニュースで報道を確認した。報道によると廉市長が今年5月、姉妹都市提携しているドイツのフライブルク市長に、慰安婦被害を記憶しようとの趣旨で、同市への少女像の共同設置を提案。国連が定めた「人権デー」の12月10日に、同市中心部に少女像を設置することで合意したらしい。少女像設置が実現すれば、欧州では初めてだという。

福井市は2001年に水原市と友好都市提携を締結。職員の相互交流を行っている。11、12年には竹島問題などの影響で水原市長の来福が取りやめとなったことがあった。

東村市長は10月7~9日、水原市の世界遺産「水原華城(ファソン)」にちなんだ催しに合わせ、同市を訪れる予定。今回の少女像設置の理由が日韓合意に沿わない場合などは、訪問中止を検討することもあり得るとしている。宮下和彦・市観光文化局長は「今のところネットの情報だけで、報道の真偽すら分からない状況。報道の内容が事実なのか、どういった意図で少女像設置を考えているのか、文書を送り確認したい」と話している。

ラオスで7日午後(日本時間同)に開かれた日韓首脳会談でも、慰安婦問題を巡る昨年末の日韓合意の着実履行を確認したもようだ。

福井新聞 2016.9.7[2]

問題意識は福井市や松山市だけではなく、福井新聞や愛媛新聞といった地方紙にも共有されているような印象も受ける。

産経によれば、松山市はフライブルク市に対して、日韓の戦後処理を巡る政治問題が背景にある可能性があると説明したらしい。ドイツもギリシャなどからの戦後補償を巡る難癖に不愉快な思いをしているから、こうした説明の方が通じるかもしれない。


独フライブルクに慰安婦像計画 松山市、中止要請へ 愛媛新聞2016年09月17日(土)

愛媛県松山市の姉妹都市ドイツ・フライブルク市で、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像の設置計画があり、松山市は交流に支障が生じる恐れがあるとして設置中止を求める方針であることが16日、同市への取材で分かった。同問題に関する説明などについては外務省の協力も得て、近く野志克仁市長名の書簡で、ディーター・ザロモン市長に要請する。[...]松山市は外部の指摘で9月6日に計画を把握。フライブルク市に確認すると「世界平和や女性の人権保護のため」と回答があった。韓国メディアで日本を歴史問題で圧迫する狙いがあるなどとも報じられており、松山市側が水原とフライブルク両市で認識が違う可能性があることを伝えた。

同課は、国家間の政治問題を都市の交流に持ち込むのはふさわしくないとの認識を示し「1989年の姉妹都市提携以降、27年に及ぶ友好の絆をなくしたくない。設置中止をできるだけ早く申し入れる」としている。松山市には計画中止への働き掛けを求める電子メールなど約70件の意見が寄せられている。


愛媛新聞(一部) 2016.9.17 [全文]

水原市の関係者はドイツの事を(陰で?)「戦犯国家」と呼んでいる。反日キャンペーンを人権問題にすり替え「犯罪行為が再び起きないように国際社会の共同対処が必要だ」などといつもの調子でサロモン市長を丸め込んだようである。

日本は撤去圧迫「平和の少女像」ドイツに建てる

独フライブルク市に…米・カナダ・オーストラリアに続きヨーロッパに初めての建立
12月10日の世界人権宣言記念日に合わせて市内中心街にたてて

「私は自由の象徴であり特に女性に対する暴力を根絶しようという意味で水原市長の『平和の少女像』の建立提案を喜んで受け入れたいと考えています」。

京畿道水原市と国際姉妹関係にあるドイツのフライブルク市のDietor Salomon市長が7月1日水原市に送ってきた親書でこのように明らかにした。
日本のように第2次世界大戦を起こした戦犯国だが戦争に対する反省と絶えず謝罪する「謝罪の模範国」ドイツの都市らしくフライブルク市は日本が起こした帝国主義戦争の被害者を賛えようという水原市の要請を喜んで受け入れた。


戦争被害国に対する謝罪と反省にケチな日本が昨年末妥結した韓日慰安婦交渉を契機にソウルにある平和の少女像撤去を圧迫しているのと対照的だ。

ドイツのフライブルク市に日本軍慰安婦被害ハルモニを賛える「平和の少女が第68周年世界人権宣言記念日である12月10日設置されると水原市が5日明らかにした。

ヨム・テヨン市長はこの日、月例会議で職員(?)らに少女像の設置過程の意味を直接説明した。

日本は撤去圧迫「平和の少女像」ドイツに建てる

ヨム市長は先月の31日、サロモン市長と電話を通じて平和の少女像の設置場所と設置時期などについて最終的に合意した

平和の少女像はフライブルク市内の中心部にある中央公園(シュタトガルテン)に建立される予定で、設置時期も平和と人権、歴史の象徴である「慰安婦」ハルモニの記憶を再確認する意味で12月10日世界人権宣言記念日に合わせることにした。

水原市は少女像建立委員会を作り、水原オリンピック公園の平和の少女像と同じ少女像を市民の寄付で作ってから、10月の初めに運送式開いて速やかにフライブルクに送る予定。

ヨーロッパで初めてドイツのフライブルクに平和の少女像を建立することになったのは、水原市とフライブルク市の間の地方外交の成果と解釈できる(?)

水原市とプライブルク市は昨年の11月4日、都市革新分野交流などのための姉妹提携を締結して急速に接近した。

ヨム市長とサロモン市長は1960年生まれの同い年の上に環境運動家出身であり、持続可能な発展のための世界地方政府ネットワーク(ICLEI)という地方自治体環境協力国際団体の執行委員という共通の基盤(分母)がある。

この3月、水原市の招きで訪問したサロモン市長にヨム市長は市役所の向いのオリンピック公園に2014年市民の寄付で設置した平和の少女像を見せた。

それから5月には親書を送り、慰安婦ハルモニが経験した人権侵害と犯罪行為が再び起きないように国際社会の共同対処が必要だと平和の少女像建設を提案し、これをサロモン市長が受け入れた。

当時ヨム市長は「日本軍慰安婦被害者の人権と名誉回復、国際社会の平和を念願する『平和の少女像』を建立し、人類の普遍的な価値を実現するのに貢献できるよう努力しよう」と手を差し出した。

サロモン市長は「数年間私たちのフライブルク市は女性の権利増進と両性平等のために多様な政治的活動とキャンペーンを展開した」としながら「自由の象徴であり特に女性に対する暴力を根絶しようという意味でフライブルク市に少女像を建立しようというヨム市長の提案を喜んで受け入れる」とうなずく返事をした。

ヨム市長がアメリカに平和の少女像建立の際、日本政府と極右団体の妨害と圧迫が大きかった事例を紹介するとすぐにサロモン市長は逆に「私たちの市価日本政府や私たちの市(詩)日本姉妹都市からの反発や圧迫を恐れはしない」と断固として答えることもした。

フライブルク市は日本の松山市と30年以上姉妹都市関係を維持している。

サロモン市長はまたフライブルク市の中心部の人の往来が多い中央公園を平和の少女像の設置場所に推薦した。

世界的な環境都市として有名なフライブルク市は「一国家一都市姉妹提携」の原則を守り国内では水原市とだけ姉妹提携を維持している。

ドイツ西南のライン川ほとりに位置するフライブルクは「自由の性(?)Freiburg im Breisgau」という意味を持つ人口25万人の中小都市で、太陽光を都市開発に積極的に活用し世界的な環境首都と呼ばれている。

平和の少女像は2011年12月14日の一千回目の水曜デモの際、ソウルの鍾路区の駐韓日本大使館の向い側に建てられたのを皮切りに、国内外20ヶ所余りに建立された。アメリカ、カナダ、オーストラリアに設置されたが、ヨーロッパではドイツのフライブルク市が初めて。

水原市の関係者は「ドイツのフライブルク市『平和の少女像』の設置は、日本と同じ第2次世界大戦の戦犯国であるドイツに建立されるという点と、これまで海外で進行された民間交流方式でない両国地方政府間の公式協議で行われた事に特別な意味がある」とし、「ヨーロッパの他の国にも平和の少女像の建立が拡散する契機になることを期待する」と語った。

聨合ニュース 2016.9.5 [2] [原文]

産経新聞: 慰安婦像、今度は独フライブルク市に年内設置へ、欧州で初 姉妹都市・韓国水原市長が働きかけ

17 件のコメント:

  1. 福井市には中央日報以外の韓国紙の報道もメールしときました。
    日韓合意違反やウイーン条約違反は歴史問題に踏み込まないので、有効な論点です。

    韓国紙の投稿欄では松山市の行動に対して韓国人は大喜びしています。
    道徳的に劣位にあるから嫌がっている、こんなに効果があるならどんどんやろうという意見一色です。

    今まで日本が黙っていたから、誤解させてきた。嫌がらせをして何度も金をせしめてきたから同じ調子で考えている。

    もう時代はすっかり変わりました。
    利益では無く損害が出る事を思い知らせる事が韓国人たちを黙らせます。
    福井市と旭川市の友好姉妹都市提携解消を実現させましょう。水原市が反省するわけがない。ソウル市の合意違反に対応すべきは小池東京都です。

    返信削除
  2. 現地のドイツ人は誰一人として、自分の国にもかつて似たようなシステムを持っていたことを知らないんでしょうね。正確に言うと、本当に強制連行をやっていたみたいなので、悪質さでは比較にならないですね。

    そんなドイツに慰安婦像ができたら、それはそれはシュールですね。見てみたい気もします。

    望ましい展開としては、慰安婦像設置後、突然強制売春の話が湧いてきて、ドイツもこの像を見て謝罪と賠償をしろみたいな話になって、怒ったネオナチに破壊されるというのがいいですね。

    返信削除
  3. 2016.9.21 20:13
    【歴史戦】
    独フライブルク市への慰安婦像設置断念
    韓国水原市が発表 日本側が「圧力」と批判
    http://www.sankei.com/world/news/160921/wor1609210032-n1.html
    私も、水原市と姉妹都市の旭川市や、ドイツ大使館に
    この慰安婦像どうのは日韓のことで、ドイツは関係ないですと
    メールしてみました。

    返信削除
  4. これは47ニュースでソースは韓国側ですが
    「松山市の強い反対で取りやめにした」とフライブルグ市側が言ったというのが気にかかりますね。全部日本側の圧力や脅しだったみたいな言い方にも聞こえる。

    出来ればフライブルク側が、「他都市での前例を見るに、あまり芳しい結果になっていない」とかやんわり言ってくれると助かるのですが。
    そのものずばり、韓国側の言い分に不審な点があった、とはなかなか言えないでしょうけど。

    立ったら立ったでけなされるし、阻止したら阻止したでその像の地元から日本の心証が悪ってしまうのでは向こうの思うつぼでしょうし。
    http://this.kiji.is/151291404280989174?c=39546741839462401

    返信削除
    返信
    1. https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-70237/
      TBSでは「日本などから抗議が殺到」と報じています。「日韓の外交問題に関与すべきではない」が理由です。

      産経では「日本人の心が傷つくことを過小評価していた」です。怒りはすれど、別に傷つきませんけど、ドイツ自治体の認識の程度が分かります。

      水原市は松山市に抗議文を送ると言っています。
      反省していない水原市は今後も世界各国で同じ行動をすると宣言しているのですから、福井市や旭川市がどう出るかです。

      松山市民が、わが市の友好姉妹都市関係にヒビを入れておいて抗議するような市に、市長は行くつもりか!と抗議メールして下さい。市長の訪韓を止めて、一切合意に反する行動をしないという約束を取り付けるように求めたらどうでしょうか?
      水原市が約束すれば継続、しなければ提携破棄。
      どんどん進めましょう!

      削除
    2. 774様
      >「日本人の心が傷つくことを過小評価していた」そーじゃない、そーじゃないんですけどねえ。
      従軍慰安婦は事実だし、過酷な扱いがあったことも事実だけど、支援団体の活動や言い分自体がこの運動おかしいんだ、日本軍日本人慰安婦の存在を無視して、自分たちの被害ばかり大量にあることないこと盛って吹聴している、しかも日韓合意で、民間の動きはともかく、国(公共団体)がこうした動きをしてはいけないという中での行動だということが問題だと思うんですけどね。

      裏でどういう動きがあったのかは知りませんが、フライブルク側も分かっていて受けるようなふりをして、日本からの反対を待ち、それを理由に断ることで日本の評判をおとしめようとしているのではないかと思います。

      ある意味フライブルク市側に一度は飲ませた時点で、韓国の日本をおとしめる作戦は一部成功だったかもしれません。

      姉妹都市辞めたらやめたで、ほらこんなに奴らは高圧的だ、と。
      こうやって日韓両国がギシギシいうことで誰が得をするか、わかり切ったようなものなのですけどねえ

      削除
    3. 今後に与える影響が大きいので色々ニュースを当たっています。全体像を正確に把握しないと運動方針を謝りかねません。

      両市の市長は環境保護運動で以前から知り合いのようです。
      米議会や欧州議会の決議や国連の各種報告があるので、それがベースにあれば水原市長の話は信じるのでしょう。
      「日本の政府や、右翼や、友好姉妹都市が抗議してきても、断固設置する!」と言っていたと嘘か誠か知りませんが、環境保護運動と同じテンションでいたのかもしれません。水原市の関係者が「日韓両政府が合意したのに、首をつっこむのは良くない」という論理が効いたと言っているとか。

      外交関係は国の権限で自治体にはないというのはどの国でも根本的な原則ですね。

      削除
    4. 裏で日韓合意に反対するような動きに手を貸すな、という意見があったかもというポストもツイッターで見かけました。

      フライブルク市側は詳しいことは知らなかった、と考えた方がいいでしょうかね。

      ちょっと頭冷やしてきます…(←何度目だ)

      削除
  5. 日本大使が直接訪問して日独の外交関係に支障が出ると反対を表明したと韓国マスコミが報じています。米国では領事何か言った事があったと記憶していますが、大使が自治体に反対意思を表明したのであれば、異例の強硬措置になります。なぜなら国の相手は国で自治体ではないからです。自治体の自治に口を出す事は国内でも控えるものです。

    日本政府の異例の強硬対応は、日韓合意は自治体を拘束し、自治体の合意違反は許さないという事だと思います。

    フライブルグ市にたいして日韓の外交問題が日独の外交問題に発展するという警告です。当然ドイツ政府にも通告しているでしょう。ドイツ政府も動いた可能性があります。

    国内の自治体の迅速な対応にも政府が関与している可能性が高いと思います。後に情報が出てくるかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. 「またドイツのベルリンの日本大使とフランクフルトの日本総領事がフライブルク市を訪問して、平和の少女像建設を推進したことについて強く抗議した。」
      みずきの知韓宣言の聯合ーニュースの翻訳だとか。

      菅官房長官に聞かないのかな、行ったのか行かなかったのか、日本の記者さん。ドイツに特派員たくさんいるのに、何してんだか、、、

      削除
    2. 韓国市民団体の発言がソースのようで、いまいち信頼ができん。

      レコードチャイナが韓国毎日経済の報道として、、
      -------
      イ代表(水原平和の蝶共同代表)は「在ドイツ日本大使とフランクフルト日本領事がフライブルク市を訪問し、慰安婦像の建立に強く反対するなど、日本政府と右翼勢力の組織的な妨害と圧力があった」と主張。また、「フライブルク市と27年間姉妹提携を結んできた愛媛県松山市が強く反対したことも影響を与えた」と述べた。
      -------

      削除
    3. 日本大使館が愛媛のTV局の取材に「適切な対応をとった」と認めました。
      http://www.itv6.jp/catch/news_detail.php?date=20160922&no=0001
      中止の理由についてフライブルク市は、JNNの取材に対し「日韓の2国間の問題に干渉すべきでないと判断した。我々は双方とうまくやっていきたい」と話しています。
      この問題を巡って松山市は21日、野志市長名で、設置の中止を求める書簡をフライブルク市長あてに発送したほか、ドイツにある日本大使館もあいテレビの取材に対し、フライブルク市に対して「適切な対応を取っていた」ことを明らかにしました。
      韓国のKBSによりますと、日本大使館の関係者が直接フライブルク市に抗議していたという事です

      削除
  6. 今、なでしこアクションのページにあった、ドイツの放送局(Deutsche Welle?フッターから確認)のネットでの報道内容をグーグル翻訳で読んでみました。
    原文
    http://www.dw.com/de/freiburg-und-die-trostfrau/a-19563885
    グーグル翻訳
    https://translate.google.co.jp/translate?sl=de&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.dw.com%2Fde%2Ffreiburg-und-die-trostfrau%2Fa-19563885&edit-text=

    語学ができないので意味の半分も取れないのですが、どうやら多くのメールが市に殺到したこと、松山市との話、「東京、ソウル、ベルリンの大使館は、それに関与しています(機械翻訳)」とあるので、ドイツ側からも何か動きがあったのかもしれません。
    日韓合意、オーストラリアの例、そして以前こちらの記事に扱われていたラインハルト・ツェルナーの意見なども出ており、独軍慰安婦についても触れられているようです。

    かなり色々理解してくれているのかな?という印象を受けました。

    Deutsche Welleを新聞と書いてしまったので書き直しております。

    返信削除
    返信
    1. 都市名が3つなので、
      東京のドイツ大使館
      ソウルのドイツ大使館
      ベルリンの日本大使館
      という解釈でいいのかな?最後だけは間違いないですが。

      日本だけを非難するような事を避けて、ドイツ兵のレイプも同時にというような新たな方法を両市で検討するような話なのかな?市民が納得しますか?
      そして、それなら、韓国兵のレイプも書きましょう。米兵の日本と韓国でのレイプも加えますか?フライブルグ市長は袋叩きに合いそう。

      削除
    2. 私は東京だけドイツ、後の二つは日本大使館かな?と私は解釈してました。在東京ドイツ大使館にもメールは行ってると思うのと、日韓合意のことでドイツ大使館が動いてくれたと信じたい…です。

      「別の方法として、彼の意見は非常に異なった像で、次のようになります。異なるデザインと異なる意図で。 戦争合計注目の女性に対する性的暴力の対象に作る記念。(機械翻訳文)」
      全ての戦時性暴力の犠牲者のために作る像を作ったらどうか、という風に解釈しました。
      軍施設の慰安婦だけでなく、日本人、ドイツ人女性への占領軍による個人単位の暴行も含め、その他もろもろの戦時性暴力犠牲者への祈りを込めた像、だったらまだ私としては許容範囲ですが……。
      仰る通り、実際にはどうなるかわかりませんね。韓国はともかく多分露米を敵に回すことになりますから。

      少女像が「朝鮮の民族衣装」であることから気が付いてほしいですね。誰のため「だけ」の像だったのか。(その他のデザインでもどうよとか、何より碑文がどうよと言うのはありますが)

      なんにせよ、「独軍慰安婦知らないんでしょ」的な意見はこれからは的外れになるのかもしれない……とも思います。

      削除
    3. ソウルの日本大使館は動かないと思います。
      動いても水原市への働きかけは出来ない。韓国政府へ合意違反と抗議する事になりますが、韓国政府が水原市に圧力をかけることはないでしょう。
      ドイツ政府が日韓両政府に確認する場合、日韓にある大使館が動く。

      米国、カナダ、オーストラリアの自治体の無責任さに比べフライブルグ市は真面目ですね、見直しました。慰安婦問題の間違った市長の認識を何とか変えたいですね。ちゃんと話せば理解してくれそう。

      削除
  7. 日本大使館が適切な対応をとった事が確認されました。
    どういう対応をとったかは、フライブルグ市長が言ったという伝聞や韓国市民団体の発言などから推測すると、直接フライブルグ市を訪問して、外交問題に関わるなと警告したと考えられます。当然、ドイツ政府にも通告してあります。
    フライブルグ市がドイツ外務省に問い合わせたはずで、その時に肯定的な反応を受けなかったと推測されます。

    また、松山市は事前に外務省に日韓合意との関係について問い合わせをしたはずです。外務省は合意違反と回答し、行動を起こす事を通告したと思われます。

    今後、韓国の自治体が海外の友好姉妹都市に働きかけて慰安婦像設置を目論めば、外務省が外交問題として処理する事が明白となりました。

    合意後の合意に基づく新しい事態です。合意を批判したり、合意を認めないという主張に固執すると状況判断を謝り、有効な運動方針が立てられなくなります。合意の批判や否定と、現実に存在する合意を利用する事が両立できない人が、運動の先頭に立てば運動に大きな損害を与えます。考え方一つです。視点を変えるだけの簡単な事です。思想は主張はそのままでいいのです。

    民間組織が外国の自治体に働きかけて慰安婦像設置される場合は合意違反とは言えないから外務省は動かないような気がします。そこまで引っ張り出せればいいのですが、もう一つ理屈が立ちません。

    返信削除