2011/03/07

カナダ議会で証言した韓国人慰安婦亡くなる




挺対協はこの元慰安婦の名前を明かしていないが、カナダで慰安婦決議が採択された2007年当時のカナダの新聞によると、Jam-Dol Jangという韓国人慰安婦がカナダ議会で証言したことになっているので、たぶんこの人だろうと思われる。この女性は14歳の時にソウルで日本軍に誘拐され、8年間に及ぶ監禁生活中、四度出産したという。三人は死産であったが、その時の娘の一人は二十歳まで生きて心臓病で亡くなったというからよく分からない。日本兵により水攻めの拷問を受けたり、同僚は(日本兵に)殴り殺されたとも話している。取材したカナダ人の記者は、彼女が生き延びたのは奇跡だと書いているが、事実なら確かに奇跡だろう。

ちなみに、この時カナダでの慰安婦たちの証言を段取りしたのが、アルファという団体である。一部では反日団体とも言われいる。自分もその認識は正しいと思う。

確証はないが、右の写真の人物がJam-Dol Jangと思われる。


日本軍慰安婦被害ハルモニがまた一人、天国へ旅立った。 7日韓国挺身隊問題対策協議会(挺隊協)は「6日の夕方京畿道に居住されたハルモニが目をとじられた」と明らかにした。 死亡されたハルモニの名前を明らかにしなかった。

ハルモニの葬儀は「家族葬」で行われる。 現在の国内生存慰安婦被害ハルモニは74人だけだ。 挺身隊対策協は「ハルモニは家族の中で、最後道を行く予定」としながら「多くの方々が共に冥福を祈って下さることを望む」と明らかにした。

このハルモニは忠北(チュンブク)、ヨンドンを出て満州、シンガポールなどで日本軍「慰安婦」としてであくどい苦痛を味わわれたと分かった。 解放後慶尚道とソウルなどで暮らし、晩年には京畿道で安住の場所を開いてすごされたこと。

このハルモニは2000年代の初めに被害者として登録し、その後日本政府に対し名誉と人権の回復を要求する活動にも積極的に参加した。このハルモニは2006年オーストラリアドイツで開かれた証言集会、2007年カナダ議会決議採択の時、現地で証言と呼び掛け活動に参加した。

挺隊協は「難しい状況でも訂正(冷静?)さを失わず意志が強いお婆さんだったが、最近は健康が悪化し、病院に入院してから、気力がかなり弱くなり、ついに昨夕他界された」と明かした。

また、この団体は「この前病院で会ったハルモニは普段とは違い、涙を見せたりもしたが、暖かい春の日がくれば外出もし、また「水曜デモ」にも出てこられるといったが結局は長い別れてしまった」と惜しんだ。


カナダで証言した四人の慰安婦(右から二人目?)

追記: 3月8日の連合ニュースの日本語版でも報じられたが、やはり名前は伏せられていた。
追記: 3月8日のハングル版ではチャン某(장모)となっている。
追記: 3月9日挺対協の梁路子が日本向けのニュースとして女性の名前がチャン・ジョムドルであると明かしている。チャン・ジョムドルは16歳で連行されたとだけ書かれている。韓国のニュースにも日本軍(兵)によって誘拐されたことを仄めかす下りはないようだ。

"할머니, 편히 잠드소서."

일본군 위안부 피해 할머니 한 분이 또 하늘나라로 가셨다. 7일 한국정신대문제대책협의회(아래 정대협)는 "6일 저녁 경기도에 거주하시던 한 할머니께서 눈을 감으셨다"고 밝혔다. 별세하신 할머니의 이름을 밝히지 않았다.

할머니의 장례는 '가족장'으로 치러진다. 현재 국내 생존 위안부 피해 할머니는 74명뿐이다. 정대협은 "할머니는 가족의 품에서 마지막 길을 가실 예정"이라며 "많은 분들이 함께 명복을 빌어주시기 바란다"고 밝혔다.

이 할머니는 충북 영동에서 나셔서 만주, 싱가포르 등에서 일본군 '위안부'로 모진 고통을 겪으신 것으로 알려졌다. 해방 후 경상도와 서울 등에서 지내시기도 하셨고 말년에는 경기도에서 보금자리를 트고 지내오셨던 것.

이 할머니는 2000년대 초반 피해자로 등록했으며, 그 뒤 일본정부를 향해 명예와 인권회복을 요구하는 활동에도 적극 나오시기도 했다. 이 할머니는 2006년 호주와 독일에서 열린 증언집회, 2007년 캐나다의회 결의 채택 당시 현지에서 증언과 호소 활동에 참여하기도 하셨다.

정대협은 "힘든 상황에서도 정정함을 잃지 않으시고 의지가 강하셨던 할머니셨는데 최근 건강이 악화되어 병원에 입원하신 뒤로 기운이 많이 약해지셨다가 끝내 어제 저녁 눈을 감으셨다"고 밝혔다.

또 이 단체는 "얼마 전 병원에서 만난 할머니는 평소와 달리 눈물을 보이시기도 했지만, 따뜻한 봄날이 오면 나들이도 가고 다시 '수요시위'에도 나오시겠다고 했는데 결국은 긴 이별을 하고야 말았다"며 안타까워했다.

0 件のコメント:

コメントを投稿