2011/03/18

ハルモニの誤解



これはあくまでも支援団体の書籍からとったものであり、実際に元慰安婦がこの通り喋ったのかは定かではない。キム・スンドク(金順徳)の言葉とされている。

彼女によると、最初日本政府は慰安婦の存在を否定しており、その後、慰安婦の存在こそ認めたが、軍の関与を否定したと。・・・彼女がそう信じているというのは、十分にありえる話である。問題は彼女たちを囲っている運動家たちなのである。




私たちが名乗り出る前、日本政府は「慰安婦はいなかった」といい、、私たちが名乗り出た後では、「慰安婦はいたが、日本軍は関与していない」と言った。私たちが絵を書いて絵葉書にしはじめると、日本政府は日本軍の関与を認めるようになってきた。私たちが行動をするたびに、日本政府の態度が変わってきている。

0 件のコメント:

コメントを投稿