2011/03/29

慰安所は民族性抹殺政策?医学専門サイトまで広がる常識



すっかり国際的に有名になった日本軍の慰安所システム。医学専門サイトでも、ナチスのユダヤ人収容所や、アメリカの奴隷制と同列に扱われている。このまま医学用語になる日も近いか?

「レイプや性的搾取は、ある集団の士気を挫く為に利用されてきた。ナチスドイツの収容所、北米行きの奴隷船、そして『慰安婦』で一杯にされた第二次大戦中の日本の娼館などである」

少し補足が必要かもしれない。挺対協など韓国の慰安婦支援団体は、慰安所を日本政府による朝鮮民族抹殺政策であるとして国連に訴えていた。吉見義明もまた、民族抹殺とまではいかないまでも「民族性抹殺政策」であったと主張している。

医学専門であるこのサイトの認識も、そういったキャンペーンの影響下にあるものと推測される。改めて、世界では慰安婦問題はこのように認識されているのである。コンゴやユーゴの集団レイプのように、他民族を屈服させる為に日本政府主導で行われた「兵器としてのレイプ」の一例が日本軍の慰安所システムだったと思い込んでいる外国人は少なくない。


What is the history of domestic violence?

Domestic violence or violence that is expressed using intimate acts is unfortunately as timeless as history. Rape and other sexual exploitation have been used to demoralize groups of people as in German concentration camps, on North America-bound slave ships, and in World War II Japanese brothels filled with "comfort women."

0 件のコメント:

コメントを投稿