2011/08/04

南ドイツ新聞[主に朝鮮人からなる慰安婦]日本に反省なし



朝鮮日報の話が事実かどうかは確認できないが、2007年に「歴史を改ざんする安倍首相...過去数十年間にわたって日本は、第二次大戦中、日本軍部がアジア各地で女性たちに、兵士相手の売春を強要していたことを否定し続けてきた」と書いた南ドイツ新聞なら、十分にありそうな話である。

戦後共に敗戦国として肩身の狭い思いをしてきたドイツだが、日本に対する同情は薄いようである。慰安婦問題に対する反論は、ホロコーストを否定するネオナチの言説ように映るのかもしれない。「良心的ドイツ人」としては看過できない、といったところか。そこを上手くつけ込んだか、ドイツでも慰安婦問題を広める運動が行われている。

南ドイツ新聞には、ユダヤ人を虐め抜いた自分たちの過去と戦前の日本が重なるのだろうが、日本は朝鮮民族をドイツがユダヤ人に対してしたように抹殺するのではなく、逆に同化させようとしたのである(その事が問題だという指摘は当然ある)。

朝鮮日報の報道が正しければ、20万人の慰安婦。その主体が朝鮮人であったと南ドイツ新聞は今も信じている。今月はドイツでも「在独韓国女性グループ」と「在独韓国平和グループ」の主催で水曜デモが行われる


【ベルリン=李恵云(イ・ヘウン)特派員】 「日本政府は今でも悔い改めていることを示す努力をしていない」

ドイツの大手日刊紙、南ドイツ新聞は2日、独島(日本名:竹島)領有権を主張する日本の自民党議員3人が1日に韓国への入国を試みた事実を報じ、日本が過去の過ちを反省していないと指摘した。

同紙は「2カ国の間に置かれた二つの島」と題する記事で「独島をめぐる不和は日本の植民支配にさかのぼる」とし、日本による厳しい植民統治の実態を紹介。「日本は当時、韓国を暴力的に押さえ込んだ。戦時中、日本人は韓国人が大半を占めた約20万人の女性に日本軍の慰安婦としての生活を強要し、多くの韓国人は日本の鉱山に徴用されて労働を強いられた。だが、日本政府は今でも悔い改めていることを示す努力をしていない」と批判した。

日本が独島の領有権を主張していることに対しては「(日本が韓国から)島を譲り受ける可能性はない。日本は現状を認めても失うものはない」と述べ、韓国の実効支配を受け入れるべきだと指摘した。

同紙はまた、日本の政界が極右勢力に振り回されているとの分析も示した。日本が独島領有権をめぐる紛争を継続的に起こしているのは、日本の政界が極右勢力と距離を置かず、むしろ自民党がしばしばそうした勢力に同調するためだと指摘。「日本政府はずっと前から、数は多くないものの騒々しく攻撃的な右翼勢力の『とりこ』になっている」と報じた。

朝鮮日報 2011.8.4

2 件のコメント:

  1. その元ネタ南ドイツ新聞内で検索かけてもそのような記事が無かったようですよ。僕はドイツ語はわからないので確証は持てませんがw

    返信削除
  2. 情報ありがとうございます。検証は容易ではなさそうですね?ネット版に全ての記事がupされているとも限らないので。

    南ドイツ新聞がこういった主旨の記事を掲載したとしても驚きませんが、朝鮮日報が正確に伝えていない可能性もあります。ウォッチャーとしては気になる所です。

    返信削除